嵐山・嵯峨野の旅行/観光スポット一覧

  • 天龍寺
    rating-image
    4.5
    1947件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
    屈指の観光地嵯峨嵐山に建つ、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。暦応2年(1339)に足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため創建された。創建時は京都五山第1位の寺として、広大な寺域に150余の塔頭を数えたが、その後度々の火災により、ことごとく建物は失われた。現在の諸堂は明治時代に再建されたもので、方丈には藤原時代の釈迦如来坐像が安置されている。曹源池庭園(史跡・特別名勝)は嵐山や亀山を借景とする池泉回遊式の庭園で、約700年前の夢窓国師作庭当時の面影をとどめている。

    嵐山は京でも人気の観光地ですが、交通手段が限られるので道路が混雑するのが難点でした。春の桜と紅葉の季節、特に十一月は身動きが取れなかったことでしょう。天龍寺のように古いお寺もあれば、渡月橋は自然と調和した風景を楽しむことができます。

  • 旧嵯峨御所 大本山大覚寺
    rating-image
    4.5
    367件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
    京都市右京区嵯峨にある、真言宗大覚寺派大本山の寺院。本尊は不動明王を中心とする五大明王、開基は嵯峨天皇である。嵯峨天皇の離宮を寺に改めた皇室ゆかりの寺院であるため、宮廷風の建築や皇室の建物を移築したものが多い。宸殿(重要文化財)にある「牡丹の間」と「紅梅の間」の襖絵は狩野山楽が描いたもので、ひときわ豪華。時代劇の撮影所が多い太秦の近くということもあり、寺の境内は時代劇や各種ドラマなどの撮影にもよく使われている。また、いけばな発祥の寺院で「いけばな嵯峨御流」の家元としても有名。

    弘法大師空海さんが宗祖の真言宗大覚寺派の本山です。正式には旧嵯峨御所大覚寺門跡と言われ嵯峨御所と呼ばれていたとの事です。嵯峨天皇の離宮で有り嵯峨天皇の浄書された般若心経が勅封として奉安されている。 門跡とは皇室が住職務めた格式高い寺院と言う事です。

  • 華巌寺(鈴虫寺)
    rating-image
    4.0
    296件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市西京区松室地家町31
    京都市西京区にある、臨済宗の寺院。 境内では、年間5万匹もの鈴虫を飼育しており、秋だけでなく四季を通じて鈴虫の音色を聞くことができるので、「鈴虫寺」の名で親しまれている。本尊である大日如来のほかに地蔵菩薩も安置しており、全国から地蔵信仰、入学・開運・良縁祈願など多くの人が祈願に訪れる。ひとつだけ願いを叶えるという日本で唯一わらじを履いた「幸福地蔵」や、僧侶による「鈴虫説法」なども有名で、拝観者を積極的に迎え入れている。

    一年中、鈴虫の声が聞くことのできる「鈴虫寺」へ訪問しました。 和尚様の説法を聞く必要があるため、約1時間は滞在することなります。 鈴虫寺のことやら、いい話を聞くことになるのですが、どこかで営業トークにしか聞こえないです。。。

  • 桂離宮
    rating-image
    4.5
    470件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市西京区桂御園

    平安貴族が池に写った月を鑑賞するために立てた宮です。贅沢な作りになっています。鑑賞するには、宮内庁のHPから申し込みが必要で、有料です。約1時間のガイド付き散策となり、定員は50名。 1時間毎に開催され、空きがあれば当日でも参加可能です。

  • 祇王寺
    rating-image
    4.5
    397件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
    京都市右京区にある真言宗大覚寺派の寺院で、平家物語にも登場した「悲恋の尼寺」である。仏御前により平清盛の愛を奪われた白拍子・祇王が母と妹とともに入寺し、その後に仏御前も迎え入れて4人で静かに余生を過ごしたという伝説が残る。草庵には本尊の大日如来と清盛公、祇王、妹の祇女、母の刀自、仏御前の木像を安置。祇王や祇女の墓所と伝えられる宝筐印塔もある。草庵の控えの間にある「吉野窓」は、影が虹色に映ることで有名。

    見事な庭園があり、平清盛ゆかりの寺院という歴史もあります。大覚寺との共通券がお得なのでおすすめの場所です。

  • 常寂光寺
    rating-image
    4.5
    297件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
    京都府京都市の嵯峨野にある寺院で、百人一首でも詠まれた小倉山の中腹に位置する。慶長元年(1596)に日蓮宗大本山・本圀寺の日しん上人により開かれた。本堂は伏見城の一部を移築したもの。運慶作と言われる仁王像が安置された仁王門は、本圀寺の客殿の南門を移築したものである。小倉山の山中に広がる境内は紅葉が美しく、檜皮葺の多宝塔周辺は特に見事。京都市内を一望する眺望も素晴らしい。

