鹿児島の食料品スポット一覧

  • 天文館むじゃき 本店
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    お買い物
    鹿児島県鹿児島市千日町5-8
    天文館G3アーケード内にある、元祖・かき氷「白くま」の店。鹿児島名物としても知られる白くまは、きめ細やかなかき氷の上に自家製のミルクをかけ、色とりどりのフルーツをトッピングしたもの。かなりボリュームがあるため、自信がない人にはベビーサイズがおすすめ。チョコレート、プリンなどさまざまなメニューがあるのも嬉しい。

    ずっと行きたかった鹿児島天文館の白熊アイス屋さんで、遂にアイスを食すことができました。 土曜の朝、開店時間の11時から5分ほど過ぎてお店に行った所、最後2テーブルだけ空いていました。あと数分遅れていたら20分ほど待つ所でした。特にお子様連れで賑わってました。 メニューには15種類の白熊アイスが掲載されていて、それぞれ大(レギュラー)か小(ベビー)が選べました。私たちは1時間後に昼食があることを考...

  • 枕崎お魚センター
    お買い物
    鹿児島県枕崎市松之尾町33-1
    遠洋かつおの水揚げと鰹節の生産が日本一の枕崎市で、一番新鮮なかつおが食べられると人気の施設。枕崎魚港の中にあり、隣接する市場直送の新鮮な海産物を買うこともできる。食事処も2カ所あり、一階の「さかなや食堂」では手ごろな値段で定食を楽しめ、2階の漁港を見渡す「展望レストラン ぶえん」では、「かつおのタタキ膳」、かつおの頭をみそ煮した「かつおビンタ膳」を食べることができる。カツオの藁焼き体験(要事前予約)や、鰹節削り体験が人気。
  • 霧島温泉市場
    rating-image
    3.5
    58件の口コミ
    お買い物
    鹿児島県霧島市牧園町高千穂3878-114
    霧島温泉郷の中心部にある複合施設。観光案内所のほか、鹿児島ならではの農産物・特産品がそろう土産物屋、足湯、露店などもあり、見どころ満載。温泉の蒸気で蒸し上げられた卵や野菜を買えるのも、温泉街のど真ん中ならでは。

    霧島温泉郷(丸尾)にある飲食店、お土産屋、観光案内所もある中心的なスポットです。 公共交通利用の場合には、丸尾バス停の目前に立地しており、バス待ちの際にも利用できます。 韓国岳登山を終え、霧島神宮へ移動するバス待ちの間に利用しました。 私は温泉で蒸した野菜、卵が目に付きました。 値段も手頃だったので「温泉たまご」を買って食べましたが、普通に美味しかったです。

  • 奄美きょら海工房 笠利店
    お買い物
    鹿児島県奄美市笠利町大字用安1254-1
    奄美空港から名瀬方面へ車で10分ほどの距離にある黒糖製造工房。奄美大島さとうきびを100%使用した黒糖や奄美大島のフルーツを使ったスイーツや加工品を製造・販売している。併設のフランドールカフェでは、石釜で焼いた特製ピザや季節のケーキ、純黒糖を使ったフレンチトーストなど、旬の食材を使った食事が楽しめる。海側は全面ガラス張りになっているため、美しい奄美大島の海を眺めることができる。
  • 江口蓬莱館
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    お買い物
    鹿児島県日置市東市来町伊作田7425-5
    東市来町の農林水産業の振興と活性化を図ることを目的に平成15年(2003)にオープンした物産館。江口漁業協同組合が運営している。施設内にあるレストランは、東シナ海を望みながら、江口漁港で水揚げされた新鮮な魚介類が味わえる。売店では江口港で水揚げされた魚介類や、地元の農産物、それらを用いた加工品などを中心に取り扱っている。無添加で仕上げた江口ちりめんが人気商品。

    日置市江口浜にある物産館にあるレストラン。地元の江口漁港で上がった魚貝類が食べられます。特選刺身定食1,330円は非常に美味しかったです。

  • 鹿児島市 中央卸売市場 魚類市場
    お買い物
    鹿児島県鹿児島市城南町37-2
    JR鹿児島中央駅から車で約10分。昭和10年(1935)に九州で初めて開設された中央卸売市場。もともと青果市場と併設されていたものが、規模の拡大や建物の老朽化を理由に移転し今に至る。一般消費者への販売は行っていないものの、場内入口で申し込めば市場の見学が可能だ(団体は事前連絡要)。県では季節ごとの旬の味に着目した「かごしま旬のさかな」18種を選定しており、その味は県内各所の直売所や食堂で楽しめる。
  • 揚立屋 天文館店
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    お買い物
    鹿児島県鹿児島市東千石町13-16
    さつま揚げメーカー「揚立屋」直営のテイクアウトショップ。お店では工場で成形したさつま揚げを、調理して販売している。揚げたてあつあつのさつま揚げを、食べ歩き用に1個から注文することができる。人気メニューはチーズ天、れんこん天、コーン天など。しいたけやかぼちゃといった、旬の素材を使った季節限定メニューも販売されている。

    ネットで人気のさつま揚げの店です、1個からでも販売してくれますまたいろいろな価格帯のお土産の種類も豊富です、私も食べましたが味は普通です、友人は3000円ぐらいの商品を家族に送っていました、少し期待が大き過ぎたばかりに期待はずれですね。

  • フルーツ&ジェラート さくらじま
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    お買い物
    鹿児島県鹿児島市武2-31-23
    鹿児島の新鮮フルーツを扱った青果店。店内では旬のフルーツに加え、フルーツをたっぷり使ったジェラートが販売されている。果汁は果肉はもちろんのこと、うまみの詰まった薄皮なども丸ごと加工し濃厚な味わいに仕上げている。フレーバーはマンゴー、プラム、パッションフルーツ、デコポンなど。安納芋や黒糖といった珍しいフレーバーもある。季節によってジェラートの種類が変わることがある。

    メロンパフェをいただきました。甘いメロンがモリモリで、アイスも入ってましたが甘過ぎず、フルーツ中心のパフェでした。フルーツを堪能したい方にはおすすめなお店です。

  • 中川両棒餅家
    rating-image
    4.5
    7件の口コミ
    グルメ/お酒
    鹿児島県鹿児島市吉野町9673
    明治時代から続く和菓子店。「両棒餅(じゃんぼもち)」の専門店であり、メニューはこの両棒餅のみ。一口大に丸めた餅をに竹串を二本さし、食べる直前に軽くあぶって、味噌、ザラメ、葛などを使ったみたらしに絡めて食べる餅菓子。明治におきた西南の役後、磯庭園の前庭番が作った菓子が始まりとされる。どっさり12個並べられた皿に、口直しの漬物が添えられておりそちらも好評。テイクアウトにも対応している。

