奈良の旅行/観光スポット一覧

  • 春日大社
    rating-image
    4.5
    1751件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市春日野町160
    奈良市にある神社で、全国に1000社ほどある春日神社の総本社。奈良時代初期に、鹿島神宮より武甕槌命を御蓋山に迎えて祀ったことが起源とされる。国宝である春日造の本殿が4棟並び、荘厳華麗な南門や中門のほか、美術工芸品など多数が重要文化財の指定を受けている。節分の日と8月14・15日に約3000もの石灯籠や釣灯籠に火を入れる「万燈籠」の行事が行われ、幻想的な光景を一目見ようと多くの参拝者が訪れる。

    観光客が少なく、あまりの人出の少なさにはびっくり。いつもは、まるで芋の子を洗うような感があるが、ほとんど人を見かけないような状態。たまたま、こんな日に奈良に来ていた外国人観光客(ヨーロッパ系の人が多かったようだが)にとっては、本当の奈良の良さを楽しんでもらえて良かったと思う。 ただ、観光客が少ないということは、鹿煎餅を買い与える人も少ないことを意味しているようで、かなり鹿たちが荒れている感じはした...

  • 薬師寺
    rating-image
    4.0
    490件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市西ノ京町457
    興福寺と同じく法相宗の大本山。天武天皇9年(680)に天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気回復のため発願し、その後持統天皇に引き継がれて藤原京に建立された。現在地に移転したのは養老2年(718)である。当初は数々の堂舎と回廊をもつ堂々とした構成であったが、火事や戦乱により東塔を残して焼失。色鮮やかな金堂、西塔、中門、回廊および境内で最大の大講堂などが再建された。創建当時より唯一現存する国宝の東塔は、一見すると六重の塔に見えるが、三重塔である。※平成32年(2020)6月頃まで東塔は修復工事中。

    折角、行ったのにお守りが無くて残念でした。今はコロナの時期で人が私達と後は2,3人が参拝に来られてただけでした。 少し、悲しげな昔の奈良の様な情緒漂う1日になりました。 お守りが有れば改めて、参拝したいです。

  • 道の駅 針T・R・S
    rating-image
    3.5
    87件の口コミ
    交通
    奈良県奈良市針町345
    奈良市針町、国道25号線の針インターに隣接する道の駅。イタリアンやファーストフードなど、様々な飲食店や土産物屋の他、特産品の販売店や、天然温泉やプールを備えた「はり温泉らんど」、西日本最大級のイチゴとブルーベリーの観光農園「針T・R・S(テラス)ベリーファーム」(予約制)などが集まる。

    名阪国道は無料で走れる自動車専用の一般道ではありますが、片道2車線で交差無し、さらに東西を高速道路に接続するので、ほぼ高速道路のように走れます。(もちろん高速ではないので速度に注意!違反車両が多いので事故も多ければ覆面も多いです。) そのため、ここは道の駅というよりサービスエリアのような規模です。 新名神が出来てから通行量が減ったのか、店舗は少し寂しくなっていますが、使い勝手は良いです。

  • 東大寺
    rating-image
    3.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市雑司町406-1
    奈良市にある華厳宗大本山の寺院。「奈良の大仏」として奈良のシンボルとなっている盧舎那仏が本尊だ。天平15年(743)に聖武天皇が大仏造立の詔を発し、その大仏を安置するべく国力を尽くして建立した。境内には国宝である南大門や大仏殿、鐘楼、法華堂などが点在する。日本を代表する観光スポットとして世界的に知られており、外国人観光客の姿も多い。

    二月堂のすぐ下にある小さなお堂でした。二月堂の迫力に圧倒された後では、印象が薄かったので、先に四月堂を見るべきでした。

  • 興福寺
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市登大路町48
    奈良市にある寺院。藤原鎌足夫人が669年に京都に創建した山階寺が起源。度重なる火災で焼失・再建の末、明治期の廃仏毀釈では廃寺同然となるが、残された東金堂や五重塔、北円堂、三重塔は国宝に指定されている。ライトアップされた夜間の五重塔は奈良を代表する風景だ。阿修羅像などの国宝・文化財に指定された仏像も多数安置している。

