常総の旅行/観光スポット一覧

  • ミュージアムパーク茨城県自然博物館
    rating-image
    4.5
    72件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県坂東市大崎700
    平成6年(1994)にオープンした「ミュージアムパーク茨城県自然博物館」は、新しいタイプの自然博物館だ。通常の自然史資料の展示に加え15.8haに及ぶ野外施設もあり、トランポリンや水場など子供達の笑い声が絶えない。茨城の河川や海の生物が観察できるミニ水族館も人気だ。

    屋内と屋外(野外)の両方が博物館で、なかなか面白い内容でした。お子様連れにもいいと思います。身近な虫や魚、古代の人間や恐竜、全てが揃った近場のおすすめスポットです!一度はご来場あれ❣️

  • 道の駅さかい
    rating-image
    3.5
    30件の口コミ
    交通
    茨城県猿島郡境町1341-1
    江戸時代、水運の拠点として栄えた境町にある道の駅。地元の名産品や野菜を販売している他、地元の食材を使ったサンドイッチも人気になっている。情報コーナーには観光物産協会のカウンターがあり、周辺観光スポットの紹介や、利根川遊覧の高瀬舟、セグウェイなどのアクティビティなどの受付も行っている。また、敷地内には地ビール工房があり、試行錯誤を重ね境町らしさを感じる5種類の地ビールも味わうことができる。その中には特産品の一つさしま茶を使ったこだわりのビールもある。

    古河で桃のお花見をした帰りに立ち寄りました。茨城県産の干し芋や新鮮野菜の他、日本全国のこだわり調味料もありました。以前はなかったケーキ専門店が横に、店舗奥には沖縄県国頭村の公設市場もありました。

  • 雨引観音(雨引山楽法寺)
    rating-image
    4.5
    56件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県桜川市本木1
    中国出身の法輪独守居士が用明天皇2年(587)に開基したといわれる真言宗豊山派の寺で、茨城県桜川市にある。安産や子育てのご利益があるとして知られ、毎年多くの参拝客が足を運ぶ。本尊の観世音菩薩像は国の重要文化財に指定されている。春は桜、梅雨はあじさいの名所としても有名。

    あじさいで有名だと思いますが、梅も立派に咲いてました。造園のなかの滝が見事でした。高低差がありますが、第3駐車場から入ると楽ちんです。

  • 道の駅 ごか
    交通
    茨城県猿島郡五霞町ごかみらい13-3
    道の駅ごかは、茨城県猿島郡の五霞ICから1分のところにある道の駅である。地元の生産者から納入したお米やトマトなどの品々が並ぶ「野菜直売所」をはじめ、特産品を使用したオリジナル商品として八つ頭を使用したコロッケや、そば焼酎「川霞」なども置いている。町のマスコットキャラクターごかりんのキャラクターグッズや、五霞町に工場を置く企業の製品も取り扱っている。
  • 道の駅 まくらがの里こが
    交通
    茨城県古河市大和田2623
    茨城県最大級の道の駅。顔写真と名前が明記されたPOPが設置され作り手の顔が見える直売所では朝どれ野菜や特産品がずらりとならび、茨城の名産品や古河ブランド商品などが買えるお土産処、地元古河の新鮮食材をふんだんに使った食事のできるフードコート、店内で焼き上げるパンの香りが香ばしいベーカリーなどがある。地元銘茶の「さしま」や揚げたてのお惣菜も人気。
  • 道の駅 しもつま
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    交通
    茨城県下妻市数須140
    国道294号沿いにある、まるでお城のような外観が特徴の道の駅。朝どれ野菜や地元産大豆を使用した納豆、焼き立てパンなど特産品を数多く販売。食堂ではまぐろ丼やうどんの他、霜ふりハ-ブ豚を遠赤外線で焼いた「炙り豚丼」が人気。またここは全国でも珍しい納豆工場を併設している。ガラス越し見学も可能で、昔ながらのわら納豆はお土産にも最適。ドライブの休憩に立ち寄るのがおすすめ。

    そば屋は普通でしたが、隣の中華屋さんのラーメンは最悪!! みそ汁の中にラーメンの麺を入れただけ?(コクも旨みもなく)

  • ダチョウ王国 石岡ファーム
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県石岡市半の木14052
    千代田石岡I.Cから車で10分の体験型の観光牧場。ダチョウやアルパカなど50種類以上の動物と間近で触れ合える。特に牧場名にもあるダチョウは常時200羽以上を飼育。他にもうさぎやモルモットなど小動物にも餌あげや触れ合え、小さな子どもでも安心して動物と接することができる。夏にはブルーベリー農園が開放され、摘み取り体験をすることが可能。またバーベキュー場ではダチョウ肉やダチョウの卵の巨大目玉焼きといったSNS映えする一風変わった料理を味わうことができる。

    アカハナグマ目当てに毎年通っている。 触る時には汚れるので、汚れてもいい服装で袖をまくって触る。 噛まれても痛く無いのだが、戯れて噛もうとしてくるので、口笛を吹いて注意を引き、その隙に首の後ろを掻いてあげると、大人しくなる。 落ち着きがなく、直ぐに噛もうとして来るが、性格は犬のように穏やかで怒らない。 他にも沢山の動物がいる。 カピバラやポニー、アルパカヤギ羊、キバタンやインコなどの鳥類も触れる...

