北海道のその他の自然地形スポット一覧

  • サホロリゾート ベア・マウンテン
    rating-image
    4.0
    118件の口コミ
    旅行/観光
    北海道上川郡新得町狩勝高原
    北海道にのみ生息する最大種エゾヒグマを自然に近い状態で観察することができる「サホロリゾート ベア・マウンテン」。鉄格子で守られたバスに乗ってヒグマ達の森にいけば、森の中を動き回るヒグマを間近に見られ、高台の遊歩道からはヒグマ達の暮らしをのんびりと観察することができる。敷地内中央のガラス張り観察施設からは、ガラス越しにヒグマにタッチすることもでき、まさに迫力満点だ。

    サホロリゾート内にある熊牧場です。 帯広でレンタカーを借りていって来ました。 入場料は約1,800円、ベアウォッチングバス付きだと約2,900円とやや高めですが、レンタカーでの来場者やJAF会員には割引がありました。 ベアウォッチングバスでは運転手が監視員と連絡を取りながら熊が居る地点まで連れて行ってくれます。 目の前1メートルで見るヒグマはなかなかの迫力。お薦めです。

  • 鶴見台
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    旅行/観光
    北海道阿寒郡鶴居村下雪裡
    毎年11月-3月頃、多くのタンチョウが飛来する給餌場である。給餌が行われるのは朝方と午後2時30分頃。もとはこの地にあった小学校にタンチョウが集まったことから、教師と生徒達が給餌を行っていた。廃校になった後は、近くに住む渡部トメさんがその意思を引き継ぎ給餌を行うようになったことでも有名。ピーク時には200羽近くのタンチョウが集う。

    『「タンチョウ鶴」が見たいなあー!』と言う妻とツアーバスでやって来ました。 バスは「ど・れ・み・ふぁ・空」というレストラン兼お土産屋さんに停車し、凍った道を歩いて、鶴見台へ。いるいる、20羽くらい。でも、遠くて、小さいなあー。タンチョウ鶴を見ている妻の顔を見ながら、喜んでいるのかなー、と考えてしまった。しばらく見ていると、突然、タンチョウ鶴が舞い上がって、飛んで行ってしまった。夕方だったので、ねぐ...

  • サロマ湖ワッカ原生花園(龍宮街道)
    rating-image
    4.0
    65件の口コミ
    旅行/観光
    北海道北見市常呂町栄浦
    「ワッカ」とは、アイヌ語で「ワッカ・オ・イ(=水が・ある・ところ)」という意味で、砂州の中ほどに真水の湧く沼があったことに由来している。砂州を通る道は「龍宮街道」と呼ばれ、古くから海と湖を交互に見ることができる絶好の場所として親しまれてきた。300種類以上の草花が咲き誇る野鳥の繁殖地でもあり、例年6月下旬から7月中旬にかけて花の最盛期を迎える。

    サロマ湖の東側に広がる原生花園です。広大な敷地に遊歩道が整備されているので、ネイチャーセンターで自転車を借りてまわるのがおすすめです。

  • 温根内木道
    rating-image
    4.5
    34件の口コミ
    旅行/観光
    北海道阿寒郡鶴居村温根内 温根内ビジターセンター
    釧路湿原の西端にある「温根内ビジターセンター」を起点とする木道。釧路湿原には、四季折々の花々や動物たちを見ながら散策できる約2kmのバリアフリー木道が設置されている。釧路市湿原展望台の遊歩道にも通じ、ゆっくり歩ける遊歩道として人気も高い。1周の所要時間は約1時間。ヨシ湿原、スゲ湿原、ミズゴケ湿原などの湿原を回り、季節によりミツガシワ、ワタスゲ、ヒメシャクナゲなどの花々を鑑賞することができる。また、野鳥や7-8月はヘイケボタルを見ることもできる。