    改修したばかんりでとてもきれいでした。共通券ではないので入場料必要です。高いとは思いましたが、まあ納得できるないようでした。

  • 般若寺
    rating-image
    3.5
    51件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市般若寺町221
    飛鳥時代に高句麗の僧・慧潅法師が開創、その後天平7年(735)に聖武天皇が平城京の鬼門鎮護のために「大般若経」六百巻を地中に納め、勅願寺として「般若寺」と命名した。国宝に指定されている楼門は鎌倉期の建築様式美をよく表しており、迫力がある。また秋には約15万本のコスモスが咲き乱れ、風情があって美しい。

    水仙と蝋梅を見に行きました。 前日の雨と風で水仙はかなり倒れてたし、時期もそろそろ終わりだったのか 思ったより寂しく感じた。 平日で人が居なくてゆっくり写真撮れました。 もう少し満開の時にお邪魔できるとよかったかも。 次は紫陽花の時かな。

  • 元興寺
    rating-image
    4.0
    259件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市中院町11
    奈良市中院町にある寺院。その歴史は6世紀末、蘇我馬子により建立された日本最古の寺院「法興寺」にまでさかのぼる。その後、平城京遷都にともなって移転し、現在の名称となった。「古都奈良の文化財」のひとつとして世界遺産に登録されている他、境内の極楽堂や禅室、五重小塔は国宝に指定されている。また、法輪館の特別展示室では、毎年春と秋に寺の所蔵品などをテーマに沿って展示する特別展も開催。

    奈良町の中にひっそりと建っています。(正確には奈良町はかつての元興寺の境内内) しかし、南都七大寺であったことを示すように本堂や禅室が国宝であるなど大変古い重要なお寺です。

  • 奈良国立博物館
    rating-image
    4.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市登大路町50
    奈良市にある明治28年(1895)開館の博物館。宮廷建築家・片山東熊が設計した「なら仏像館(本館)」は、重要文化財にも指定された明治期の洋風建築物である。館内には4つの展示棟があり、飛鳥時代から鎌倉時代までの日本の仏教美術を中心に、多数の国宝・重要文化財を含む収蔵品を保管・展示している。毎年秋に「正倉院展」が開催されることで有名だ。

    奈良国立博物館の別館のような博物館? 奈良国立博物館の地下階から階段を登って外に出るとなら仏像館の入口。 此処だけ入ることもできるが、今回は正倉院展を観たのでチケットに含まれていた。最初から言っておいて欲しい。 仏像と中国の青銅器が一杯。仏像は必見

  • 依水園
    rating-image
    4.5
    486件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市水門町74
    東大寺南大門甍、若草山、春日山を借景とする池泉回遊式庭園で、春は華やか東洋の古美術を展示する寧楽美術館もある。

    紅葉の盛りが過ぎたころに訪れました。幸い天気が良く、池の水に映る青空がとてもきれいでした。外国人観光客の方も多かったですが、のんびりとあちこち眺められました。せっかくなので寧楽美術館も観てきました。

  • 新薬師寺
    rating-image
    4.5
    210件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市高畑町1352
    天平19年(747)に聖武天皇の病気回復を願って光明皇后によって創建された。奈良時代には、広大な寺域に100人以上の僧が修行する南都十大寺の一つであったが、平安時代に入り、落雷や台風で規模が縮小された。本堂は創建当時、そのままの姿を残し、中には本尊の薬師如来坐像のほか、十二神将立像が安置されている。

    観光のときにこちらも有名とお聞きして訪問いたしました。奈良観光をしていると本堂の大きさには見慣れてきますが、十二神将は見応えあってよかったです。

  • 西大寺
    rating-image
    4.0
    90件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市西大寺芝町1-1-5
    奈良市西大寺芝町にある寺院。真言律宗の総本山で、その歴史は765年、称徳天皇による四天王像の造立にまでさかのぼる。本堂の本尊釈迦如来立像、愛染堂の愛染明王坐像(秘仏)、四王堂の十一面観音立像などは、いずれも重要文化財に指定されており、この他にも平安時代や鎌倉時代の貴重な仏像、仏画、密教法具などを多数所蔵、それらの一部は境内の聚宝館に展示されている。

    創建当時は南都七大寺の一つとして壮大な伽藍を持つ大寺院であったが、今は住宅地にひっそりと建ちます。また戦火にも巻き込まれ建物は重文とはいえ江戸時代以降のもの。 ただし、そこは奈良。見た目の印象とは異なり、多数の国宝や重文を所有しています。

  • ならまち格子の家
    rating-image
    4.5
    200件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市元興寺町44
    江戸時代末期から明治にかけ「ならまち」にあった町屋を再現した施設である。「ウナギの寝床」とも言われる、間口が狭く、奥行きが長いところが特徴だ。町家の生活様式に触れ、町民の暮らしぶりを知れる施設である。

    猿沢の池から南下すること徒歩5-10分、ならまちの中に格子の家があります。ここは無料で歴史館の小さいものですが、この家と一緒に、付近のならまちを散策することをおすすめします。 町全体が古い奈良を感じさせて、住んでいる人たちのやさしさも一緒に伝えているように思います。ひとつの道だけでなくいくつか通りを歩いて、小さなお店を覗くと面白いものが発見できます。

  • 氷室神社
    rating-image
    4.0
    136件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市春日野町1-4
    元は春日山に祀られていた神社。和銅3~4年(711)頃から氷室で作られた氷を平城京に献上していたが平安京に移るのに合わせて廃止され、その後現在の場所に。今も製氷や冷蔵、冷凍など氷に関係ある業者の信仰が篤い。毎年5/1には献氷祭が執り行われるほか、3月のひむろしらゆき祭でもかき氷が奉納される。3月下旬~4月上旬には境内の枝垂れ桜が見頃を迎える。

    氷室神社は、全国的にも珍しい氷の神様を祀る神社です。 拝殿は勾欄付きで舞楽殿となっています、檜皮葺の本殿が素晴らしいです。 ここには献氷参拝という、独特のお参りの仕方があります。 お布施を納めると「かき氷」が頂けます、これを神前にお供えして参拝したあと、お下がりとして頂きます。 シロップも用意されていて、有り難く頂きました。

  • 大仏殿
    旅行/観光
    奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺内
    奈良市にある「東大寺」の仏堂で、日本の国宝。正式名称は「東大寺金堂」。本尊であり「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏坐像を安置するために創建された、境内でも最大の建築物だ。盧舎那仏像は高さ約14.7mの銅造りで、一部に建立当時の天平時代の部分が残る。大晦日から元旦に正面の唐破風下の観相窓が開き、大仏の顔を外から見ることができる。
  • 秋篠寺
    rating-image
    4.5
    109件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市秋篠町757
    奈良市秋篠町、西大寺の北方に鎮座する寺院。本尊は「薬師如来」で、鎌倉時代の建立とされる「本堂」は国宝に指定されている。この本堂に安置されている日本で唯一の「木造伝・伎芸天立像」が特に有名だ。また、年に一度6/6には6本の手をもち、体じゅうに蛇が巻き付いた忿怒像「木造大元帥明王立像」(真言密教寺院であった時代の秘仏)が御開帳され、多くの参拝者が訪れる。なお、御朱印もこの日のみ貰える。

    奈良盆地の北西の外れ(おそらくは、創建当時にあってはここより奥は山地であったろう…。)にひっそりと建つ。 こじんまりとした佇まいだが、鎌倉時代の再建された本堂は国宝。また重要文化財の技芸天立像は仏像好きのみならず多くの人に愛されている。 苔むす庭も大変有名です。

  • 奈良県立美術館
    rating-image
    3.5
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市登大路町10-6
    奈良市登大路町の県道754号線沿いにある美術館。風俗史研究家で日本画家の吉川観方(よしかわかんぽう)氏が収集した江戸時代の日本画、浮世絵、工芸品などのコレクションを元に昭和48年(1973)に開館。以後、各方面からの寄贈と収集により、現在その所蔵品は鎌倉時代から現代までの絵画や工芸など4,100点にのぼる。奈良の歴史に関連する特別展示や、海外の美術館との交流美術展なども開催。

    今回は奈良出身のグラフィックデザイナー田中一光の特別展だった。彼の名は「産経観世能」のインパクトの強いポスターで印象に残っていた。展示品は200余点にのぼり小品についてはぞんざいな観かたになってしまった。中ではやはり「能」にまつわる作品が秀逸で次いでアヤメなど一連の植物をテーマにしたものが印象に残った。また1987年の IKKO TANAKA at Cooper Unionn...