  • 一言主神社
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県常総市大塚戸町875
    茨城県常総市にある神社。一生に一度だけご利益を得られるという信仰があり、たった一言の願い事でも叶えてくれる神として「一言明神」ともいわれている。創建は大同4年(809)で1年を通して多くの参拝者が訪れる。県内でも有数の初詣スポットであり、例年約15万人が訪れる正月三が日には多くの露店が立ち並ぶ。

    一言のお願いでも丁寧に聞いていただけるというありがたい神様を祀った神社です。神社の縁起にまつわる三岐の竹は実物が展示されていますがなんとも不思議なものでした。

  • 大宝八幡宮
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県下妻市大宝667
    大宝元年(701年)に創建された関東最古の神社で、源頼朝をはじめとする名だたる武将達が参拝したと伝えられている。特に平将門は戦勝祈願のために度々参拝しており、宮の巫女によって新皇の位を授けられたと伝えられている。花の名所としても知られており、桜・アジサイの開花時期には多くの参拝客・花見客で賑わいを見せる。

    大宝城は低湿地に囲まれた台地に位置する。南北朝時代には関城に北畠親房が入った。大宝城には、春日顕国と興良親王が入り、南朝方の重要な拠点となる。約2年にわたる籠城戦の末、高師冬率いる幕府軍によって関城と大宝城は落城する。北畠親房は吉野に帰還するが、春日顕国は常陸に残り幕府軍に抵抗する。一時、幕府軍の隙を見て大宝城を奪還する。1344年に再び幕府軍に襲われ討ち死にした。現在、土塁などが遺されている...

  • 常陸國總社宮
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県石岡市総社2-8-1
    日本百名山の一つとして知られる筑波山並びに、日本第二の湖と称される霞ヶ浦の雄大な風景を望む高台に鎮座する神社。創建年代は分かっていないが、社伝によると、聖武天皇の勅命により創建されたと伝えられている歴史の長い神社だ。、毎年9月には、関東三大祭の一つとして知られる「石岡のおまつり」が開催され、多くの参拝客で賑わいを見せる。

    ふるさと歴史館に行った時立ち寄り薦められました。歴史館から徒歩3分、茨城を代表する石岡のおまつりの出発点です。創建は約1000年前、拝殿は新しいですが、本殿と随神門は約400年前に建てられもので歴史感じます。境内には水、星、火、食物、酒造り、縁結びの神様など祀る小さな神社もあります。日本武尊が腰かけた石や樹齢600年の御神木も見られます。石岡ひな巡り会場にもなっていましたがコロナで規模縮小、お内裏...

  • 明野ひまわりの里
    旅行/観光
    茨城県筑西市宮山、又は茨城県筑西市倉持
    宮山ふるさとふれあい公園周辺に広がる約100万本の八重咲きひまわりが咲き誇る景勝地。名峰・筑波山を背景に広がるひまわり畑は圧巻の美しさ。8月下旬にはひまわりフェスティバルも開催され、ひまわりマーケットやひまわりキャンドルナイトなどのイベントも行われる。田畑のため見学は常時可。
  • キユーピー五霞工場(見学)
    旅行/観光
    茨城県猿島郡五霞町小手指1800
    茨城県猿島郡五霞町にあるキユーピーの工場で、無料の工場見学ツアーを開催している。ツアーではキユーピーの歴史やマヨネーズについて学べるほか、専用コースからマヨネーズやドレッシングの製造工程を見学。高速で卵を割る「割卵機」やボトル注入ラインなど見どころが多く、子どもから大人まで楽しめる。見学ツアーは事前予約制。
  • エフピコ 関東リサイクル工場(見学)
    旅行/観光
    茨城県結城郡八千代町大字平塚4448
    スーパーマーケットなどから集めた使用済みトレーを選別し、再生原料へリサイクルする過程を見学することができる工場。見学の後はDVDによる解説や質問タイムも設けており、リサイクルの流れを学習する場とすることも可能だ。見学は完全予約制でネットかFAXにて申込可能。平日のみ9時開始と13時開始の1日2部制で受け付けている。
  • いちご家のむのむ
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県石岡市小幡1416
    西に筑波山を望む県道150線沿いにあるイチゴ農園。大型ハウス内に約60m42列、約2万本のイチゴを栽培。種類はとちおとめ、紅ほっぺ、いばらキッスの他6種類を取り揃える。1月から5月には60分食べ放題のイチゴ狩りを開催。高設栽培なので土で汚れる心配もなく、車椅子の方も入園可能。おしぼりや子供用エプロンも用意されているので、小さな子供でも安心してイチゴ狩りを楽しむことができる。また隣接するゆりの郷物産館ではお土産用のイチゴを販売している。

    毎年行っています。 ここは、一時間食べ放題です。 30分制限のいちご狩りが多い中、一時間も食べるとお腹いっぱい。 周辺のいちご狩りよりも、甘くて美味しいと評判です。 冬は混みます。 開店30分前から並んでチケットを購入します。 ハウスの中は冬でもわりと暖かいですよ。 今年は5月に行きました。シーズンは終了しているので、味はどうかなーと思いましたが、素人には冬のいちごと味は変わらないなと思うほど美味...

