松江の旅行/観光スポット一覧

  • 松江城(千鳥城)
    rating-image
    4.5
    1500件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市殿町1-5
    慶長16年(1611)落成の平山城。国宝に指定された現存天守の中では唯一の正統天守閣と言われている。外壁の多くは黒塗りの下見板張りで、最上階は松江市街を一望できる望楼式。桃山初期の城郭の特徴を残した簡素な造りの城で、別名「千鳥城」とも呼ばれている。周辺は「松江城山公園」として整備され、約200本の桜が咲く桜の名所として有名。「日本さくら名所100選」にも選ばれている。

    数少ない現存する天守閣を持つ城全体は、地味ながら存在感抜群である。 感染対策中とかで、クレジットカードの支払いができず、だれが触ったも分からない現金で支払わされたのは納得がいかない。

  • 足立美術館
    rating-image
    4.5
    1046件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    島根県安来市古川町320
    近代日本画を中心に展示している美術館。コレクションは日本画の巨匠・横山大観の名作「紅葉」「雨霽る」をはじめ、竹内栖鳳・橋本関雪らの近代日本画や北大路魯山人の陶芸作品など1500点を数える。展示替えは、四季に合わせて年4回。枯山水庭や白砂青松庭など、合計約5万坪の日本庭園も有名。アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」で長年1位に輝き続け、世界的にも高く評価されている。

    庭園で超有名な足立美術館を訪れた。日本画のみと、庭園。庭園は確かに美しいが規模はさほどでもなく、見せ方がうまい。新館は作品入れ替え中で休館。 国内外の武術間を多く回ってきたが、ここは内容的に明らかにオーバープライスである。

  • 八重垣神社
    rating-image
    4.5
    444件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市佐草町227
    島根県松江市にある縁結びで有名な神社で、素盞嗚尊命(すさのおのみこと)と稲田姫命(いなたひめのみこと)を主祭神とする。宝物収蔵庫にある「板絵著色神像(本殿板壁画)」3面は重要文化財の指定を受けている。境内には、硬貨を載せた和紙の沈む速さで良縁の訪れを占う「鏡の池」や「夫婦杉」「夫婦椿」など、女性に人気のスポットが点在する。

    ガイドブックで見た占いがしたくて来ました。 社務所で紙を買い、境内をつっきって、一旦外に出る感じで池に到着。 そっと紙を浮かばせ100円玉を置きあとはじっと待つのみ。 雨がぱらついてきて、急に沈みました。 これは…どんな結果なのか…。 先着5名様のみ、お供えした塩をもらえますよ。

  • 島根県立美術館
    rating-image
    4.5
    286件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    島根県松江市袖師町1-5
    平成11年(1999)に開館した山陰地方最大級の美術館。宍道湖のほとりに建つ現代的な建物であり、テーマは「水と調和する美術館」。絵画や彫刻、工芸、写真などあらゆるジャンルの優れた美術作品を収集しているほか、水を題材にした作品が多く展示されていることでも知られる。エントランスロビーは宍道湖側が全面ガラス張りになっており、そこから眺める夕日は格別(エントランスロビーは入場無料)。

    宍道湖畔にある美術館です。 屋外展示は湖のすぐそばにあります。 曲線を描く建物は湖側がガラス張りになっており開放感があります。 訪問時は残念ながら曇りだったため夕日は見られませんでしたが、ここは夕陽鑑賞スポットの一つだそうです。 寒い季節はロビーから見られるのでいいと思います。 常設展示は所蔵作品の質が高かったです。 湖畔にある美術館なので「水にまつわる」作品を中心に収集しているそうです。 作品の...

