山形の自然スポット一覧

  • 幻想の森(土湯杉群生地)
    rating-image
    4.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    山形県最上郡戸沢村古口土湯
    最上郡戸沢村古口土湯にある森。最上川沿いに広がる土湯杉の群生地である。樹齢1,000年を超えるとも言われる巨木が並び、幹が複雑に湾曲し、分岐したその姿によって、呼称通りの幻想的な風景を形作っている。

    不思議な形の杉が続きます。なんでこんな形になったのか眺め入ってしまいます。遊歩道は整備されてますが、入り口から狭いダートの道を延々と上るし、対向車に出会うと離合が困難です。でも不思議な空間なので見る価値はあると思います。

  • 羽黒山
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町手向
    山形県の出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)の一つで標高414mの山である。羽黒山は蜂子皇子によって開山され、聖観世音菩薩(現在の世を生きる人々を救う仏)を祀ったといわれている神秘的な山で古くから山岳修験の山として有名である。人々の現世利益を叶える山であったことから「現在の世を表す山」と言われている。
  • 鳥海山
    旅行/観光
    山形県
    山形県と秋田県の県境にある標高2236mの山で、古くから人々の守り神として、山麓周辺の人々から崇められている。気象の変化が激しい為、四季の彩りが鮮やかで、観光客も多く訪れる場所。5合目の鉾立までは鳥海ブルーラインを通って車で行くことができ、買い物や食事ができる山荘や鳥海鉾立ビジターセンターもある。「鉾立展望台」からは日本海を一望でき、奈曽渓谷も眼下に見ることができる。
  • 湯殿山
    旅行/観光
    山形県鶴岡市田麦俣
    山形県鶴岡市にある標高1500m、出羽三山の奥の院とされ、山岳修験の山としても有名である。山の麓には大きな赤い鳥居が目を引く「湯殿山神社」があり、御神体は神秘的なオーラが漂う、熱湯の湧き出る茶褐色で巨大な岩。古くから「語るなかれ、聞くなかれ」と言われているとても神秘的な場所となっている。また、最長滑走距離2000mのゲレンデが魅力の「湯殿山スキー場」もあり、冬はスキーやスノーボードを楽しむファミリーなどにも人気の場所だ。
  • 蔵王高原坊平国設野営場
    旅行/観光
    山形県上山市蔵王高原坊平
    上山市永野蔵王山のエコーライン沿い、標高1,000mから1,200mほどに広がる高原。ペンション村やキャンプ場、つつじ公園などが整備されており、高山植物や新緑など、四季ごとの高原の自然を体感できる。また、スキー場とクロスカントリーコースも備えており、スキーの大会や合宿などにも利用される。
  • 最上峡
    旅行/観光
    山形県最上郡戸沢村大字古口
    「最上川県立自然公園」の最上川中流にある全長約15kmの渓谷で、松尾芭蕉が句詠んだことでも有名である。年間を通して舟下り「最上川芭蕉ライン」に乗船でき、自然に囲まれた四季折々の風景が広がる約12kmを1時間かけて楽しめる。また、要予約で船中でお弁当を食べることも可能。船でしか行けない「ふるさと村」や「いかだ下り」などの体験コースもある。
  • ドッコ沼
    旅行/観光
    山形県山形市蔵王温泉ドッコ沼
    「蔵王中央高原」にある周囲約350mの沼で、神秘的なエメラルドグリーンの湖面を見られることで有名である。沼へは「蔵王中央ロープウェイ」を利用して向かうこともできるが、整備されたトレッキングコースを利用する人々も多い。自然豊かなブナの森林に囲まれた景色を楽しむ登山客が多く訪れている。
  • 徳良湖
    旅行/観光
    山形県尾花沢市二藤袋
    水田開墾の貯水池として造られた、約230haの人造湖である。コイやワカサギなどの淡水魚が生息しており、冬期はハクチョウの越冬地として知られている。湖周辺3kmには、約200本のソメイヨシノが美しく咲き、毎年5月に開催される「徳良湖まつり」の時期にはライトアップも行われている。また近隣には、キャンプ場やゴルフ場、温泉施設などがある。
  • 月山
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町川代
    山形県の中央部に位置する火山で磐梯朝日国立公園の特別区域として指定されている。日本百名山、日本百名山、花の百名山、新・花の百名山など、様々な方面から名山として評価されている。その上、月山山麓湧水群は名水百選にも選ばれている。山頂には月山神社があり、登山観光客が頻繁に詣でる。4月から7月まで楽しめる夏スキー場があり、冬季は逆に雪が多すぎて危険なため閉鎖される。
  • 小杉の大杉(トトロの木)
    旅行/観光
    山形県最上郡鮭川村大字曲川
    鮭川村天然記念物に指定されている樹齢約1000年の杉の大木で、スタジオジブリのアニメーション映画・となりのトトロに登場する「トトロ」に似ていることで知られる。根回り6.3m・樹高約20m・枝張り17mもの大きさを誇るこの木は、古くから神木として信仰の対象となっており、根元には山神が祭られている。芯が2本あるその姿から、夫婦杉・縁結びの杉とも言われる。
