NAVITIME Travel

長野の美術館スポット一覧

  • 松本市美術館
    rating-image
    4.5
    360件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県松本市中央4-2-22
    松本市の中心部に位置する、私立美術館。世界的に有名な前衛芸術家である草間彌生や、書家・上條信山、終生信州の自然を描いた田村一男など、松本市ゆかりの芸術家たちの作品をコレクションに持つ。年に数回、公募による展覧会や企画展も開催している。JR松本駅から徒歩12分。

    赤い水玉模様で有名な、草間 彌生の作品を展示していて入場料も、けっして高くはなく、JR松本駅からも歩いて行けます。

  • 安曇野ちひろ美術館
    rating-image
    4.5
    174件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北安曇郡松川村西原3358-24
    長野県北安曇郡松川村の「安曇野ちひろ公園」内にある美術館で、絵本画家・いわさきちひろを始め世界の絵本画家の作品を収集・展示している。館内には、ちひろの代表作やゆかりの品、その生涯に関する展示のほか、絵本の歴史や世界の絵本の原画コレクションなどを紹介。約3000冊の絵本が読める図書室や小さな子供のためのプレイスペースなど、子供が喜ぶ設備も充実している。北アルプスを眺めながら休憩できる絵本カフェも併設。

    もしかしたら期間限定の展示だったかもしれませんが、絵に出てきた花をそのまま立体にした…というような展示があり、とてもすてきで何枚も写真を撮りました。また、こちらは常設ですが、絵本を読むことができるコーナーがあり、たくさんの絵本を時間の許す限り、気の向くままに読むことができとても有意義でした。美術館以外の楽しみもある美術館です。

  • 軽井沢千住博美術館
    rating-image
    4.5
    162件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉815
    世界で活躍する現代日本画家・千住博氏の作品を所蔵展示する個人美術館で、長野県北佐久郡軽井沢町にある。建築家・西沢立衛氏が設計を手掛けた建物は、明るく開放的な総ガラス張り。木々や花が美しいガーデンもあり、自然と調和した独創的な空間となっている。館内では千住氏の作品を紹介する展覧会やテーマに沿った特別展を開催。ベーカリーカフェやショップもあり、アートと自然をゆっくりと楽しむことができる。

    外見は新しいたてもので、そとの花もきれい。中は外からの光をいれたしゃれたたてもので、千住博の絵がかざられています。とくに水のおちる映写はきれい

  • 美ケ原高原美術館
    rating-image
    4.0
    100件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県上田市武石上本入2085-70
    長野県上田市の美ヶ原高原にある野外彫刻美術館で、標高約2000mの草原に約350点もの現代彫刻作品を展示している。セザール・バルダッチーニ、アレクサンダー・リーバーマン、安藤泉、池田満寿夫など国内外の有名作家の作品が草原に並ぶ光景は、まさに圧巻。山々の雄大な風景の中、春から秋には可憐な高山植物が一帯に咲き乱れる。開館期間は4月下旬から11月中旬まで。

    東京では連日35℃を記録する真夏の猛暑から逃れ、朝方は長袖が必要な位の涼を求めて今回は夫婦だけで標高2000mの高原を再訪。当日は台風が接近していてあいにくの曇り空でしたが、美ケ原から北側方面だけ晴れており、遥か遠くのアルプスの山々や雲、集落までが眼下に見渡せる絶景のロケーションに大満足でした。また観光客もまばらだったためゆっくりと散策が出来ました。

  • 碌山美術館
    rating-image
    4.0
    81件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市穂高5095-1
    「東洋のロダン」とも称される荻原碌山の作品を残すことを目的に、昭和33年(1958)に開館された。代表作「女」「デスペア」などの彫刻のほか、碌山と交流の深かった高村光太郎の作品も展示されている。ツタに覆われた教会風の佇まいが印象的な建物は、安曇野地方の象徴的な存在として愛されている。JR穂高駅から徒歩10分。

    こじんまりとしながら、美しく素晴らしい美術館です。 収蔵品も第一級。 ご存知ない方には分からないのも仕方ないですが。

  • SUWA(スワ) ガラスの里の美術館
    rating-image
    3.5
    82件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪市豊田2400-7
    諏訪湖のほとりにたたずむ三角屋根が目印の美術館。世界各国の著名なガラス作家の、繊細で感性豊かな作品の数々を展示し、常設展示は季節毎に替わっている。国内最大級の吹きガラス工房で、吹きガラスやキャンドル、トンボ玉などの制作体験をしたり、併設のガラスショップでアクセサリや食器など、見ているだけでも楽しいたくさんのガラス製品を購入できる。諏訪湖を一望できるベーカリーレストランもおすすめだ。

    館内はすべてガラス製品で出来ているので、明るく清潔です。 体験工房では自分の気に入った作品を作れたりするので、見るだけではなく、体験の楽しさも味わえます。

  • 戦没画学生慰霊美術館「無言館」
    rating-image
    4.5
    63件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県上田市古安曽3462
    戦没画学生たちの遺作となった作品を、平成9年(1997)窪島誠一郎氏が信濃デッサン館の分館として開館したのが「無言館」だ。第二次世界大戦中に散った画学生達の作品やイーゼルを収蔵展示している。上信越自動車道「坂城IC」から車で約30分。

    20年前に病の末期であった母親と来た 別所温泉に泊まり帰りに「無言館」の標識を見つけ内容も知らず立ち寄った まさか戦没した画学生たちの展示とは! 「館内に入るか?否か?」聞いたところ「観るよ!」と言った 死期を悟った母親であったが熱心に観ていく様は悲惨な戦争を体験した者しか推し量ることの出来ない感情が湧いていたので有ろうか? はたまた自分を重ね合わせていたのか心の内は聴け無かった このような特別な...

  • 高橋まゆみ人形館
    rating-image
    4.5
    51件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県飯山市飯山2941-1
    平成22年(2010)にオープンした美術館で、飯山市在住の人形作家・高橋まゆみ氏の作品を常時100体ほど展示している。今にもおしゃべりを始めそうな田舎のおじいちゃん・おばあちゃんの表情など、どこか懐かしい人形の世界観をふるさとの原風景と合わせて楽しめる人気スポット。週末や祝日などは入場待ちの行列ができることも多い。展示されている人形は、年に2回程度入れ替わる。最寄は北飯山駅。

    2010年人形館にオープン! 高橋まゆみさんを、良く知らずにギャラリーへ。 ジオラマの人形達に吸い込まれ、一体一体の顔・動作・布地の配色や細かな作業に見とれました。 素晴らしい!

  • 軽井沢絵本の森美術館(ムーゼの森)
    rating-image
    4.0
    47件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉182(塩沢・ムーゼの森)
    軽井沢町長倉にある美術館。「ピーターラビット」をはじめ、絵本に関する資料の展示を行っている。美術館名誉顧問で英米児童文学研究者の吉田新一氏の研究資料や「ピーターラビットのひみつの部屋」を常設展示する第一展示館、企画展を開催する第二展示館のほか、洋書を中心に1,800冊の絵本を閲覧できる絵本図書館や、ミュージアムショップ、様々なイベントが行われるカンファレンスルームを備える。

    すごい数の絵本が読み放題です。腰を据えてじっくりと読むことがます。森にたたずむ建物も素敵な雰囲気です。

  • 蓼科テディベア美術館
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡立科町芦田八ヶ野1522(白樺湖畔)
    北佐久郡立科町芦田八ケ野の大門街道沿いにある美術館。国内外の11,000体のテディベアを所蔵しており、巨大ジオラマ展示やメーカー別のコレクションを鑑賞することができる。また、日本最大のテディベアショップ「テディベアプラザ」も併設しており、美術館に入館せずに利用することもできる。

    テディベアはすごく可愛くてゆっくり写真撮りたかったけど、空調が まったく効いてない。いくらこの付近は、涼しいエリアとはゆえ、猛暑のときは、キツイです… 8月6日でした。

  • おぶせミュージアム・中島千波館
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県上高井郡小布施町小布施595
    平成4年(1992)開館したおぶせミュージアム・中島千波館は、現代日本画作家・中島千波の作品を紹介している「中島千波館」、そして小布施の伝統文化財「祭り屋台」も収納展示している。美術館の敷地には四季折々の木や花があしらわれ、開館当初は「花咲くぶらり美術館」と呼ばれていたのも頷ける美しい美術館だ。長電長野線「小布施駅」から徒歩約12分、上信越自動車道「小布施スマートIC」から車で約5分。

