沖縄の橋スポット一覧

  • 伊良部大橋
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市平良久貝
    伊良部大橋は、宮古島と伊良部島を結ぶ橋として平成27年(2015)1月31日に開通。地元の要請から40年を経て完成に至った。全長は3540mにわたり、通行料が無料の橋としては国内最長である。ダイビングスポットとしても知られる宮古島の海を渡るため、絶景スポットとしても注目されている。
  • 古宇利大橋
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
    古宇利島と屋我地島を結ぶ、全長1,960mの橋である。平成17年(2005)の開通以来、まるで海の上を走っているかのような爽快感がすばらしく、人気のドライブコースとなっている。視界いっぱいに広がるエメラルドグリーンの海と潮風を感じながら、開放感あふれるドライブを楽しむことができる。
  • ニライ橋・カナイ橋
    旅行/観光
    沖縄県南城市知念吉富
    県道86号から国道331号線へと下る、全長1,200mの橋である。ニライカナイとは、はるか海の彼方、神々の住む理想郷という意味。大きなカーブを描く橋はまるで宙に浮いているようで美しく、橋の頂上付近、トンネル上にある展望所からの眺望は素晴らしいの一言。太陽の光を受けて輝く、コバルトブルーの海を堪能することができる。
  • 池間大橋
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市平良字池間
    総工費99億円をかけ1992年2月に開通した、宮古島と池間島とを結ぶ全長1,425mの橋である。透明度が高いエメラルドグリーンの海上を走れるこの橋は、絶好のドライブコースとして人気だ。宮古空港から車で約35分。
  • 瀬底大橋
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡本部町字瀬底
    瀬底島と本島を結ぶ全長762mの橋である。白い橋と青い空、エメラルドグリーンの海が美しい。ドライブを楽しむのもよいが、歩いてみるのもおすすめ。眼下には大海原が広がり、海の中を泳ぐ魚を見ることもでき、一味違った感動を味わえる。
  • 浜比嘉大橋
    旅行/観光
    沖縄県うるま市勝連浜比嘉
    平安座島と浜比嘉島を結ぶ、全長1,430mの真っすぐに伸びた橋である。眼下には透明度の高い海が広がっているため、歩いて渡ってみることもおすすめしたい。
  • 伊計大橋
    旅行/観光
    沖縄県うるま市与那城伊計
    昭和57年(1982)に開通した、赤いアーチが印象的な「伊計大橋」。沖縄本島から3つの小島を繋ぐ「海中道路」は全長約4.75kmの海上の道であり、人気のドライブルートである。その最後を飾るのが、最も沖合にある伊計島へと繋ぐ「伊計大橋」。青い海の上を走るドライブを満喫しよう。
  • 屋我地大橋
    旅行/観光
    沖縄県
    屋我地島と奥武島を結ぶ、全長300mの橋である。歩道も整備されており、橋の上からは遠浅な海を楽しむことができる。
  • 幸せの架け橋
    旅行/観光
    沖縄県南城市知念久手堅541
    南城市知念久手堅の国道331号線沿いにある景勝地。観光施設「がんじゅう駅・南城」の裏庭に設置されている小さな橋の上から、空と海、緑が広がる絶景を眺められる。「斎場御嶽(せいふぁうたき)」と「久高島(くだかじま)」の2つの聖地を望むパワースポットとも言われる。
  • 来間大橋
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市下地
    宮古島の南西部と来間島の南東部を結ぶ橋。平成7年(1995)に開通したもので、1,690mもの長さになっており、農道として利用する目的でかけられた農道橋で日本最大級となる。車はもちろん徒歩でも行き来が可能で、橋の上から見下ろす海は透明度が高く、時間帯によって太陽光の当たる角度が変わって、真っ青からエメラルドグリーンまで様々に変化する。歩道が整備されているだけでなく、スツールが設置された展望スペースもある。
  • サザンゲートブリッジ
    旅行/観光
    沖縄県
  • 伊江橋
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村
  • 天女橋
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里金城町1-2 首里城公園内 円鑑池
  • ニライ橋カナイ橋
    旅行/観光
    沖縄県南城市知念字吉富
  • 仲間橋
    旅行/観光
    沖縄県
  • 浦内橋
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町
  • ナダラ橋
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町
  • 名蔵大橋
    旅行/観光
    沖縄県石垣市
  • 大港橋
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町
  • 雄樋川大橋
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡八重瀬町

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す