富山の食料品スポット一覧

  • 氷見漁港場外市場 ひみ番屋街
    お買い物
    富山県氷見市北大町25-5
    2021年(令和3)の『日経トレンディ』で特集された「道の駅最強ランキング」で北陸1位に輝いた「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」。氷見漁港直送の鮮魚、魚介を中心とした土産、地物を生かした寿司などの飲食店がそろい、施設内を歩くだけで心が弾んでくる。
  • 新湊きっときと市場
    rating-image
    3.0
    54件の口コミ
    お買い物
    富山県射水市海王町1
    万葉線東新湊駅から徒歩約10分、富山県内有数の漁港である新湊漁港近くにある海鮮市場。富山湾の宝石と謳われる白エビをはじめ、ズワイガニやほたるいかなど、新湊漁港で捕れたばかりの新鮮な海の幸を豊富に提供している。海鮮レストラン「きっときと亭」では、新湊大橋などの眺望を楽しみながら、旬の食材をふんだんに使用した海鮮料理を楽しむことができる。ボリューム満点の「白えびづくし御膳」は特におすすめ。

    市場内にも食事処は複数あるのですが、その時々の腹のすき具合や都合に合わせて、丼の大小や地元の物を組み合わせて選べるメニューがあるのは、旅行者にとって楽しみです。また、ゆっくり選べるよう配慮してくれる年配の店員さんの心配りもうれしく、2024年能登半島地震後の目途がついたら営業を再開してほしいです。およそ40年前に「草刈り十字軍」という除草剤に頼らない植林地の下草刈りボランティアで富山を訪れた時は学...

  • 池田屋安兵衛商店
    rating-image
    4.0
    55件の口コミ
    お買い物
    富山県富山市堤町通り1-3-5
    全国へ行商に歩き、配置家庭薬という独自の販売スタイルを確立したことで全国区となった越中売薬。池田屋安兵衛商店では、人々の健康を支えてきた「売薬さん」の歴史の一端が垣間見える。

    見旅で富山を訪れた際に立ち寄った。ビルの谷間に瓦屋根と白壁の日本建築が目をひく。屋根にかかる扁額には「天保元年創製/越中反魂丹」の文字。越中富山の和漢薬問屋の老舗で、江戸時代に一世を風靡したといわれる「反魂丹」が店のシンボルになっている。歴史のある老舗と思ったが、創業は昭和11年と意外と新しく、「反魂丹」の製造・販売をしたのは戦後まもなくだそうだ。店頭イベントで丸薬作り体験ができるので、挑戦してみ...

  • 魚の駅 生地
    お買い物
    富山県黒部市生地中区265
    北陸自動車道黒部ICから車で約12分のところにある販売所。主に鮮魚や水産加工品を扱う「とれたて館」と、レストランやテイクアウトコーナーがある「できたて館」からなる。炭火焼きレストラン「航海灯」では黒部漁港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類と、「くろべ漁協女性部」手作りの名物「生地の塩物」を自由に選び、自らの手で焼いて食べることができる。地ビール「清水(しょうず)物語」もおすすめだ。
  • 薄氷本舗五郎丸屋
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    グルメ/お酒
    富山県小矢部市中央町5-5
    JR石動駅より徒歩約8分のところに店舗を構える、創業260年以上の深い歴史を持った和菓子屋。富山県産の新大正米を使用した薄い煎餅に、阿波特産の和三盆を塗った「薄氷」は、創業当時から続く五郎丸屋の伝統的な和菓子だ。薄氷が溶けるような口溶けと、後に続く和三盆の風味が特徴である。また現代風にアレンジした「T五(ティーゴ)」は五つの色合い(TONE)と味わい(TASTE)を意味し、「桜・塩味」「抹茶・苦味」等の五味五色が楽しめる。

    商店街を歩いていて、ひときわ目を引きました。北陸は和菓子がたいへん有名ですが、そのような伝統を守って今に至ったお店だと思います。お盆の時期でしたが、いろいろなお菓子がありましたが、「福梅」に似た餡の入った最中を買いました。暑さに疲れた身体に優しい甘さでした。

  • 大野屋 高岡木舟町本店
    グルメ/お酒
    富山県高岡市木舟町12
    JR高岡駅北口より徒歩約7分のところにある、天保9年(1838)創業の和菓子屋。銘菓「とこなつ」は、求肥で包んだ希少な備中白小豆餡に和三盆糖を雪に見立ててふりかけた、明治期から続く看板商品だ。一口食べれば、すっととける和三盆の甘みと上品な白小豆の繊細な香りが口中に広がる。また創業180周年を記念して作られた「越の家歌餅」は、粘りとコシの強い富山県産のもち米と極小黒大豆「黒千石」を使い、風味豊かに仕上げた人気商品だ。
  • 竹林堂本舗
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    グルメ/お酒
    富山県富山市中央通1-5-2
    富山市・中央通りアーケード内にある和菓子屋。名物の「甘酒まんじゅう」は、240年間受け継いできた自家製甘酒入りの生地にこしあんを包んだ一品。その他、白餡に刻んだ栗を入れて桃山で包み込んだ「栗しぐれ」や、大粒の栗を丸ごと包んで焼き上げた「栗の里」といった銘菓も販売している。

