NAVITIME Travel

常総の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 雨引観音(雨引山楽法寺)
    rating-image
    4.5
    55件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県桜川市本木1
    中国出身の法輪独守居士が用明天皇2年(587)に開基したといわれる真言宗豊山派の寺で、茨城県桜川市にある。安産や子育てのご利益があるとして知られ、毎年多くの参拝客が足を運ぶ。本尊の観世音菩薩像は国の重要文化財に指定されている。春は桜、梅雨はあじさいの名所としても有名。

    雨引観音は聖徳太子が建立された大阪四天王寺と同年代に建てられた歴史あるお寺です。全山至る所にあるあじさいの花がみごとに咲いていました。あじさい寺と言っても良いでしょう。境内には孔雀が放し飼いにされているとのことで、どこに居るのか、探しましたがなかなか見つかりませんでした。が、人混みから少し離れたあじさいの茂みの中に居ました。居て良かった。

  • ミュージアムパーク茨城県自然博物館
    rating-image
    4.5
    69件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県坂東市大崎700
    平成6年(1994)にオープンした「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」は、新しいタイプの自然博物館だ。通常の自然史資料の展示に加え15.8ha.に及ぶ野外施設もあり、トランポリンや水場など子供達の笑い声が絶えない。茨城の河川や海の生物が観察できるミニ水族館も人気だ。

    圏央道の坂東ICから30分ぐらいでしょうか。ちょっと道に迷いました。 館内の展示は、最初が巨大なマンモス像ですが、その後バージェス頁岩からの生物から始まる生物進化の歴史が丁寧に展示されていました。 古生代の化石から魚類、恐竜、ほ乳類と移り変わっていく様子が良く分かります。 子供であっても興味を持てそうな工夫が随所にあって、家族連れにも良さそう。普段あまり見かけないミジンコ等の拡大模型...

  • しもだて美術館(2020/6/1まで休業中)
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県筑西市丙372 アルテリオ3F
    陶芸家板谷波山氏や画家森田茂氏の作品をはじめ、筑西市にゆかりのある芸術家の作品を所蔵・展示している美術館。場所はJR下館駅から県道305号線を進んだ場所にある地域交流センターアルテリオの3階。大きなガラス張りの外壁が特徴的で、ロビーと空中展示プロムナードから望む筑波山の景色も魅力である。常設展や企画展のほか、ワークショップや作品鑑賞会などイベントも実施。親しみやすい美術館として地域交流の場ともなっている。

    最終日に訪問しました。 可愛らしいイラストの数々で時間を忘れて見てしまいました。 綺麗な美術館で他のイベントがあった時にもきてみたいです。

  • つむぎの館
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県結城市大字結城12-2
    結城駅北口から徒歩約10分。結城紬を後世に残すために作られたミュージアム。敷地内には古民家を使用した陳列館やショップ、資料館など風情ある建造物が並ぶ。先人から受け継がれてきたのは、大自然が育み、人間の優れた技が生み出した結城紬。静かに落ち着く空間の中でその歴史や美しさに触れ、上質な絹製品は贈り物にも。敷地内にある見世蔵を改装したギャラリー喫茶もあり、常設展示を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができる。

    結城駅から周辺を散策にて立ち寄りました。無料で入れる場所と有料エリアがあり、有料エリアには結城つむぎの歴史や作品が展示してありました〇

  • 常陸國總社宮
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県石岡市総社2-8-1
    日本百名山の一つとして知られる筑波山並びに、日本第二の湖と称される霞ヶ浦の雄大な風景を望む高台に鎮座する神社。創建年代は分かっていないが、社伝によると、聖武天皇の勅命により創建されたと伝えられている歴史の長い神社だ。、毎年9月には、関東三大祭の一つとして知られる「石岡のおまつり」が開催され、多くの参拝客で賑わいを見せる。

    JR石岡駅からかなり歩きますした。 旧参道入口から急な階段を登るので、少し疲れます。 手塚治虫先生とコラボした社宮は、なかなか面白いです。 ヤマトタケルや火の鳥が好きな方が、行かれると聞いています。

  • 大宝八幡宮
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県下妻市大宝667
    大宝元年(701年)に創建された関東最古の神社で、源頼朝をはじめとする名だたる武将達が参拝したと伝えられている。特に平将門は戦勝祈願のために度々参拝しており、宮の巫女によって新皇の位を授けられたと伝えられている。花の名所としても知られており、桜・アジサイの開花時期には多くの参拝客・花見客で賑わいを見せる。

