益田・津和野の旅行/観光スポット一覧

  • 太皷谷稲成神社
    rating-image
    4.5
    182件の口コミ
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町後田409
    日本五大稲荷のひとつで、通称は「津和野おいなりさん」。願望成就・大願成就の意味を込めて「稲成(いなり)」と表記する。安永2年(1773)に津和野藩主・亀井矩貞が京都の伏見稲荷大社から勧請を受け、社を創建したのが始まり。昭和44年(1969)に再建された拝殿・本殿は、信者から奉納された朱塗りの千本鳥居をくぐった先に現れる。お供え物の油揚げと蝋燭は売店で購入可能。

    津和野に行ったら訪問したいと思っていました。 車でなく自力で階段上って参拝 かなりきつかったですが眺めがよく達成感がありました

  • 津和野カトリック教会
    rating-image
    4.0
    99件の口コミ
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町後田ロ66-7
    昭和6年(1931)にドイツ人の神父により建てられた教会で、西洋ゴシック様式の外観が目を引く美しい建物。内部は畳が敷かれた和洋折衷の空間になっており、色とりどりのステンドグラスが印象的である。津和野の「乙女峠」では。明治元年(1868年)から明治5年(1872)の間、キリシタンの流刑地として棄教を迫る残酷な行為が行われ、多数の人々が殉教した。津和野カトリック教会の隣には「乙女峠展示室」があり、殉教資料などを展示している。最寄は津和野駅。

    津和野観光の途中、道すがらに見つけました。歴史を感じさせる、でも温かい感じの教会で見てるだけで気持ちが落ち着きますね

  • 津和野町立安野光雅美術館
    rating-image
    4.5
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    島根県鹿足郡津和野町後田イ60-1
    国際アンデルセン賞の受賞や文化功労者に選ばれたことで有名な津和野町出身の画家・安野光雅氏の作品を展示する美術館。漆喰の白壁と赤い瓦屋根が印象的な展示棟では、「津和野 鷲原」や「天動説の絵本」などの作品を3ケ月ごとに入れ替えながら紹介している。敷地内には他にも、プラネタリウムや安野氏の自宅兼アトリエを再現したスペース、図書室などがある別館を併設。

    こんなにも沢山の絵が見られるとは思いませんでした。どの絵を見ても、暖かくて気持ちのいいタッチで描かれていて、童話の世界に引き込まれそうな、そんな印象です。奥で安野光雅の記録ビデオが見られます。

  • 道の駅 ゆうひパーク浜田
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    交通
    島根県浜田市原井町1203-1
    日本海の雄大な景色を眺めながら食事や買い物ができる「道の駅 ゆうひパーク浜田」では、日本海の海の幸や石見を代表する石見ポークなど地元食材を活かした料理をいただくことが可能だ。ドライブの休憩などさまざまなシーンで利用することができる。1Fの五地想市場は浜田港で水揚げされた新鮮な魚介類のほか、浜田ブランド「どんちっち三魚(ノドグロ、アジ、カレイ)」の取り扱いを推奨するお土産店でもある。

    お手洗いに立ち寄りたくふらっと入った道の駅。朝の7時ごろだったのでどこも空いてないと思っていたらモーニング営業をしていました。 7時-11時の限定メニューですが550円で和食か洋食の朝ごはんを頂くことができます。ボリュームもありよかったです。

  • 永明寺
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町後田ロ107
    深い木々に囲まれた曹洞宗の寺院。吉見、坂崎、亀井氏といった歴代津和野城主の菩提寺として県指定有形文化財に登録されている。今では見ることが少なくなった立派な茅葺き屋根は、安永8年(1779)に再建されたもの。白壁や石垣、古い柱などが見事なコントラストを描いている。境内は国史跡「津和野藩主亀井家墓所」の一部に指定された厳かな空間だ。初代津和野藩主・坂崎直盛の墓や明治の文豪・森鴎外の墓も立っている。

    駐車場の管理人さんから「他をおいても永明寺(ようめいじ)だけは行きなさい」と勧められて訪れました。 約240年前に再建された大きな茅葺き屋根の本堂が見事な曹洞宗のお寺で、周囲の紅葉とも見事にマッチングされています。 又、境内地には森鴎外のお墓もあって奥深い歴史を感じました。