  • 蔵王坊平高原
    旅行/観光
    山形県上山市蔵王坊平高原
    標高1,000mほどに位置する蔵王の西裾野に広がる高原。ペンション村やキャンプ場、つつじ公園などがあり、四季を通じて高原の自然を楽しめる。スキー場やクロスカントリーコースも備え、2014年には「やまがた樹氷国体」の会場としても利用された。上山市街から蔵王エコーラインを通って30分ほどで、トレッキングを楽しみに足を運ぶ観光客も多い。
  • 丸池様・牛渡川
    旅行/観光
    山形県飽海郡遊佐町
    遊佐町吹浦にある牛渡川は、鳥海山の伏流水による湧水の豊富さと、それに伴う水の透明度の高さで知られている。隣接する池は「丸池様」の名で知られ、池の水は100%湧水からなり、高い透明度のエメラルドグリーンが見られる。池底に沈む倒木が腐らないのは、湧水が清らかな証拠であると言われている。
  • 玉簾の滝(山形)
    旅行/観光
    山形県酒田市升田字大森
    酒田市升田にある滝。高さ63m、幅5m、杉の大木に囲まれた直瀑で、弘法大師が発見し命名したと伝えられる。かつては修験場としても利用され、現在でも滝の前には「御嶽神社」が祀られている。4月下旬から5月上旬と8月中旬にはライトアップが行われ、日中とは違った美しさが味わえる。また、1-2月の厳冬には氷瀑となるなど、季節によって様々な景観を楽しむことができる名瀑だ。
  • 寒河江ダム
    旅行/観光
    山形県西村山郡西川町大字砂子関158
    寒河江川に建設された、中央コア型ロックフィルダムダム。最上川水系の治水をはじめ、河川環境保全、かんがい用水、水道、発電などを目的とした多目的ダムとして平成2年(1990)に完成した。周辺は朝日連峰や月山などの豊かな自然に囲まれ、弓張平公園などが整備されている。
  • 月山湖
    旅行/観光
    山形県西村山郡西川町砂子関158-130
    西川町砂子関にある寒河江ダムによって出来たダム湖。湖畔には「月山湖水の文化館」をはじめ、売店やスポーツ施設などが整備され、自然環境を活かしたまちづくりを行っている。日本一の噴射高112mを誇る「月山湖大噴水」も知られており、季節ごとに変わる打ち上げパターンを見に、年間を通じて多くの観光客が足を運ぶ。
  • 月山弥陀ヶ原
    旅行/観光
    山形県鶴岡市羽黒町川代
    出羽三山の主峰、月山の八合目にある湿原。標高1,400mほどに位置するなだらかな湿原に、1周60分ほどの木道が整備されている。八合目まで車で行くことができるため、ニッコウキスゲやミズバショウをはじめとした130種類以上の高山植物が気軽に鑑賞できる。
  • 最上川
    旅行/観光
    山形県最上郡
    山形県内を流れる一級河川。福島県との県境の西吾妻山を水源とし、周辺の盆地から庄内平野を経て日本海に注いでいる。寒河江川などの支流を含めた最上川水系の流域周辺に県の人口の約8割が暮らしており、古くから水運の要の役割を果たしてきた。松尾芭蕉の句「五月雨をあつめて早し最上川」をはじめ多くの歌にも詠まれるなど、文化的にも重要な川である。
  • 層雲峡
    旅行/観光
    山形県尾花沢市
    尾花沢市御所山にある渓谷。宮城県との県境にまたがる御所山の上級者向けの登山コースとしても知られ、季節により新緑や紅葉などが楽しめる。川の流れを渡る箇所や御宝前、大滝などが眼前に広がるスポットなど、大自然を肌で感じられる。
  • 天元台
    旅行/観光
    山形県米沢市
    米沢市にある高原。西吾妻山の最短登山口であり、蔵王や鳥海山の眺望や高山植物などの自然を楽しめるトレッキングのほか、冬季には約6ヶ月のロングシーズンにわたって、高い雪質のパウダースノーと最長6,000mのコースが楽しめるゲレンデとしても知られる。
  • 天元台高原
    旅行/観光
    山形県米沢市白布温泉天元台
    米沢市李山にある高原。西吾妻山の最短登山口であり、米沢市関にある湯本駅から天元台ロープウェイでアクセスできる。蔵王や鳥海山をはじめとした眺望や高山植物などの自然を楽しめるトレッキングコース、また冬季には高い雪質のパウダースノーと最長6,000mのコースが魅力だ。ロングシーズン(約6ヶ月)のゲレンデとしても知られている。

山形の主要エリア

around-area-map

山形県は、日本海に面し、県域の85%を産地が占める自然豊かな土地です。 県内には山形空港と庄内空港があり、東京、名古屋、大阪から飛行機によるアクセスが便利で、いずれからも1時間~1時間20分で到着します。 山形県には、松尾芭蕉が詠んだ「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の句で知られる「立石寺」があり、山の頂上にある奇岩にぽつんと立つお寺からは、壮大な景色を楽しめます。 温泉地も有名で、大正時代のような風情を感じる「銀山温泉」や、1900年前に開湯された歴史ある「蔵王温泉」があります。この蔵王温泉にはスキーリゾートもあり、冬にはスキーが楽しめます。 県内はフルーツの生産が多く、特にさくらんぼが有名で、サクランボ狩りができる場所も多くあります。 郷土料理では、山菜をふんだんに使った山菜鍋やイモ煮、納豆を鍋に入れた納豆汁など、山の幸を使ったものが多くあります。

山形の写真集

目的から探す