    仙巌園-集成館寄ったあとに行きました。歩いても行ける距離ですが、タクシーでそのまま鹿児島駅まで行きました。 味は予想通り普通のみたらし団子でした。

  • さつま揚げの玖子貴 鹿児島本店
    お買い物
    鹿児島県鹿児島市中央町1-1 鹿児島中央駅 新幹線改札口前「えきマチ1丁目鹿児島」
    さつま揚げは、魚のすり身に酒と調味料を加えて揚げたもので、琉球王国時代の沖縄県で生まれたとされる。鹿児島県では「つき揚げ」とも呼ばれ、日常の酒のつまみからお正月のご馳走まで幅広く食される。特に、さつま揚げ専門店「QJIKI・玖子貴」のやきもろこしは、2010年(平成22)と2014年(平成26)に賞を受賞し、全国的にも知られている。同店では、店内で調理し揚げたてを提供している。
  • 菓子工房春風堂
    グルメ/お酒
    鹿児島県奄美市名瀬久里町2-16
    創業50年以上の「菓子工房 春風堂」は、地元奄美や鹿児島の食材を使ったスイーツを提供するお店である。看板商品は「黒うさぎの子守唄」で、特別天然記念物のアマミノクロウサギをモチーフにした黒糖味の蒸しまんじゅうだ。他にも「奄美柑」や「奄美たると」など、奄美らしいお菓子が揃っており、全種類が1つから購入可能である。価格も手頃なので、気になる商品を試すのがおすすめだ。
  • 永田橋市場
    お買い物
    鹿児島県奄美市名瀬末広町13-8
    奄美市名瀬の末広市場と永田橋市場は、地元民に愛される市民の台所で、レトロな外観が特徴だ。一歩中に入ると、小さな店が並び、精肉店や乾物店から自家焙煎コーヒーのスタンド、おしゃれなカフェ、雑貨店、ギャラリーまで多種多様。また、レトロなインテリアのFMスタジオも存在する。営業時間は店舗ごとに異なるため、訪れる前に調査が必要だ。
  • いっちゃむん市場
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    お買い物
    鹿児島県大島郡瀬戸内町大字瀬相742-39
    瀬相港近くのいっちゃむん市場は、地元民の憩いの場であり、観光客にも人気。新鮮な野菜や果物、魚介類、島豚の各部位や地魚の刺身などが並び、自炊する観光客にとっては食材調達の場所となる。また、特産の「きび酢」や黒糖などの加工品、島の人が作ったTシャツやアクセサリーなど、お土産に最適なアイテムも豊富。島のフルーツを使ったアイスやソフトクリーム、奄美のソウルドリンク「ミキ」もおすすめだ。

    加計呂麻島の表玄関、瀬相港にたつ市場。土産物だけでなく、村人相手の野菜なども売っている。サーターアンダギーもあったが、たぶん島のおばぁが手作りで出品しているものではなかろうか(裏の商品説明の紙には個人名もあった)。また島みかんは温州ミカンのようだが種がいっぱい入っていたのがかえって新鮮。多くのものが島で作られたもののよう。パパイヤの漬物、にんにくのつけものなども購入。

  • 蒸氣屋 菓々子横丁
    rating-image
    4.0
    81件の口コミ
    グルメ/お酒
    鹿児島県鹿児島市東千石町13-14
    1988年(昭和63)創業の「薩摩蒸氣屋」は、和菓子製造・販売を手掛ける会社で、鹿児島県を中心に20店舗を展開。最大の売り場は鹿児島県天文館の「菓々子(かかし)横丁」で、市電の天文館電停からすぐの場所に位置し、約50mの奥行きを持つ。和菓子から洋菓子、生菓子まで並び、中央には休憩スペースが設けられている。また、駄菓子や工芸品、陶器も販売し、2階には喫茶スペースがある。

    細長い店内の1・2Fに、ケーキ・和菓子・屋久杉製品・陶器・喫茶など、所狭しと並んでいます。見て歩くだけでも鹿児島を体感できるのでおすすめです。

  • 食鮮市場@やっちゃば
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    お買い物
    鹿児島県奄美市名瀬金久町9-2
    名瀬の中心部にある食鮮市場。地場産の野菜や果物、精肉や鮮魚などを取り揃えている。地元の人には普段使いのスーパーマーケットとして、観光客には珍しい島の食材に出会える場所として連日賑わいを見せるお店だ。元々は青果店だったということから、島バナナやドラゴンフルーツ、香りはじけるパッションフルーツなどの果物が豊富に並んでいるのが特徴。鮮魚コーナーには色鮮やかな魚が1匹まるごとショーケースに並んでいるため、そのまま購入することはもちろん、さばいてもらうこともできる。

    龍郷にあるまーさん市場の姉妹スーパー。共通で使える会員カードを作るとポイントを貯められます。品揃えはまーさんの方がいいかな。

  • 酒屋まえかわ
    お買い物
    鹿児島県奄美市名瀬港町6-10
    魅力的な飲食店が立ち並ぶ名瀬港町にある、看板上の奄美群島の地図が目印の酒屋。奄美大島の蔵元で作られた「奄美黒糖焼酎」を豊富に取り揃えている。一面に並ぶ黒糖焼酎は著名な銘柄が島ごとに記されており、好みや気分に応じて選択可能。名瀬生まれの店主は日夜の勉強を重ねているため製法や味の方向性、蔵元についての話を聞くのも楽しい。奄美特有のゆったりとした時間が流れる店内で店主と世間話を始める常連客の姿も見られる、地元密着型のお店だ。
  • 御菓子司 新月堂
    グルメ/お酒
    鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦94
    宮之浦港から徒歩10分ほどの距離にある和菓子屋さん。創業50余年の歴史を持つお店で、地産地消にこだわった商品の製造販売を行っている。2代目店主が作るお菓子は、プレミア芋焼酎「三岳」を使った焼酎ジュレや、屋久島産のよもぎを使ったよもぎパウンドや焼きドーナツなど、自然素材を厳選した風味豊かなお菓子。屋久島のお土産としても人気が高い。
  • 愛子マート
    お買い物
    鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田12-5
    屋久島空港にほど近い小瀬田地区の商店。一見コンビニのような外観のお店でお弁当や日用雑貨、アルコール等を取り揃えている。ピーク時には購入まで10か月待ちとなった屋久島の本格焼酎「愛子」の正規販売店として有名。甘みと旨味がしっかり感じられる「愛子」はお店の背後にそびえる「愛子岳」にちなんで名づけられたもの。200mlのワンカップペットボトルは1人2本までしか購入できない。薩摩のプレミア芋焼酎「三岳」をはじめとする焼酎のラインナップも充実している。
  • 御菓子司 鳥越屋
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    グルメ/お酒
    鹿児島県指宿市湯の浜4-11-9
    大正8年(1919)創業の和菓子屋さん。特産のサツマイモを使った焼き菓子をはじめ、約50種類もの和洋菓子を作り続けている。銘菓「いぶすき路」は特産のサツマイモを使用した素朴な味わいの焼菓子。昭和天皇に献上し、一際気に入られたことでも知られ、指宿土産の定番となっている。指宿が日本一の生産高を誇るおくらを使ったおくら饅頭や、良質なそら豆を惜しみなく使用したそら豆どらやきも好評だ。

    砂蒸し風呂に入り、駅までの帰り道、何か美味しいお土産屋さんないかなと小さな路地をやみくもに歩いていたら有りました。いぶすき元湯の浴場の近くに、鳥越屋さん。 この小道は、かつて指宿温泉街の旧通りとして歴史あり、鳥越屋さんも創業100年を超える菓子舗でした。結構品数があり、悩みましたが、「そら豆スイーツ」、「どらやき」を買って帰りました。 よもぎ餅とおはぎが美味しそうだったのですが、晩御飯に備えて、見...

  • かるかん元祖 明石屋本店
    グルメ/お酒
    鹿児島県鹿児島市金生町4-16(山形屋北筋)
    安政元年(1854)創業の老舗和菓子店。創業以来、時の藩主・島津斉彬公のお声掛かりで生まれた鹿児島銘菓の「軽羹」を作り続けている。自然薯と米の粉、砂糖のみで作られる軽羹は質実剛健の薩摩気質を映し出すような素朴な甘さとしっとりとした食感が特徴。独特の風味と白く凛とした姿を現代に受け継いでいる。軽羹で小豆の餡を包んだ「軽羹饅頭」や、求肥で白餡と桜の花の塩漬けを巻いた「さくらさくら」も好評を博している。

鹿児島の主要エリア

around-area-map

頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

鹿児島の写真集

目的から探す