NAVITIME Travel

大宜味村立芭蕉布会館

資料/郷土/展示/文学館

国の重要無形文化財に指定されている芭蕉布。その貴重な技を間近に見ることができる、県内唯一の場所。1階では地元の自然を原料に丹念な手仕事で、作品が生み出されていく様子が上映されている。尚、製品の展示販売もあり。2階は作業場となっており、伝統工芸従事者の研修などが行われている。見学可能だが、事前確認が必要。

place

沖縄県国頭郡大宜味村喜如嘉454 (北部・名護・恩納エリア)

phone 0980443033

大宜味村立芭蕉布会館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/01/07 残念でした。
折角タクシーの運転手さんが連れて行ってくれたのに芭蕉布会館はお休みでした。100歳を超える女性が今もなお現役で織物作りをやっているとのことだったので是非ともお会いしたかったのですが...。芭蕉布自体はその後県立博物館で見ることが出来ました。
投稿日:2019/08/07 北部・大宜味へ行ったら 寄ってみると良いと・・・・・
●沖縄自動車道:許田ICから車(一般道経由)で 1時間半ほど

常時芭蕉布製品の展示、販売や芭蕉布の製造工程のビデオの上映が行われていますし、
作業場では、芭蕉布伝統工芸従事者の研修等が行われています。

芭蕉布は 日本に復帰すると同時に県の無形文化財に指定され 現在は、経済産業大臣指定伝統工芸品「喜如嘉の芭蕉布」と、文部科学大臣指定重要無形文化財になっています。
・開館日
日曜日、旧盆、年末年...
投稿日:2018/07/29 芭蕉布の里で人間国宝に会う
静かな集落の中にあります。
1階では展示物の閲覧と説明ビデオの視聴ができます。
ビデオ視聴中にレモングラスのお茶を出してくれますが、
これがとても爽やかで美味しいです。
2階は作業場となっていて、芭蕉布を織っている様子を
見学することができます。
作業場には人間国宝の平良敏子さんが普通に作業されていました。
貴重な伝統工芸の制作過程を間近に見られる
とても良い施設だと思います。

おすすめ記事

詳細情報

住所
沖縄県国頭郡大宜味村喜如嘉454 [ 地図 ]
エリア
北部・名護・恩納エリア
電話番号
0980443033
時間
10:00-17:00
休業日
日・旧盆・年末年始(12/29-1/3)
駐車場
あり 10台
クレジットカード

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          沖縄 の主要エリア

          around-area-map

          沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

          関連する記事

          関連する観光コース

          沖縄の写真集