奈良の遊び/レジャースポット一覧

  • 奈良公園
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市雑司町・春日野町・登大路町・高畑町一帯
    東大寺、春日大社、興福寺といった名だたる寺社や奈良国立博物館に隣接する「奈良公園」。国の天然記念物に指定されている奈良のシカは野生動物で、身近に野生動物を観察できる。夜には重要建造物を中心に通年でライトアップが行われ、昼間とはまた違った幻想的な雰囲気を醸し出す。
  • 奈良国立博物館
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市登大路町50
    奈良市にある明治28年(1895)開館の博物館。宮廷建築家・片山東熊が設計した「なら仏像館(本館)」は、重要文化財にも指定された明治期の洋風建築物である。館内には4つの展示棟があり、飛鳥時代から鎌倉時代までの日本の仏教美術を中心に、多数の国宝・重要文化財を含む収蔵品を保管・展示している。毎年秋に「正倉院展」が開催されることで有名だ。

    国立博物館に所属する建物で現在は仏教美術資料センターの名称になっていますが、文化財としての名称は旧奈良県物産陳列所で国の重要文化財に指定されている建物です。竣工は明治35年。外観を眺めるだけでも、ちょうど咲いた桜がとてもきれいでした。

  • 奈良県立美術館
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市登大路町10-6
    奈良市登大路町の県道754号線沿いにある美術館。風俗史研究家で日本画家の吉川観方(よしかわかんぽう)氏が収集した江戸時代の日本画、浮世絵、工芸品などのコレクションを元に昭和48年(1973)に開館。以後、各方面からの寄贈と収集により、現在その所蔵品は鎌倉時代から現代までの絵画や工芸など4,100点にのぼる。奈良の歴史に関連する特別展示や、海外の美術館との交流美術展なども開催。

    今回は奈良出身のグラフィックデザイナー田中一光の特別展だった。彼の名は「産経観世能」のインパクトの強いポスターで印象に残っていた。展示品は200余点にのぼり小品についてはぞんざいな観かたになってしまった。中ではやはり「能」にまつわる作品が秀逸で次いでアヤメなど一連の植物をテーマにしたものが印象に残った。また1987年の IKKO TANAKA at Cooper Unionn...

  • 奈良町からくりおもちゃ館
    rating-image
    4.0
    75件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市陰陽町7
    奈良町の伝統的な町家で、昔ながらのおもちゃに触れて遊ぶことができる体験型の施設。復元された江戸時代以降のからくりおもちゃが常設展示されており自由に遊ぶことができる。また製作体験講座やイベントも開催されている。

    座敷に、いろいろなからくり玩具が所狭しと置いてあった。手に取って、遊ぶことも自由にでき、楽しい時間を味わった。特に、ボランティアのおばさんたちが丁寧に説明してくれて、ありがたかった。しかし、それにしても、昔の人の創意工夫には感嘆した。

  • 入江泰吉記念奈良市写真美術館
    rating-image
    4.0
    44件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市高畑町600-1
    奈良市高畑町、新薬師寺の隣りにある写真美術館。奈良大和路の風景などをとらえた作品で知られる写真家・入江泰吉の8万点に及ぶ作品の全てを所蔵し、それを中心とした企画展示や、写真愛好家たちによる作品展なども開催している。また、環境との調和を重視した、黒川紀章の設計による建築も見どころのひとつ。

    東大寺界隈から反対側の外れた場所にあるので訪れる人は少ない。1階には「水の庭」や「ハイビジョンギャラリ-」があり地階が展示室や資料室などとなっている。今回は「道」というテーマのためか来館者はごく僅かで展示作品もイマイチだった。同時開催の「尾仲浩二」展もモノクロ・カラーとも面白みに欠けていた。入江と言えば大和の仏像の写真で知られているがかたや土門拳という著名な写真家もる。しかし同じ被写体ながらその意...

  • 春日大社 萬葉植物園
    rating-image
    4.0
    69件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市春日野町160 春日大社内
    昭和7年(1932)に開園した、およそ3ヘクタールもある広大な植物園である。万葉集の歌に詠まれている約300種の植物が植栽されており、特に4月下旬から5月下旬にかけて咲く藤の花は圧巻。目の高さで咲く薄紫の花を堪能できる。

    2020年4月14日より 一時休園(新型コロナウイルス感染拡大予防 及び 園内改修)していましたが 2021年4月24日より 園内改修を継続行われていますが 再開園されたことを知り 5月1日訪問しました。 訪問時 《藤の花》は見頃(但し 終盤)で 《藤の園》エリアを散策すると 《藤の花》の香りに包まれていました[園内で《藤の花》を手入れされている方に質問すると 《麝香藤》が香りの元とのことでした...