  • 若草山(三笠山)
    旅行/観光
    奈良県奈良市春日野町
    奈良公園の東端に位置する標高342mの山。山全体が芝生に覆われ、三つの笠を重ねたような姿から三笠山とも呼ばれた。山のあちこちでシカの姿を見ることができ、春には桜、秋には紅葉といった四季折々の美しい姿を見せてくれる。毎年1月の第4土曜日に行われる山焼きでは、打ち上げ花火を合図に山全体を燃やしている。春日大社、東大寺、興福寺の神仏が習合し、先人の鎮魂と慰霊、奈良の防災と世界平和を祈る、早春を告げる奈良の一大行事だ。
  • 浮見堂
    rating-image
    4.0
    113件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市高畑町垣内1170
    奈良公園内にある鷺池に浮かぶ、檜皮葺きの美しい六角堂。元々は大正5年(1916)に建てられたお堂だったが、老朽化のため、平成3年(1991)から3年間かけて修復・再建工事が行われ現在の姿となった。鷺池の岸から橋がかけられており、浮見堂まで渡ることができる。周囲の桜や紅葉、百日紅が見事で、景観の名所として知られている。夜間にはライトアップが行われており、幻想的な光景を楽しめる。

    歴史は浅く大正時代に初代が造られたとのこと。 由緒あるものではないが、ここからの眺めは安らぎます。夜にライトアップされるので見た目も美しい。特に万灯籠の時期は人気があります。

  • 唐招提寺
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市五条町13-46
    奈良時代、平城京を中心に栄えた南都六宗の一つである律宗の総本山。中国、唐から来日した僧、鑑真により、天平宝字3年(759)に創建された。鑑真の私寺として始まり、当初は簡素であったが、弟子の尽力により鑑真の没後には金堂など主要伽藍が完成。本尊の盧舎那仏坐像など、多くが国宝や重要文化財に指定されている。鑑真の命日前後の6月5日から7日に限り、国宝の鑑真和上坐像が開扉される。

    唐招提寺の南大門からは一番奥まった処にある鑑真上人を祀った御廟があります。これまでも何度かこのお寺に来ていますが、ここまで来たのは初めてです。雨まじりの天気の中、開山御廟に続く道の両脇には、見事な苔が広がり、一面の緑が美しく輝き、とても静かで美しいところでした。御廟の前には、上人の故郷である中国江蘇省揚州から贈られた瓊花が植えられており、その花の咲く頃また来たいと思いました。コロナウィルスの感染...

  • 海龍王寺
    rating-image
    4.0
    56件の口コミ
    旅行/観光
    奈良県奈良市法華寺町897
    奈良市法華寺町の県道104号線沿いにある寺院。天平時代、唐に渡った初代住持の玄ほうが、帰国の航海の途中に暴風雨に見舞われ種子島に漂着するも無事帰国を果たした。これが玄ほうが船上で一心に唱え続けた海龍王経のご利益であると信じられ、現在でも旅行や留学の際の安全祈願に訪れる参拝客が多い。また、般若心経の写経の発祥の寺とも言われている。

    奈良県奈良市法華寺北町にある731年に光明皇后により創建された真言律宗の寺院。 光明皇后とは日本の第45代天皇・聖武天皇の皇后であり、父親は藤原不比等です。 藤原不比等の邸宅跡の北東隅に建てられたことから隅寺と呼ばれています。 県道104号に入口には室町時代に建立された素敵な四脚門がありました。両側に広かる土塀も良いですね。 そこから境内に向う参道は草木が生い茂る静かな雰囲気で実に良かったです...

奈良の主要エリア

around-area-map

歴史・文化、自然、世界遺産と見どころの多い奈良県。エリアによって都会的な要素からローカル的な要素も兼ね備えている地域です。京都・大阪・名古屋からは、JRや近鉄を利用して1時間~1時間半程度で到着します。 奈良県には4つの観光エリアがあります。「奈良」には平城宮跡や興福寺などがあり、奈良国立博物館や奈良県立美術館では芸術を楽しむことができます。「斑鳩・生駒」では、法隆寺や法起寺などの世界遺産を見ることができます。「飛鳥・橿原・桜井」は曽爾高原や鍋倉渓など自然豊かな地区です。「吉野」は、みたらい渓谷や蜻蛉の滝などの絶景スポットやキャンプ場施設が多くあるエリアです。「奈良」と「斑鳩・生駒」は観光スポットが多く、比較的公共交通機関も揃っています。 柿の葉寿司や奈良漬け、三輪そうめんなど、奈良県のご当地グルメも観光と併せて楽しみましょう。

奈良の写真集

目的から探す