隠岐島の旅行/観光スポット一覧

  • 赤尾展望所
    rating-image
    4.5
    20件の口コミ
    旅行/観光
    島根県隠岐郡西ノ島町浦郷

    ここまで車で行きましたが、最初は自転車で行こうと思っていました。 坂がとんでもないです。。。 景色は最高です。

  • 水若酢神社
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町郡723
    隠岐の島町「隠岐郷土館」隣に鎮座する神社。創建は神代の時代で、古墳時代後期の古墳群が境内に残っている。延喜式神名帳に名神大社と記されている「隠岐国一宮」として、主祭神「水若酢命」は隠岐国の国土開発と日本海鎮護の任務にあたったとされる。隠岐三大祭りの一つである「水若酢神社祭礼風流」が西暦偶数年の5月3日に行われる。また、20年に1度行われる古典相撲である「遷宮相撲」を取り扱った「川上健一」の小説が原作の映画、「渾身KON-SHIN」の舞台ともなった。

    日曜日の朝に車で向かいました。無料の駐車場も隣に有ります。島後を縦断する幹線道路からすぐです。隠岐の島には数多くの神社がありますが、その殆どはナビには出てきません。ここは大丈夫でした。 ご祭神はミズワカスノミコト。玉若酢神社のタマワカスノミコトと同じく隠岐の島開拓の神様だそうです。本殿も同じく隠岐造りで重要文化財です。また同様に境内隣に古墳が有ります。ただこちらは明神大社です。また御朱印もいただけ...

  • 由良比女神社
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    島根県隠岐郡西ノ島町浦郷922
    隠岐郡西ノ島町浦郷にある神社。「隠岐国一宮」とされる。由良比女命が海を渡っていた際、海にひたした手にイカが噛み付き、そのお詫びとして毎年イカの大群が神社の前の浜に打ち寄せたという「イカ寄せ伝説」の舞台ともなっている。現在はそうした現象はあまり見られなくなったが、かつては実際にイカの群れが大量に浜に打ち寄せたといい、浜の番小屋などにその名残が見受けられる。

    浦郷の集落を超えたところにある神社で海の中にも鳥居が建っています。御朱印は別府港の西ノ島町観光案内所でもらえます。この神社の前の浜をイカ寄せの浜といい、昔はイカが大量に押し寄せてきたそうです。 本数は少ないものの町営路線バスが走っています。

  • 隠岐モーモードーム
    rating-image
    3.5
    18件の口コミ
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町池田風呂前19-1
    西郷港から車で10分ほど離れたところにある牛突き場。隠岐へ配流となった後鳥羽上皇を慰めるために始まったと言われる隠岐名物・牛突きが観戦できる。2歳から6歳の和牛は横綱クラスになると体重1000kgを超える貫禄。角と角を突き合わせてぶつかり合う姿は迫力満点だ。本場所大会は年に3回。闘争心を失って逃げ出した方が負けだが、勝敗をつけない「観光牛突き」も不定期に開催されている。

    隠岐の島名物牛突きですが ここでしか見れないし伝統ある牛突きですので仕方ないかもしれませんが15分くらいの1組の取り組みで1人1500円は高いと思います。

  • 五箇創生館
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町郡615-1
    西郷港から車で20分ほどの距離にある隠岐の島町の文化資料館。モダンな外観の建物内で島前・島後の観光案内や伝統芸能などを紹介している。入ってすぐ目に飛び込んでくるのは「いぐり凧」と呼ばれる隠岐独自の凧。凧の周囲に抉ったような10個の耳があるのが特徴で、毎年3月の春一番の頃にあげられる。隠岐の島町の文化として有名な「牛突き」や「隠岐古典相撲」などの資料も展示されており、実寸大の模型や剥製は圧巻だ。

    闘牛や相撲など、地元の伝統行事の動画をみることが出来るので、観光の途中で訪れると、観光している感じがしてよいです。 ただ、子供にとっては退屈になるのではないかと思われるので、子供連れは注意してください。