  • ぐるっと松江堀川めぐり
    rating-image
    4.5
    314件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市黒田町507-1
    島根県松江市の国宝・松江城を取り囲む堀を約50分かけて巡る遊覧船。コース上には、「塩見縄手通り」や「武家屋敷群」など城下町の風情を感じる名所が点在。水鳥や水辺の草花が彩る四季折々の景色も必見である。船は全長約8m・幅約2mの小さな屋根付き船で、冬場は暖かいこたつも完備。堀川には17もの橋が架かっており、橋げたの低い橋の下を通る際は船の屋根を下げて通行する。

    ふれあい広場乗車場から松江城に行くのに大手前広場まで乗りました。一日乗車券は何回でも乗れるので松江城見学後今度はちゃんと一周しました。台風が来ていてその後は強風のため中止になりました。のんびり良かったです。

  • 美保神社
    rating-image
    4.5
    217件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市美保関町美保関608
    「出雲国風土記」に登場し、事代主命(えびす神)の総本宮とされる島根県松江市美保関町の古社。国宝の本殿は二殿連棟の「美保造り(比翼大社造り)」で、向かって左側に事代主命を、右側に母神・美穂津姫命を祀っている。商売繁盛だけでなく、五穀豊穣、海上安全、歌舞音曲など様々なご利益がある神として信仰を集めてきた。4月7日の青柴垣神事と12月3日の諸手船神事は国譲り神話にちなんだもので、全国から多くの見物客が集まる。

    コロナの影響で手水は枯れている。 昨年9月末頃詣でたときはなかったように思うが、入口に足踏みタイプのアルコールディスペンサーが設置されていた。 今回初めて日没後に訪れたが、照明が点灯しており厳かな感じがとてもよかった。 福種銭は相変わらず再開されていないようだが、お返しできていないものが自宅にあるので、再開が待たれるところ。

  • 日本庭園由志園
    rating-image
    4.5
    275件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市八束町波入1260-2
    昭和50年(1975)に開園した山陰地方最大級の池泉回遊式日本庭園。「中海」に浮かぶ島「大根島」にある。池を中心に黒松や滝、雪見灯籠などを配した侘び寂びの風情豊か。牡丹をはじめ季節の花でも有名。一年を通して牡丹を鑑賞できる室内庭園「牡丹の館」があるほか、4月下旬~5月中旬には約250種2万本もの牡丹が咲く「春のぼたん祭り」が開催される。食事処や売店も併設。特産の「高麗人参」を使った商品が好評である。

    米子空港に行く前にボタンが綺麗と聞き立ち寄りました。12月に来訪したにもかかわらず園内には綺麗な花がたくさんあり、日本庭園も楽しめました。

  • 玉作湯神社
    rating-image
    4.0
    224件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市玉湯町玉造508
    島根県松江市の玉造温泉街の奥に鎮座する神社で、「出雲国風土記」や「延喜式」にも記載されている古社。御祭神は、玉作りの神である櫛明玉命と当地温泉御発見、温泉守護、温泉療法等の祖神である大名持命・少彦名命等の神々。境内の収蔵庫には玉作跡から出土した玉類などが納められており、いずれも国の重要文化財。触って祈るとで願いが叶う「願い石」があり、近年はパワースポットとして人気がある。

    お守りを自分で作れる神社。かなり人気の神社のようで、午後の遅い時間だったのにも関わらず、ひっきりなしに参拝者が訪れていました。子授け神社でもあるらしく、玉をくわえた狛犬が子供連れてました。

  • 松江城山公園
    rating-image
    4.0
    83件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市殿町1-5
    江戸時代初期に築かれた松江城は別名「千鳥城」とも呼ばれ、天守は国宝に、城跡は国の史跡に指定されている。広大な城跡は本丸と二の丸が整備され「松江城山公園」となっており、桜と城を同時に鑑賞できる「日本桜の名所百選」にも選ばれた。ソメイヨシノや垂れ桜、山桜など、様々な桜が咲き乱れる様は息を飲む美しさ。天守閣は22時までライトアップされており、幻想的な風景を楽しむことができる。

