八幡平頂上

火山が生み出した数々の絶景スポットを巡ろう

火山活動によって生まれた奇跡の絶景と呼ばれる「八幡平」。標高1600mの高台は季節の訪れに敏感で、ドライブ、温泉、トレッキングに登山など、あらゆるアクティビティが楽しめる雲上の楽園だ。

岩手山の北西に位置する八幡平。パノラマの絶景が眼下に広がる 岩手山の北西に位置する八幡平。パノラマの絶景が眼下に広がる

雲上アクティビティの宝庫

八幡平は岩手県と秋田県にまたがる山々と、その周辺の台地の総称。高いところでは標高1600mを超し、辺り一帯は1400m級の高さに位置している。そのなかの一部は十和田八幡平国立公園に指定されており、指定地域だけで400㎢以上の広さを有している。高山植物や貴重な動物たちが生息し、ハイカーたちの気持ちを和ませてくれる。また、火山活動によってできた火口の多くにある、水が溜まって誕生した湖沼群は、観光の目玉のひとつ。周辺は東北でも有数の温泉地帯となっており、頂上近くから周辺一帯に数々の名湯が湧いている。山頂付近はトレッキングコースが整備され、八幡平山頂を目指す基本ルートは1時間ほどで一周できる。初心者でも散策しやすいと人気だ。ほかにもドライブスポットとして、初夏から紅葉の季節まで多くのドライバーたちが訪れる。

駐車場に隣接する八幡平山頂レストハウスでは、長靴のレンタルもある 駐車場に隣接する八幡平山頂レストハウスでは、長靴のレンタルもある

八幡平では時折、岩手山のふもとに雲海が見られる 八幡平では時折、岩手山のふもとに雲海が見られる

初心者にオススメのコースは頂上散策路

八幡平は広すぎるがゆえに、「何をするか」によって目的地もアプローチの方法もまったく異なる。初心者や気軽なドライブ旅行のついでに手軽に楽しめるのが、「八幡平頂上散策」だろう。もちろん山の天気や気温は変わりやすいので、トレッキングに適した服装がオススメだが、比較的軽装でもチャレンジできるのが、この散策路の良いところ。所どころ出現する登りをクリアすれば、わりと平坦が多いコース。入り口から15分ほどの「見返峠」からでも絶景を眺めることができるので、自信のない人はここでUターンしても良いだろう。その先は名所とも呼ばれる「八幡沼」や、「八幡平頂上」を巡り、約1時間10分前後でスタート地点に戻ってこられる。またその先には1時間半から2時間半ほどのサブルートもあるので、自信のある人は挑戦してみては。

頂上散策路には大きく「頂上入口」の文字が書かれている 頂上散策路には大きく「頂上入口」の文字が書かれている

入り口から徒歩15分ほどの「見返峠」からの景色。ここで引き返してもOKだ 入り口から徒歩15分ほどの「見返峠」からの景色。ここで引き返してもOKだ

多少こう配のきつい坂もある。高地だけあって高い樹木は生えていない 多少こう配のきつい坂もある。高地だけあって高い樹木は生えていない

冬季は樹氷ツアーが人気

八幡平周辺は山々が連なるため、季節の訪れにとても敏感だ。雪どけとともにやってくる春の観光シーズンの幕開けに、地元の人も胸が躍るという。観光シーズンは夏から秋にピークを迎えるのだが、八幡平に冬季ならではのツアーが用意されているのをご存じだろうか。それが「樹氷見学ツアー」だ。樹木に氷の粒が付着し、周りに雪が固まった通称「スノーモンスター」は冬にしか見られない独特な絶景で、ジワジワと人気が高まっている。ツアーを主催している団体は多々あるので、まずは観光協会などに問い合わせてみよう。

樹氷群を見渡せる絶景。見物したい場合は必ずツアーの申し込みを 樹氷群を見渡せる絶景。見物したい場合は必ずツアーの申し込みを

スポット詳細

住所
岩手県八幡平市
電話番号
0195783500
休業日
冬期(11月上旬-4月中旬)
料金
無料
駐車場
あり(107台)
※八幡平山頂展望駐車場
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          八幡平・安比高原エリアのおすすめスポット

          岩手のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました