北海道の食料品スポット一覧

  • 小樽洋菓子舗 ルタオ本店
    グルメ/お酒
    北海道小樽市堺町7-16
    小樽発の洋菓子店の本店。かわいらしいアンティークな塔をイメージしたデザインの外観が特徴。看板メニューは、極上の素材をたっぷりと使用した「ドゥーブルフロマージュ」くちどけの良さにこだわり、ベイクドとレアの二種類のチーズケーキが二層になっている。お取り寄せも行っているが、店舗内の喫茶エリアでは、北海道限定ドゥーブルフロマージュやクリームブリュレが食べられる。
  • 函館朝市
    rating-image
    3.5
    56件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市若松町9-19 (函館朝市協同組合連合会事務局)
    函館朝市は、観光客も気楽に利用できる市場だ。艶やかなイクラに大きなホッケ、生け簀いっぱいのイカやカニ……。新鮮な魚介類は見ているだけでも楽しいけれど、せっかくならとっておきのお土産を探してみよう。

    どのお店も今の時期は生簀の中に蟹がたくさん。元気なのか逃げ出しそうなのもいました。 やはりお値段はとても良かったです。 今回の旅は函館朝食戦争のホテルを巡ったので朝市の雰囲気だけ味わいに散策。それも昼頃行ったので活気は今一つでしたが観光客向け送料込みのセット売りもありました。お買い上げ品配送のためにクロネコさんのリアカーが行き来していました。雰囲気的にアメ横だなと思ったのは私だけでしょうか? 食事...

  • 六花亭 札幌本店
    グルメ/お酒
    北海道札幌市中央区北4条西6-3-3
    北海道を代表する製菓メーカー「六花亭」の札幌本店で、店舗・喫茶室・コンサートホール・ギャラリーなどが揃う複合ビル。1階は六花亭のお菓子を販売する店舗で、定番のマルセイバターサンドのほか、アイスクリームを挟んだマルセイアイスサンドなども購入できる。2階の喫茶室では軽食からスイーツまで提供しており、香ばしい「よもぎ餅」やクロワッサンが好評。札幌観光のお土産探しはもちろん、ティータイムやランチにも人気のスポットである。最寄りは札幌駅。
  • 六花亭 帯広本店
    グルメ/お酒
    北海道帯広市西2南9-6
    北海道帯広市を創業地とする北海道の有名製菓メーカー「六花亭」の帯広本店。北海道土産の定番「マルセイバターサンド」やホワイトチョコを使ったお菓子など、六花亭が製造する様々なお菓子を販売している。2階には軽食やスイーツが楽しめる喫茶室があり、しっとりとしたクリームをパイ生地で巻いた「サクサクパイ」や「マルセイアイスサンド」が人気。ビル内には、老舗の洋食レストランや画廊、ホールなどもある。
  • 小樽三角市場
    rating-image
    4.0
    534件の口コミ
    お買い物
    北海道小樽市稲穂3-10-16
    JR小樽駅近くに位置する「小樽三角市場」は、駅を出てすぐ左手に看板があり、その隣の階段を上ると石川啄木の歌碑が見える。市場の入り口は狭く、人々の出入りが活発で、通路は下り坂になっており、海産物店や青果店、日用品店が並んでいる。

    市場としては小規模で駅側から階段上から下っていくような構造になっている店の数は決して多くはないのだが、扱っている商品は鮮度がよさそうに見えた。札幌の場外や二条市場に比べれば値段もやや安めなのかもしれない。店が経営する食堂もどこも行列ができていて結構待たねばならないようだ。

  • 札幌市中央卸売市場 場外市場
    お買い物
    北海道札幌市中央区北11条西21-22
    海の幸、山の幸に恵まれた北海道。全道各地から新鮮な食材が集まってくるのが、札幌市中央卸売市場である。卸業者が集まるこの市場の隣にあるのが、一般の人に開かれている場外市場だ。
  • 釧路和商市場
    rating-image
    4.0
    628件の口コミ
    お買い物
    北海道釧路市黒金町13-25
    道東の海の幸を楽しむなら「和商市場」を訪れよう。好きなネタを好きなだけ載せて作る「勝手丼」や、幻のカニ・花咲ガニの販売など、買ってうれしい、食べておいしい「楽しい市場体験」が待っている。

    団体ツアーの昼食で利用。かって丼や海鮮丼はみなさん書いておられるように割高でしたが奥にあるラーメンと食事の店がメニューも色々あってリーズナブルな値段でした。2人で味噌ラーメンとホタテかき揚げ丼をいただきましたがどちらも800〜1,000円くらいで大変美味しかったです。

  • 北菓楼 札幌本館
    グルメ/お酒
    北海道札幌市中央区北一条西5-1-2
    大正15年(1926)に行啓記念北海道庁立図書館として建てられ美術館としても親しまれた建物を、平成28年(2016)3月に改装した和洋菓子店「北菓楼札幌本館」。サロンをテーマに、1階はショップ、洋画家・三岸好太郎の作品を展示、2階は開放感のある吹き抜けのカフェでランチやスイーツをいただきながら約6000冊の本を楽しめる。この店舗だけの限定商品「クラシックショコラ」、「チョコサンドクッキー」、数量限定の「クロワッサンシュー」、カフェメニューでは、「北菓楼自慢のオムライス」がおすすめ。
  • 二条市場
    rating-image
    3.5
    792件の口コミ
    お買い物
    北海道札幌市中央区南3条東1から2
    下町情緒あふれる古い街並みが残る創成川イースト。このエリアにある札幌二条市場は、中心部という立地の良さもあり、北海道の海産物や農産物をお土産として買い求める観光客で賑わいを見せる場所だ。

    9月下旬の平日の10時過ぎに訪れました。 二条市場では、海鮮の他に北海道産のメロンや野菜なども販売しており、発送も 行ってくれます。 白いとうもろこしを食べてみたくて、 購入しました。 生で食べられるそうで、甘くて美味しいです。 この日のお目当ては海鮮丼でしたので、 海鮮丼の大磯さんにお邪魔しました。 そこまで広くないため、さくっと全体を回ることができます。 観光するには良いと思います。

  • Doremo LeTAO(ドレモ ルタオ)
    お買い物
    北海道千歳市朝日町6-1-1
    北海道の有名洋菓子店「ルタオ」の大型スイーツショップで、北海道千歳市にある。1600坪の広大な敷地に2つの棟があり、スイーツ・ベーカリー・カフェの3つをテーマにしている。ショップ棟では、お土産として人気の商品だけでなく、併設の工房でつくる自家製パンや店舗限定のロールケーキも販売。大きな窓から陽の光が差し込むカフェ棟では、ビーフストロガノフオムライスや生パスタなどの食事メニューのほか、2種類のチーズがとろけるパンケーキも好評である。
  • ニセコ高橋牧場 ミルク工房
    rating-image
    4.5
    478件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1
    世界的なリゾート地・ニセコ。有名なスキー場「ニセコビレッジスキーリゾート」へ向かう途中にあるのが、良質なミルクを使ったスイーツで有名な「ニセコ高橋牧場」だ。ロケーションのよさでも評判が高い。

    ソフトクリームとシュークリーム、チーズタルトを食べました。ソフトクリームは、もう少しさっぱり系が好みでしたが、美味しかったです。シュークリームもカリカリしていて、チーズタルトも良かったです。

  • きのとや大通公園店・きのとやカフェ
    グルメ/お酒
    北海道札幌市中央区大通西3 北洋大通センター大通ビッセ1F
    地下鉄・大通駅の7番出口直結「北洋大通センター」1階にある、札幌の洋菓子店「きのとや」のカフェ。ガラス張りの明るく開放的な店内で、フレッシュミルクのソフトクリームやケーキなどのスイーツが楽しめる。一番人気は、カスタードクリームや粒あん、生クリーム、フルーツをふわふわのオムレット生地で包んだ「オムパフェ」。お好きなフード一品とスイーツが食べ放題のイベント「ビッセきのとやフェスタ」も時間限定で開催しており、女性客を中心にファンが多い。
  • 柳月スイートピア・ガーデン
    グルメ/お酒
    北海道河東郡音更町なつぞら1-1
    北海道銘菓「三方六(さんぽうろく)」のメーカーが運営する、工場見学&工場直営ショップ。予約制のお菓子作り体験なども楽しめる。いちばん人気は、地元の人も早朝から並ぶ「三方六」の特別販売だ。
  • きのとや新千歳空港店
    グルメ/お酒
    北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル センタープラザ2F
    「きのとや」は札幌に本店を置く有名洋菓子店。その「きのとや」のスイーツが新千歳空港でも購入できる。ショーケースには「新千歳空港で空港職員が自腹でも買いたいお土産スイーツ」第1位に選ばれた「焼きたてチーズタルト」がずらり。これを求めて長い行列ができるほど人気がある。また北海道スイーツコンテストでグランプリを受賞した「北海道焼きチーズ」や定番商品「北海道ミルククッキー札幌農学校」といったお土産も購入できる。
  • 雪印パーラー 本店
    グルメ/お酒
    北海道札幌市中央区北2条西3-1-31 太陽生命札幌ビル1F
    札幌駅南口から徒歩5分の立地にある、雪印メグミルクグループの老舗喫茶店。パフェやアイスクリームなど30種類以上のデザートメニューが揃い、札幌スイーツの代名詞として知られている。名物は、フルーツやケーキ、バームクーヘン、アイスクリームなどの具材がたっぷりの「ドリームジャンボパフェ」。その大きさから、友人同士やファミリー、修学旅行生に好評である。昭和天皇来道の際に誕生したバニラアイス「スノーロイヤル」も人気。オリジナルのお土産も販売している。
  • クランベリー本店
    rating-image
    4.0
    50件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道帯広市西2条南6
    北海道帯広市にある、全国の物産展や通信販売でも有名な洋菓子店「クランベリー」の本店。昭和47年(1972)の創業以来愛され続ける名物スイーツは、1本500gを超える大きなスイートポテト。サツマイモの皮を容器にしたユニークな見た目で、素材の味を生かした優しい甘さが人気である。スイートポテトやケーキなどをその場で味わえる喫茶コーナーも併設。