  • 松伯美術館
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市登美ケ丘2-1-4
    上村松篁、淳之の両氏から寄贈された作品を元に平成6年(1994)に開館した美術館。女性初の文化勲章受章者でもある上村松園から、松篁、淳之の三代に渡る日本画の作品や資料を収集・展示している。美術館東側には昭和40年(1965)に建てられた、木造による数寄屋建築の旧佐伯邸がある。

    上村松園はじめ三代の作品を所属する美術館です。上村松園好きは必見ですね。ちょっとアクセス悪いのは残念か。

  • 大和文華館
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市学園南1-11-6
    閑静な住宅街に位置する美術館。外観は桃山の建築をイメージさせる海鼠壁。中は庫裡風の重厚な木組みにささえられた廊下がひろがり、柔らかな光が差す明かり障子が風情を感じる。国宝4件・重要文化財31件・重要美術品14件を含む日本・中国・朝鮮を中心とした絵画・書蹟・彫刻・陶磁・漆工・金工・染織・ガラスを所蔵しており、テーマある展示会を開催している。また季節の花も美しく年間を通し花を楽しめる。

    静な住宅街を抜けて美術館の入口に立つと、様々な樹木が生えた小高い丘と緩やかな坂道が眼前に。 気候がよければ一段と華やかだと思います。 美術館自体は今回は企画展、竹の中庭を挟んで右に梅、左に桜をモチーフにした日本画、焼き物等様々な作品が展示されていました。 展示数は多くないので一つ一つじっくり鑑賞できました。

  • Kingyo Museum Nara(キンギョ ミュージアム ナラ)
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市二条大路南1-3-1 4F
  • 鹿の舟
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市井上町11
    奈良市井上町にある複合施設。奈良町南観光案内所「繭(まゆ)」、食堂・グローサリーの「竈(かまど)」、喫茶室・ギャラリーの「囀(さえずり)」からなる。観光案内所では、生け花や茶会などのワークショップも開催。読書室では約800冊の書籍を閲覧できる。食堂では、かまど炊きの炊きたてごはんの定食を提供、ごはんと相性のいい食品などの販売も行っている。喫茶室はスイーツや軽食、ドリンクの他、パスタなどの食事メニューも用意している。
  • 名勝大乗院庭園文化館
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市高畑町1083-1
    奈良市高畑町の国道169号線沿い、「名勝 旧大乗院庭園」内にある資料館。1087年に創建、明治期に廃仏毀釈で廃寺となった大乗院に関する資料や、復元模型などを無料で展示している。また、有料で利用できる茶室や会議室も備える。

    銀閣寺の庭園を造った善阿弥親子が造営したらしい。現在はナショナルトラスが管理しており200円の入園料です。入口の資料館的な施設は無料です。トイレも有ります。 池泉回遊式の庭園で非常に綺麗です。 大乗院自体は明治の廃仏毀釈で有りません。

  • 東大寺ミュージアム
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市水門町100
    奈良県奈良市の「東大寺総合文化センター」内にあるミュージアムで、東大寺の寺宝を保管・展示する施設。国宝や重要文化財を通じて東大寺の歴史や創建当時の人々の思いを学び、「東大寺の意義」を知ることができる。館内では、国宝「日光・月光菩薩立像」や重要文化財「千手観音菩薩立像」などをはじめ、彫刻や書跡、工芸品を時代別に展示。特別展・企画展も開催している。
  • ロートアリーナ奈良(中央体育館)
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市法蓮佐保山4-1-3
  • 奈良県立民俗博物館
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県大和郡山市矢田町545 大和民俗公園内
    大和郡山市矢田町の「大和民俗公園」内にある博物館。奈良の生活用具や民具などを収蔵している。機械化以前の時代に使用されていた稲作、茶業、林業の用具や当時の暮らしに関する常設展のほか、企画展やワークショップなども開催している。(耐震補強工事のため令和3年2月まで本館は休館。屋外展示は見学可能)

    村や町から移築された実際の民家が、広い公園の中に展示されている。公園には梅林、菜の花畑、桜、水仙などなど、季節の花々もたくさん見られる。犬の散歩をする人の姿もちらほら。楽しくて和める。博物館の入館料は200円。公園、駐車場は無料。

  • 箱本館 「紺屋」
    遊ぶ/趣味
    奈良県大和郡山市紺屋町19-1
    伝統的な藍染めと金魚を楽しめる体験型の観光施設で、奈良県大和郡山市にある。江戸時代から藍染め商を営んでいた古い町家を利用した建物は、太い梁や格子戸が残る趣深い空間。予約制の藍染め体験工房では、割り箸や洗濯ばさみ、フィルムケースなど様々な道具を使い、自分好みの作品を染めることができる。金魚をテーマにした所蔵品「金魚コレクション」は、美術品や生活用品など約1000点。展示替えを行いながら随時公開している。
  • 柳沢文庫
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    奈良県大和郡山市城内町2-18
    大和郡山市城内町、郡山城跡近くにある地方史誌専門図書館。代々郡山藩主を務めた柳澤家から寄贈を受けた資料と、周辺地域に関する書籍などを所蔵している。歴代藩主の書画や和歌、また藩政資料などの古文書などを公開している他、年3回のペースで企画展も行っている。

    柳沢家というと甲斐武田家の流れを組む武家(本当か否かしらないが)であり、5代将軍綱吉公の時代には大変な権力を得た人物を輩出した家として記憶しています。 文庫内(小さい民家)では奥の和室で幕末の郡山藩の資料が展示されていました。

  • とほん
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    お買い物
    奈良県大和郡山市柳4-28
    大和郡山市、柳町商店街にある本屋。新刊本からリトルプレス(自主制作などの少規模出版)、古本、雑貨などを取り揃える。ジャンルにこだわらず選りすぐったおすすめの本や雑貨を、6坪ほどの店内にレイアウトしている。

    字の本ばかりです。参考書もありません。 ざっと見渡してから、若い店長(砂川)さんに聞いてみましょうか。 これはどんな本? なんでコミックがないの? どこが面白いの? こんな本はないの? 暇があったら、いろいろと話してくれるかもしれません。もしかしたら別の本屋さんを紹介してくれるかもしれません。 とほんは、~と本 のことだそうです。 こころは and books または books and...

  • 吉城園
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市登大路町60-1
    奈良の名勝・依水園に隣接する日本庭園で、興福寺の子院であった摩尼珠院の跡地に造られたと伝えられる。春日山や若草山を借景として、池の庭、苔の庭、茶花の庭という3つの景観を楽しむことができる。園内の旧正法院家住宅と離れ茶室は、奈良県の有形文化財。秋には紅葉の葉が杉苔の庭に舞い落ち、美しい景色となる。茶室は事前予約で利用可。
  • 柳生花しょうぶ園
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市柳生町403
    奈良市柳生町にある植物園。開園期間は6月上旬から7月上旬頃。約10,000平方メートルの敷地の中に450種類、80万本の花菖蒲が植えられている。見頃は6月10日頃から2週間ほど。また、55種類植わっている紫陽花も見どころで、こちらも6月10日頃から1ヶ月ほど見頃が続く。
  • 空櫁
    遊ぶ/趣味
    奈良県奈良市高畑町1445-1
    笹垣のある大きな平屋「空櫁」は、日本で作られた志ある道具たち、それぞれに考えられた美しい道具たちを取り扱うセレクトショップだ。様々な企画展やワークショップを開催し、暮らすという日常を彩ってくれる。近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から、春日大社の参道をお散歩しながらの徒歩約30分のコースがおすすめだ。

奈良の主要エリア

around-area-map

歴史・文化、自然、世界遺産と見どころの多い奈良県。エリアによって都会的な要素からローカル的な要素も兼ね備えている地域です。京都・大阪・名古屋からは、JRや近鉄を利用して1時間~1時間半程度で到着します。 奈良県には4つの観光エリアがあります。「奈良」には平城宮跡や興福寺などがあり、奈良国立博物館や奈良県立美術館では芸術を楽しむことができます。「斑鳩・生駒」では、法隆寺や法起寺などの世界遺産を見ることができます。「飛鳥・橿原・桜井」は曽爾高原や鍋倉渓など自然豊かな地区です。「吉野」は、みたらい渓谷や蜻蛉の滝などの絶景スポットやキャンプ場施設が多くあるエリアです。「奈良」と「斑鳩・生駒」は観光スポットが多く、比較的公共交通機関も揃っています。 柿の葉寿司や奈良漬け、三輪そうめんなど、奈良県のご当地グルメも観光と併せて楽しみましょう。

奈良の写真集

目的から探す