NAVITIME Travel

新潟のグルメ/食事スポット一覧

  • 味乃家 魚野川
    グルメ/お酒
    新潟県魚沼市下島70-1
    越後川口ICから約10分の距離にある食事処。ラーメンやそば、定食やピザなど幅広いメニューを取り揃えている。本格的な石窯で焼いたピザは外はカリカリ、中はもっちりの人気メニュー。定番のマルゲリータからシーフード、コシヒカリの米粉を使った米粉ピザまで豊富な種類を用意しており、いずれもテイクアウトが可能だ。店内には囲炉裏もあるため、囲炉裏を使った炭火焼宴会など大人数にも対応している。
  • 竹屋
    グルメ/お酒
    新潟県佐渡市相川1-5-3
    相川一町目の「天領通り商店街」に店を構える老舗の食事処。どこか懐かしい雰囲気漂う店内で佐渡の味覚が堪能できる。お店の人気メニューは竹屋名物の「イカのゴロ焼き」。新鮮なイカと野菜をゴロ(イカわた)入りの味噌で蒸し焼きにした漁師料理だ。まろやかな味噌で味付けられたイカは、大釜で炊いた佐渡産コシヒカリとの相性も抜群。日本酒にも合うためお酒のアテに注文する人も多い。トマトベースで佐渡産黒豚を煮込んだもつ煮も人気。
  • 金福
    グルメ/お酒
    新潟県佐渡市相川2-9
    海を渡ってでも行きたいと言わしめる串焼きの名店。淡い間接照明が灯るバーのような店内で、本格的な炭火串焼きが味わえる。客席はカウンターのみで予約は一切不可。その日食べられるかどうかは運次第という状況ながら、常に満席という相川屈指の人気店だ。定番の正肉や砂肝、軟骨といったメニューの他、日替わりの細工メニューを楽しみに多くの地元民が集まる。ビールや佐渡産の日本酒はもちろん、意外と相性のいいワインを多数取り揃えているのも魅力だ。
  • 銀寿司
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    グルメ/お酒
    新潟県佐渡市相川羽田町65
    相川金銀山のお膝元に位置する相川地区・羽田商店街に佇む鮨処。重厚な一枚板のカウンターが配された店内で正統派の佐渡寿司が味わえる。お店のおすすめは佐渡近海で獲れたばかりのネタを使った「さど寿司」。すべてのネタを地魚で揃えており、上品な口当たりのシャリとも相性抜群だ。日によって変わるとびきりのネタ8貫を堪能できる。いかの味噌づけやもずく、焼き白子など佐渡ならではの一品料理が充実しているのも嬉しい。

    お店はテーブル席とカウンター。カウンターがぴかぴかに磨かれていて 好感もてました。お酒は、「〆張鶴」や「八海山」といった地元のお酒が とても豊富。おすすめの飲み方も教えてもらえます。たこが とてもやわらかくて 美味しかったです。

  • SADO二ツ亀ビューホテル レストランサンセット
    グルメ/お酒
    新潟県佐渡市鷲崎1116-2
    佐渡最北端のリゾートホテル「SADO二ツ亀ビューホテル」に併設するレストラン。赤い三角屋根が目印の館内で鷲崎漁港で揚がったばかりの新鮮な魚介を味わうことができる。朱鷺認証米コシヒカリのご飯に身の引き締まった魚介、地元産のイカの塩辛や佐渡わかめと食材の宝庫・佐渡の魅力が存分に味わえると評判だ。大きな窓からは佐渡の景勝地・二ツ亀を一望することができるため、来店時には窓際の席を狙う人も多い。
  • 割烹御宿みよや
    rating-image
    5.0
    3件の口コミ
    グルメ/お酒
    新潟県三島郡出雲崎町羽黒町101-1
    二階外壁の看板文字と「二人の天使」が描かれた漆喰装飾が特徴の割烹御宿。眼前に日本海を望む部屋で宿泊できる。県内屈指の味処としても有名で、目と鼻の先にある出雲崎漁港で買い付けたばかりの魚介を存分に味わえると評判だ。質のいい新鮮な素材にはできるだけ手を加えず、素材本来の旨味を引き出すことを大切にした日本海の食を提供している。北国街道に面した東側正面の延べ37平米が登録有形文化財。木造2階建てで瓦葺き、切妻屋根の館は明治後期から大正にかけての洋風建築意匠を色濃く残すとして高く評価されている。

