NAVITIME Travel

沖縄の美術館スポット一覧

  • 那覇市伝統工芸館
    rating-image
    3.5
    38件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県那覇市牧志3-2-10 てんぶす那覇2F
    モノレール「牧志駅」より徒歩4分。国際通りに面した「那覇市てんぶす那覇」の2階にある工芸館。人間国宝の作品や、那覇市の歴史的伝統工芸品の数々を展示。伝統工芸の制作過程をわかりやすく解説するモニターなども用意。また、琉球ガラス、琉球びんがた染め、首里織、壷屋焼、琉球漆器の5つの工芸体験ができる。工芸家の作品を購入することも可能。

    小学生の娘が織物がしたくなり急遽国際通りで探しました。マンツーマンでとても丁寧に教えていただき楽しめました。

  • 浦添市美術館
    rating-image
    3.5
    34件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県浦添市仲間1-9-2
    那覇市中心部より車で約20分。平成2年(1990)に設立された日本初の漆芸専門美術館であり、沖縄初の公立美術館。東南アジアやヨーロッパの雰囲気を思い起こさせる多国籍風の外観。5つある常設展示室では、前期・後期の2期に分かれたテーマで、常時約60点の琉球漆器を展示している。テーマにより日本本土、中国、東南アジアの漆器を交えて展示することもあるほか、3つある企画展示室では年に数回の絵画展や写真展などの展示会を開催している。

    浦添市の文化的施設が隣接。一般200円とリーズナブル。沖縄らしい建築様式の美術館。喫茶店の花うるしはビーフシチューなどの洋食もあった。

  • 佐喜眞美術館
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県宜野湾市上原358
    「生と死」「苦悩と救済」「人間と戦争」をコレクションをつらぬくテーマにしている美術館。建物は沖縄にこだわり、庭にある館長 佐喜眞道夫氏のご先祖の墓 亀甲墓と統一感をもたせ、また屋上の階段は6/23(慰霊の日)の太陽の日没線にあわせてつくられている。丸木位里・丸木俊、ケーテ・コルウィッツの作品などを所蔵しており、常設展「沖縄戦の図」の他、企画展も開催されている。

    米軍普天間基地のそばにあり、屋上からは、基地を見渡すことが出来ます。その広さに圧倒されながら、沖縄について、戦争について、考える時間を持つことが出来ます。

  • 沖縄県立博物館・美術館
    暮らし/生活/病院
    沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
  • 石垣島南島焼
    お買い物
    沖縄県石垣市川平1218-263
    窯と併設してギャラリーがあるが、人気のためなかなか商品が揃っていない。英語対応可。来店の際は、電話で営業の確認を(不定休のため)。
  • 清正陶器
    遊ぶ/趣味
    沖縄県那覇市壺屋1-16-7
    壷屋に初めて工房を構えた小橋川卓史氏のギャラリー。父・清正氏から継承した赤絵が特徴。
  • 読谷村立美術館
    遊ぶ/趣味
    沖縄県中頭郡読谷村字座喜味708-6
    館内には、15世紀の初め南方より伝来した織物を中心に焼物、瓦、油壷などを展示している。
  • ボクネン美術館
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県中頭郡北谷町美浜9-20 ミュージアム棟2階

    存じ上げてはいたのですが、作品を初めて見ることができました。素晴らしかった。ご自身の設計だという建物も含め、ボクネンさんのパワーを感じました。日曜日でしたがラッキーなことに空いており、ほとんど一人占め状態。ゆっくりと楽しむことができました。展望台もあります。 次の沖縄もボクネン美術館を訪れ、また別の作品に出合いたいです。

  • AKARA GALLERY(アカラギャラリー)
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県中頭郡北谷町宇美浜9-20 AKARA ミュージアム棟 1F

    色使いはカラフルで沖縄の強い日差しに映える感じです。 紅型の色使いを思わせます。 棟方志功みたいなタッチで一心不乱に柔らかい合板を彫っていって とても生命力に溢れた版画です、有料と無料のスペースがあり 無料のスペースだけ行きました。 それでもとてまたのしめました。

  • アトリエ JINTAN
    遊ぶ/趣味
    沖縄県名護市天仁屋497-2

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す