釧路・阿寒・根室・川湯・屈斜路の遊び/レジャースポット一覧

  • 釧路市動物園
    rating-image
    4.0
    95件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市阿寒町下仁々志別11
    釧路空港から車で約10分。ホッキョクグマ、アムールトラ、アルパカ、ニホンザルなどの人気動物を展示するほか、タンチョウやエゾヒグマ、エゾモモンガといった北海道ならではの貴重な動物が住むゾーンでは美しい自然の中でのびのびと活動する動物達の姿を捉えることができる。動物たちの食事が見れる「パクパクタイム」は毎日開催中。冬には「ソリすべり大会」や「たからさがし大会」などのイベントも企画される。

    市立の動物園と侮っていました。 白樺林を歩いたり池の上に架かる橋を歩いたり・・・ たくさんの動物に出会いました、都会の動物園とは異なりみんな生き生きといていました。

  • 標津サーモン科学館(サケの水族館)
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道標津郡標津町北1条西6-1-1-1 標津 サーモンパーク内
    サケが産卵する様子も観察出来る標津サーモン科学館は、世界に生息しているサケの仲間18種30種類以上を展示し、生態から食文化までを知ることが出来る。また稚魚の放流など様々な教育活動にも力を入れている。12月から1月は閉館。根室中標津空港から車で約35分。

    表題の通り、釣りが好きで特にサケ・マスが好きで水族館に行った場合、最も時間をかけて観ているのでここに来るのは楽しみでした。 東京に住んでいると日光の「さかなと森の観察園」や山梨の「富士湧水の里水族館」などがサケ・マスに特化しているのでチョクチョク行くのですが、北海道はサケ・マスの本場です。 ミヤベイワナやイトウと云った自力で釣るのは困難な魚も見れ、エサもあげられ大満足だったのですが、インパクトが有...

  • 釧路市こども遊学館
    rating-image
    4.5
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市幸町10-2
    五感を使う様々な経験を通して、子供たちの豊かな感性や創造力を高めることを目的に建設された文化施設。釧路地方合同庁舎の裏に、プラネタリウムや遊具など様々な設備が整っている。館内一階の「さんさんひろば」にあるのは、国内最大級の屋内砂場。天候に左右されず、自由に砂遊びが楽しめる。スコップやバケツなどの遊具を用意しており、自由に使用することが可能だ。車いすに乗ったままでも砂遊びが楽しめるテーブル状の砂場も完備しているのも嬉しい。科学や自然を学ぶイベントも開催しており、親子で一日中楽しめる施設だ。

    JR釧路駅から街歩きしながらたどとり着いた大きなガラス張りの建物、中に入ると一体ここは何なんだろうか?と一瞬考えこむ! 流石北海道!屋内型の児童施設か?ガラス張り中央吹抜け下には室内の砂場が有って子供たちが砂遊びしてる!ちゃんと足洗い場まで完備! 親子さんにしちゃ公園の砂場じゃあ猫のおしっことかあるからここなら安心かも?

  • 釧路フィッシャーマンズワーフ MOO(ムー)
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市錦町2-4
    JR釧路駅から車で約5分、徒歩でも約20分程度の場所に位置する釧路フィッシャーマンズワーフMOOは、一階が鮮魚・塩干物・菓子・加工品等の個性的な16の店舗と9つの飲食店、二階が観光交流と港の屋台になっている。港の屋台では新鮮な海の幸や山の幸を屋台ならではの気軽さで楽しめる。釧路川や釧路港の夕暮れも実に幻想的。忘れずに堪能したい。
  • 北海道立釧路芸術館
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市幸町4-1-5
    JR「釧路駅」より徒歩約15分、釧路市中心部のウォーターフロントエリアにある釧路・根室圏の芸術文化拠点。日本画や油彩、版画、写真から立体作品まで、自然をテーマとする作品や、釧路・根室地域に関連する作品を中心に収集、展示している。コンサートや講演会ができるアートホールでは、映画の上映のほかミュージアムセミナーや、企画展に合わせた講演会などが随時開催されている。フリーアートルームではワークショップも体験可能。