    おみやげとしてスイートポテトを買って帰ろうと初めて入った競馬場通りのお店、接客のひどさにとても不愉快な思いをしました。 ぶっきらぼうに、いきなり何にしますか。慌ててスイートポテトの一つを指差し、どのぐらいの重さかたずねると「片手で」とりあげ、計りに投げるように置き、何も言わずアゴで表示を見れよと。お会計の後、雑に袋に入れ台に載せたまま、手渡さず自分で取れよと。その後

  • 夜パフェ専門店Parfaiteria PaL(パフェテリア パル)
    グルメ/お酒
    北海道札幌市中央区南4条西2-10-1 南4西2ビル6F
    北海道札幌市中央区にあるパフェ専門店で、札幌で流行している飲み会後の「シメパフェ」文化を牽引する人気店。夜間のみ営業している。「夜に食べる大人のためのパフェ」をコンセプトに、生クリームは使わず旬のフルーツやアルコールのムースなどを組み合わせたパフェは、さっぱりとした味わいでシメにぴったり。ジャズの流れるおしゃれな空間づくりも好評である。
  • 函館朝市えきに市場
    rating-image
    3.5
    287件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市若松町9-19
    函館朝市のイカ専門の釣り堀。市場内に大きな楕円形の生け簀が作られており、そこに大量の生きたイカが泳がされている。利用者は店頭で料金を払い、順番に釣り竿を使ってイカを釣り上げる。釣られたイカが、海水を水鉄砲のように噴射して反撃してくることがあり、みどころのひとつとなっている。イカの値段が変動するため、利用料金は時価。釣ったイカはその場でさばいて刺身で食べることができる。

    イカ釣りが長蛇の列でした。活イカ以外は店頭で食べている人は少なく、お店もお土産を売りたい感じです。 イカ釣りのおかげで、活気はあったように思います。 活イカは、食堂で食べるより300円〜700円くらい安い値段で食べられ、かつ釣りも楽しめるため、人気なのだと思います。

  • 北菓楼 小樽本館
    rating-image
    4.5
    408件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道小樽市堺町7-22
    南小樽駅より徒歩約10分の和洋菓子店。小樽の堺町通りに佇むモダンな石の蔵の店舗は、新しい観光名所にもなっている。お店のおすすめは、「開拓おかき」や小樽本館開店記念商品のバウムクーヘン「妖精の森」。バウムクーヘンは昔ながらの製法で、樫の木の芯棒に紙を巻き、職人が一本一本丁寧につきっきりで焼き上げている。しっとり感を出すために一定温度で、一晩寝かせて熟成する工夫もされている。店内ではシェフがバウムクーヘンを焼き上げる様子も見学できる。

    小樽の北菓楼本館も石造りの蔵であった建物を改造したお店になっています。隣の六花亭も然りです。北菓楼といえばバームクーヘンやシュークリームが有名ですね。 外の案内に、新しいお菓子でしょうか“はまなすの恋”の宣伝もしてありました。帰りの空港で見つけたら買ってみようかと思います。

  • 海の駅 ぷらっとみなと市場
    rating-image
    3.5
    96件の口コミ
    お買い物
    北海道苫小牧市港町2-2-5
    ホッキ貝の水揚げ高日本一を誇る苫小牧漁港。この漁港のすぐそばにあるのが、「海の駅 ぷらっとみなと市場」。青果店、鮮魚店、飲食店など20店舗ほどが軒を連ねる。観光客だけでなく、地元の人も多く足を運ぶ市場だ。

    こちらは、苫小牧漁港近くにある市場です。(観光客向けって感じではないです) 市場には、苫小牧名物ホッキをはじめとした魚介類、果物などが販売されており、海鮮系のレストランもあります。 まあまあ活気があります。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す