    新幹線内でのおやつ用に駅ビル内の地元菓子の売店で購入してみた。 固くなったら電子レンジやトースターで温めたらよりおいしいそうですが、買ってすぐ車内で食べたせいか、皮の甘酒由来のかすかな酸味も含めおいしく食べられました。

  • 月世界本舗
    グルメ/お酒
    富山県富山市上本町8-6
    富山地方鉄道市電「西町駅」から南へ徒歩5分のところにある、明治30年(1897)創業の和菓子屋。淡い月影をイメージして名付けられた銘菓「月世界」は卵と和三盆糖、寒天を材料にして作られた干菓子。サクッとした食感ととろけるような口溶けで、日本茶だけでなくコーヒー等、多くの飲み物に合わせられる。他にも鶏卵と砂糖を使って柚を香らせたマシュマロ風の「まいどはや」や、ごまでアレンジした「まいどはや・ごま」がある。
  • リブラン 栄町総本店
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    グルメ/お酒
    富山県富山市栄町2-1-5
    昭和38年(1963)創業以来、富山県と石川県に複数店舗を持つほど成長を続けてきたスイーツ専門店。その総本店は不二越駅から北の栄町交差点にある。販売するスイーツはタルトやドーナツといった洋菓子から、どら焼きなどの和菓子まで多岐に渡る。特にオリジナル菓子の「甘金丹」は、全国菓子大博覧会で数々の賞を受賞した富山土産の定番商品。他にもさらし餡をパイ生地で包んだ「富也萬」や「紅玉林檎のアップルパイ」など、人気のある菓子を多数生み出している。

    とやマルシェの入り口で売っている甘金丹というお菓子を買ったのですが、どこにでもあるだっちもないスポンジ饅頭で、とってもガッカリしました。 なんの変哲もないものを名物っぽく売る神経がわからない。しかも、一個150円くらいです。半額でもいいでしょう。

  • 酒商 田尻本店
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    お買い物
    富山県富山市東岩瀬町102
    富山市東岩瀬町にある酒屋。廻船問屋の蔵として利用されていた「森家土蔵群」の中に位置する。利酒師とワインアドバイザーの資格を有する店主が自ら厳選した蔵元直送の日本酒とワイン、焼酎を販売。店内の半分を占めるセラーでしっかりと温度管理されている。

    富山駅から東岩瀬駅 路面電車で23分 岩瀬大町、新川町通りを徒歩10分 外観は街並みに揃えた 古い出立ですが 中はとても新しく、旧家らしく 天丼がとても高く スタイリッシュな雰囲気でした テイクアウトの甘酒(300円)を購入 冷たいせいか 一切砂糖の甘味はなく フレッシュでとても美味しかったです さすが、酒屋さんの味です

  • とうふ&スイーツのお店やまとや
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    お買い物
    富山県黒部市宇奈月温泉252-1
    日本有数の名水と熟練の技で造りあげる豆腐とスイーツで愛され続けて70有余年の店。とうふを作り続けて30年の職人が、ひとつひとつ作り上げる絹ごし豆腐は宇奈月温泉の旅館で使われている旅の味。各種豆腐類や揚げ物のほか、手作りとうふプリンやとうふフロマージュも人気が高い。おからタルトは予約販売なので事前に注文しておこう。

    昔ながらのお豆腐屋さんで、店の奥でお豆腐、がんも、湯葉などを作られています。 観光者としては、豆腐を使ったスイーツがあるので、ぜひお試しを。とうふプリンがオススメです。 なお、奥でお仕事中だったりで不在なことも多いので、お会計カウンターの上にあるベルボタンを押して、お声かけ下さい。

  • おかき処 御菓蔵直売店
    グルメ/お酒
    富山県砺波市太田1891-5
    砺波市太田にあるおかき専門店。富山県産を中心とした国産もち米と庄川系の良質な地下水を使用したおかきを販売。出来たてが味わえる試食コーナーや、おかきを焼き上げる様子を見学できる実演コーナー、工場見学コースも併設している。
  • 平安堂
    グルメ/お酒
    富山県富山市旭町1-6
    富山市旭町、しののめ通り・花水木通り沿いにある和菓子屋。創業80年以上もの歴史を誇る老舗で、細やかな細工が施された色とりどりの上生菓子をはじめ、桜餅や鶯餅、いちご大福、ブッセ等、四季折々の和菓子を販売している。
  • 島川あめ店
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    グルメ/お酒
    富山県富山市古鍛冶町6-7
    富山市古鍛冶町にある、あめの専門店。昔ながらの製法で、砂糖を使わず麦芽と澱粉のみで炊き上げた麦芽水飴を販売している。麦芽糖による優しい甘さが特徴で、食べた後は緩やかに血糖値が上昇するため、栄養補助食品としても利用されている。店内では麦芽水飴を使った豆菓子なども販売している。

    お散歩していたら、表に「まちの駅」と書いてあるこのお店がありました。 店員さんが気さくに話しかけてくださって、飴のこと、富山のこと、いろいろと教えてくださって、短い観光旅行がそれだけで充実しました。聞けば創業350年とのこと。 黄金色の水飴が懐かしいのはもとより、こちらでは「さくら飴」と呼ばれる千歳飴のようなものも名物なようです。 ほっこりするひととき、ありがとうございました。 ちなみに、トリップ...

  • とべーぐる 富山店
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    お買い物
    富山県富山市平吹町5-12
    富山県と石川県に多数の姉妹店を持つ人気のベーグル専門店。本店とも言える富山店は、富山縣護國神社に突き当たる大通り沿いにある。自慢のベーグルはふわふわもちもちとした食感が特徴。添加物に一切頼らず、富山県産コシヒカリ粉など地元素材の使用にこだわりを見せる。特に地場産の素材を使用した「日本一美味しい玉子サンド」は人気ナンバー1サンド。他にもベーグルにぴったりなクリームチーズや、メローメロン、瀬戸内レモンといった期間限定のスイーツ系ベーグルなども販売している。

    胃袋大きめの男子でも、もちもち食感で具だくさんのベーグル二つあれば満足感。店頭に並んでいないものでも、オーダーすればその場で作ってくれました。

  • 黒部峡谷鉄道 宇奈月売店
    旅行/観光
    富山県黒部市黒部峡谷口9 宇奈月駅構内
    黒部峡谷鉄道本線・宇奈月駅構内にある売店。地元の特産品や渓谷オリジナルグッズを数多く取り扱っている。宇奈月駅限定の「黒部峡谷ベイクドチーズケーキ」や、子どもに人気のクリームサンドクッキー「富山トレイントレイン」は特におすすめ。トロッコ電車を模したミニカーも人気が高い。「宇奈月ビール」や「名水の里 黒部米」といった黒部ブランドの商品も販売されている。
  • 果味心庵 長者
    rating-image
    3.0
    4件の口コミ
    グルメ/お酒
    富山県砺波市高波1050
    能越自動車道、福岡ICより車で約3分のところにある農園カフェ。古民家を改装した店内はあたたかみがあり、どこか懐かしい雰囲気。いわゆる第6次産業として、自らが育てた新鮮な旬の食材をふんだんに使用したメニューを提供している。みたらしやこしあん、マヨネーズやクリームチーズなどから選べる「長者だんご」や、季節のフルーツを贅沢に使った限定パフェは特に人気のメニューである。

    パフェが評判と聞いて行ってきました。 この時期はブルーベリーパフェでした。 お団子とセットでオーダー。 ブルーベリーも自家製だそう。 おいしいけど普通かな。パフェはかなりおいしいお店が富山市にあるので ここまで遠出してまで食べたいとまではいかなかったです

  • 佐々木千歳堂
    グルメ/お酒
    富山県富山市城北町9-11
    県道30号線、城北町交差点近くにある和菓子店。「伝統を守りながら新しい美味しさへの探求を」を信条に、製法と味を今も初代から受け継いでいる。昭和26年(1951)の創業時から磨き上げてきた美味しさと、飽くなき探求心が千歳堂の人気だ。どの商品も添加物は加えず、自然のまま誰もが安心して食べられるお菓子に仕上げている。何気ない家族の会話がヒントとなった「珈琲のみかさ山」や、お客様とのふれあいで生まれた「生どらやき」などがあり、ふんわりした生地と自家製餡が生み出す深い甘みはやみつきになる。
  • 五箇山とうふ とうふ工房 喜平商店
    お買い物
    富山県南砺市上梨608
    大正時代から伝統の五箇山豆腐を作り続けている老舗の豆腐専門店。相倉合掌造り集落から車で約10分の飛越峡合掌ライン沿いにある。使用する大豆は地元となみ産「エンレイ」。裏山から湧く伏流水を使用し、丁寧な手作りによる製法を守り続けている。工場では見学も可能。ご主人から豆腐作りについての説明もお願いすることもできる。また店頭では豆腐製品の他、地酒や豆乳ソフトクリームや豆乳アイスモナカといった豆乳スイーツを販売。特にスイーツはその場でしか味わえない人気商品である。
  • ANGO(アンゴ)安居
    グルメ/お酒
    富山県南砺市城端70
    城端にある菓子店「ANGO安居」は、1909年(明治42)創業以来、競争の激しい地域で人気を保っている。4代目の安居範光さんは、富山県内のフランス料理店とヨーロッパで修業を積み、2012年(平成24)に店名と店舗をリニューアル。新代表作「もちフィナンシェ」は、餅とフィナンシェを組み合わせた異色のスイーツで、店の売れ筋商品となっている。安居さんは、味だけでなく見た目の美しさも重視し、オリジナルのスイーツ作りに励んでいる。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す