  • 島根県立石見美術館
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    島根県益田市有明町5-15
    石見地域の芸術文化拠点、島根県芸術文化センター「グラントワ」に併設された美術館。テーマ性をもった質の高い常設展示のほか、幅広い視野の多彩な企画展、美術に関する理解を深めるための講演会やワークショップなどを開催している。固くて丈夫な地元特産の石州瓦を28万枚用いた外観は、周囲の自然と美しい調和をなす地域のランドマーク。芸術文化を鑑賞・創造する「島根県立いわみ芸術劇場」に隣接しており、美術館と劇場を繋ぐように設計された中庭は訪れる人の憩いの場にもなっている。

    実家が近く年に1度訪れています。 様々な企画展や催しも良いものが多いですが、建物だけでも一見の価値あり。 益田観光の際にはぜひ。

  • 森鴎外記念館
    rating-image
    4.0
    39件の口コミ
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町町田イ238
    明治の文豪・森鴎外が幼少期を過ごした津和野の旧宅に隣接して建設された記念館。館内には森鴎外の遺品や直筆原稿をはじめとする貴重な資料が展示されている。毎年森鴎外の生誕日(1月19日)や命日(7月9日)には、記念講演会やフォーラム等のイベントが開催されている。

    森鴎外が陸軍軍医総監であったことは良く知っていました。しかし、文豪と言うイメージが強く、なかなか軍服の写真を見つけるのは難しいです。ここでは入口に軍服姿の銅像があり、それだけでも感慨深いものがありました。

  • 津和野城跡
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町後田
    別名「三本松城」とも呼ばれる津和野城。元寇の際に西国防備を命じられ、西石見吉賀地方の地頭として赴任した吉見頼行が永仁3年(1295)から築城を始め、約30年の時をかけて完成させた城である。山上を削り、山の峰つづきに堀切を作る典型的な山城であり、中世と近世の建築仕様が一体となった数少ない城である。城跡は昭和17年(1942)、国の史跡に指定された。本丸・出丸への登城には、城跡観光リフトを利用可能。津和野の街とゆるやかに流れる津和野川を一望できる。
  • 鯉の米屋 吉永米店
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町後田ロ296
    津和野駅から車で約5分の距離にある米穀店。軒先に並んだ昔ながらの米俵が目印のお店は、数百匹もの鯉を飼っていることで有名だ。古くから良質な水の産地として知られる津和野は町のいたるところに水路が張り巡らされているのが特徴。その水を利用して多くの家庭で鯉が飼育されている。中でも吉永邸の鯉は質、量ともに他を圧倒していると評判だ。色とりどりの錦鯉が群れを成して泳ぐ姿は圧巻。店構えは米屋だが無料で見学できるため、誰でも気軽に立ち寄ることができる。

    中庭で鯉が泳いでいるお米屋さんです。でもそれよりも、精米したての米を販売している心意気が素晴らしいです。入口の上の米俵が落ちそうでいい雰囲気です。

  • 名勝旧堀氏庭園(堀庭園)
    rating-image
    4.5
    15件の口コミ
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町邑輝795
    「中国の銅山王」と呼ばれた江戸時代の銅山師、堀藤十郎氏の主屋を含んだ一帯の庭園。江戸時代の「主庭」や明治時代の客殿「楽山荘」、大正時代の「和楽園」などを含む約6.5haの範囲が国名勝に指定されている。明治30年(1897)に上棟した楽山荘の庭園は、背面の岩山を背景に滝や雪見灯籠を配した池泉回遊式庭園。大小17の灯籠や祠がある庭はモミジやツツジ、サツキなどが植栽され、シーズン中には多くの観光客で賑わう紅葉スポットだ。

    堀家は鎌倉時代、津和野に地頭として下向した吉見氏に従って畑迫に土着した一族で、戦国時代には吉見氏のもとで鉱山開発を行っていた。 堀氏が居住した畑ヶ迫村には銀山があったことから、大いに栄えたようです。

