NAVITIME Travel

いわき・小名浜・相馬の旅行/観光スポット一覧

  • 三崎公園 いわきマリンタワー
    旅行/観光
    福島県いわき市小名浜下神白字大作93
    いわき市小名浜下神白字大作の三崎公園内にある展望塔。海抜106mに位置する展望室と屋上のスカイデッキを備え、いわき市街や太平洋を一望できる。広さ70万平方メートルに及ぶ公園内には遊歩道や海を真下に見られる潮見台なども整備されている。
  • 道の駅 よつくら港
    旅行/観光
    福島県いわき市四倉町5-218-1
    いわき市四倉町の陸前浜街道沿いにある道の駅。四倉漁港内に位置し、地場産品の直売所や情報発信・休憩スペースを備える。2階のフードコートでは、海鮮丼や釜めし、そば、ラーメンなどの地元の食材を活かしたメニューを提供しており、テラス席では太平洋を一望する景色とともに食事を楽しめる。
  • 夏井川渓谷
    旅行/観光
    福島県いわき市小川町・川前町地内
    いわき駅から車で約35分のところにある渓谷。磐越東線川前から小川郷駅にかけて約16キロメートルにわたって続いており、阿武隈山系の花崗岩を浸食してできた奇岩や断崖が大きな特徴となっている。清流や奇岩が作り出す美しい景色は年間を通して楽しめるほか、10月下旬から11月中旬には紅葉が見頃を迎えて新たな一面を覗かせるのも魅力。昭和28年(1953)に夏井川渓谷県立自然公園に指定されている。遊歩道は整備されていないため車での見物がおすすめ。
  • 相馬中村神社
    旅行/観光
    福島県相馬市中村字北町140
    相馬市中村北町にある神社。相馬家の先祖である平将門がおよそ1,000年前に下総に創建した妙見社を起源とし、1611年に相馬中村城の城内(現在の境内)に移された。1643年に建立された現在の社殿は国の重要文化財に指定。境内周辺には相馬中村城の石垣などの遺構も残っている。
  • いわき市石炭・化石館
    rating-image
    4.0
    77件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
    化石と石炭の歴史のふたつをテーマとした博物館。いわき市双葉町で発見された、日本を代表する首長竜「フタバスズキリュウ」を中心とした、世界でも貴重な化石が多数展示されている。石炭展示室では、いわき周辺で採掘された石炭を中心に石炭燃料の歴史や、炭鉱の歴史を解説している。本物そっくりに作られた炭鉱の復元スペースがあり、映画「フラガール」の撮影にも使われた。

    化石館の隣りに、室内で小さなお子さんと遊ぶ場所があります、夏場は特に、暑いので、室内は安心 規定あるので確認要です。

  • 白水阿弥陀堂
    rating-image
    4.0
    93件の口コミ
    旅行/観光
    福島県いわき市内郷白水町広畑219
    平安時代末期の永暦元年(1160)に、藤原清衡の娘である徳姫によって建立された寺院。福島県で唯一、国宝建築物に指定された建物である。東、西、南の三方を池に囲まれた庭園の造りは、平安末期に流行した浄土式庭園の特徴とされている。阿弥陀堂へは正面にかけられた赤い橋を渡って参拝する。これらの建築様式は、徳姫の故郷である平泉の寺院建築の影響を受けたためと言われている。

    2018年4月に訪れて、今回は秋の紅葉を楽しみに伺いました。3連休だったこともあってか、国宝のお堂の中での説明を聞かせていただくことができ、2粒美味しい感じでした。赤緑黄の樹々と山がとても美しかった。ただ、観光バス(駐車する場所)とそこから降りてきた団体の観光客のマナーが悪くて、朝早めとか人があまりいない時間にのんびり訪れるとゆっくり楽しめます。

  • いわき市立美術館
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市平字堂根町4-4
    いわき市にある美術館。国内外の現代美術や、いわき市にゆかりのある作品が1900点以上収蔵されている。常設展をはじめ、様々な美術を紹介する企画展が開催されている。館内には実技講習室やセミナー室もあり、講演会や美術講座、ワークショップといった多種多様なイベントも行っている。

    特別展でエリックカール展をやっていたので行きましたが、子ども連れだけでなく、さまざまな年齢の観客で混んでいました。夏にはディック・ブルーナ展もありました。特別展では時々絵本作家展をしているので、子ども連れの方にもいいと思います。

  • 道の駅 「そうま」
    旅行/観光
    福島県相馬市日下石字金谷74-1
    国道6号線沿いにある道の駅。お土産の販売のほか、レストランでは「相馬磯そば」「青のりコロッケ」などが人気メニュー。また、乗馬体験や料理教室などのイベントが開催される「体験実習館」、リフレッシュコーナーがある「道路情報館」などが併設されている。観光客だけでなく、交流の場として地元の人々も多く訪れている。
  • 道の駅 南相馬
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    福島県南相馬市原町区高見町2-30-1

