地獄谷野猿公苑

動物園

厳しくも豊かな自然のなかで暮らすニホンザルの生態に触れる

長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷にある野性のニホンザルの生態の観察ができるスポット。雪のある環境下で生きるサルたちは通称「スノーモンキー」と呼ばれ、世界中から訪れる人々に愛されている。

子ザルたちのかわいらしい姿も間近で見ることができる} 子ザルたちのかわいらしい姿も間近で見ることができる

野猿公苑に向かうルートは2つ

地獄谷野猿公苑への起点となるのは「渋温泉」か「上林温泉」。渋温泉から町道 横湯地獄谷線を自動車で行くルートは有料駐車場から徒歩約15分、自動車かバスで上林温泉まで行くルートは、遊歩道入り口から徒歩約25分でいずれも歩いて向かう。ただし、渋温泉ルートは冬期通行止めなので要注意。上林温泉側には「インフォメーション&ギフトショップ」があり、スノーモンキーグッズの販売や、防寒具レンタル、荷物預かりなどサービスも充実している。猿の状況、情報は野猿公苑ウェブサイトやSNSなどウェブ情報を確認、または直接野猿公苑に問い合わせを。

上林温泉側のエントランス。ここから1.6kmの道のりが続く「ゆみち遊歩道」へ} 上林温泉側のエントランス。ここから1.6kmの道のりが続く「ゆみち遊歩道」へ

「インフォメーション&ギフトショップ」では周辺の観光案内もしてくれる} 「インフォメーション&ギフトショップ」では周辺の観光案内もしてくれる

杉林の遊歩道からサルたちのもとへ

上林温泉側からの「ゆみち遊歩道」は、地獄谷へ通じる道としてだけでなく、ふもとの村に農業用水や温泉を引くための道でもあり、古くから大切に守られている。道中では稀にニホンカモシカやリスなどの野生動物に出合うことも。平坦な道が続くが、足元はサンダルやヒールを避け、履き慣れた靴が望ましい。

渋の地獄谷噴泉は、「後楽館」の川向いに位置する} 渋の地獄谷噴泉は、「後楽館」の川向いに位置する

林道を抜けると視界が開け、温泉地ならではの硫黄の香りが漂う。地獄谷温泉の一軒宿「後楽館」を左手に見ながら進むと見えてくるのが「渋の地獄谷噴泉」。熱泉は高さ20mにまでなる自然噴泉で、国の天然記念物にも指定されている。

ニホンザルの生態を間近で観察

噴泉近くの階段を登れば、地獄谷野猿公苑の受付まではすぐそこ。チケットを購入し入苑ゲートを越えると、あちらこちらにサルがいることに気づく。気持ち良さそうに毛づくろいし合っている親子や、追いかけっこをする子ザルたちなど、自由気ままに過ごす野生のサルたちの生態を間近で観察してみよう。苑内の奥にはサル用の温泉が常設されているが、特に入浴シーンを見られるのは寒い時期。雪景色のなかで温泉に浸かるサルたちを見るなら冬がおすすめだ。

1964年(昭和39)開苑 。近隣に棲息していた野生のニホンザルの保護と観光資源としての活用を目的に開設} 1964年(昭和39)開苑 。近隣に棲息していた野生のニホンザルの保護と観光資源としての活用を目的に開設

高度な社会性をもつサルたちが群れのなかでどんな行動をしているか注目を} 高度な社会性をもつサルたちが群れのなかでどんな行動をしているか注目を

お出かけ前には公式サイトをチェック

地獄谷野猿公苑は年間を通して無休で営業している。しかし公苑を訪れるサルたちは野生なので、必ずしも毎日公苑内にいるとは限らない。季節や時間帯により、サルたちの行動が変わるため、地獄谷野猿公苑ではライブカメラを設置。公式サイトから、そのときや時間帯別の状況がリアルタイムで確認できる。動物園とは異なり、檻や柵のない環境で野生動物を観察できることが何よりの魅力だが、観察時における注意事項もあるので、こちらも事前に公式サイトでチェックしてから出かけたい。

夏場は日陰で涼むサルたち。苑内のいたるところにいるので足元にも注意} 夏場は日陰で涼むサルたち。苑内のいたるところにいるので足元にも注意

スポット詳細

住所
長野県下高井郡山ノ内町平穏6845 map map 地図
電話番号
0269334379
時間
[4-10月頃]8:30-17:00
[11-3月頃]9:00-16:00
※営業時間は目安なので異なることもあり
休業日
無休
※自然災害等で臨時休業の可能性あり
料金
[入園料]大人(18歳以上)800円、こども(小学生-高校生)400円
駐車場
あり
クレジットカード
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
可(公苑内不可。喫煙スペースにて可。)
滞在目安時間
30-60分(駐車場から公苑まで片道約30分歩きます)
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 大自然に癒されて
    5.0 投稿日 : 2024.05.06
    当然ながら、完全なハイキングです。舗装された山道で、悪天候では中止すべき。個人的にトレッキングシューズをお勧めします。靴匂いと汚れます。飲料や食べ物は一切禁止、見せては行けない。外国人95%でしたがマナーの良い方ばかりでトラブル感じませんでした。奥の方に給水とトイレできる売店のような建物、ここだけが公園内で休めるところです。大自然で一切人間に興味を示さない猿との不思議な時間に、とても癒されま...
  • 真冬の10:00-14:00が狙い目
    5.0 投稿日 : 2024.01.27
    「温泉に浸かる猿」はいつでも見られるわけではありません。猿だって、夏場に熱い湯につかりたいとは思わないわけで…。よって確実に見たければ1月-2月の真冬の10:00-14:00に行くことをおすすめします。ただし、必ずHPで出没状況などを確認してから出発しましょう。長野駅発の急行バスで「スノーモンキーパーク」下車、そこから徒歩40分です。冬場は雪道になりますから、ブーツやアイゼンなど対策して行きましょ...
  • アイスバーンに注意
    5.0 投稿日 : 2023.12.29
    12/24...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました