NAVITIME Travel

石垣・宮古・西表島の自然スポット一覧

  • 石垣島鍾乳洞
    rating-image
    3.5
    632件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県石垣市石垣1666
    約20万年もの時をかけ自然が造り出した、全長3.2kmの大きな鍾乳洞。そのうち約660mが公開されている。サンゴ礁から生まれた鍾乳洞の中は、滴る水の音を楽しむ水琴窟、トトロに似ていると話題の「トトロ鍾乳石」など見どころがいっぱい。洞内はイルミネーションが施されており、幻想的な雰囲気を醸し出している。見学所要時間は約30分。

    一般的にイメージする鍾乳洞ではないと思います。 とても変わっていて、そして非常に広いので見ごたえはあります。 また通路も整備されていて明るいので見やすいです。 が、やはり足腰弱い人にはつらいと思う。

  • 宮古島
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市
    沖縄本島から南西約300kmに位置する島である。東平安名崎、池間大橋などの景勝地を有し、コバルトブルーの海と白い砂浜のコントラストが美しい。また宮古島の北方には日本最大級のサンゴ礁群「八重干瀬」があり、ダイビングやシュノーケルスポットとして人気だ。
  • 石垣島
    旅行/観光
    沖縄県石垣市
    沖縄県で、沖縄本島、西表島に次いで三番目に大きな島である。八重山諸島の経済、観光、交通の中心地で、離島巡りの際は石垣島から出発する。市街地には土産物屋や飲食店が多くあるため沖縄文化に触れることができる一方、郊外では亜熱帯の木々やコバルトブルーの海や白い砂浜を楽しめる。
  • 川平湾
    旅行/観光
    沖縄県石垣市川平
    石垣島の北西部に位置する「川平湾」は、島内屈指の景勝地である。世界有数の透明度を誇る穏やかなコバルトブルーの海、きめ細やかな白砂が美しい砂浜。グラスボートに乗れば、色鮮やかな熱帯魚とサンゴ礁を堪能できる。高台にある川平公園からは川平湾を一望でき、おすすめだ。
  • 株式会社シー・テクニコ
    rating-image
    4.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町字小浜3400-38
    エメラルドグリーンの海に浮かぶ砂だけでできた幻の島ツアーを運行している。幻の島上陸+お魚畑シュノーケリング(1日、半日コース)小浜島と石垣島から発着している。

    まだまだヘッポコダイバーのころうかがいました。西表島あたりまで行っていただきました。5人ほどのゲストだったのですが隅々まで目が行き届きとても安心して潜れました。なかなか小浜島まで行けないのですが次行くときもお願いしたいと思います。

