武家屋敷

歴史的建造物

塩見縄手の名前の由来となる武士が暮らした屋敷

当主が来客を迎える座敷は、格式を重んじた造り 当主が来客を迎える座敷は、格式を重んじた造り

江戸期の城下町・松江の面影を今に伝える屋敷。建物の前に広がる「塩見縄手」は、松江城を築城した堀尾吉晴が内堀とともに並行する道路と、侍屋敷を造成してできた通り。この武家屋敷に一時期暮らした塩見小兵衛(しおみこへえ)がのちに異例の栄進をしたことから、これを讃えて名づけられたものだ。屋敷は主屋(しゅおく)、長屋門、塀などからなり、小兵衛のほかにも500-1000石程度の武士が入れ替わり暮らしていたという。現在の武家屋敷は解体調査や資料によって復元されたもの。式台玄関(来客用玄関)がある表側と、裏側の私生活の部分では造りや材料が明確に区別され、公私を厳しく分けた武家の暮らしぶりがうかがえる。飾りを省いた素朴な造りの築山式の庭園からは、質実剛健の気風が見てとれる。式台玄関や座敷で迎えてくれる人形もリアルで、ドキッとするほどだ。

塩見縄手地区のなかほどにある 塩見縄手地区のなかほどにある

奥方居間に残された鏡台 奥方居間に残された鏡台

門番や武家の奉公人である中間(ちゅうげん)の住まいとしても使われていた長屋門 門番や武家の奉公人である中間(ちゅうげん)の住まいとしても使われていた長屋門

スポット詳細

住所
島根県松江市北堀町305
電話番号
0852222243
時間
[4/1-9/30]8:30-18:30(受付終了18:00)
[10/1-3/31]8:30-17:00(受付終了16:30)
休業日
無休
料金
[入場料]大人310円、小人(小中学生)150円、外国の方210円
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy)
Wi-Fi
あり(Wi2、縁むすびナビ)
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
滞在目安時間
0-30分
乳幼児の入店
ペットの入店
可(庭のみ)
雨の日でも楽しめる
はい
備考
平成28年10月1日-平成30年7月末までの保存修理工事を経て、平成30年8月1日からリニューアルオープンしました。

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 塩見縄手に残る唯一の武家屋敷
    3.0 投稿日:2020.12.12
    松江城の北側、塩見縄手に唯一残されている江戸時代に松江藩の中級武士が住んだ屋敷。敷地や建物はある程度の広さはあるがどちらかというと質素な佇まい。庭も手の込んだ造りではない。これが実際の武家屋敷の姿なのであろう。
  • 生活がそのまま
    4.0 投稿日:2020.11.08
    間口よりも奥に広がっていて、結構見応えがあります。鬼平犯科帳や剣客商売などの家屋はこんな感じなのかな、などと想像してみたり。建物だけでなく庭も通れるのですが、なかなかに広く、木々の様子も朴訥な良さがありました。カフェ兼お土産屋さんもあり、今度行く時には利用したいと思います。
  • 塀の長さに圧倒されました
    4.0 投稿日:2020.09.08
    武家屋敷の長い塀に圧倒されました。武士というものは、肉体労働をすることもなく、このようなお屋敷で生活して、お城に仕事に行って、そんなことを延々続けてきたのかと思うと、日本の文化のすごさを感じました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          松江城周辺エリアのおすすめスポット

          島根のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました