北部・名護・恩納の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 今帰仁城跡
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
    琉球王国成立以前、沖縄本島の北部から奄美地方にかけて治めていた「北山王」が居城した城跡。平成12年(2000)には世界文化遺産に登録された。標高100mの山頂に位置し、自然の地形を巧みに利用し古生代石灰岩を高く積み上げた城壁の曲線美は必見。「御内原」からの眺めがおすすめ。

    今帰仁城跡の、火神の祠のあたりに建てられている石碑。かなり立派な石碑です。説明板によれば、1749 年に、今帰仁按司が今帰仁城を立派に治めたことを記し、後世に伝えるために建てたとあります。

  • 大宜味村立芭蕉布会館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡大宜味村喜如嘉454
    国の重要無形文化財に指定されている芭蕉布。その貴重な技を間近に見ることができる、県内唯一の場所。1階では地元の自然を原料に丹念な手仕事で、作品が生み出されていく様子が上映されている。尚、製品の展示販売もあり。2階は作業場となっており、伝統工芸従事者の研修などが行われている。見学可能だが、事前確認が必要。

    ウィルスで軒並み休業の中でも開いていた。 それどころか二階の作業場では、23段階ある作業の5番目「苧(う-)引き」の最中で、ぜひ見て行けと勧められた。 15人ほどの女性が集まって、それぞれが竹はさみで原皮をしごいて不純物を取り除く。 他に原皮を炊きあげる男性、しばらくして平良敏子さんもお見かけした。 1921年生まれ、先日2月14日にめでたく100歳を迎えられたとのこと。 階段をしっかりと昇って...

  • 東村立 山と水の生活博物館
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県国頭郡東村川田61-1
    沖縄県東村にある博物館。豊富な写真や資料を通して東村民の生活や歴史を学ぶことができる。やんばるの森の源流から河口のマングローブ林までの生態模したジオラマや、ジュゴンの骨格標本や鳥類の剥製などが見られる。またハブやオオウナギ、リュウキュウイノシシなどの生物も飼育展示している。沖縄独特の民具や仕事なども展示しており、かつての生活について知ることができる。

    ドライブの途中にあった博物館です。小さな博物館なので無料だと思ったのですが200円でした。4人で800円。ちょっと高いと思いましたが。 博物館の前の檻に野生のイノシシが入っていました。

  • 伊是名村ふれあい民俗館
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊是名村伊是名196-129
    島尻郡伊是名村伊是名にある資料館。島の歴史や民俗に関する資料展示を行っている。伊是名島は琉球を明治時代までの約400年間にわたって治めた第二尚氏の始祖・尚円王の出身地でもあることから、王家ゆかりの品も所蔵している。

    伊是名島の文化も勉強できますが「尚円王」生誕の地であることから王家ゆかりの銘苅家収蔵品として国王や王族から賜った贈り物をはじめ、美しい漆器なども展示されています。

  • 反戦平和資料館 ヌチドゥタカラの家
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村東江前2300-4
    伊江島の南東、伊江ビーチのすぐ側にある資料館。ヌチドゥタカラとは命こそ宝という意味であり、戦時中の伊江島を生きた人々の遺品や資料を展示している。島民の生活必需品から米軍が使っていた銃弾や爆弾など、資料館内に所狭しと並べられた品の一つ一つに説明がつけられている。人間の命の尊さを伝えるとともに、二度と戦争が起きないようにと願いを込めて開設された。

    2019年4月に行きました。 一般財団法人わびあいの里という民間団体が運営する私営の資料館です。入場料がかかります。平和・反戦にかかわる資料が所狭しと展示されています。マイナーなスポットなので訪問者も少ないようです。