    釧路フィッシャーマンズワーフMOOの裏側に立っている大きな建物です。ここは北海道立釧路芸術館で釧路市の文化拠点として作られたんことです。 その昔この場所が港湾エリアの煉瓦倉庫街だったことから建物のデザインを煉瓦仕様にしたとの事でオリジナルの古い建物を再利用しているわけではありません。 休憩スペースも館内に有ってトイレも大変綺麗でした。

  • 釧路湿原国立公園
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市、釧路郡釧路町、川上郡標茶町、阿寒郡鶴居村
    日本最大の湿原『釧路湿原』を有する国立公園で、ミツガシワやエゾイソツツジ、エゾリス等の希少な動植物が生息している。細岡展望台をはじめとする5つの展望台と湿原内や湖畔を歩ける6つの遊歩道が整備されており、快適にバードウォッチングや散策を楽しむことができる。また、遊歩道の一部区画はバリアフリーとなっており、車椅子やベビーカーでの利用も可能。エリア内にある温根内ビジターセンターでは、釧路湿原国立公園内の季節ごとの見所の紹介や、双眼鏡・車椅子・スノーシューの貸し出しを行っている。
  • 鶴居どさんこ牧場
    rating-image
    4.5
    19件の口コミ
    暮らし/生活/病院
    北海道阿寒郡鶴居村久著呂71-1
    日本に8種類いる在来馬の一つである北海道和種馬、通称「どさんこ」で乗馬を楽しめる牧場。釧路湿原国立公園内をめぐるホーストレッキングには約5時間のコースと2時間程度のコースがあり、時間に合わせて大自然と乗馬を楽しむことができる。牧場内での引き馬体験もあり。

    お部屋は綺麗、廊下も。一通りの設備は整っています。しかし、室内のボイラーは耳障りです。1人6000円、2人5500円の素泊まり料金は違和感大きいです。食事も美味しくて必要十分ですが、ひと昔前のサービス、値段でしょうか?スタッフの方は気持ちいいです。いかんせん、村営?なので、通りいっぺんのサービス、規則なのが残念です...

  • 達古武オートキャンプ場
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路町達古武65-2
    釧路湿原にほど近い達古武湖の湖畔にあるキャンプ場。湖でのカヌー体験や遊歩道での散策、サイクリングといったレクリエーションが行える。また冬季にはワカサギ釣りを楽しむことができる。他にもキャンプ場内では焚き火台での焚き火や手持ち花火の使用が可能。センターハウスにてラケットやサッカーボールなどの遊具の無料レンタルを行っており、子供達が自然の中で遊び回るのに困らない工夫がなされている。

    釧路湿原の東側の端に3つの湖が点在していますが、そのうち最も南側に位置しているのが達古武湖という湖です。この湖の北岸に、達古武オートキャンプ場はあります。近くに温泉施設はありませんが、管理棟にはシャワールームもあり、大きめのしっかりしたロッジと、オートキャンプサイトに加え、フリーサイトもあります。私たちは今回フリーサイトを利用しましたが、サイトのすぐそばにも駐車場があるので、ほぼオートキャンプで...

  • ふれあいホースパーク
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    暮らし/生活/病院
    北海道釧路市山花10-1
    釧路市にある乗馬クラブ。初心者でも楽しめる体験コーナーが充実しており。手軽に楽しめるのが魅力。ホーストレッキングの体験コーナーでは、水芭蕉の群生地や森林地帯をのんびりと回る50分コース。更にもみじ通りまで足を伸ばす70分コースが楽しめる。初心者向けの乗馬指導や、馬を持ち込みで走らせるフリー乗馬もあるなど、バラエティに富んでいる。入場料は無料で、馬を近くで見たり、写真を撮れるなど触れ合うこともできる。

    引馬体験が540円でできますよ。 子供さんにはお薦めです。 様々なメニュー体験ができるので大人でも楽しいです。

  • 厚岸水鳥観察館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道厚岸郡厚岸町サンヌシ66
    道東の空の玄関口・釧路空港から一時間ほどの距離にある観察館。平成5年(1993)にラムサール登録湿地に認定された厚岸湖・別寒辺牛湿原において、動植物と湿地の保全調査を行っている。1階にある展示室ではタンチョウの抱卵から子育ての様子をとらえた湿原の映像を放送しており、湿原をより身近に感じることが可能だ。タンチョウとカヌーの遭遇による事故を防ぐため、カヌー施設開放期間の制限やコントロールも行っている。タンチョウの営巣地に近づかないため、湿原内に入る際は観察館に立ち寄って情報を確認するのがよい。