    小布施出身の日本画家・中島千波氏の作品に出会えるミュージアム。平成4年に開館したそうです。秋桜や牡丹の花が美しく描かれていて心に残りました。開催されていた「デッサンは大切です」展の屏風絵、特に桜には魅了されました。

  • 水野美術館
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県長野市若里6-2-20
    長野市若里の県道372号線沿いにある美術館。実業家・水野正幸氏が長年に渡って収集したコレクションを元とした日本画専門の美術館で、横山大観をはじめ、近代日本画の巨匠たちの作品を数多く所蔵する。「日本画の素晴らしさをじっくりと味わえる美術館に」との思いから外観や内装までこだわり抜いた作りとなっており、美術館前には木曽五木を使用した700坪の本格日本庭園も配されている。

    長野日赤のすぐ近くにある美術館でレストラン「四季彩 MIZUNO」も併設されている。 ・おぶせミュージアム・中島千波館、高井鴻山記念館の半券チケット提示で200円引 ・着物で来館は半額 とお得な割引もある。

  • 飯田市美術博物館
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県飯田市追手町2-655-7
    飯田城跡にある美術館で、飯田市出身の画家・菱田春草の作品を多数収蔵・展示している。常設展・企画展をはじめ、飯田市の美術や自然・民俗に関する定期講座も実施されている。館内にはプラネタリウムもあり、季節ごとに内容を変えた上映を行っている。

    見応えがありいろいろな世代の人たちが楽しめそうです。立派な門と大きな桜が春にはきれいにライトアップされると聞きました。

  • 小諸市立小山敬三美術館
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県小諸市丁221 懐古園内
    小諸駅から徒歩で約10分、小諸ICから車で約10分。小諸城址懐古園の北西部、鹿嶋神社の近くにある美術館。小諸市名誉市民で文化勲章も受章している洋画家「小山敬三」の作品を展示している。昭和50年(1975)に氏自ら設立し、作品と一緒に市に寄贈した。中学生の頃に書かれた作品である盛夏樹林や浅間山を描いたもの、水彩画やデッサンなど、年代もモチーフも多岐に渡る。企画展や公募展も開催。

    懐古園に隣接する美術館です。こじんまりとした佇まいですが、小山氏の魅力を十分楽しめました。やさしい風景ははとっても味があります。

  • 公益財団法人 ハーモ美術館
    rating-image
    4.5
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪郡下諏訪町10616-540
    中央自動車道岡谷ICより約15分。豊かな自然に囲まれた諏訪湖畔にたたずむ美術館で、産業用ロボットのメーカー創業者、濱富夫とディレクター関たか子によって平成2年(1990)4月26日に開館。世界的にも貴重なアンリ・ルソー9点など、純粋な視点から自由な感受性を表現した素朴派の絵画を常設展示。個性的なコンセプトを持った美術館として世界から注目されている。晴れた日には富士山を眺望できるカフェで、くつろぎのひとときを過ごせる。

    静かな諏訪湖湖畔に立つきれいな美術館です ダリやアンリルソーを一人でじっくり鑑賞することができます 晴れていれば 諏訪湖の眺めが良いと思います 残念ながら雨でした

  • 安曇野ジャンセン美術館
    rating-image
    3.5
    23件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市穂高有明4018-6
    安曇野市穂高有明の県道308号線沿いにある美術館。フランスで活躍したアルメニア人の画家、ジャン・ジャンセンの作品を専門に扱う世界初の美術館として平成5年(1993)に開館した。油彩、水彩、デッサン、版画など、様々な技法を用いたジャンセンの作品を展示しているが、時には他の国内外の作家の展示も行う。併設のカフェでくつろいだり、緑豊かな外庭を散策したりして楽しむこともできる。

    バレリーナの絵で有名なジャンセンの作品を展示しています。バレリーナといっても華やかなイメージよりもさびしさ、生きる悲しみを後ろ姿に感じさせます。

  • サンリツ服部美術館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪市湖岸通り2-1-1
    茶道具を中心とした東洋の古美術に、西洋近現代絵画を加えた600点あまりの多彩な作品を収蔵している。本阿弥光悦が嫁に行く娘に与えたと伝えられる国宝「白楽茶碗 銘不二山」は、年数回展示される。館内には、展示室のほかにミュージアムショップや喫茶室があり、美術品の鑑賞のあとは、美しい景色とともにゆったりとした寛ぎのひとときを楽しめる。

    9月29日までの特別企画展「茶人に愛された数々の名碗 全47点の展示作品が時代順に並べられ、スマートフォンで聴くことが出来る解説と相まって、茶道の知識がなくても、充分に楽しめる展示になっています。 帰りは、喫茶室で諏訪湖の展望を楽しみながら、抹茶セットをいただきました。

  • 飯田市川本喜八郎人形美術館
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県飯田市本町1-2
    長野県飯田市にある美術館で、人形美術家・川本喜八郎の作品が展示されている。展示されている人形は、NHK人形劇「三国志」「平家物語」で使用されたものを中心に、200体余りを川本氏が寄贈。展示作品は、それぞれ一定期間で展示の入れ替えを行っている。

    飯田観光のメインで行った博物館。 個人的にはリピート。 昔NHKで放送された人形アニメーション「三国志」で使われた人形が展示されています。基本は後漢、蜀、魏(晋)、呉のくくりで展示されています。日本の平家物語の人形もあります。 人形は非常に精巧で、衣装や武具なども素晴らしい造りです。 入館料は400円とお得価格で、館内は入口にある孔明人形以外は撮影禁止でした。

  • 軽井沢現代美術館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉2052-2
    「海を渡った画家たち」をテーマに作品を収集・展示する美術館。主なコレクションは、草間彌生、奈良良知、藤田嗣治、イサムノグチなど。館内は庭に面してガラス張りになっており、夏は緑光の中でゆっくり作品を鑑賞できる。また、入館料にはお茶のサービスが含まれている。12-4月中旬は冬期休館。JR軽井沢駅から車で5分。

    リゾート地のナンチャッテ系美術館。国道18号から町立歴史民俗博物館を左に見過ごしながら狭い山道を登って行きます。ポツンと美術館状態。「もの派の作家たち 関根伸夫を中心に」展を見に行きました。入館料1,000円でソフトドリンクのサービス付き。フラッシュ撮影及び人物を含まない作品だけの撮影は著作権の観点からご遠慮頂いております、の注意書き。自撮り棒禁止か定かでありませんが、お一人様にはハードル高過ぎ。

  • 諏訪市美術館
    rating-image
    3.5
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪市湖岸通り4-1-14
    昭和18年(1943)に建てられた片倉製糸の「懐古館」を、当時のまま利用している諏訪市美術館は、長野県で最初の公立美術館だ。昭和31年(1956)に開館したこの建物は国登録有形文化財に指定されている。全国的に著名な作家や郷土作家の近代美術作品を中心に、約1400点を収蔵している。JR上諏訪駅西口から徒歩約7分。

    美しい美術館です。 ガラス工芸や現代日本画や、多目的ギャラリーなど、様々な分野の展示をされています。 また、特別展などに合わせて講演会なども催されています。

長野の主要エリア

around-area-map

中部地方東側の海に面していない内陸の県です。三大都市圏からは車・電車・バスでアクセスが可能で、電車の場合、東京からは「北陸新幹線」、名古屋からは「特急しなの」の利用が便利です。 県内は「アルプス山脈」「八ヶ岳」「三嶽山」など山岳地が多く、壮観な山々とそれに伴う多くの温泉があります。また、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして親しまれており、一年を通して見どころがあります。重要伝統的建造物群保存地区や国宝、国指定の名勝も数多くありますので、ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方も楽しめます。自然からアクティビティ、温泉、歴史と幅広い旅の選択ができるのが大きな魅力です。 長野県は内陸県であり、寒冷地でもあるので、小麦やそばが郷土料理として使われています。特に有名なのが、小麦粉やそば粉で作った皮で野菜や豆で作った餡を包むおやきです。長野に行ったら一度は食べたい名物です。

長野の写真集

目的から探す