NAVITIME Travel

嵐山・嵯峨野の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 清凉寺
    rating-image
    4.0
    132件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
    京都市右京区嵯峨にある浄土宗の寺院。山号を五台山と称し、本尊は釈迦如来。「嵯峨釈迦堂」の名で知られ、中世以来「融通念仏の道場」としても知られている。「源氏物語」の主人公光源氏のモデルとされる源融の山荘跡に阿弥陀堂を建てたのが始まり。五台山を巡礼したちょう然という僧が宋から招来した釈迦像は「生きているお釈迦様」と呼ばれ、国宝に指定されている。4月、5月、10月、11月には特別開帳され、その異国的な趣のあるお姿を見ることができる。

    本堂のお釈迦様は、インド・中国・日本への三国伝来と伝わって御本尊様で、昭和28年にお釈迦様の胎内から五臓六腑の模型が発見されています。実物は宝物館に展示してあります。また宝物館には大きな阿弥陀三尊像や、十大弟子像などが祀られているので、こちらへも足を運んだ方が良いです。

  • 法輪寺
    rating-image
    4.0
    84件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町
    京都市西京区の名勝・嵐山にある寺院で、本尊の虚空蔵菩薩は「嵯峨の虚空蔵さん」と呼ばれ親しまれている。和銅6年(713)に元明天皇の求めで行基が開創した。智恵と芸事、丑寅年生まれの守護などで信仰され、智恵と福徳を授かるために数え年13歳の男女が参詣する「十三まいり」で有名。12月8日には針供養が行われ、全国から使用済みの廃針が集まる。境内には電気関係業を守護する電電宮もある。

    少し坂を登りますが駅からも近いし気軽に訪れることができます。 小高い丘から渡月橋などを見下ろせるのでとても良い景色です。

  • 地蔵院
    rating-image
    4.0
    75件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市西京区山田北ノ町23
    京都市西京区にある寺院で、境内が竹林で囲まれていることから「竹の寺」と呼ばれる。応安元年(1368)に室町幕府管領であった細川頼之により創建された。説話で有名な一休宗純が幼少時に修行した寺と言われている。十六羅漢の庭と呼ばれる平庭式枯山水庭園には一つ一つを羅漢に見立てた16個の石が置かれ、十六羅漢の修行の図を表す。楓や竹林、境内に広がる苔の絨毯が京の風情を醸し、秋には紅葉が美しく色づく。

    地蔵院に入るまでに、紅葉がありとても綺麗に散っていました。(入らず写真を撮ってる人がいて邪魔でしたが・・・)中は、人もあまりいないのでゆっくりすることが出来ます。少し駅から遠いのが難点ですが、人混みが嫌いな方には、とてもおすすめだと思います。

  • 五智山 蓮華寺
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区御室大内20
    御室仁和寺駅およびバス停「仁和寺前」から徒歩で約2分。仁和寺のすぐ東側にある寺院で、真言宗御室派の別格本山として長い歴史を持つ。建立は1057年で昭和3年(1928)に現在の場所へと移動。近畿三十六不動尊霊場の十五番目に選定されている。1641年に長きにわたる荒廃から復興した際に五智如来の石仏が完成、現在でも人々の信仰を集める。毎月28日の11時に護摩供が執り行なわれるほか、7月の土用丑の日にはきゅうりを用いて持病の快癒を祈願する「きゅうり封じ」が行なわれる。

    仁和寺の横にある真言宗御室派のお寺です。本堂の前に並ぶ五智如来座像は江戸時代の作品だそうですが、不動堂や本堂はかなり新しい建物です。

  • 愛宕神社
    rating-image
    4.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨愛宕町
    櫁原や清滝、水尾の登山口から1時間半から2時間ほどかけて登ったところにある神社で、全国におよそ900社存在する愛宕神社の本社として知られる。781年に白雲寺として建立され、明治時代に廃絶されたのちに現在の神社となった。防火に霊験があるとされているほか、霊場としても広く知られており、府内のみならず全国から多くの参拝客で賑わう。毎年7月31日の夜から8月1日の早朝にかけて執り行なわれる千日通夜祭では参道に明かりが灯され、数万人にも及ぶ人々が集まる。

    登山に近いとは聞いていたが、ここまできついとは… 13:30から登り始め、山頂についたのは16:00過ぎていた。 片道2.5時間-3.5時間くらいはかかる。 すれ違う人たちも登山の格好をしている。 ジーンズに革靴で行った自分がバカだった。 4月中旬以降に行ったが本殿には雪が残っていた。 ただ苦労した甲斐はあったと思う。素晴らし場所だった。 一度は参拝すべき。 また参拝してみたい。