    自然いっぱいの厚岸には多くの野鳥が生息しています。季節になると渡り鳥も姿を見せます。中でも水鳥が豊富で観察館からすぐの場所でバードウォッチングすることが可能です。

  • 虹別オートキャンプ場
    rating-image
    4.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道川上郡標茶町字虹別690-32
    場所は虹別のシュワンベツダム湖そばにあり、各サイト間が自然そのままの草木で区切られているのが特徴。照明も必要最小限に抑えられており、天気のいい夜には満天の星空を眺めることができる。キャンプ場内には小型のダムや大型遊具のある芝生公園などがあり、子供達が楽しめる場が多い。シャワーや屋外バーベキュー炉を備えたバンガローもあり、レンタル用品も充実しているのでキャンプ初心者でも利用しやすい。

    広大な牧草畑が広がる根釧台地にある虹別という集落のはずれに、こちらの虹別オートキャンプ場はあります。キャンプ場自体は、林に囲まれていて、とても静かな環境です。 わりと新し目で、施設がしっかりとしたオートキャンプ場でした。コテージやバンガローもあり、個別になっているオートサイトはもちろん立派なんですが、お財布にとてもやさしい金額のフリーサイトに宿泊してみました。オートサイトではありませんが、込み...

  • 尾岱沼ふれあいキャンプ場
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道野付郡別海町尾岱沼岬町66
    バンガローやグリルキャビンや炊事場、水洗トイレなどが整備されたキャンプ場。バードウォッチングの拠点としても便利で、多くの観光客が訪れる。5月~6月上旬にかけては、前浜で潮干狩りも楽しめる(毎日ではないので、要事前確認)

    尾岱沼は風蓮湖に接する場所でその一角にキャンプ場があります。景色の眺めが素晴らしいキャンプ場です。夜には満天の星空を楽しむことができます。施設も揃っているため安心して利用できます。

  • 釧路市山花公園オートキャンプ場
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市阿寒町下仁々志別11-37
    釧路湿原の西、570haという広大な山花公園の中にある。キャンプ場周辺には釧路市動物園や山花温泉、乗馬体験ができるふれあいホースパークといった施設が併設されている。また釧路空港やJR釧路駅から30分圏内と都市部とのアクセスがよく、釧路市湿原展望台や丹頂鶴自然公園といった観光施設にも立ち寄りやすい場所にあるのもポイント。コテージやカーサイトもあるので釧路観光の宿泊拠点として利用しやすい。

    山花公園オートキャンプ場は、釧路市の中心市街から北西へ20kmほどの山間部にあります。すぐ近くには釧路市動物園があり、山花温泉リフレという宿泊施設もあります。 ここは、林の中にある設備充実のキャンプ場です。今回私たちはコテージを利用しました。1階と2階に部屋があり、上下水道が通っていて、テレビもFF式ストーブも調理器具も完備なんです。入り口横にはバーベキュー炉もありました。

  • 阿寒摩周国立公園
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市、川上郡弟子屈町、他
    日本最大のカルデラ湖・屈斜路湖をはじめとする3つのカルデラ湖と、雌阿寒岳、硫黄山等の活火山を有する、北海道で最も歴史の長い国立公園。湖や火山の影響を受けた一帯では独特の生態系が築かれている。阿寒湖南の湖畔に位置する阿寒湖温泉と、硫黄山を源とする川湯温泉付近は人気の温泉街で、年間を通して多くの観光客で賑わう。エリア内にある阿寒湖畔エコミュージアムセンターでは阿寒国立公園の自然の紹介やツアーガイド、冬期のスキー・スノーシューの貸し出しを行っている。
  • リバー&フィールド
    rating-image
    5.0
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道川上郡弟子屈町屈斜路コタン
    平成7年(1995)に設立した自然ガイド・カヌー、カヤックツアーのガイドカンパニー。春から秋にかけてのグリーンシーズンにはカヌーツアーが、冬にはスノーシューツアーが楽しめる。目の前に広がる屈斜路湖の他釧路川源流や藻琴山、摩周湖のある屈斜路カルデラなどフィールドは様々。冬にはシベリアから訪れたハクチョウが越冬する様子も観察できる。釧路川源流をゆったりくだり、川の上でのティータイムを挟んだ「みどり橋コース」は早朝や夕方におすすめだ。

