岩手の湿原/池塘スポット一覧

  • 櫃取湿原
    旅行/観光
    岩手県下閉伊郡岩泉町櫃取湿原
    北上高地の中間湿原で、国道340号選から県道171大川松草線に入った奥にある。春は水芭蕉、初夏はシャクナゲ、秋には紅葉が美しい、岩手県の自然環境保全地域および林野庁植物群保護林で、「21世紀に残したい日本の自然100選」に選定されている。自然環境保全地域のため、設置されているルートに従って散策することができる。遠くに眺めるのは放牧された牛、春の水芭蕉が囲む遊歩道や、ハクサンシャクナゲは7月中旬が見頃。
  • 御在所園地
    旅行/観光
    岩手県八幡平市緑ガ丘
    八幡平市松尾寄木第2地割にある湿原地帯。御在所沼の周辺に多くの湿性植物が自生しており、隣接する「赤沼」は酸化鉄によって変色することから「五色沼」とも呼ばれ、マイナス30度になっても凍らない不凍湖としても知られている。八幡平アスピーテライン沿いから遊歩道が整備されており、90分ほどかけて散策できる。
  • 黒谷地湿原
    旅行/観光
    岩手県八幡平市八幡平・緑ガ丘
    八幡平市細野の八幡平アスピーテライン沿いにある湿原。火山活動により川がせき止められて形成された湿原で、ニッコウキスゲやハクサンチドリなどの高山植物が自生している。遊歩道を利用してトレッキングが楽しめ、休憩に適した水場「熊の泉」も隣接している。
  • 春子谷地湿原
    旅行/観光
    岩手県滝沢市鵜飼臨安周辺

岩手の主要エリア

around-area-map

リアス式海岸で知られる岩手県は、面積では都道府県で2番目の広さがあり、海の幸、山の幸が豊かなところです。 「いわて花巻空港」へは、名古屋・大阪から直行便が出ています。東京・盛岡間は、東北新幹線「はやぶさ」で2時間15分ほどです。 岩手県は6つの地域に分けられ、「奥州・平泉・一関」エリアにはある日本の文化遺産「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」は定番の観光スポットです。県庁所在地である盛岡市には岩手銀行赤レンガ館などの観光施設があります。 三陸海外沿いにある久慈市にはドラマ『あまちゃん』のロケ地で盛り上がりを見せています。南下した先には国の名勝に指定されている「浄土ヶ浜」もあります。 ご当地グルメではわんこそばが有名ですが、他にも辛味があって冷たくておいしい盛岡冷麺や、クルミと黒砂糖を包んだ団子を野菜などと煮るまめぶ汁、新鮮なウニを大量に使ったウニご飯、磯の旨味を凝縮した磯ラーメンなどを楽しめます。

岩手の写真集

目的から探す