NAVITIME Travel

岐阜のその他観光スポット一覧

  • 馬籠宿
    旅行/観光
    岐阜県中津川市馬籠4300-1
    江戸時代の面影を色濃く残す、中山道の宿場町の一つ。石畳の坂道沿いには昔ならではの食事処や民宿、往時を思わせる数々の建造物が立ち並び、ノスタルジックな雰囲気を醸し出している。文豪・島崎藤村の出生地として知られており、本陣島崎家の跡地に建つ『藤村記念館』をはじめとする、島崎藤村ゆかりの施設が数多く残されている。
  • 岐阜市科学館
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県岐阜市本荘町3456-41
    参加型展示室やプラネタリウムで子どもも大人も楽しめる、県内でただ一つの総合的科学館。岐阜に縁の深い原始的なアゲハチョウ科のギフチョウにちなんだ展示室「ギフチョウランド」を新館2階に設置。郷土の自然から宇宙まで遊びながら学べる。

    岐阜市科学館には子供も楽しく学べる施設がいっぱい。 ロボットを操作して鉱物を探査する「惑星探査ロボット」などは楽しいです。 気象に関するコーナーでは、雲をつくったり、たつまき実験をしたりすることができて面白いです。

  • 西美濃天文台
    rating-image
    3.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見

    藤橋城の下には芝生広場があり、ゆっくり出来るほか、お城の中にはプラネタリウムもあるため、徳山ダムに行った寄り道には最適♪

  • 三町伝統的建造物群保存地区
    旅行/観光
    岐阜県高山市上三之町他
    高山市の町人町の風情を残した保存地区。上町、下町の3筋を合わせたエリアのことを指し、「さんまち通り」とも表記される。高山は商業を重視した城下町として発展し、三町のエリアには、黒い格子戸の並ぶ独特の町屋街が形成された。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されて整備され、観光地として発展している。現在は風情のある古民家を利用した、土産物屋、料亭、和カフェなど様々な店舗が入居している。
  • 御嶽パノラマライン
    旅行/観光
    岐阜県下呂市小坂町落合
    岐阜県道441号、鈴蘭高原へ向かう分岐から濁河温泉までを繋ぐドライブウェイ。山の澄んだ空気と手付かずの大自然が堪能できる。飛騨・美濃紅葉33選に選出された紅葉の名所でもあり、例年10月上旬からの見頃にはカラマツに伝うツタウルシが真っ赤に染まる。春には御嶽山の冠雪と新緑のコントラストが美しいドライブルートだ。途中にある大平展望台からは、御嶽山の噴火により流出した長さ日本一の溶岩流跡を一望することができる。
  • 湯のまち雨情公園
    遊ぶ/趣味
    岐阜県下呂市森
    「日本三名泉」のひとつ、下呂温泉街からほど近い阿多野谷上流に広がる公園。昭和初期、歌謡詩人の野口雨情がこの地を来遊した際に作った「下呂小唄」にちなんでその名がつけられた。園内中央に流れる阿多野谷は、下呂の山麓から流れ出る清流。川沿いには遊歩道が整備されており、川のせせらぎや小鳥のさえずりを聞きながら浴後の散歩を楽しむ人の姿も見られる。夏には水遊びを楽しむこともできるため、温泉街の賑わいとは違った過ごし方を楽しむことが可能だ。
  • 飛騨美濃せせらぎ街道
    旅行/観光
    岐阜県郡上市・高山市
    飛騨高山と郡上八幡を結ぶ全長約70kmのドライブコース。清流吉田川に沿うように走っており、四季折々の美しい景観が満喫できる。山々が黄金色に染まる紅葉の時期には全国各地から多くの観光客が足を運ぶ、飛騨・美濃紅葉33選にも選出された紅葉スポットだ。広葉樹が多く、標高差もあるため西ウレ峠の紅葉に始まり長い期間にわたって紅葉が楽しめるのが特徴。5月中旬から6月にかけて鮮やかな新緑に覆われる季節には、清々しい自然の息吹が感じられる。
  • 山頂駅ショップ
    おしゃれ/ファッション
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高 西穂高口駅3F
    「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として掲載された大パノラマが広がる「新穂高ロープウェイ」西穂高口駅3階にある売店。通年集配可能なものとしては日本最高所にあるポスト「山びこポスト」に投函する絵葉書をはじめ、標高2,156mの登頂を記念する手形やサブレなどの限定商品を多数取り揃えている。地元産エゴマ入りの餡を雲のようなふわふわの餅で包んだ「雲海餅」は、新穂高のお土産にも最適。カウベルが付いた登頂手形には登頂した日付を入れることもできる。
  • 多治見本町オリベストリート
    旅行/観光
    岐阜県多治見市本町
    明治初期から昭和初期にかけて建てられた商家や蔵が残るレトロな街並み。長さ約400mのエリアに美濃焼ショップやギャラリー、カフェなどが点在している。岐阜県出身の戦国武将で茶人としてもその名を遺した古田織部の自由で斬新な発想を、現代の町づくりに取り入れようという取り組みから作られた。町の中心に立つ「陶都創造館」では伝統的な美濃焼のほか、若手陶芸作家の作品まで様々な陶器を楽しむことが可能だ。レトロとモダンが心地よく溶け合った通りはのんびり散歩するだけでも楽しい。
  • 白川郷展望台・ブナのこみち
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村馬狩
    「白山白川郷ホワイトロード」は石川と岐阜の二県を結ぶ白山国立公園内のドライブコース。かつて「白山スーパー林道」と呼ばれたこの道では、限られた期間しか見ることのできない様々な大自然が楽しめる。白川郷側の料金所から入って最初の駐車場・白川郷展望台駐車場から道路向かいの階段を上れば、白川郷展望台・ブナのこみちに到着だ。展望台から望む立山連峰・穂高連峰は絶景の一言。展望台の背後に樹齢300年を超えるブナの原生林・ブナのこみちが整備されている。
  • 馬籠峠集落
    旅行/観光
    岐阜県中津川市馬籠
    妻籠宿と馬籠宿を繋ぐ中山道沿いにある集落の名前。標高790mの馬籠峠を馬籠側に下ったところにある。集落に住んでいた多くの人が江戸時代まで牛を使って荷物を運輸しており、「牛方」と呼ばれる人たちで賑わう集落でもあった。宝暦12年(1762)の大火以来大きな災害からは免れて現在に至るため、今でも当時の面影を色濃く残している。今でも20軒ほどの家々が軒を連ねており、馬籠峠を越えるハイキングの途中に立ち寄る人も多い。
  • 中津川宿
    旅行/観光
    岐阜県中津川市本町
    江戸時代の風情をそのまま残す、中山道45番目の宿場町。かつて東濃地方随一の商業の町として栄えた町で、立派なうだつから当時の活気あふれる様子を感じることができる。「中山道歴史資料館」の裏には脇本陣があり、門の先に広がる別世界は必見だ。土蔵や上段の間が一般公開されているため、ここで記念撮影をする観光客の姿も多い。本陣広場に設置された手押し井戸は今でも水を出すことができるため、人気のフォトスポットになっている。
  • 中山道落合宿
    旅行/観光
    岐阜県中津川市落合上町
    江戸から数えて44番目、美濃路の最東端にある宿場町。中山道の1/4に相当する「岐阜県十七宿」で唯一旧本陣が残されている。門から建物、庭まですべてが往時のまま残っているのは中山道全域を通じても極めて少ない例。当時の面影を現代に伝える貴重な宿場町だ。近くにある「落合の石畳」もハイカー人気のスポットで、本陣跡と合わせて散策する人の姿も多い。横町に枡形が残る他、上町との角には寛政4年(1792)に建てられた常夜灯も現存している。
  • 中山道太田宿
    旅行/観光
    岐阜県美濃加茂市太田本町
    木曽川筋の軍事や政治、経済の重要な拠点として位置づけられた中山道の宿場町。美濃十六宿の中央に位置している。かつては落合宿から鵜沼宿までを統括していた尾張藩太田代官所や川並番所が設置されており、今でも往時の雰囲気を味わうことが可能だ。現在の太田橋の下流にある「太田の渡し跡」は、中山道三大難所の一つといわれた地。付近は化石林公園として整備されており、川石の石畳が今でも郷愁を誘う。
  • 千鳥橋
    旅行/観光
    岐阜県岐阜市長良古津
  • 北アルプス大橋
    旅行/観光
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾新穂高
    新穂高温泉中尾高原と鍋平園地を結ぶ、全長150m・高さ70mの橋「北アルプス大橋」は、ドライブルートとして人気の高いスポットだ。笠ヶ岳などを望むことができ、例年5月頃の新緑と10月頃の紅葉の時期は特に美しい景色を堪能できる。
  • 荻町城跡展望台
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町
    白川郷荻町を見下ろす高台にあり、白川郷合掌造り集落を一望できる絶景ポイント。食事施設「白水園」南側から展望台行きのシャトルバスも出ているので、歩くのが苦手な方や、夏の暑い時期にも安心。ウオーキングに適した季節などは、歩いてのんびり景色を写真に収めながら下るのもおすすめ。天気が良ければ周囲の山々も綺麗で、新緑、紅葉、雪景色と季節ごとに変わる、絵葉書のような景色を一望できる。特に1-2月のライトアップ時は壮観。
  • 宮川中橋
    旅行/観光
    岐阜県高山市本町
    高山市内を流れる宮川にかかる橋。本町一丁目と上三之町を結んでいる。朱色の伝統的なデザインの欄干が特徴的で、人気の高いフォトスポットのひとつ。特に桜の季節になると、淡い桜色の中に橋の朱色が映えるとして、多くの観光客が訪れる。春夏秋冬、年4回にわたり、観光シーズンにライトアップイベントが行われる。それぞれ季節ごとに違う風景と演出を楽しむことができる。
  • 白壁土蔵街
    旅行/観光
    岐阜県飛騨市古川町
    JR高山本線・飛騨古川駅から徒歩約5分。高山の奥座敷と称される歴史情緒溢れる古い町並みで、趣のある酒屋や商家などが軒を連ねる。街を流れる瀬戸川には1000匹あまりの色鮮やかな鯉が泳いでおり、どこか懐かしい落ち着いた雰囲気が魅力的。鯉の餌が販売されているため餌やりもできる。飛騨牛コロッケなどを販売している飲食店もあり、川のせせらぎを聞きながらゆったりと散策をするのもおすすめ。
  • やなか水のこみち
    旅行/観光
    岐阜県郡上市八幡町新町・稲荷町
    東海北陸道郡上八幡ICから車で5分。郡上八幡は全国でも有数の水がきれいな町として知られており、町のいたるところに水にちなんだ観光スポットがある。やなか水のこみちは、そんな水の町郡上八幡のシンボル的ポケットパークで、別名美術館どおりとも呼ばれている。玉石を敷き詰めた道とその脇を流れる水路、柳の並木、風情を感じさせる大きな家屋敷が、町なかの一服の清涼剤となっている。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す