    1月4日に訪れました。外国人観光客で溢れかえる渡月橋から徒歩で向かいました。あれほどの喧騒も竹林まで。そこを過ぎると嘘みたいに静かになりやがてこの寺の山門に辿り着きました。小倉山の斜面にある伽藍は変化に富み見ごたえがありました。山門から仁王門、本堂と登り最上部に多宝塔があります。今度は紅葉に時期に訪れたいものですが今回のように静かに拝観できるかな・・・

  • 車折神社
    rating-image
    4.0
    113件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
    京都市右京区嵯峨にある神社で、祭神は平安時代後期の儒学者・清原頼業。金運・商売繁盛・良縁・厄除けの神である。社務所で授かった祈念神石に願い事をし、成就すれば祈念神石と石を一つ合わせて本殿前に納める習わしがある。境内には天宇受売命を祀る芸能神社もあり、芸能人が多く訪れることでも有名。5月第3日曜には嵐山の大堰川で「三船祭」が催され、平安時代の船遊びの様子が再現される。

    嵐山近くにある神社です。芸能の神社としても有名ですし、ライブの当選、良席お守りをタワーレコードとコラボして授与品としていることでも、一部の方には有名かもしれません。 境内自体はさほど大きくありませんが、奉納された玉垣が至る所にあり、芸能人の名前が記されています。知っている人の名前を探すのも楽しみの一つでしょう。

  • 広隆寺
    rating-image
    4.5
    186件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区太秦蜂岡町32
    603年、聖徳太子から賜った仏像を本尊とし、秦河勝が建立した寺である。京都最古の寺で、多くの国宝、重要文化財を所蔵。中でも有名なのは、日本一美しいと言われる「弥勒菩薩半跏思惟像」である。飛鳥時代の仏像であり、アルカイックスマイルと呼ばれる微笑みを浮かべている柔らかな表情が印象的。10月に行われる「牛祭」は、京都三大奇祭の一つだ。

    四条大宮から嵐山に向かう嵐電沿線、太秦の映画村と並ぶ名所が広隆寺です。日本史の教科書でお見かけする弥勒菩薩様で知られております。嵐電を降りると立派な山門があります。境内も広いので、嵐電で嵐山周辺を観て回るのにお勧めです。

  • あだし野念仏寺
    rating-image
    4.0
    194件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
    嵯峨野にある浄土真宗の寺である。化野は古来より葬送の地であり、人々が石仏を奉り、故人との別れを惜しんだ。境内には約8,000体もの石仏や石塔が並んでおり、これらは化野に葬られた人々の墓である。毎年8月23、24日には、石仏、石塔に灯を供える千灯供養が行われ、多くの参拝客が訪れる。

    嵯峨鳥居本町の途中にあります。 愛宕念仏寺から徒歩で下ること20分ほどの場所にあります。 人もさほど多くはありません。石塔とお地蔵様群があり、圧巻です。 また、裏手の方に竹林道がありますが、嵐山の竹林とは違い人もほとんどいないのでおすすめです。

  • 神護寺
    rating-image
    4.5
    187件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区梅ケ畑高雄町5
    京都市右京区にある高野山真言宗の寺院で、愛宕山系の高雄山の中ほどに位置する山岳寺院。和気清麻呂により開かれ、大同4年(809)から14年間は空海(弘法大師)が入寺した。空海の住房を復興・再建した大師堂は住宅風造りになっており、重要文化財に指定されている。国宝である本尊・薬師如来立像は、唇に朱、眉や瞳に墨を塗ったのみの素木仕上げ。多宝塔にある五大虚空蔵菩薩坐像や日本三名鐘のひとつである梵鐘など、多数の仏教美術と文化財を所蔵している。地蔵院前では厄除けの「かわらけ投げ」も楽しめる。

    京都駅から高尾フリー切符800円購入して 高雄に行きました かなりきつい石段を登り 受付で厄払いの 素焼きの皿を買い お参り 青緑がとても綺麗で 心が洗われました 5月の月末に行ったのですが 観光客もまだちらほらで 空いててよかったです

  • 宝厳院
    rating-image
    4.5
    154件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町36
    京都市嵐山にある臨済宗天龍寺派・大本山天龍寺の塔頭寺院。見事な庭園は、嵐山を借景として巧みに取り入れ、また「獅子岩」等の巨岩を配した借景回遊式庭園で、江戸時代の京都の名所や名園を収録した「都林泉名勝図会」にも掲載されている。庭園は、春・秋の特別拝観日のみ一般公開。夜間にはライトアップされることもあり、歴史ある庭園にふさわしい見事な景色を楽しむことができる。

    天龍寺の入り口を進んで行きます。 獅子吼の庭は、嵐山借景回遊式庭園とのこと。 特別公開時、弘源寺とのオトクな共通券がありました。春のお花が満開-しだれ桜・石楠花・山吹。ピンク濃淡それぞれと白と黄色、ちょっと新緑の初めでとてもきれいでした。