    食事は旬の魚料理が食べられ、部屋は三人で泊まるには十分の広さでくつろげます。日本海を眺められる、景色もオススメです。

  • レストラン 陣や
    グルメ/お酒
    新潟県三島郡出雲崎町尼瀬6-57 道の駅越後出雲崎天領の里物産館2F
    道の駅「越後出雲崎 天領の里」に併設したレストラン。出雲崎町観光物産センターの二階でとびきり新鮮な海の幸が堪能できる。数量限定の「陣や御膳」は出雲崎名物・サザエの炊き込みご飯にお刺身やもずく酢がセットになったお店イチオシのメニュー。歯ごたえのあるサザエは磯の香り漂うご飯との相性も抜群だ。柔らかくてジューシーな長岡ポークを贅沢に使った「長岡ポークのしょうが焼き御膳」や、旬の魚を使った「海鮮丼」も人気。
  • 須坂屋
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    グルメ/お酒
    新潟県小千谷市小粟田1721-1
    どっしり構えた古民家風の外観が目印の蕎麦処。落ち着いた雰囲気の店内で自家製の手打ち蕎麦を提供している。十日町名物の「へぎそば」は海藻・布海苔(ふのり)をつなぎに使ったそば。通常のそばに比べてコシが強く、一口程度に丸めたそばが「へぎ(片木)」と呼ばれる器に載った状態で提供されるのが特徴だ。つるつるとした食感が楽しく、布海苔の香りがふわりと鼻を抜ける。「小千谷のそばと言えば須坂屋」と名指しする人も多いお店で、連日県内外から多くの人が足を運ぶ。

    小千谷市の郊外田園地帯に有ります。新潟名物へぎそばの名店と地元の知人からおすすめされました。へぎそばが喉ごし良く、腰のある麺で大変美味しく頂きました。サクサクする野菜天ぷらと交互に食べてへぎそばの美味さを体験しました。お蔭で、へぎそばが大好きになりました。

  • かなざわ総本舗 稲田本店
    お買い物
    新潟県上越市稲田4-11-5
    創業を明治29年(1896)にさかのぼる老舗の和菓子店。越後が生んだ名将・上杉謙信公を偲ぶ「出陣餅」を中心に、様々な越後銘菓の製造販売を行っている。銘菓「出陣餅」は、上杉謙信公が決戦前将兵に餅を与えて力づけ、大いに奮い立たせたという故事にちなんで作られたもの。草餅と黒蜜、そしてきなこの相性は抜群だ。上越市が優れた特産品に与える「メイド・イン上越」にも認定されている。
  • トラットリア ラ・ペントラッチャ
    グルメ/お酒
    新潟県上越市下門前2292
    「旅先で訪れたイタリアのレストランを想わせるエンターテイメントの演出」をコンセプトとした上越のイタリアンレストラン。扉を開けた瞬間にイタリアへトリップしたかのような店内で、本場のトラットリア(大衆食堂)さながらの心意気を感じることができる。古代ローマ時代の兜をイメージして装飾したピッツァ窯は、本場・イタリアのナポリから取り寄せたもの。イタリアの小麦粉と水、海塩と酵母のみで作った生地は小麦粉本来の風味と旨味、もちもちの食感が楽しめると評判だ。ワインやイタリアンカクテルなどのドリンクメニューも充実している。
  • りょうり屋 黒ふね
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    グルメ/お酒
    新潟県上越市子安1195
    上新バイパスを外れた住宅街に佇む割烹・小料理店。黒を基調としたシックな空間で現代向けにアレンジされた懐石料理を味わうことができる。基本の和食に洋風、中華風のアレンジを加えた創作料理は上越の旬の素材を使ったものばかり。ランチタイムにはお刺身膳や天ぷら膳、和牛石焼き膳や信州そばなど豊富なメニューを取り揃えており、どれも丁寧に作りこまれているため目にも楽しめると評判だ。店内には大正時代の振り子時計や焼き物、骨董品などが配されており、夜にはゆったりとお酒を楽しむ人の姿も多い。

