いわき・小名浜・相馬のスポット一覧

  • 環境水族館アクアマリンふくしま
    rating-image
    4.5
    308件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市小名浜字辰巳町50
    「アクアマリンふくしま」は太平洋に面する小名浜港第2埠頭に立地した水族館。黒潮と親潮がぶつかり合う場所らしく「潮目」をテーマにした常設展示を行っている。また海洋博物館という教育施設の一面もあり、子供向けの体験型施設「アクアマリンえっぐ」や世界最大級のタッチプール「蛇の目ビーチ」といった体験学習施設が多いのも特徴的。また絶滅が危惧される水生生物の環境保護・研究にも力を入れている。

    いわき湯本温泉に行く前に寄りました。 目的は、シーラカンスの標本を見る事でした。 現在発見されているシーラカンスは、アフリカシーラカンスとインドネシアシーラカンスの2種で、アクアマリンふくしまでは、この両方の標本を初めて見ることが出来て感激でした。 アクアマリンふくしまは、独自のポリシーやテーマ設定を重視しているように見受けられ、他の水族館でよく見られる、イルカやアシカ、シャチなどのショーは無く...

  • スパリゾートハワイアンズ
    rating-image
    3.5
    499件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
    東京ドーム6個分の敷地に、温水プール・温泉・ゴルフ場・ホテルが併設された巨大レジャー施設。ハワイアンショーやイベントなどのエンターテイメント、エステサロンもあり、大人から子供まで楽しめるスポット。映画「フラガール」のロケ地にもなっており、映画ファンも多数訪れる。

    7歳と4歳の子連れで利用。スライダーは利用してません。 持っていた方がよいものとして、防水携帯ケース、容量のあるビニールトートバッグ、ロッカー用小銭です。 事前に水着を着て行けば、更衣室までわざわざ行く必要がないのでストレスないです。 流れるプールの横と子供用プールの横にロッカーがあるので、貴重品だけそこに入れればプールに入れます。 タオルや脱いだ服、のちの大浴場用の着替えなどはビニールトート...

  • 道の駅 よつくら港
    rating-image
    4.0
    55件の口コミ
    交通
    福島県いわき市四倉町5-218-1
    いわき市四倉町の陸前浜街道沿いにある道の駅。四倉漁港内に位置し、地場産品の直売所や情報発信・休憩スペースを備える。2階のフードコートでは、海鮮丼や釜めし、そば、ラーメンなどの地元の食材を活かしたメニューを提供しており、テラス席では太平洋を一望する景色とともに食事を楽しめる。

    道の駅よつくら港に到着しました。 遅い昼食を摂ることにしました。 金属系のロードがありました。 広野から来たサイクリストでした。 友達になりました。 お弁当が、一つ500円のが3つで1000円と書いてあったので、3つ買って二人で分けました。 ホッキ貝の弁当とエビと魚とをソース丼にしてありました。 二階はいろいろなお店が入っており、喜多方の山塩ラーメンで人気店喜一が入っています。

  • いわき市石炭・化石館
    rating-image
    4.0
    96件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
    化石と石炭の歴史のふたつをテーマとした博物館。いわき市双葉町で発見された、日本を代表する首長竜「フタバスズキリュウ」を中心とした、世界でも貴重な化石が多数展示されている。石炭展示室では、いわき周辺で採掘された石炭を中心に石炭燃料の歴史や、炭鉱の歴史を解説している。本物そっくりに作られた炭鉱の復元スペースがあり、映画「フラガール」の撮影にも使われた。