    正面左の駐車場に車を停める 鳥居を潜ると別世界 左に相撲の土俵がある 御神木が 右手に売店えびすやがある 厄よけ団子‥ 楼門潜ると左右に摂末社が… 凄い数だ! 手洗いし、七福神にご挨拶 拝殿へ これが凄い! 狛犬のサイズが! 念入りに願い事をする 若宮八幡宮 白馬 さざれ石 また七福神が! 摂末社も数多く おがたま 行ってみて手を合わせてみよう

  • 板谷波山記念館
    旅行/観光
    茨城県筑西市甲866-1
    下館駅から徒歩で約10分。しもだて美術館の北にある記念館。茨城県出身の陶芸家で、陶芸家として初めて文化勲章を授章した経歴を持つ板谷波山の作品や資料を展示している。波山は下館の生まれで、記念館の敷地内には生家も保存されている。また、東京の田端にあった工房で実際に使用されていた三方焚口倒焔式丸窯を移築しており、作業風景や道具も見られるのも記念館ならでは。企画展などのイベントも開催している。
  • 地域交流センター(豊田城)(2020/5/31まで休業中)
    旅行/観光
    茨城県常総市新石下2010
    関東鉄道常総線「石下駅」下車徒歩10分、または圏央道「常総IC」より車で5分。常総市のシンボルにもなっている5層7階の模擬天守。内部は市の「地域交流センター」で、1-2階がホール及び図書室、3-6階が展示室、7階には展望台もあり、約40mの高さから筑波山をはじめ、富士山、日光連山を見晴らすことができる。元はカヤ葺きの居館造で、濠や土塁により要塞化したものと考えられ、その跡地は小貝川堤防上に碑として残されている。
  • 下妻市ふるさと博物館
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県下妻市長塚乙77
    下妻市長塚乙にある博物館。戦国時代に地域を治めていた多賀谷氏の居城をイメージした建物で、「歴史」、「水とのたたかい」、「農家のくらし」、「ゆかりの人々」といったテーマ別に郷土に関する資料の常設展示を行うほか、企画展示室や講座室、体験学習室を併設している。また、同市出身の詩人・横瀬夜雨の直筆原稿などを展示する「横瀬夜雨記念室」も設置。

    道の駅ビアスパーク下妻と同じ敷地内にある市立博物館。武士の館風の外観で、内部は詩人・横瀬夜雨の業績や水との戦いなどについて展示されています。入館は有料ですが、道の駅に来たついでに寄ってみるとよいでしょう。

  • 本場結城紬郷土館
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県結城市結城116
    結城市大字結城の駅前蔵通りにある博物館。日本でも最古の絹織物で、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている伝統的工芸品「結城紬」に関する資料展示や制作の実演などを行っている。また、紬の販売や機織りの体験も実施。

    JR結城駅からまっすぐ北に歩いて10分。周辺には健田須賀神社やつむぎの館など見どころが多いので、セットで回るとよいでしょう。郷土館では結城紬が見学できますが、母屋も国登録有形文化財に指定された由緒ある建物でした。

  • 称名寺
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県結城市大字結城152
    結城市大字結城の県道17号線沿いにある寺院。親鸞の高弟であった真仏を初代住職として創建された。結城家の初代朝光の菩提寺として知られている。境内には京都の二条家から移築された山門「二条門」も残されている。

    「称名」とは結城家初代の朝光が出家して親鸞から賜った法名で、称名寺はその結城朝光が親鸞の高弟である真仏(眞佛)を開基として建立したお寺です。境内には親鸞の立像があり、結城家初代朝光から4代時廣までの御真骨も埋葬されている名刹です。JR結城駅から徒歩10分ほど、また駐車場も隣接しておりご案内も親切でした。

  • 弘経寺
    旅行/観光
    茨城県結城市大字結城1591
    結城市大字結城にある寺院。結城家18代目・秀康が、自らの娘・松姫が早逝した後に存把上人を開山として建立した。江戸時代の俳人・砂岡雁宕も滞在しており、境内には墓や句碑、襖絵などが残されている。
  • 正定寺
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県古河市大手町7-1
    古河市大手町にある寺院。古河城主で江戸幕府の大老も務めた土井利勝により、玄哲和尚を開山として1633年に創建された。奥院には土井家歴代が葬られた墓所があり、市の史跡に指定されている。

    有力な大名が藩主となった古河藩ですが、一番有名なのは、江戸初期に絶大な権力を誇った土井利勝公でしょうか。土井家の菩提寺・正定寺には銅像やお墓があります。

  • 古河街角美術館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県古河市中央町2-6-60
    古河市中央町2丁目の江戸町通り沿いにある美術館。地域ゆかりの作家たちによる絵画作品などを展示する常設展「古河市ゆかりの作家たち」をはじめとした展示を行っている。施設2階は市民ギャラリーとして貸し出している。