  • 古河街角美術館
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県古河市中央町2-6-60
    地域ゆかりの作家たちによる優れた絵画作品などを展示する美術館。平成7年(1995)に開館した。常設展「古河市ゆかりの作家たち」をはじめとした展示を行っている。施設2階は市民ギャラリーとして貸し出している。

    篆刻美術館の隣にある赤い建物が古河街角美術館です。に古河市ゆかりの作家を中心に作品が展示されています。入場無料ですこじんまりとした規模ですが、意外と楽しめました。

  • つむぎの館
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県結城市大字結城12-2
    「結城紬」を後世に残すために作られたミュージアム。古民家を使用した陳列館やショップ、資料館など風情ある建造物が並ぶ。先人から受け継がれてきたのは大自然が育み、人間の優れた技が生み出した結城紬。落ち着いた空間の中でその歴史や美しさに触れることが可能だ。敷地内には見世蔵を改装したギャラリーカフェもあり、結城紬や芸術品を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができる。

    結城駅から周辺を散策にて立ち寄りました。無料で入れる場所と有料エリアがあり、有料エリアには結城つむぎの歴史や作品が展示してありました〇

  • しもだて美術館
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    茨城県筑西市丙372 アルテリオ3F
    陶芸家・板谷波山氏や画家・森田茂氏をはじめ、筑西市にゆかりのある芸術家の作品を所蔵・展示している美術館。場所は「地域交流センター(アルテリオ)」の3階。大きなガラス張りの外壁が特徴的で、ロビーと空中展示プロムナードから望む筑波山の景色も魅力だ。常設展や企画展のほか、ワークショップや作品鑑賞会などのイベントも実施しており、親しみやすい美術館として地域交流の場ともなっている。

    下館駅から徒歩10分弱。しもだて地域交流センター「アルテリオ」の3階にある。 入館料は所蔵品展のみの場合は210円、訪館した時は企画展「関由香写真展 ねこうらら」が開催されており600円となっていた。展示室は4室あるが3室は企画展で使用されていたため所蔵品の展示はわずか。作品保護のためと思われるが、所蔵品展の照明は暗くかなり鑑賞しにくかった。

  • 明観山観音院長谷寺 古河 長谷観音
    rating-image
    3.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県古河市長谷町5-1
    古河市長谷町にある寺院。明応2年(1493)、足利成氏により古河城の鬼門に建立した。鎌倉の長谷寺から勧請された木造長谷観世音菩薩を祀っており、歴代の古河城主たちから厚く信仰された。安産や子育て、開運厄除、出世などに霊験があるとされ、大和、鎌倉とともに「日本三大長谷観音」にも数えられる。

    旧・日光街道をランニングで旅していた際に立ち寄りました。旧・日光街道に出ていた日本三大長谷観音、という看板に惹かれて。三大〇〇は名乗ったもの勝ち、なんて話も聞いたことありますが、ここは「三大」の文字にふさわしい立派な観音堂でした。

  • 結城酒造株式会社
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県結城市大字結城1589
    江戸時代に創業した酒造。安政年間に建てられた酒蔵は明治期に増設されたレンガ造りの大きな煙突とともに国の有形文化財に登録されている。創業以来の伝統銘柄「富久福」は食事に合わせてさまざまな温度で楽しめるお酒だ。「結ゆい」は、結城市の書家による糸の輪の中におめでたい「吉」の字が入るデザイン。「美味しいお酒で人と人、人と酒、人と町を結ぶ町おこしをしたい」という願いが込められている。

    結城市木町交差点近くにあり、井戸水を使った昔ながらの製法でお酒を造っている[結城酒造]さんになります。好適米「山田錦」を自家栽培して仕込んだ大吟醸酒『富久福』が、平成14年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました。酒蔵は江戸時代に建てられたもので老舗の趣があり、常時見学できます(要予約)。

  • 古河文学館
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    茨城県古河市中央町3-10-21
    茨城県内初の文学館として平成10年(1998)に開館。歴史小説家・永井路子、推理作家・小林久三などの地域ゆかりの作家に関する資料を展示している。常設展示「古河ゆかりの文学者たち」をはじめ企画展も開催。コンサートにも使えるサロンや講座室も併設している。

    訪れた10月末は、玄関先の紅葉がシックな建物とあいまって、まるで軽井沢のホテルを思わせる雰囲気を漂わせていました。 この市で育った歴史小説家の永井路子と、戦前の絵雑誌「コドモノクニ」発行人で泉石のひ孫である鷹見久太郎をはじめとする、古河市ゆかりの文人作家に関する展示が充実。 歴史博物館と篆刻美術館との共通入館券がお得。無料で見学できる永井路子旧宅(ここの別館)、街角美術館、鷹見泉石記念館と...

茨城の主要エリア

茨城の写真集

目的から探す