  • 浜田市世界こども美術館
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    島根県浜田市野原町859-1
    「日本海に漂う創造と美の船」をイメージして設計された美術館。「みることとつくること」の両方が体験できるよう工夫を凝らした様々な企画展を行うほか、一日かけて鑑賞と創作活動を楽しむ「ミュージアム・スクール」などを行っている。浜田港を望む「海の見える文化公園」の一角にある美術館は、次代を担う子供たちのための美術館として平成8年(1996)に誕生した施設。子供たちが幼い頃から美術に触れ合うことで、創造力や感性を養うことをモットーとしている。

    海外の様々な子どもたちの作品が 見れます。企画展もいろいろ、開催されています。 子ども連れのご家族で、賑わっていました。

  • 日原天文台
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    島根県鹿足郡津和野町枕瀬806-1
    標高255mの枕瀬山山頂に位置する天文台。一般公開された天体望遠鏡の中では日本最大級の口径を持つ75cmナスミス型コンピューター制御経緯儀式望遠鏡を装備している。津和野川と高津川の合流点を見下ろす枕瀬山は民家の明かりが届かない地域。鬱蒼とした木立の中にある小ぢんまりとした建物からは、遮るもののない満天の星空を望むことが可能だ。「星のふる里」のシンボル的スポットとして、1年中多くの観望者で賑わう。

    日原天文台は、宿泊客も食事の前後にみられる天文台です。島根県内でも天文台は珍しく、天気が良ければ、沢山のきれいな星が見られます。

  • 津和野町郷土館
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    島根県鹿足郡津和野町森村ロ127
    大正10年(1921)当時、県内唯一の郷土歴史博物館として設立された文化施設。遠く縄文時代から現代に至るまでの豊富な歴史資料を保存・展示している。設立当初は藩校養老館の御書物蔵を利用していたが、昭和15年(1940)の紀元2600年事業の一環として現在の場所に移転した。吉見・坂崎・亀井の三氏にわたる津和野城主の歴史を伝える資料をはじめ、この地方の豊かな歴史文化遺産を所蔵している郷土館だ。人材育成の源泉となった藩校「養老館」に関する資料や国内に9門のみが残存する約400年前の大砲「フランキ砲」など、見応えのある資料も多い。

    津和野を訪ねる場合必ず行かれると良いと思います。展示を見るのはもちろんですが、郷土館には津和野町の学芸員も事務所におられ、解らないところや、聞いてみたいこと等訪ねると良いと思います。 興味が有ること有れば余計訪ねると良いと思います。

  • 萬福寺
    rating-image
    4.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    島根県益田市東町25-33
    平安時代に「時宗益田道場」として建立された寺院。当初は「安福寺」と号して益田川河口付近にあったが、万寿3年(1026)の大津波により流出。その後応安7年(1374)に現在の地に移され、萬福寺と改められた。七間四方・九重造の単層建築からなる本堂は鎌倉時代の建築様式を色濃く残すもの。長州征伐益田口戦争の際に総門を焼失するも、本堂や庫裏は創建当時からそのままの形に残されている。雪舟が築いた庭園や仏教の教えを表す「二河白道図」、南蛮貿易によりもたらされた「華南三彩壺」など中世益田文化を代表する文化財が多く集まる寺院だ。

    鎌倉時代の七尾城主益田氏の建立だそうです。外観は本当にシンプルですが 屋根のしなりなどに 素朴な美しさがあります。拝観できるので 本堂の中を見ると 柱などに時代が感じられます。裏手の 雪舟の作庭による庭は 医光寺程の華やかさは有りませんが 素朴な美しい庭だと思いました。