    落ち着いた店内でとても良い雰囲気を出しています。ランチタイムに行きましたが、料理が美味しく、特に刺身が美味しい。

  • 千成
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    グルメ/お酒
    新潟県上越市子安1363
    上越で釜めしと言えば必ず「千成」の名前があがる、地元で人気の食事処。新潟県立中央病院に近い子安団地の交差点角で炊きたてあつあつの釜めしを頂くことができる。味のベースに醤油ではなく塩を使っているのがこのお店の特徴だ。シンプルだからこそごまかしのきかない釜めしは、具材が持つ本来の旨味が存分に味わえる。注文を受けてから炊き込むスタイルで、週末にはあっという間に満席になることも。釜めしの他に鰻や鶏料理、天ぷらや丼物などを頂くこともできる。

    接客も丁寧で釜めしが有名なお店。 完全に好みだけど、少しお出汁の味が濃いかな。定食はコースの様に色々ついててお値打ち。いつも食べ過ぎて単品にしておけばよかったと後悔する。 定食のいか天と西瓜の食べ合わせは毎度気になる。一度も大変な目にあったことはないんだけどねー。

  • 海の幸 味どころ 軍ちゃん直江津店
    グルメ/お酒
    新潟県上越市西本町1-14-2
    直江津駅から徒歩5分の距離にあるカジュアル居酒屋。お寿司屋さんを思わせる活気溢れた店内で新潟の味覚を堪能できる。自慢の地魚料理は目の前の日本海で水揚げされたばかりの旬の味。水揚げから仕入れまでを一貫して手掛けているため、季節によって異なる海の幸が存分に味わえるのが特徴だ。お刺身の盛り合わせや焼き魚、煮魚から揚げ物まで豊富なメニューを取り揃えており、何度訪れても新しい味に出会えると評判だ。自家製米を使った丼物や地酒が充実しているのも魅力。
  • フランス菓子 レ・ドゥー
    お買い物
    新潟県上越市東雲町2-3-53
    フランス語で「二番目の乳」という意味を持つ直江津のフランス菓子店。ここで作ったお菓子が母の乳の次に優しく美味しいものであり続けられるように、という願いが込められている。お店の名前を冠した一口サイズのチーズケーキはフランス産のチーズを3種類も使用した贅沢な一品。口いっぱいに濃厚な味わいが広がり、小振りなサイズでも十分満足できると評判だ。生菓子以外にも丁寧に焼き上げた焼き菓子やコンフィチュールなどを豊富に取り揃えている。
  • 高橋孫左衛門商店
    お買い物
    新潟県上越市南本町3-7-2
    江戸時代から飴一筋で続く寛永元年(1624)創業の老舗。北国街道沿いに佇む歴史深い外観のお店で粟飴や翁飴、笹飴などを創製・販売し続けている。水飴を寒天で固めて作る翁飴は、かつて高田城城主が江戸へ参勤交代に出向く際に土産として持参していたもの。もちもちの食感とあっさりした甘みが後を引く美味しさだ。文化年間に売り出された笹飴は、練り上げた粟飴を熊笹に挟んだもの。夏目漱石の代表作「坊っちゃん」の作中にも登場する自慢の逸品だ。
  • 旅館 丸一
    グルメ/お酒
    新潟県新潟市西蒲区間瀬7374-1
    田浦海岸の波打ち際に建つ温泉宿。全室オーシャンビューの部屋で癒しと寛ぎのひとときを過ごすことができる。建物の前には海しかないため、まるで海の上にいるかのような景色が楽しめると評判だ。自慢の食事はセリの前に漁師さんから直仕入れた鮮度抜群の魚介を中心とするメニュー。運がよければ市場で手に入らないような珍しい魚が登場することもある。間瀬田ノ浦温泉のお湯を使った大浴場からは、佐渡に沈む夕日を望むことも可能だ。
  • ことぶき寿司 内野店
    グルメ/お酒
    新潟県新潟市西区槇尾22-1
    回転寿司の枠におさまらない抜群の鮮度が自慢の寿司屋さん。できる限り新鮮な魚介を食べてほしいという思いから、本社を「新潟市中央卸売市場」に構えている。朝の5時、本社目の前で行われた競りで買い付けたばかりの魚をここ内野の店舗で頂くことが可能だ。毎週土曜の夕方に開催しているまぐろの解体ショーは大人も子供も夢中になるお店の一大イベント。まぐろ一本からはほとんど取れない「カマトロ」が格安で食べられるのも嬉しい。
  • カフェテリア リバージュ
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    グルメ/お酒
    新潟県新潟市中央区一番堀通町3-2 新潟市民芸術文化会館内3F
    7つの庭園と3つのホールを持つ新潟市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」に併設されているカフェテリア。雄大な信濃川を望む館内の3階、全面ガラス窓の店内で穏やかな時間を過ごすことができる。二種類のメインディッシュから選べる「りゅーとぴあセット」はサラダやコシヒカリのブッフェが付いた人気メニュー。カジュアルにコース料理を頂きたい日にも最適だ。りゅーとぴあ、音楽文化会館、新潟県民会館を利用の場合に配達・回収を行ってくれる「リバージュ弁当」も用意されている。