    松江城山公園というのは松江城の本丸・二の丸跡を整備した公園のこと。園内には松江城天守を始め色々な見所があるので公園という大きなくくりで見ても十分な情報は得られない。観光に役立てるためには個々の施設の書き込みを見た方がいい。

  • 小泉八雲記念館
    rating-image
    4.0
    171件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市奥谷町322
    松江市立の文学館で、耳なし芳一や雪女などの短編をおさめた『怪談』などで知られる小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の記念館。小泉八雲旧居に隣接する和風建築の建物で、昭和9年(1934)に開館。2016年にリニューアルされた。ギリシャで生まれ、アイルランドやアメリカなど数か国を経て日本に定住・帰化し、小説家や日本民俗学者など様々な顔をもつ小泉八雲について紹介している。人物像にせまる資料や遺品、原稿、著書など1000点以上を収蔵し、うち200点ほどが展示されている。

    学校の授業で習うので日本人なら一度は聞いたことがある小泉八雲あるいはラフカディオ・ハーンという名前。八雲は1890年に来日してからしばらく松江で過ごした。この記念館では八雲の生涯をパネル解説するとともに、服やキセルなどの私物などを展示している。若い頃の事故で左目を失明していたことを初めて知った。顔写真が右横顔のものばかりなのは左目を隠すためだったのかもしれない。この見学で興味が湧いたので、彼の著作...

  • 小泉八雲旧居
    rating-image
    4.0
    170件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市北堀町315
    「耳なし芳一」や「雪女」の作者として知られ、日本の文化や習慣などを西洋に伝えたことでも知られる小泉八雲ことラフカディオ・ハーン。ここ松江にある小泉八雲旧居は、八雲が明治24年(1891)6月から、約5ヵ月間住んだ邸宅である。旧居観覧の特徴は庭が観覧対象になっていること。八雲の作品「知られぬ日本の面影」の舞台ともなっている庭をぜひ見てほしい。八雲が住んでいた当時のまま保存されている建物は、現在ではこの小泉八雲旧居だけである。

    小泉八雲記念館の隣にある。入館料は310円だが松江城の3館共通券を提示すると団体料金に割引となる。 日本にある八雲の旧居で当時のまま残されているのはここだけ。特に何かあるわけではないが、古い家から庭を眺めて、ここで5ヶ月間を過ごした八雲の生活に想いを馳せてみるのもいいでしょう。

  • 松江歴史館
    rating-image
    4.0
    125件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    島根県松江市殿町279
    松江城の東側にある歴史博物館で、城下町である松江の歴史や文化を紹介する施設。武家屋敷風の建物が趣深く、館内には国宝「松江城天守祈祷札」を収蔵している。基本展示室では、松江藩政や城下町の暮らし・産業などに関する実物資料や映像資料を展示。館内にある創作上生菓子の茶房「喫茶きはる」では、天守と庭園を眺めながらお茶を楽しめるほか、名工・伊丹二夫氏の実演も見学できる。JR「松江駅」より市営バス「塩見縄手」下車。

    宿に行くまで時間があったので立ち寄りました。 展示を見て松江の歴史を知り、また和菓子が発展した過程などもわかり、今まで知らなかった土地が身近に感じられるようになりました。 入口で職人さんが和菓子作りを実演されていて、思わずその手先に見入りました。 何種類かありましたが、どれも見た目が美しくどれにしようか迷いながら、隣にある喫茶きはるで庭園を眺めながら頂きました。 人が少なかったので、静かにゆっく...