    いろいろ展示してあるのにガイドや案内人がいないのが残念でした。 特にいわきの炭鉱こともっと知りたかった。

  • いわき・ら・ら・ミュウ
    旅行/観光
    福島県いわき市小名浜辰巳町43-1
    いわき湯本I.C.より車で約20分。いわき小名浜みなとオアシスにある大型の観光物産センター。「いわきのいいものぜんぶある。」をキャッチフレーズに、小名浜港で水揚げした新鮮な魚介類市場や、レストラン、お土産コーナーなどがあり、多くの観光客で賑わっている。手打ちそばと新鮮ネタの海鮮丼「海鮮丼(手打ちそば)セット」は、開館以来20年間好評のメニュー。気軽に湾内巡りを楽しめる観光遊覧船「いわきデイクルーズ」も人気。
  • 塩屋埼灯台
    旅行/観光
    福島県いわき市平薄磯字宿崎34
    いわき七浜の海岸線に突き出た灯台。「豊間の灯台」とも呼ばれるこの灯台は、全国に16しかない「のぼれる灯台」のひとつ。明治32年(1899)の初点灯以来、今日も沖合40キロの海上まで光を放ち続けている。故・美空ひばりさんの名曲「みだれ髪」の歌詞に登場した灯台としても知られており、のぼり口の広場には「みだれ髪」の歌碑が建立されている。
  • 三崎公園 いわきマリンタワー
    旅行/観光
    福島県いわき市小名浜下神白字大作93
    国際港東端の岬、海上46mの台地に広がる三崎公園内にある展望塔。海抜106mに位置する展望室と屋上のスカイデッキを備え、いわき市街や太平洋を一望できる。広さ70万に及ぶ公園内には遊歩道や海を真下に見られる潮見台なども整備されている。
  • 白水阿弥陀堂
    旅行/観光
    福島県いわき市内郷白水町広畑221
    平安時代末期の永暦元年(1160)に、藤原清衡の娘である徳姫によって建立された寺院。福島県で唯一、国宝建築物に指定された建物である。東、西、南の三方を池に囲まれた庭園の造りは、平安末期に流行した浄土式庭園の特徴とされている。阿弥陀堂へは正面にかけられた赤い橋を渡って参拝する。これらの建築様式は、徳姫の故郷である平泉の寺院建築の影響を受けたためと言われている。
  • 株式会社うろこいち
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    グルメ/お酒
    福島県いわき市小名浜字栄町66-40
    いわき市にある海鮮料理店。「小名浜魚市場」の前にあり、近郊の魚市場から水揚げされた新鮮な魚を使った料理を味わうことができる。刺身をはじめ煮魚・焼き魚を堪能でき、丼物には全てカニ汁が付いてくる。また、ひらきや干物などの加工品の販売も行っている。

    本鮪赤身鉄火丼 とにかく豊富なメニューはどれも魅力的 大きな焼き鮭と山盛りイクラの親子丼と迷いに迷った結果 鉄火丼 海鮮丼もすごく良いんだけど、今回はマグロの赤身だけをガッツリ ちらし丼 家出中のため一人ちらし丼 ここはボリュームがすごいから、家族と一緒じゃないとサイドに手が出せない

  • 相馬中村神社
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    旅行/観光
    福島県相馬市中村字北町140
    相馬市中村北町にある神社。相馬家の先祖である平将門がおよそ1,000年前に下総に創建した妙見社を起源とし、1611年に相馬中村城の城内(現在の境内)に移された。1643年に建立された現在の社殿は国の重要文化財に指定。境内周辺には相馬中村城の石垣などの遺構も残っている。馬のいる神社としても有名で、エサやり体験などもできる。

    中村城跡の敷地内にある神社です。 かなり古い建物になっていましたが、その分雰囲気がありました。 入り口にある巨大な杉の木(親子杉)は必見です。 「相馬」の地名の名の通り、馬にゆかりのある場所のようで、入り口には狛犬のように馬の像が2体並んでいました。

  • 道の駅 「そうま」
    交通
    福島県相馬市日下石字金谷74-1
    国道6号線沿いにある道の駅。お土産の販売のほか、レストランでは「相馬磯そば」「青のりコロッケ」などが人気メニュー。また、乗馬体験や料理教室などのイベントが開催される「体験実習館」、リフレッシュコーナーがある「道路情報館」などが併設されている。観光客だけでなく、交流の場として地元の人々も多く訪れている。
  • さはこの湯 公衆浴場
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県いわき市常磐湯本町三函176-1
    いわき市常磐湯本町三函にある温泉施設。皮膚病、婦人病、高血圧症などに効能がある天然硫黄泉を源泉かけ流しで使用する岩風呂と檜風呂の2つの大浴場と身障者用風呂(要予約)を備える。江戸末期の建築様式を再現した建物には温泉資料の展示コーナーや大広間も併設。

    いわき湯本温泉のランドマーク湯 「さはこの湯」へやって来た。地図 市営の日帰り温泉施設で、江戸末期の建物様式を模した純和風の建物は、趣があって好感が持てる。この湯には今までなどと数え切れないほど入浴していたのは、妻がこの湯本出身であった。そんなさはこの湯でも久しぶりの入浴とあってどんな湯が待っているのか楽しみであった。相変わらず高めの湯温を保っている湯本温泉の湯に再び出会えた。そういえば入り口ドア...

  • いわき市立美術館
    rating-image
    3.5
    17件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市平字堂根町4-4
    いわき市にある美術館。国内外の現代美術や、いわき市にゆかりのある作品が2300点以上収蔵されている。常設展をはじめ、様々な美術を紹介する企画展が開催されている。館内には実技講習室やセミナー室もあり、講演会や美術講座、ワークショップといった多種多様なイベントも行っている。

    いわき市にある市立美術館。いわき市内で時間があったので、常設展のみ見学。ホームページでは、いろいろ収蔵品があるようですが、12月初旬の見学当日は、特別展が2階であり、常設展は1階の1部屋に前衛彫刻がいくつか展示されているのみでした。郷土作家の展示があるわけでもなく、名の知れた作家の作品を展示もなく、展示の量、質ともに貧弱な印象でした。今の展示では無料で市民の方に開放するなどした方がよいと思いました...

  • たこ八
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    グルメ/お酒
    福島県相馬市尾浜字原228-25
    福島県相馬市の「松川浦」の近くにある海鮮料理店。旬の新鮮な魚介類を味わうことができ、「ホッキ飯」などが人気を集めている。海産物の販売なども行っており、多くの観光客が訪れている。また、80名が入れる団体客席も用意されている。

    松川浦の県道相馬亘理線沿いにあります。カネヨ水産でやっていて、メニューは刺し身、天ぷらの定食、海鮮丼等です。食事処の隣には魚介類の直売所になっています。駐車場に大型バスも止められるので、観光ツアーのコースの一部にもなっているようです。

  • いわき市フラワーセンター
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市平四ツ波字石森116
    約26万平米の広大な敷地内に植えられた、多種多様な草花が楽しめる植物園。いわき市でも最大級の展示温室では、サボテンやハイビスカス等の普段目にすることができない熱帯植物などが鑑賞できるのが特徴。他にもバラやネモフィラ、福島県の「郷土の花」として知られるシャクナゲなどが季節ごとに花を咲かせている。また園内には、「こどもの広場」や季節ごとに展示会や講習会が開催されている「フラワーライフ館」もある。
  • 勿来温泉 関の湯
    rating-image
    3.0
    9件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県いわき市勿来町関田須賀1-4
    露天風呂「関の湯」から、壮大な太平洋を眺望しながら年間を通して楽しめるのが特徴の温泉浴場。切り傷・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病・虚弱児童などの症状に効能があるとされる。他にも打たせ湯や敷地内を地下1000mから自噴している源泉を堪能できる「内湯」やサウナが完備されており、入浴後はレストランで食事も楽しめる日帰り宴会プラン(飲放題付き)なども用意されている。

    一階にいる支配人が不愉快。お湯が透明の時と緑色に変色している時がある。 でも、海が見えて、居心地は良い。

  • 勿来海水浴場
    遊ぶ/趣味
    福島県いわき市勿来町九面坂下
  • とうふ工房・分家奈良屋湯元駅前店
    暮らし/生活/病院
    福島県いわき市常磐湯本町天王崎84-1
  • 天然温泉 極楽湯 福島いわき店
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    宿泊/温泉
    福島県いわき市葉山2-25-1
    天然温泉を使ったスーパー銭湯。駐車スペースが大きく取られており、大人数に対応している。オーソドックスな露天岩風呂をはじめ、檜風呂、壺風呂、温鉱石うたた寝湯、電気風呂などさまざまな風呂を楽しむことができる。なかには、お湯の中でジェット噴流を作り出し、体を刺激するジェット風呂もある。畳の縁台や、うたたね処、飲食コーナーといった、風呂上りに休憩するスペースも充実している。

    湯本は温泉旅館のお風呂か、健康センター、はたまたシャンプーやタオルもない純粋な公衆温泉浴場しかなく、ここのような大きなスーパー銭湯が無かったのでありがたいです。また夜も遅くまでやっているので、仕事帰りに行けるのが助かります

  • 夏井川渓谷
    旅行/観光
    福島県いわき市小川町・川前町地内
    いわき駅から車で約35分のところにある渓谷。磐越東線川前から小川郷駅にかけて約16キロメートルにわたって続いており、阿武隈山系の花崗岩を浸食してできた奇岩や断崖が大きな特徴となっている。清流や奇岩が作り出す美しい景色は年間を通して楽しめるほか、10月下旬から11月中旬には紅葉が見頃を迎えて新たな一面を覗かせるのも魅力。昭和28年(1953)に夏井川渓谷県立自然公園に指定されている。遊歩道は整備されていないため車での見物がおすすめ。

福島の主要エリア

around-area-map

キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。

福島の写真集

目的から探す