  • 道の駅 瑞穂
    交通
    島根県邑智郡邑南町下田所260-3
    広島方面からの玄関口として多くの人で賑わう「道の駅 瑞穂」は、酒蔵風の外観が目印の建物。地元でとれる新鮮な農作物や特産品を400点以上揃えた「産直みずほ」を併設している。隣接する食堂「kotokoto」の人気メニューは地元食材を使ったオリジナルカレー。丁寧に煮込んだカレーを1日50食限定で提供している。石見和牛を贅沢に使った「石見和牛弁当」やボリュームたっぷりのお寿司なども好評だ。
  • 石見畳ケ浦
    旅行/観光
    島根県浜田市国分町
    国指定の天然記念物「石見畳ケ浦」は、およそ1,600万年前の地層を見て歩くことができる場所で、貝や鯨の化石・ノジュール・マグマの跡などの、普段は見ることができない世界を堪能できる。7-8月・12-2月を除く日曜日と祝日は、入口にボランティアガイドが常駐していて無料でガイドしてもらえる。
  • 島根県芸術文化センター「グラントワ」
    遊ぶ/趣味
    島根県益田市有明町5-15
    全国でも珍しい、美術館と劇場が一体となった建物の島根県芸術文化センター「グラントワ」は、石見地方の人たちが見慣れた石州瓦を屋根や壁に使用した建物で、ガラス質の表面の石州瓦が独特の表情を作り出す美しい建物になっている。「島根県立石見美術館」「島根県立いわみ芸術劇場」共に様々な展示やイベントが開催されていて多くの人々を楽しませている。
  • 杜塾美術館
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    島根県鹿足郡津和野町森村イ542
    JR山口線「津和野駅」から徒歩約15分の位置にある美術館で、津和野藩の筆頭庄屋の屋敷を修復・改装した建物が印象的。太い梁や大黒柱など古い日本家屋の趣を感じる館内には、津和野出身の洋画家・中尾彰と夫人・吉浦摩耶の名作が展示されている。その他、スペインの宮廷画家・ゴヤの貴重な銅版画「闘牛士」シリーズなども展示。2階奥の雨戸の節穴から差し込む光で庭園が逆さに映る現象「針穴写真」も見ものである。

    庄屋屋敷を修復した美術館です。絵画の他に刺繍なども展示してました。とにかく庄屋屋敷というだけあって、庭園も含めて外観が素晴らしい。すぐ隣に庄屋屋敷もあります。白壁が美しいので、これも見て下さい。

  • 益田市立雪舟の郷記念館
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    島根県益田市乙吉町イ1149
    室町時代の画僧・雪舟の作品や、ゆかりの地の写真や屏風絵、終焉地である益田市の歴史を展示する施設。雪舟の墓とされる雪舟廟大喜庵に隣接している。中国の天童寺を模した館内のロビーからは雪舟が描いた「花鳥図屏風」をヒントに作られた枯山水風の本庭が見渡せ、松、竹、桜など四季折々の景色が楽しめる。周辺は雪舟山水郷として整備され、雪舟に想いを馳せながらゆったり過ごせる憩いの空間となっている。

    雪舟のゆかりの地域の写真や屏風絵を 多く展示しています。また、ウォーキングコースもあります。 自然に囲まれています。

  • 浜田城跡
    旅行/観光
    島根県浜田市殿町123-10
    浜田自動車道「浜田IC」から車で約5分、JR「浜田駅」からは徒歩で約20分。標高70mの小高い丘の上に建てられた浜田城の城跡。江戸時代初期の築城から幕末に長州軍との戦いで落城するまでの約250年間、浜田藩政の本拠地としてその役目を果たしてきた。現在は残された石垣や土塁を中心に公園として整備され、桜の名所として親しまれている。島根県の指定文化財に登録されている他、平成29年(2017)には続日本100名城に選定された。

島根の主要エリア

around-area-map

縁結びの神様として有名なパワースポット「出雲大社」がある島根県。全国から八百万の神々が出雲大社に集まり神議が行われたとされる日本神話が息づく県です。 島根県内は「出雲縁結び空港」「萩・石見空港」「隠岐世界ジオパーク空港」の3つの空港を持ち、国内各主要都市から定期便が就航しています。東京・羽田空港からは約1時間半で到着します。 島根県は、国賀海岸や乳房杉など雄大な自然で有名な「隠岐島」エリア、世界遺産の石見銀山遺跡や出雲大社があり、「出雲・石見銀山」エリア、城下町であり水の都と呼ばれる「松江」、匹見峡や武家屋敷など見どころの多い「益田・津和野」エリアに分けられます。 島根県は全国でも有数の長い海岸線を持ち、地形も東西に細長いため、エリアや目的に分けて観光するのがおすすめです。 また、県内には60か所以上の温泉があり、名湯もお楽しみいただけます。島根和牛、出雲そば、松葉ガニなど、島根でしか楽しめないグルメと一緒に堪能しましょう。

島根の写真集

目的から探す