NAVITIME Travel

釧路・阿寒・根室・川湯・屈斜路の歴史的建造物スポット一覧

  • 岩保木水門
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    北海道釧路郡釧路町字鳥通原野
    大正9年(1920)の釧路川洪水をきっかけに建設され、昭和6年(1931)に完成した。水門付近からは雌阿寒岳、雄阿寒岳がよく見え、特に冬場の景観がおすすめだ。

    岩保木水門は、上流から流れてきた釧路川を、釧路川と新釧路川を分けるための水門 です。現在はすべての流れが新釧路川にそそがれていて、水門としての役割はありませんが、新旧2つの水門が残っていました。 特に、古い水門は、すぐ横を釧路川が流れています。水門の横が小高くなっていて、わずか10mあまり上からは、釧路湿原の南端部分を見ることができます。どこまでも続いているようなヨシの草原は、日本離れした風景...

  • 港文館
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    北海道釧路市大町2-1-12
    歌人・石川啄木の資料を展示する、レンガ造りの外観が印象的な文学館だ。明治41年(1908)に建造された旧釧路新聞社(現北海道新聞社)社屋を復元したもので、啄木は76日間、記者として新聞社に籍を置いていた。啄木がこの地で知り合った知人や手紙、写真などを展示。また釧路市内にある啄木の歌碑等も紹介している。

    港文館は、明治41年に建てられた旧釧路新聞社の社屋を復元した建物です。この旧釧路新聞社は、石川啄木が記者として従事していたことから、港文館の2階には石川啄木関連の資料などが展示されていました。 喫茶コーナーは、その1階にあります。外観と同じくレトロな感じの内装です。窓からは、釧路川越しにフィッシャーマンズワーフMOOも見ることができました。ケーキとコーヒーのセットをいただいて、のんびりできまし...

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す