  • 摩天崖
    旅行/観光
    島根県隠岐郡西ノ島町浦郷
    高さ250メートルもの断崖絶壁。隠岐諸島の西ノ島の国立公園である国賀海岸の一部であり、摩天崖を含めた一帯が国の名勝に指定されている。粗面玄武岩の海蝕崖で、ナイフで切り取ったような絶壁を見ることができる。夕陽百選に選ばれたスポットで、摩天崖から国賀浜に向けて約2キロメートルの遊歩道が整備されている。距離は短いが、高低差が250メートルもあるので、行き来には60分から90分かかる。
  • 壇鏡の滝
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町那久
    隠岐の島町「壇鏡神社」境内にある滝。岩壁に立つ壇鏡神社の両側から落ちる落差40メートルの滝の水は、古くから生活用水や農業用水に利用されていた。雄滝(「裏見の滝」とも呼ばれ、裏側から見ることが出来る)と雌滝の二本の滝であり、「長寿の水」「勝者(女神)の水」「火難防止の水」として、闘牛大会や隠岐古典相撲大会の前夜には、この水で身を清める風習が残っている。また、水量も豊富で「日本の滝100選」にも選定されている。
  • 焼火神社
    旅行/観光
    島根県隠岐郡西ノ島町焼火山
    隠岐郡西ノ島町美田、隠岐島前の最高峰である焼火山(たくひやま)の中腹に位置する神社。古くから船人を導く海上安全の神として信仰を集めてきた。現在の社殿は享保年間に改築されたもので、国の重要文化財に指定されている。また、周辺一帯には県の天然記念物にも指定されている暖地性や寒地性の植物が群生している。
  • 知夫赤壁
    旅行/観光
    島根県隠岐郡知夫村
    知夫里島の西海岸に位置する、約1kmに渡って続く断崖絶壁である。波の浸食によって削られた岩肌が赤褐色で、白い水しぶきとのコントラストが美しい。特に夕日に照らし出される時間帯がおすすめ。昭和10年(1935)には国の名勝、天然記念物に指定された。
  • 玉若酢命神社
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町下西713
    隠岐郡隠岐の島町下西にある神社。玉若酢命(たまわかすのみこと)を祀っており、隠岐国の総社でもある。八百比丘尼(やおびくに)が植えたという伝説が残る境内の「八百杉」は樹齢2000年を超えると言われ、国の天然記念物に指定されている。
  • 国賀海岸
    旅行/観光
    島根県隠岐郡西ノ島町
    昭和13年(1938)に国の名勝及び、天然記念物に指定された「国賀海岸」。日本海の激しい海食作用を受け、東西約7kmにわたって、断崖、絶壁、洞窟が続き、隠岐一と称される景観美。高さ100m以上の断崖が点在し、中でも巨大なナイフで垂直に切り取ったような大絶壁は高さ257mと海蝕崖では日本一の高さを誇っている。
  • 国賀観光遊覧船
    旅行/観光
    島根県隠岐郡西ノ島町浦郷
    通天橋をはじめとする海洋景観の名所を巡る遊覧船。別府港から出航し、小森島や冠島といった島巡りをするコースや、浦郷港から出航し、金棒岩、諸仏像岩、摩天崖等の奇石群・海蝕絶壁を巡るコースがあり、雄大な海洋景観を存分に堪能することが出来る。波が穏やかな日には乙姫御殿、滝見の岩屋等の洞窟巡りも楽しめる。
  • 明屋海岸
    旅行/観光
    島根県隠岐郡海士町豊田
    景観の名所として知られる海岸で、海面に浮かぶ屏風岩をはじめとする褐色の岩壁と、エメラルドグリーンの海とが織り成すコントラストが美しい。島の女神がお産をしたという伝説から、「明屋」と名付けられたとされている。町営のキャンプ場や海水浴場があり、夏季を中心に多くの観光客で賑わう。屏風岩にあいている穴がハート型に見えることから、縁結びのパワースポットとしてカップルにも人気。
  • ローソク島遊覧船
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町代
    夕日・景観の名所として知られる高さ約20m程の奇岩で、日の入りの際、夕陽が岩の先端に重なるとまるで巨大なろうそくに火を灯したように見えることが名前の由来であるといわれている。福浦岸壁・赤崎岸壁からは、日の入りの時間に合わせてローソク島周辺への遊覧船が運航している。日中やローソク島遊覧船の欠航時はローソク島展望台から島を眺めることが出来る。
  • 白島海岸
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町西村
    島後の最北端に突き出ている白島崎と、沖の島・松島といった周辺の島々を含めた総称である。青い海に浮かぶ白い岩肌が美しい景勝地で、国の天然記念物にも指定されている。岬にある展望台からの眺望は格別だ。
  • 億岐家宝物殿
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町下西
    隠岐島後東部に佇む古社。代々玉若酢命神社の宮司を務める億岐家の住宅跡に「ここのみ」とも呼ばれる「駅鈴」と、現存する三つの国倉印の一つ「隠伎倉印」などの文化財を展示している。古代律令時代、人馬を徴用する際に使ったとされる駅鈴は日本で唯一現存する貴重な文化財。玉若酢命神社に隣接した茅葺の切妻屋根をみせる億岐家住宅ともに国指定の重要文化財に登録されている。
  • 春日神社のクロマツ群
    旅行/観光
    島根県隠岐郡隠岐の島町布施
    目の前に美しい白い砂浜が広がる「春日神社」のクロマツ林。春日川近くの境内に樹齢350年を超えるクロマツ約70本が群生している。通称「春日の森」と呼ばれるクロマツ群の高さは平均して25mほど。60mに達する巨木には昭和36年(1961)にクロマツの樹高日本一の評価が与えられた。春分や秋分の日には朝日が鳥居の真ん中から昇る感動的な瞬間を見ることが可能だ。クロマツには南方系のナゴランが、海岸には北方系のハマナスが咲く不思議な光景が続いている。
  • 海士町後鳥羽院資料館
    旅行/観光
    島根県隠岐郡海士町海士1521-1
    後鳥羽天皇を祀る隠岐神社の向かいに立つ資料館。付近の老松とマッチした和洋折衷のモダンな建物で後鳥羽天皇に関する資料を中心に展示している。海士町は隠岐へ配流となった後鳥羽天皇が暮らしていたと言われる町。後鳥羽院資料館と隠岐神社、後鳥羽上皇御火葬塚がひしめき合っているため3か所合わせて巡る人も多い。病に侵された際に書いたと伝わる置文や、県文化財に指定された来国光の太刀などが奉納されている。
  • 隠岐神社
    旅行/観光
    島根県隠岐郡海士町海士
    後鳥羽天皇崩御から700年祭の年にあたる昭和14年(1939)に創建された神社。承久の乱を起こし、その後ここ隠岐に島流しとなった後鳥羽天皇を祭神として祀っている。銅板葺きの本殿は隠岐造りといわれる伝統様式。祝詞舎や拝殿、神饌所などからなる境内は5万平米を超える。隠岐一とも称される桜並木が続いていることから、花見スポットとしても有名だ。例祭日は4/14と10/14の2日。後鳥羽天皇の御神徳を讃えるお祭りでは独自の曲と振りを付した町無形文化財「承久楽」が奉納される。
  • 後鳥羽天皇御火葬塚
    旅行/観光
    島根県隠岐郡海士町海士
    承久の乱により隠岐へ配流となった後鳥羽天皇の山稜。生い茂る緑の森の中に火葬塚の鳥居が立っている。延応元年(1240)の崩御後遺骨の一部は京都大原法華堂に納められたが、残りの遺灰などはこの山稜に埋葬された。入り口から鳥居までは50mほどあるが、柵が設けられているため鳥居近くまで寄ることはできない。今でも町民の間では「ごとばんさん」と呼ばれ、神聖な場として扱われている。

島根の主要エリア

around-area-map

縁結びの神様として有名なパワースポット「出雲大社」がある島根県。全国から八百万の神々が出雲大社に集まり神議が行われたとされる日本神話が息づく県です。 島根県内は「出雲縁結び空港」「萩・石見空港」「隠岐世界ジオパーク空港」の3つの空港を持ち、国内各主要都市から定期便が就航しています。東京・羽田空港からは約1時間半で到着します。 島根県は、国賀海岸や乳房杉など雄大な自然で有名な「隠岐島」エリア、世界遺産の石見銀山遺跡や出雲大社があり、「出雲・石見銀山」エリア、城下町であり水の都と呼ばれる「松江」、匹見峡や武家屋敷など見どころの多い「益田・津和野」エリアに分けられます。 島根県は全国でも有数の長い海岸線を持ち、地形も東西に細長いため、エリアや目的に分けて観光するのがおすすめです。 また、県内には60か所以上の温泉があり、名湯もお楽しみいただけます。島根和牛、出雲そば、松葉ガニなど、島根でしか楽しめないグルメと一緒に堪能しましょう。

島根の写真集

目的から探す