    新潟グランドホテル直営のレストランで新潟市民芸術文化会館3階に有りますが、ホールの奥まったところに有るのであまり知られていない。だから隠れ家的なレストラン。4月は信濃川沿いのやすらぎ堤の桜が良く見え昼も夜もロマンチックな雰囲気をかもし出しています。料理はホテル直営なのでとても美味しく、しかもリーズナブル。

  • 自家焙煎珈琲の店シャモニーes CoCoLo(エス ココロ)店
    グルメ/お酒
    新潟県新潟市中央区花園1-1-1 新潟駅ビルCoCoLo本館中2F
    CoCoLo新潟の本館でこだわりの自家焙煎珈琲を提供している喫茶店。母体は昭和48年(1973)に創業した老舗で、新潟市内に4店舗を展開している。世界各国より仕入れた豆を、それぞれの特徴を生かして一杯一杯丁寧に抽出しているのが特徴だ。夏に人気のコールド珈琲は最後まで熱を加えずに、8時間以上の時間をかけてじっくり水出ししている。ブラウンで統一された店内は駅ビル内とは思えないシックな雰囲気。ゆっくり贅沢なひとときを過ごしたい時にこそ訪れたいお店だ。
  • 笹川餅屋
    お買い物
    新潟県新潟市中央区西堀前通4-739
    新潟名物・笹団子の火付け役となったのが明治16年(1883)創業の「笹川餅屋」だ。創業以来変わらない「ほんものの味」を五代目・六代目が受け継ぎつつ、新商品への挑戦追求を重ねている。看板商品の「笹団子」は素材が命の新潟銘菓。できる限り県内産の原材料を使い、昔ながらの製法で作っているのが特徴だ。よもぎは県内の土手に生えたものを契約して取り寄せ、包む笹の葉は朝日・飯豊山連峰に生える九枚笹を使用。団子の生地には県内産コシヒカリを石臼で挽いたオリジナルの粉を使用している。

新潟の主要エリア

around-area-map

北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。

新潟の写真集

目的から探す