  • 名護博物館
    遊ぶ/趣味
    沖縄県名護市東江1-8-11
  • 伊是名城跡
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊是名村伊是名
    島尻郡伊是名村伊是名にある城跡。11世紀から14世紀頃に築城されたと伝わる。沖縄本島を統一し第一尚氏の王朝を築いた尚巴志王の祖父にあたる鮫川大主の居城で、岸壁を背にした天然の要塞となっている。県の史跡に指定。
  • 名護城跡
    旅行/観光
    沖縄県名護市名護
    名護市名護にある城跡。14世紀初期に地域を統治していた名護按司(あじ)の居城と伝わる名護城の跡地で、現在はその一帯が「名護中央公園」として整備されている。日本で一番早くに開花する寒緋(かんひ)桜の名所として知られており、1月中旬頃から約2万の寒緋桜が開花を迎える。開花に合わせて「名護さくらまつり」も開催。
  • 芳魂之塔
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村西江前
    伊江港から車で約2分、徒歩では約16分。伊江村立伊江中学校と道を挟んですぐ向かい側にある高台の上の史跡。沖縄戦の際激戦の舞台となった伊江島。当時犠牲になった島民約1,500人と守備軍将兵約2,000人、計3,500人の冥福を祈って合祀している。塔隣には礎が併設されており、村外での戦没者も含めそこに刻み込まれている。また、島出身の歌人である名嘉元浪村の歌も見られる。この地での戦闘が終結を迎えた毎年4月21日に平和祈願祭が開催。
  • 公益質屋跡
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村東江上75
    伊江村役場から通りを北に進んだ場所にある建物跡。第二次世界大戦の沖縄戦によって、島民約1,500人と守備軍将兵約2,000人の合わせて3,500人程が犠牲になったとされる。大きな被害を受けたのは建物も同様で、多くの建物が焼き払われて消失した中、現在でも原型を残しているのがこの建物で、元は昭和4年(1929)に政府の融資によって作られた村営の金融機関だった。壁に大穴が空き、弾痕が残るなど、悲惨な様子を今に伝えている。
  • 今帰仁村歴史文化センター
    rating-image
    3.5
    94件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5110

    今帰仁城跡をはじめ今帰仁村の成り立ち、地域の歴史と文化を紹介しています。今帰仁城跡から出土した陶磁器などの展示やグスクについて映像での解説が有りますので文化センターを見学してからグスクに行かれる方が良いかと思います。公共の交通機関でも行く事が出来ますが、今帰仁城跡入口バス停下車し徒歩になります。

  • 恩納村博物館
    rating-image
    4.0
    38件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県国頭郡恩納村字仲泊1656-8

    博物館という名称ですが、展示内容は郷土資料館と言った方がしっくりくる内容です。ここから見る国道58号線はリゾート感あって好きです。

  • やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」
    rating-image
    4.0
    46件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村比地263-1

    やんばるに住む野生生物保護・調査研究の拠点施設で、やんばるの自然や生き物について学べる場となっています。 残念ながら、ヤンバルクイナを生で見ることはできません。見れないとなるとすぐに帰ってしまう人たちもいるそうですが、そこはちょっと待って。意外と楽しめますよ。いい感じです。 展示を見ながらクイズに挑戦したり。激難問ですが、スタッフの方がマンツーマンで色々なことを教えてくれて、クイズのヒントもくれる...

  • 沖縄宇宙通信所
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県国頭郡恩納村字安富祖金良原1712

    不要な電波の影響を受けないためなのかどうかよくわかりませんが、山の奥に入ったところにあります。入口の案内板は立派でしたが、たどり着くまでの道路はすこし心配になりそうな感じです。 じっくり見ても1時間程度でしょう。サクっとなら20分かな。 展示物はそんなに多くはありません。

  • 金武観音寺
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡金武町金武222

    和歌山県の熊野から漂流し流れついた僧侶が開山した高野山のお寺です。伝統的な沖縄の赤い瓦が青空によく映えます。洞窟へもお参りできます。暗いので懐中電灯があったほうがよいです。山門前に駐車場があります。

  • 本部町立博物館
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県国頭郡本部町大浜874-1
    郷土の海、自然、暮らしと文化をテーマに、遺跡の出土品や珊瑚礁の生き物、動物の剥製などを展示している。

    一般的な郷土資料館といった展示内容でした。生物標本は、脈絡なく本部産でないものがおいてありました。職員さんは親切に質問に答えてくれました。説明文に誤字がやたら多かったです。

  • 宜野座村立博物館
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座232

    阪神タイガースの春季キャンプ見学のついでに訪問しました。施設は広くはありませんが、宜野座の歴史がわかりやすく展示されており見応えがありました。葬制や沖縄戦に関する資料も多くいろいろ考えさせられます。

  • 伊平屋村立歴史民俗資料館
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊平屋村字我喜屋217-27

    沖縄本島北部にある伊平屋島の資料館。入館料は200円で展示内容はかなり充実している。フェリーを待つ間にも見学できるのでぜひ立ち寄りたい

  • 国際海洋環境情報センター
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県名護市字豊原224-3

    国際海洋環境情報センターというよりは、ゴーダックと言った方が通りがよいようです。貝殻を綺麗にする方法を知ることができたのは良かったです。

  • 宮里キリストの教会
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県名護市宮里3-30-30

    夏越にある公園の近くにキリスト教会があります、宮里キリストの教会です。教会には信者さんもいなくてひっそりしていました。観光客であることを告げて中に入らせていただきました。木造の教会は控えめで、静かな時間が流れていました。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す