    温根内ビジターセンターの(手書きの)伝言板でその日の動物の目撃情報をゲットしてからビジターセンターから木道に直接入ることができます。 バリアフリーになっているので車椅子でも通行できるほど広くて足元も安定していて安心して歩けます。 花巡りや動物との遭遇が楽しいです。

  • 卯原内サンゴ草群生地
    旅行/観光
    北海道網走市卯原内60-3
    能取湖畔一帯を真っ赤なに染め上げる様が美しい、日本一のサンゴ草群生地である。例年の見頃は9月初旬から10月初旬にかけて。生育不良で一時期は減少傾向となったが、種子採取や湖水の入排水改善などの活動が実を結び、徐々に回復傾向に。現在では復活宣言もなされ、赤いじゅうたんを敷き詰めたような趣深い景色を楽しめる。
  • トッカリショ
    旅行/観光
    北海道室蘭市母恋南町
    高さ100メートル前後の断崖絶壁にクマザサがまるで絨毯のように広がっている景勝地。「室蘭八景」の一つにも選定されている。
  • 登別原始林
    旅行/観光
    北海道登別市登別温泉町無番地
    登別駅からバスで約15分。日和山の爆裂火口跡であり、登別温泉で最大の源泉でもある地獄谷の北東に位置する原生林。大正13年(1924)には国の天然記念物に指定されている。周辺が温泉地帯になっているのと海に近い場所でもあることから暖地に根付く植物が多く、樹木がおよそ60種、草木が約110種と多様な植生なのが大きな特徴。遊歩道が整備されていて、散策にも最適となっている。
  • 原生花園あやめヶ原
    旅行/観光
    北海道厚岸郡厚岸町末広321
    厚岸郡厚岸町末広の道道123号線沿いにある景勝地。約100ヘクタールに及ぶ原生花園で、6月中旬頃から7月上旬頃にかけて約30万株のヒオウギアヤメの花が咲く。また、季節ごとにハクサンチドリ、キンポウゲ、エゾフウロなどの100種類を超える植物が観察できるほか、太平洋を望む展望台も整備されている。
  • 野付半島原生花園
    旅行/観光
    北海道野付郡別海町野付
    野付半島の東端、野付崎灯台を中心に広がる花園である。例年5月下旬から10月頃にかけて、ハマナスやクロユリ、ワタスゲ、ハマエンドウ、エゾカンゾウなど多くの花々を咲き乱れる。またタンチョウ営巣地が園内周辺の沼にあるため、秋にはタンチョウが飛び交う姿が見られることも。
  • 富士野園地
    旅行/観光
    北海道利尻郡利尻富士町鴛泊
    夕日ヶ丘展望台から、道道105号線を北上したところにある「富士野園地」。ポンモシリ島を間近に見ることができ、高台からは利尻富士を望むことができる。エゾカンゾウの群生地であり、7月頃には辺り一面が鮮やかな黄色に染まるのも見どころの一つ。
  • ルシャ湾
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町遠音別村
    アイヌ語で「浜へ降りる道」という名前の、海に続く岩場。非常に険しい地形であり、湾へと向かう知床林道は環境保護のため、一般車両は通行禁止となっている。観光遊覧船が運行されており、往復2時間ほどかけて、海側から断崖絶壁を観察することができる。遡上する鮭を狙って野生動物、特にヒグマが頻繁に出没するため、安全なベアウォッチングスポットとして有名。
  • 前沢
    旅行/観光
    北海道上磯郡木古内町
  • 前沢
    旅行/観光
    北海道美唄市
  • 小沢
    旅行/観光
    北海道古宇郡泊村
  • 円山原始林
    旅行/観光
    北海道札幌市中央区円山
  • マクンベツ湿原木道入口
    旅行/観光
    北海道石狩市船場町
  • 流氷ダイビング
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ西4
  • オホーツク流氷ノロッコ号
    旅行/観光
    北海道網走市新町2丁目2
  • 酪農の丘
    旅行/観光
    北海道紋別郡興部町興部春日町
  • 沙留岬
    旅行/観光
    北海道紋別郡興部町沙留

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す