NAVITIME Travel

北部・名護・恩納の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 今帰仁城跡
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
    琉球王国成立以前、沖縄本島の北部から奄美地方にかけて治めていた「北山王」が居城した城跡である。平成12年(2000)には世界文化遺産に登録された。標高100mの山頂に位置し、自然の地形を巧みに利用し古生代石灰岩を高く積み上げた城壁の曲線美は必見。「御内原」からの眺めがおすすめだ。
  • 大宜味村立芭蕉布会館
    rating-image
    3.5
    15件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡大宜味村喜如嘉454
    国の重要無形文化財に指定されている芭蕉布。その貴重な技を間近に見ることができる、県内唯一の場所。1階では地元の自然を原料に丹念な手仕事で、作品が生み出されていく様子が上映されている。尚、製品の展示販売もあり。2階は作業場となっており、伝統工芸従事者の研修などが行われている。見学可能だが、事前確認が必要。

    折角タクシーの運転手さんが連れて行ってくれたのに芭蕉布会館はお休みでした。100歳を超える女性が今もなお現役で織物作りをやっているとのことだったので是非ともお会いしたかったのですが...。芭蕉布自体はその後県立博物館で見ることが出来ました。

  • 芳魂之塔
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村西江前
    伊江港から車で約2分、徒歩では約16分。伊江村立伊江中学校と道を挟んですぐ向かい側にある高台の上の史跡。沖縄戦の際激戦の舞台となった伊江島。当時犠牲になった島民約1,500人と守備軍将兵約2,000人、計3,500人の冥福を祈って合祀している。塔隣には礎が併設されており、村外での戦没者も含めそこに刻み込まれている。また、島出身の歌人である名嘉元浪村の歌も見られる。この地での戦闘が終結を迎えた毎年4月21日に平和祈願祭が開催。
  • 公益質屋跡
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村東江上75
    伊江村役場から通りを北に進んだ場所にある建物跡。第二次世界大戦の沖縄戦によって、島民約1,500人と守備軍将兵約2,000人の合わせて3,500人程が犠牲になったとされる。大きな被害を受けたのは建物も同様で、多くの建物が焼き払われて消失した中、現在でも原型を残しているのがこの建物で、元は昭和4年(1929)に政府の融資によって作られた村営の金融機関だった。壁に大穴が空き、弾痕が残るなど、悲惨な様子を今に伝えている。
  • 反戦平和資料館 ヌチドゥタカラの家
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村東江前2300-4
    伊江島の南東、伊江ビーチのすぐ側にある資料館。ヌチドゥタカラとは命こそ宝という意味であり、戦時中の伊江島を生きた人々の遺品や資料を展示している。島民の生活必需品から米軍が使っていた銃弾や爆弾など、資料館内に所狭しと並べられた品の一つ一つに説明がつけられている。人間の命の尊さを伝えるとともに、二度と戦争が起きないようにと願いを込めて開設された。
  • 東村立 山と水の生活博物館
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県国頭郡東村川田61-1
    沖縄県東村にある博物館。豊富な写真や資料を通して東村民の生活や歴史を学ぶことができる。やんばるの森の源流から河口のマングローブ林までの生態模したジオラマや、ジュゴンの骨格標本や鳥類の剥製などが見られる。またハブやオオウナギ、リュウキュウイノシシなどの生物も飼育展示している。沖縄独特の民具や仕事なども展示しており、かつての生活について知ることができる。

    ドライブの途中にあった博物館です。小さな博物館なので無料だと思ったのですが200円でした。4人で800円。ちょっと高いと思いましたが。 博物館の前の檻に野生のイノシシが入っていました。

  • 伊是名城跡
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊是名村伊是名
    島尻郡伊是名村伊是名にある城跡。11世紀から14世紀頃に築城されたと伝わる。沖縄本島を統一し第一尚氏の王朝を築いた尚巴志王の祖父にあたる鮫川大主の居城で、岸壁を背にした天然の要塞となっている。県の史跡に指定。
  • 伊是名村ふれあい民俗館
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊是名村伊是名196-129
    島尻郡伊是名村伊是名にある資料館。島の歴史や民俗に関する資料展示を行っている。伊是名島は琉球を明治時代までの約400年間にわたって治めた第二尚氏の始祖・尚円王の出身地でもあることから、王家ゆかりの品も所蔵している。