  • 熊野大社
    rating-image
    4.5
    89件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市八雲町熊野2451
    島根県松江市八雲町の山間に鎮座している神社で、祭神は素戔嗚尊(スサノオミコト)の別名とされる「加夫呂伎熊野大神櫛御気野命」。出雲大社と並ぶ出雲国一宮として古くから信仰を集め、火の発祥の神社として有名である。境内には大社造りの本殿のほか、萱葺きの屋根に檜の皮で四方の壁を覆った独特の造りをもつ「鑚火殿」など見どころが多数。10月15日の「鑚火祭」では、出雲大社の宮司が熊野退社を訪れ、神聖な火を起こすための燧臼と燧杵を受け取る「亀太夫神事」が行われる。

    ツアーで行きました。 タイトルの通りに「なぜに?」と疑問を持ちましたが、結論からいえば参拝出来て良かったです。 規模としては小さいと思います。 素戔嗚尊を祀っているので、重々しいイメージがありましたが、 橋の前では、黄色いチョウチョが飛んでいたり 橋を渡っての境内は、きらびやかではないけど明るく爽やかな空気感でした。 神社によっては古くて陰気なかんじのあるところもあったりしますので、 雰囲気の良さ...

  • 清水寺
    rating-image
    4.0
    52件の口コミ
    旅行/観光
    島根県安来市清水町528
    用明天皇2年(587)に尊隆上人によって開かれたとされ、観音信仰の霊場として信仰を集めてきた寺院。また、古くから厄払いの寺としても知られ、現在でも厄払い祈祷を受けることができる。境内には国の重要文化財に指定されている「根本堂」がある他、「木造十一面観音立像」をはじめとした貴重な仏像も数多く所蔵する。

    コロナ禍で中断していましたが、私の市も島根も感染者ゼロなので早朝自家用車で出発し4時間かかって到着。駐車場から直ぐに大きな清水寺の案内板があり更に歩く寺全体図の横に600mありそうな坂の参道をのぼると大門を通過して境内に入ると、かなり大規模なお寺で多くの建物がありました。その中でも多数の朱色の鳥居を抜けた先にある清水稲荷神社、石段を登った巨大な千年杉、高炉堂、毘沙門堂、護摩堂、 根本堂を見てその奥...

  • 武家屋敷
    rating-image
    3.5
    120件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市北堀町305
    江戸時代初期から幕末にかけて、松江藩の中級から上級藩士が屋敷替えによって入れ替わり住んだ屋敷。母屋は表側と裏側とで造りも材料も違い、武家の公私のけじめを示している。また庭園の飾りは素朴な造りで、質実剛健な気風が伺える。現在の建物は享保18年(1733)に焼失した後再建されたものだが、当時の姿をよく保存した建物として、松江市の文化財に指定された。

    松江城の北側、塩見縄手に唯一残されている江戸時代に松江藩の中級武士が住んだ屋敷。敷地や建物はある程度の広さはあるがどちらかというと質素な佇まい。庭も手の込んだ造りではない。これが実際の武家屋敷の姿なのであろう。

  • 須我神社
    rating-image
    4.5
    38件の口コミ
    旅行/観光
    島根県雲南市大東町須賀260
    雲南市大東町須賀にある神社。スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治した後に作った「須賀宮」を起源とすることから「日本初之宮(にほんはつのみや)」と呼ばれる。また、スサノオノミコトが詠んだ「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる その八重垣を」という歌が日本で一番古い歌とされることから「和歌発祥の地」とも言われ、参道には60基の歌碑句碑が建てられている。

    塩水が湧き出す泉もあり、裏には巨木を抱える、素晴らしい神社です。 御朱印も300円でいただけます。 向かいには、天照社もありますよ。

  • 明々庵
    rating-image
    4.0
    53件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市北堀町278
    茶人としても有名な松江藩の7代藩主・松平不昧公の好みに沿って、松江市殿町の「有澤家本邸」に造られた茶室。何度か移築された後、昭和41年(1966)に現在地の島根県松江市内「塩見縄手」に移築された。厚い茅葺屋根の入母屋造り、中柱のない簡素な建物で、定石にとらわれない不昧公の好みが現れている。別棟の「百草亭」では、庭園を眺めながら抹茶と茶菓子が味わえる。