  • 西院春日神社
    rating-image
    4.0
    44件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区西院春日町61
    西院駅およびバス停「西大路四条」で下車して徒歩で約3分。佐井通りを北に進んだところにある神社。833年に淳和天皇が位を譲り、西院へと移ってきたのが始まりとされる。淳和天皇の皇女である崇子内親王の疱瘡が快癒したことから皇室の信仰を得て、現在でも多くの参拝者が祈祷のために訪れている。病気平癒や災難厄除けに御利益があるとされているほか交通安全や旅行安全を祈願する鹿島立ちの信仰も篤い。境内では六尺藤が見られ、毎年4月29日には藤花祭も執り行なわれる。

    友人と京都に出かけた際に、ちょうど1月7日だったので、どこかで七草粥の振舞いはないだろうかと調べ行きました。 初めて訪れましたが、それなりに大きくかつ整備された魅力的な神社でした。 こちらではこの日を若菜祭といい、若菜粥として一杯300でいただくことができます。 寒空の下、一時間弱ほど並んだと思います。 冷えた体にお粥がとても温かく優しく浸みていきました。 これまで自宅でしか七草粥を食べていなかっ...

  • 木島坐天照御魂神社
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区太秦森ケ東町50
    蚕ノ社駅および太秦天神川駅、バス停「蚕ノ社」から徒歩で約5分、花園駅からは約7分。太子道沿いにある神社で、摂社の養蚕神社から蚕の社という通称でも親しまれている。養蚕や機織、染色技術の中心地だったため、渡来人の豪族「秦氏」が養蚕と織物の神を祀ったのが始まりとされ、現在も製糸関係者の信仰を集める。境内にある元糺の池には珍しい三柱の鳥居があるのも特徴。また、夏季の土用の丑の日には御手洗祭が執り行なわれる。

    ここは地元の人でもあまり行かないかもしれませんが、秦氏の歴史をかんじられます。キリスト教のことも書かれてていて面白かったです。

  • 月読神社
    旅行/観光
    京都府京都市西京区松室山添町15
    松尾大社駅で下車し、赤い鳥居を抜けて南に400m進んだところにある神社。松尾大社の摂社でご祭神は月読尊。境内には別名・安産石とも呼ばれる月延石があり、子授けや安産に御利益があるとされている。他にも左右に二つ並んだ石を撫でて祈願する願掛け陰陽石や、学問の神様である聖徳太子を祀った御社、水上交通の守護神とされる天鳥船命をご祭神とした御船社などがある。例祭が毎年10月3日に執り行なわれるほか、御船社祭は松尾大社の神幸祭の前日となっている。
  • 直指庵
    rating-image
    4.5
    35件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区北嵯峨北ノ段町3
    京都市右京区北嵯峨北ノ段町にある寺院。1646年に独照性円禅師よって建てられた草庵を起源とする。竹林に囲まれた境内の本堂には参拝者が思いを綴る「想い出草」と呼ばれるノートが置かれており、50年以上に渡り書かれたノートは5,000冊以上におよぶ。

    11月下旬の直指庵、観光客も詰めかけず静かに綺麗な紅葉が楽しめました。 何処をみても写真を撮りたくなるほどの紅葉の素晴らしさで溜息が出るほど、2020年も再訪しようと決めました。 渡月橋からは徒歩約40分、大覚寺の裏手に位置し大覚寺のバス停からは嵐山までのバスが出ていますのでこれを利用すれば大覚寺からは徒歩10分ぐらいなので簡単にアクセス可能です。

  • 大心院
    rating-image
    4.5
    32件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区花園妙心寺57
    妙心寺の塔頭で、明応元年(1492)に細川政元が景堂和尚を開山として創建し、その後天正年中に細川幽斎の尽力によって妙心寺内に移転、中興した。今も宿坊として開放されており、「阿吽庭」という美しい日本庭園がある。

    大心院は京都・妙心寺内にあります。妙心寺塔頭で1492年細川政元が創建しました。大心院は僧や行脚の宿坊いわゆる宿泊施設でした。それは引き継がれ現在も宿泊することができます。 庭園は「切石の庭」と「阿吽の庭」がありいずれも美しい姿を今に残しています。

  • 滝口寺
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨亀山町10-4
    京都嵯峨野の小さな山寺で、平安時代末期に創建されたと伝わる。平家物語に描かれている悲恋の伝説や、鎌倉時代末期の武将・新田義貞にまつわる伝説が残る。茅葺き屋根の小さなお堂で静かな佇まいだ。庭園や滝口入道と横笛の木像などが見どころ。
  • 京都市嵯峨鳥居本町並み保存館
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨鳥居本仙翁町8
    愛宕神社の門前町としての顔と農村としての顔を併せ持ちつつ栄えた鳥居本。現在でも茅葺屋根の民家が数多く残っていることから、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている地域である。保存館では、鳥居本の雰囲気をよく残す伝統的な町家風民家を復元・整備し、模型などを展示している。

    資料館のようになっていて誰でも入ることができるようになっています。 嵐山からは少し歩きますが、嵯峨野の静かで昔ながらの街並みは素敵です。

  • 小督塚
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
    「平家物語」で知られる小督を弔う五輪石塔。琴の名手であった小督は高倉天皇の寵愛を受けるが、平清盛と娘である中宮・徳子に睨まれ御所を追放されたという。ここは最初の隠棲地であったといわれている。
  • 鹿王院
    rating-image
    4.0
    46件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨北堀町24
    足利義光が康暦1年(1379)に、普明国師を開山として建立した宝幢寺の開山塔。多くの重要文化財を所蔵しており、また回廊で結ばれた諸堂の間に枯山水の庭が広がることでも有名な場所だ。まっすぐに伸びた参道は紅葉名所である嵐山の中でも比較的静かに楽しめる。

    11月22日から12月8日まで(2019年実績)夜間特別公開が行われました。ライトアップされた境内の紅葉を見てきました。1日100人限定の予約制で、嵐電のサイトからネット予約をしていきます。人混みの中の紅葉見物ではなく落ち着いた雰囲気で見ることが出来ますよ。また、鹿王院は応仁の乱でも生き残った古刹です。歴史的価値も素晴らしいスポットでした。

  • 博物館さがの人形の家
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市右京区嵯峨野鳥居本仏餉田町12
    昭和63年(1988)に京都 嵯峨野に開館した日本唯一の、古人形専門登録博物館。収蔵品点数は20万点以上と豊富で、嵯峨人形・御所人形・賀茂人形・からくり人形・衣裳人形・竹田人形・ミニチュア人形・全国の郷土人形等を展示。その内の約4,000点は、平成23年(2011)に国登録・有形民俗文化財の指定を受けている。

    名前はごく普通ですが、中身はすごかったです。御所人形展をやっていましたが、江戸時代のものというだけで年代物ですが、衣装などを含めてのクオリティの高さにびっくり。嵯峨人形の地で、素敵な出会いがありました。

  • うすさま明王 大龍寺
    旅行/観光
    京都府京都市右京区梅ケ畑高鼻町37
    天正14年(1586)に、都に疫病が流行した際、浄穢の法力があるとされる「うすさま明王」を祀り建立された寺。かつては中京区の花街にあり花街の女性にも信仰されていた。女性の病平癒のご利益があるとされ、またトイレの神様でもある。
  • 十輪寺(なりひら寺)
    旅行/観光
    京都府京都市西京区大原野小塩町481
    平安時代を代表する歌人・在原業平が晩年閑居していたため「なりひら寺」の別名でも知られる古刹。平安時代の初期、文徳天皇の后・染殿皇后(藤原明子)が安産祈願にここを訪れたことから子授け・安産のご利益があると言われている。天皇から寄与された枝垂桜、通称「なりひら桜」を立・座・寝の三通りの見方で楽しむのが十輪寺の桜の楽しみ方。桜を囲むようにして建てられた高廊下・業平御殿・茶室から見る「三方普感の庭」は、角度を変えることで様々な想いを感じることができるため「心の庭」とも呼ばれている。
  • 三鈷寺
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市西京区大原野石作町1323
    京都・西山の「善峯寺」を抜けた先にある西山宗の本山。承保元年(1074)建立の往生院が前身と言われており、背後の山々が仏具の「三鈷」に似ていることからこの名に改められた。本堂前からの眺望が良いことでも知られており、京都市内から宇治、城陽、木津方面まで見渡すことができる。北門から善峯寺に再入場する場合は、インターフォンを使って門を遠隔で開錠してもらう必要がある(善峯寺の入山料が必要)。

    善峯寺からすぐです。しかし訪問するにはコツが有ります。 善峯寺の中間ぐらいに鉄の回転扉が有ります。それを回して訪問すると近道です。帰りは、インターフォンを鳴らしてチケットを見せて開けて貰います。

  • 金蔵寺
    旅行/観光
    京都府京都市西京区大原野石作町1639
    洛西の小塩山中腹に佇む天台宗の山寺。奈良時代、元正天皇の勅願で創建された。現在の姿は応仁の乱で焼失した後、江戸時代に入って徳川綱吉の母・桂昌院により再興されたもの。山の斜面に建てられた堂宇からは京都盆地が一望できる。大野原神社などから約2.7kmほどの遊歩道が整備されているが、最後1kmは軽い登山のような急な山道。紅葉の穴場としても知られており、普段はひっそりとした境内も見頃になると大勢の参拝客が訪れる。
  • 西明寺
    rating-image
    4.0
    51件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区梅ケ畑槇尾町1
    紅葉の名所として知られる西明寺。天長年間(824-834)に空海の弟子、智泉によって創建された。現在の本堂は徳川5代将軍綱吉の生母桂昌院の寄進で再建されたといわれている。本堂に安置されている本尊木造釈迦如来立像(重要文化財)は高さ51センチの小像で、高山寺明恵上人の造顕と伝えられている。脇に祀られている千手観音立像(重要文化財)は平安時代に掘られた、繊細な顔立ちをした立像である。

    小さく目立ちませんが、おすすめです。京都市内からかなり離れているので、ここだけにわざわざ行くほどではありませんが、神護寺とセットで訪れると良いと思います。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す