    伊是名島の文化も勉強できますが「尚円王」生誕の地であることから王家ゆかりの銘苅家収蔵品として国王や王族から賜った贈り物をはじめ、美しい漆器なども展示されています。

  • 名護博物館
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県名護市東江1-8-11
    名護を含むやんばる一帯の自然や生活を紹介する博物館。琉球王府時代の名護番所や明治以降の役場跡に立つ。1階では馬や豚など家畜のはく製や、民具、農具が実生活そっくりに配置されており、やんばるの暮らしが忠実に再現されている。2階は海の漁、山の猟に関する展示が中心で、1970年代まで名護湾で行われていたピトゥ(小型のクジラ類)漁の様子がパネルなどで紹介され、天井から吊るされている巨大なマッコウクジラの骨がひときわ目を引く。

    3月一杯で移転のために一時閉館するため、閉館ぎりぎりに行ってきました。規模の割に盛りだくさんの展示がなされていましたが、特に剥製のポーズが躍動感にあふれていました。新しい博物館の展示も素敵な展示になるよう願っています。

  • アーニー・パイル記念碑
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村川平
    沖縄戦当時、最前線からアメリカ本土にニュースを伝え、伊江島で殉職した米従軍記者、アーニーパイルの慰霊碑。
  • 銘苅殿内(銘苅家住宅)
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊是名村伊是名902
    銘苅家の先祖は尚円王の縁戚にあたり、王朝時代に代々島の地頭職を務めた旧家。住宅は国指定重要文化財に指定されている。門から入ると正面にヒンプン(目隠し塀)が、右側には屋根付きの門が立ち、女性は門、男性はヒンプンの左側から出入りしていたという。現在の建物は明治38年(1905)の再建で、母屋と那覇からの客の宿泊場所だったアサギ(離れ屋)の2棟がある。良質のマキ材を使って、伝統的な沖縄の建築様式で建てられている。母屋の背面と台所の外壁が漆喰塗りになっていることと、母屋とアサギが別棟でありながら屋根がひと続きなのが特徴。
  • 尚円王御庭公園
    遊ぶ/趣味
    沖縄県島尻郡伊是名村諸見
    伊是名島内に数多くある尚円王ゆかりの史跡のひとつで、この場所は尚円王の生誕地。王国時代から大切に護られてきた土地で、今も沖縄各地から参拝者が絶えない。園内には高さ3.5mの尚円王像が東方を指して堂々と立っている。奥の林には県史跡の尚円王生誕地屋敷・御臍所[みほそじょ]がある。応永22年(1415年)に、金丸が誕生した場所で、大きな石の下にへその緒が祭られている。近くには金丸が産湯を使ったという馬蹄形の井泉、潮平御川[すんじゃがー]がある。
  • 玉御殿
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊是名村伊是名
    玉御殿は、琉球王家第二尚氏初代尚円の父(尚稷)らの墓所とされ、伊是名島の南東に突き出す小山の北麓に位置している。首里に築いた「王陵」と、ほぼ同時期に伊是名島の玉御殿も築いたと伝わる。国指定重要文化財。
  • 今帰仁村歴史文化センター
    rating-image
    3.5
    89件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5110

    世界遺産「今帰仁城」はもとより、今帰仁村の歴史や民俗を楽しく学べる空間です。目玉は宝剣「千代金丸」のレプリカ。レプリカと侮ることなかれ。本物を忠実に移した平成の宝剣です。

  • 宜野座村国際交流センター
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡宜野座村字松田1669
  • 国営沖縄記念公園海洋文化館
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡本部町字石川424
  • 貝類展示館
    旅行/観光
    沖縄県名護市字為又1196-11
  • 県民の森森林科学館
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡恩納村字安富祖2028
  • 北部生涯学習推進センター
    旅行/観光
    沖縄県名護市字為又
  • 宜野座村立博物館
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座232

    阪神タイガースの春季キャンプ見学のついでに訪問しました。施設は広くはありませんが、宜野座の歴史がわかりやすく展示されており見応えがありました。葬制や沖縄戦に関する資料も多くいろいろ考えさせられます。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す