  • 波照間島
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町波照間
    沖縄県の八重山諸島にある日本最南端の有人島。島の最南端に位置する高那崎の崖には、日本最南端の碑、波照間の碑、平和祈願の碑の三つが並んでいる。また緯度が低いため、南十字星を観測できることでも有名だ。星空観測タワーにはプラネタリウムや200mmの屈折式望遠鏡があり、月のクレーターも観測可能。美しい星空を求める観光客で人気となっている。
  • 東平安名崎
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市城辺字保良
    平成19年(2007)に国の名勝に指定された、宮古島を代表する観光地。長さ約2km、コバルトブルーの海に突き出した岬からは美しい沖縄の海を一望できる。岬の先には灯台が設置されており、上に登ることも可能。灯台の上からは水平線が丸く見えるため、初日の出の名所としても知られている。春にはテッポウユリが一面に咲き乱れ、散策スポットとしてもおすすめ。
  • 通り池
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市伊良部字佐和田
    沖縄県宮古島市の下地島にある池。大小二つの円形の池で、大きいものが直径75m、小さいものが直径55m。池は地下部分で繋がっており、さらに海とも洞穴で繋がっているため「通り池」と称されている。多種多様な魚が見られる人気のダイビングスポットで、国の名勝および天然記念物に指定されている。
  • イダの浜
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町西表
    西表島南西部、船浮にあるビーチである。透明度の高い海と遠浅な砂浜で、子連れの海水浴にも人気だ。船浮へは陸路がないため、白浜港から定期船に乗って向かうことになる(約10分)。イダの浜は、船浮港から徒歩で約10分ほどである。
  • マリユドゥの滝
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町上原
    沖縄県西表島、浦内川上流にある日本の滝百選に選定された川。マリは「丸い」、ユドゥは「淀」のことで、その名の通り滝つぼが丸いことが特長だ。滝へは遊覧船の上流船着場からジャングルの中を40分ほど歩くと辿り着くが、足元が滑りやすいので注意しよう。
  • 竹富島
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町竹富
    沖縄県の八重山諸島にある、周囲約9kmの島。八重山の中心である石垣島からは約6km、高速船で10分ほどの距離にある。赤瓦屋根の民家に白砂、南国らしい色鮮やかな花々など、沖縄らしさを強く感じられる美しい島だ。島の西側には星砂で有名な皆治浜があり、八重山屈指の人気観光地である。
  • カイジ浜
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町竹富
    竹富島にあるカイジ浜は、星砂が見つかることで有名な美しい砂浜である。別名「星砂の浜」とも呼ばれている。星砂を探して歩いたり、ハスノハギリの木陰からコバルトブルーの海を眺めるのも良い。ただし潮流が早いため、遊泳は禁止となっている。
  • 高那崎
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町波照間
    波照間島の南東に位置する高那崎。荒々しい波が打ちつける、断崖絶壁の海岸が約1km続く岬である。しぶきが立ち上がる波の迫力と、澄んだコバルトブルーの海を目の前に楽しめる景勝地だ。日本最南端の碑、波照間の碑、平和祈願の碑の三つも並んでいる。近くには星空観測タワーもあるため、夜には星空を楽しむこともできる。
  • 与那国島
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡与那国町
    日本の最西端の島。島の最東端にある岬には灯台と展望台があり、コバルトブルーの海を一望できる。また西崎には日本最西端の碑があり、気候条件が揃えば遠く台湾の島影も見られる。ドラマ『Dr.コトー診療所』の舞台ともなり、撮影に使用されたセットが今も残されている。
  • 西崎・日本最西端の碑
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡与那国町久部良
    日本の最西端にある与那国島。その島の中でも最西端にある岬が西崎であり、晴れた日には遠く台湾の島影を望むことができる。最先端部は標高50m以上の断崖絶壁で灯台と展望台、「日本最西端の碑」が建てられている。コバルトブルーの海に溶ける、オレンジ色に輝く夕陽は絶景。また与那国町観光協会で日本最西端の証を発行している。
  • 立神岩
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡与那国町
    与那国島の南東部の海岸にそびえ立つ奇岩。その昔、海鳥の卵を取ろうとして若者がこの岩を登ったが下りられなくなってしまい、神に祈りをささげて眠りにつくと、目を覚ました時に無事戻ることができていたという伝説が残されている。立神岩を望める展望台は二つあり、一つはサンニヌ台の駐車場から600mほど西に行ったところにある古い展望台。もう一つは、古い展望台からさらに500mほど西にある新しい展望台である。
  • 東崎
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡与那国町東崎
    与那国島の最東端にある岬。のどかな牧草地が広がる岬で、先端には灯台と展望台があり、断崖絶壁の下に広がるコバルトブルーの海を一望できる。牧草地には与那国馬や牛が放牧されており、のどかな田園風景を眺めることができる。
  • 西平安名崎
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市平良字狩俣
    宮古空港から車で約15分。エメラルドグリーンの海と緑、空の青を堪能できる宮古島北西端にある岬。景色に溶け込む白い風力発電の風車が3機並び、展望台からは池間大橋のほか、北には池間島、西に伊良部島、東に大神島を一望できる。風力発電はエネトピア構想の一環であり、立ち並ぶ風車の独特の景観は、西平安名崎のシンボルにもなっている。展望台からの景色を楽しむ他に、岬の先端を巡る遊歩道をのんびりと散策するのも楽しみ方の一つ。
  • 来間島
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市
    宮古島の南西にある、周囲9kmの小さな島である。エメラルドグリーンの海に囲まれ、島のほとんどをサトウキビや葉タバコの畑が占めるのどかな島だ。宮古島からは全長1,690mの来間大橋で行き来することができ、美しいサンゴ礁の海を眼下に楽しむことができる。
  • 池間島
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市平良池間
    宮古島の北西、約1.5kmに浮かぶ島である。宮古島とは全長1,425mの池間大橋で結ばれており、真っすぐに伸びた橋から見える透明度の高い大海原は絶景。白砂が美しいビーチが多く、マリンレジャーにもおすすめ。イキヅービーチには「ハート岩」と呼ばれる、ハートの形をした穴が見える岩がある。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す