    お茶にはまっていた方の茶室だけあります。入口がちょっとわかりにくかったですが、茶道教室の方がたまたま出ていらしたので、教えていただき行くことができました。

  • 島根県物産観光館
    rating-image
    4.0
    72件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市殿町191
    島根県松江市の国宝「松江城」近くにある観光施設で、城をイメージした白壁に瓦屋根の建物。県内の観光パンフレットの配布や観光案内が受けられるほか、出雲そばや宍道湖産しじみ・海産物の加工品、伝統工芸品など島根の特産品を販売している。館内には、カレーやそばなどの軽食を提供する喫茶店があり、観光の合間の休憩にも便利。

    駐車場の管理センターかと思えば、商業施設でした。周辺の建物も同様な色調で、景観に違和感なくマッチしていました。松江市全体がややモノトーンに近い色合いなので、印象的ではないにしてもしっとり落ち着いた感じがしました。

  • 道の駅 たたらば壱番地
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    交通
    島根県雲南市吉田町吉田4378-31
    安全安心な農産物で豊富なメニューを揃える「道の駅 たたらば壱番地」では、雲南市内をはじめ島根県全域の情報を発信している。アニメ「秘密結社 鷹の爪」のキャラクター「吉田くん」のふるさとでもあり、玄関口では雲南市バージョンの「雲南吉田くん」が出迎えてくれる。併設されたレストラン「むらげ」では地元産そば粉100%使用の十割そばが、鶏舎直営店「ままたまご」では平地飼い有精卵にこだわった「たなべのたまご」が好評だ。

    奥出雲方面に出かけた際に休憩で立ち寄りました。レストランなども併設されているため利用しやすい道の駅です。

  • いずも まがたまの里 伝承館
    rating-image
    3.5
    48件の口コミ
    旅行/観光
    島根県松江市玉湯町湯町1755-1
    「出雲型勾玉」がテーマの観光施設。古代の玉造は国内屈指の勾玉・玉類の生産地であり、ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトが玉造の勾玉を天照大神に献上したと「古事記」に記されている。「勾玉ミュージアム」では勾玉の歴史や天然石に関する知識を学ぶことができ、目玉は75kgを超える青めのうの勾玉。体験工房では、職人の指導のもとで勾玉や印鑑の制作体験が楽しめる。宍道湖が一望できる展望レストランも併設。

    詳しいことは直接問い合わせていただきたいですが 展望レストラン、宝探し体験室などが今年から閉鎖になるそうです。 子供が宝探しにはまり 昨年二回行っていたので 今のご時世やむを得ずとはいえ驚きです。 団体客が ぱっと入ってさっとおみやげに お数珠とか買う場所というのがますます強まるのかな。 9号線側で宍道湖の眺望がよいお店は、 湖北線431号側と違い ふじな亭など あまりカジュアルでないお...

島根の主要エリア

around-area-map

縁結びの神様として有名なパワースポット「出雲大社」がある島根県。全国から八百万の神々が出雲大社に集まり神議が行われたとされる日本神話が息づく県です。 島根県内は「出雲縁結び空港」「萩・石見空港」「隠岐世界ジオパーク空港」の3つの空港を持ち、国内各主要都市から定期便が就航しています。東京・羽田空港からは約1時間半で到着します。 島根県は、国賀海岸や乳房杉など雄大な自然で有名な「隠岐島」エリア、世界遺産の石見銀山遺跡や出雲大社があり、「出雲・石見銀山」エリア、城下町であり水の都と呼ばれる「松江」、匹見峡や武家屋敷など見どころの多い「益田・津和野」エリアに分けられます。 島根県は全国でも有数の長い海岸線を持ち、地形も東西に細長いため、エリアや目的に分けて観光するのがおすすめです。 また、県内には60か所以上の温泉があり、名湯もお楽しみいただけます。島根和牛、出雲そば、松葉ガニなど、島根でしか楽しめないグルメと一緒に堪能しましょう。

島根の写真集

目的から探す