    篆刻美術館の隣にある赤い建物が古河街角美術館です。に古河市ゆかりの作家を中心に作品が展示されています。入場無料ですこじんまりとした規模ですが、意外と楽しめました。

  • 古河文学館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県古河市中央町3-10-21
    古河市中央町3丁目にある文学館。歴史小説家・永井路子、推理作家・小林久三などの地域ゆかりの作家に関する資料を展示する常設展示「古河ゆかりの文学者たち」をはじめとした展示を行う。コンサートにも使えるサロンや講座室も併設。

    訪れた10月末は、玄関先の紅葉がシックな建物とあいまって、まるで軽井沢のホテルを思わせる雰囲気を漂わせていました。 この市で育った歴史小説家の永井路子と、戦前の絵雑誌「コドモノクニ」発行人で泉石のひ孫である鷹見久太郎をはじめとする、古河市ゆかりの文人作家に関する展示が充実。 歴史博物館と篆刻美術館との共通入館券がお得。無料で見学できる永井路子旧宅(ここの別館)、街角美術館、鷹見泉石記念館と...

  • 鷹見泉石記念館
    旅行/観光
    茨城県古河市中央町3-11-2
    古河市中央町3丁目にある記念館。蘭学者・鷹見泉石が晩年を過ごした古河藩の武家屋敷の建物を記念館として公開している。庭には日本に自生していない希少な楓樹の木が植えられており、市の天然記念物に指定されている。
  • 明観山観音院長谷寺(長谷観音)
    rating-image
    3.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県古河市長谷町5-1
    古河市長谷町にある寺院。1493年、足利成氏により古河城の鬼門に建立。鎌倉の長谷寺から勧請された木造長谷観世音菩薩を祀っており、歴代の古河城主たちから厚く信仰された。安産や子育て、開運厄除、出世などに霊験があるとされ、大和、鎌倉とともに「日本三大長谷観音」にも数えられる。

    旧・日光街道をランニングで旅していた際に立ち寄りました。旧・日光街道に出ていた日本三大長谷観音、という看板に惹かれて。三大〇〇は名乗ったもの勝ち、なんて話も聞いたことありますが、ここは「三大」の文字にふさわしい立派な観音堂でした。

  • 國王神社
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県坂東市岩井951
    坂東市岩井にある神社。平将門の三女・如蔵尼が彫った将門の霊像を御神体とする神社で、創建から1000年以上の歴史を誇る古社である。毎年11月の第2日曜日には「岩井将門まつり」が行われ、100人の武者行列が町を練り歩く。

    平将門没後の33回忌の際に奥州へ避難していた将門の三女である如蔵尼が戻り、霊木と思われる木を彫り「将門座像」を彫った物を御神体として972年に庵を建てたことが創建とされます。 歴史上の大人物であり、知名度を考慮するともっと立派であったり、華美であっても良いと思うのですが、そこは朝廷に背いた逆賊と考えられる時代も長かったことからか、とても質素な感じになっており訪れる人も少ない様子です。 この地は将門...

  • 坂東郷土館ミューズ(坂東市立猿島図書館・坂東市立資料館)
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県坂東市山2726
    坂東市山にある複合施設。資料館では、原始時代から現代に至るまでの郷土の歴史や名産品の「さしま茶」などに関する資料展示や、二世五姓田芳柳や横山大観など郷土ゆかりの作家の美術作品の展示を行っている。また、図書館や視聴覚ホール、天体観測室を併設している。

    年に数度は訪れる。その理由は,特別展。地域に根ざしたテーマで,十分に調査を尽くした展示。ここにくるとますます地域を誇れるようになる。図書館も利用しやすく,すばらしい。

  • 長塚節生家
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県常総市国生1147-1
    常総市国生にある歴史的建造物。国生の豪農の家に生まれ、農民文学の代表的小説「土」などを著した小説家で歌人の長塚節の生家で、県の史跡に指定されている。遺品の数々も保存されており、36歳で生涯を閉じた長塚節を偲ぶ場所として、現在も多くの人が訪れる。

    かなり田舎にあるので、期待して行くと、期待はずれだと思うかもしれません。 庭はまあまあ奥行きがあり、広いです(たまに外国の方が見学に来ます) 今は中に入れないと思います。

茨城の主要エリア

茨城の写真集

目的から探す