    南相馬市の中心となる町、原ノ町エリア内にある道の駅です。 国道6号線沿いにあり、便利です。 大型車の駐車場も確保されています。 レストランはうどん・そばの軽食から定食までそろっていますが、昼食時間帯は多少混みあいます。 以前ありました、凍天の売店は、閉鎖となりました。

  • 薬王寺
    旅行/観光
    福島県いわき市四倉町薬王寺字塙74
    大同年間(806-10)に徳一大師が創建し、大師自らが薬師如来を刻んで安置したと伝える。歴代藩主のほか、有力大名が帰依した名刹。戊辰戦争で多くの文化財を失ったが、運慶作といわれる木造文殊菩薩騎獅像(重要文化財)は拝観可能。確実に拝観したい場合は事前に要電話予約。
  • いわき市立草野心平記念文学館
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市小川町高萩字下夕道1-39
    いわき市出身の詩人、草野心平の生涯と作品の魅力を体感できる常設展示室では、心平による朗読などを鑑賞できる。企画展をはじめとした多彩な催しを開催し、雄大な阿武隈山系を眺めながら来館者が詩作できる文学プラザもある。所要40分。
  • 磐城 平城本丸跡地
    旅行/観光
    福島県いわき市平字旧城跡地内
    いわき駅北の台地が本丸跡地。慶長7年(1602)、伏見城の戦いによる鳥居元忠の功績により、鳥居忠政は10万石に加増され磐城に入封。翌年より磐城平城の建設が始まり、難工事の末、12年の歳月をかけて完成する。堀の造形が草書体の「龍」に似たことから「龍が城」とも呼ばれている。戊辰戦争の際は倒幕派の攻撃を受け落城。現在は堀と石垣の一部が現存しているが、市指定史跡の塗師櫓石垣は東日本大震災の影響により半分程度崩落している。 【写真提供】(一社)いわき観光まちづくりビューロー
  • 中釜戸のシダレモミジ
    旅行/観光
    福島県いわき市渡辺町中釜戸字表前117-2
    中釜戸の観音堂の傍らにある。大小2本の巨木は樹幹がねじ曲がり、傘を広げたような形に枝が枝垂れる。昭和12年(1937)国の天然記念物に指定された。例年11月下旬ごろに見ごろを迎え、オレンジから赤色へとグラデーションに染まる。 【写真提供】(一社)いわき観光まちづくりビューロー
  • 相馬中村城跡 馬陵公園
    遊ぶ/趣味
    福島県相馬市中村字北町
    慶長16年(1611)に相馬利胤[としたね]が築いた中村城の跡。かつては馬陵城とも呼ばれていた。現在は大手門(復元)と石垣、土塁、堀だけが残り、堀にかけられた赤い橋が輝きを放っている。一帯は公園として整備され、市民の憩いの場となっている。桜の名所としても有名。
  • 百尺観音
    旅行/観光
    福島県相馬市日下石字高根沢686
    相馬出身の仏師荒嘉明[あらよしあき]が生涯一仏一体を残そうと岩山を切り開き、昭和5年(1930)に建立。30余年の歳月を費やし、一人で彫り続けたが、完成を見ずに他界。現在は四代目の陽之輔氏が父祖の志を受け継いでいる。
  • 右近清水
    旅行/観光
    福島県相馬郡新地町谷地小屋字菅ノ沢2地内
    平成の名水百選にも選ばれた、新地の三清水のひとつ。伊東(伊達)右近が新地に移り住み、新田開発や植林に尽くした功績を称えてその名がついた。隠れた桜スポットでもあり、春には珍しい右近桜を始めとした、色とりどりの桜が咲き誇る。
  • 相馬地域開発記念緑地
    旅行/観光
    福島県相馬郡新地町駒ケ嶺字西久保
    水生植物園や遊歩道があり四季折々の風景が楽しめる。春風にそよぐ桜は美しく、散って水面に浮かんだ花びらもまた味わい深い。
  • 和田観光苺組合
    遊ぶ/趣味
    福島県相馬市和田字下柴迫94
    7軒のイチゴ農家で構成されている。まず受付で30分食べ放題のチケットを購入してから、各農家に案内されるシステム。イチゴのおみやげは直売所で購入できる。震災後、国の復興支援で出来た大型ハウスの高設栽培のイチゴ狩りも出来て、若い人達に人気。前日までの予約でバーベキューも出来る。
  • いわき市勿来関文学歴史館
    旅行/観光
    福島県いわき市勿来町関田長沢6-1
    関所の由来、斉藤茂吉など文人、歌人の作品をパネルで解説。旅風俗、浜街道の展示品もあり、源義家について立体影絵などで見学ができる。
  • いわき市アンモナイトセンター
    旅行/観光
    福島県いわき市大久町大久字鶴房147-2
    アンモナイト等の貴重な化石を産出する露頭を建物で覆って保護しており、8000万年前中生代白亜紀の化石である巨大アンモナイトの化石が現地に埋まったままの状態で観察できるようになっている。

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す