    初夏の釧路&知床の旅の間にカヌーツアーに参加しました。平日だったせいか、ガイドさんと私たち2人だけのプライベートツアー状態でとても贅沢でした。 最初にライフジャケットを付け、非常時の対応方法などを説明されます。「非常時」はめったに起こらないとはいえ、最初に説明があると安心です。信頼できるガイドさんだなと思いました。 基本の漕ぎ方を教わって、湖で少し漕ぐ練習してから川へ。木漏れ日がキラキラと光る中で...

  • 釧路湿原美術館
    rating-image
    3.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市阿寒町上阿寒23-38
    湿原の画家と呼ばれた佐々木榮松氏の残した作品、資料、遺品を保管・展示している釧路湿原美術館。阿寒国際ツルセンターと隣接しているためタンチョウ鶴も観察できる。佐々木氏は道東の風土をテーマに置いた心象作品を制作した。

    夫婦で釧路に訪問した際にお邪魔しました。 佐々木栄松先生は今回の訪問で初めて知りましたが、赤(緋色)を鮮やかに使って湿原の紅葉を描き出していました。 案内頂いた方が、商売っ気が強すぎて、最後望んでいないのに商談に持ち込まれたのにはいささか辟易としました。

  • ボッケ遊歩道
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
    「阿寒湖畔エコミュージアムセンター」から観光船乗り場まで続く遊歩道。1.5kmほどの道に針葉樹と広葉樹が混じってできた森があり、阿寒湖の大自然を観察しながら散策が楽しめる。ボッケとは、アイヌ語で「煮え立つ」という意味から付けられた地名。泥が地下から火山ガスと共に吹き出て、盛り上がったりあぶくの膜を破裂させたりする現象を指す。阿寒湖畔エコミュージアムセンター裏から15分ほど歩いた場所で観察することが可能だ。この地域では50cm以上もの雪が積もるが、地熱が高いためほとんど雪が積もらない。非常に危険なため柵の中への立ち入りは厳禁となっている。
  • 釧路市立博物館
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市春湖台1-7
    2016年に開館80周年を迎えた、東北海道屈指の歴史を持つ博物館。釧路地方の多様な自然とそれに育まれた歴史・文化がテーマ。豊富な資料数を誇るアイヌ文化展示やリニューアルされた魚類・両生類展示、北海道遺産に選定された開拓を支えた鉄路「簡易軌道」の新コーナーなども必見。
  • あいすランド阿寒
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2
    北海道釧路市阿寒湖温泉にある、様々なアトラクションが楽しめるレジャー施設。氷の状況によって変わる場合があるが、1月1日から3月31日までの冬季限定の施設で、スノーモービルやバナナボートなどさまざまなアトラクションが楽しめる。中でも天然わかさぎ釣りが人気で、釣具一式が用意されているため気軽に釣れるだけでなく、釣ったわかさぎを天ぷらにするサービスも提供している。5月から11月まではフィッシングランド阿寒として運営されている。悪天候の時のみ休業。
  • 千代ノ浦マリンパーク
    遊ぶ/趣味
    北海道釧路市千代ノ浦1
    太平洋に向かい半円状に突き出た形が特徴的な公園。地域住民が海や漁業などの水産業を身近に感じられるように設置された。パーク内には一年を通して釣りが楽しめる護岸のほか、6月から9月の間のみ水路に海水が流れる親水広場を完備。滝のように海水が流れる擬岩山は、子供たちの遊び場としても好評だ。ほかにもブランコや砂場などの遊具が並び、予約をすればバーベキューコーナーも利用できる。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す