  • 二尊院
    rating-image
    4.0
    149件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
    京都市右京区の嵯峨野にある天台宗の寺院で、釈迦如来立像と阿弥陀如来立像を本尊とすることから二尊院という。平安時代初期に嵯峨天皇の求めにより円仁が建立したと言われている。境内には本堂などのほか、公家や名家の墓所も多い。毎年秋には多くの参拝者が訪れる紅葉の名所。伏見城の薬医門を移築した総門から延びる参道は、その見事さから「紅葉の馬場」と呼ばれている。

    2体の本尊が祀られた本堂もですが、その上の階段をずっと登っていった先にも小さな御堂と、京都市内を見晴らせる絶景ポイントがあります。 結構急な階段ですが、歩く価値あり! お庭も花手水もきれいです。 あんこ発祥の地とかで、石碑も立っていました。

  • 清凉寺
    rating-image
    4.0
    132件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
    京都市右京区嵯峨にある浄土宗の寺院。山号を五台山と称し、本尊は釈迦如来。「嵯峨釈迦堂」の名で知られ、中世以来「融通念仏の道場」としても知られている。「源氏物語」の主人公光源氏のモデルとされる源融の山荘跡に阿弥陀堂を建てたのが始まり。五台山を巡礼したちょう然という僧が宋から招来した釈迦像は「生きているお釈迦様」と呼ばれ、国宝に指定されている。4月、5月、10月、11月には特別開帳され、その異国的な趣のあるお姿を見ることができる。

    3月上旬に訪れました。 多宝塔の前にある河津桜が満開で、多宝塔と河津桜はとても絵になる美しさでした。 御本尊の開扉は、毎月8日午前11時以降と4月、5月、10月、11月なので、この時期は見るコトができなかったのが残念です。

  • 嵐山駅はんなり・ほっこりスクエア
    rating-image
    4.0
    99件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨天竜寺造路町20-2
    嵐山駅にある観光商業施設で、スイーツや京雑貨、京漬物などを販売する土産物店や食事処が集まっているほか、京情緒あふれる空間づくりが話題になっている。敷地内には、3000本の自然竹に埋め尽くされたコンコース、桜や紅葉を眺めながらくつろげる庭、龍の愛宕池、「友禅」を使った600本ものポールが立ち並ぶキモノフォレストなど見どころが多い。夜間にはライトアップも行われ、幻想的な雰囲気に包まれる。

    構内は、電車に乗らなくっても商店街、キモノフォレスト、足湯が、体験ショッピング出来るので良いですね。笹屋伊織のソフトクリームいただきました。

  • 落柿舎
    rating-image
    4.0
    94件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20
    元禄の俳人、松尾芭蕉の門人である向井去来の庵である。去来が35歳の時に移り住んだ庵で、39歳頃から「落柿舎」と呼ぶようになった。庭にあった40本の柿の木の実が、一夜の間に落ちつくしたというのが名前の由来。松尾芭蕉の著「嵯峨日記」はここで執筆された。草庵の入り口には、かつての主の在庵を示したという衰と笠がかけられており、投句箱も設置されている。

    芭蕉の時代とは場所も建物も変わっているそうですがそれでもわびさびの雰囲気を大いに醸し出していてここにいるだけで穏やかな気分になれます。東山魁夷画伯もこの落柿舎を描いています。門前は小広い田んぼがありとても絵になります。中に入って鹿威しの音だけの静寂の中一句ひねるのも一興です。

  • 渡月橋
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵐山
    嵐山の紅葉を見渡せる、桂川にかかる全長155mの橋。承和年間(834-48)に僧・道昌が架橋したことが始まりと伝えられており、現在の位置には江戸時代初期、角倉了以が架けた。亀山上皇が橋の上高くを移動していく月をご覧になり「くまなき月の渡るに似る」と言われたことから名づけられたという渡月橋は、嵐山の風景に溶け込んだ風情あふれる橋である。
  • 御髪神社
    rating-image
    3.5
    78件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町10-2
    日本で唯一の「髪」の神社である。境内には献納された「髪」をおさめた髪塚があり、毎年の大祭は、業祖感謝祭と髪供養をもって髪より受ける恩恵に感謝するものだ。

    髪の毛を祀る日本で唯一の神社で、小さな神社です。はげた方が多いかとお参りに来ている人を見ていると、意外にも髪のあるカップルが列を作り並んでいます。昭和36年に理美容組合の方が創建と、歴史が特にあるわけではありません。

  • 大悲閣千光寺
    rating-image
    4.5
    61件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市西京区嵐山中尾下町62
    京都市西京区にある「黄檗宗」の寺院で、「大悲閣」とも呼ばれている。本尊は、天台宗の僧・源信が作られたとされている「千手観音菩薩」が祀られている。また、崖の上に建っていることから、四季折々の景色を楽しめるビューポイントとしても有名。

    渡月橋の西詰を上流に向かって20分弱のところ,星のや京都を見下ろす位置にある。一応,これより上流には徒歩では行けない。最後は息が切れるほどの階段が続くが,京都のまちを一望にする絶景が疲れを癒してくれる。

  • 嵐山-高雄パークウエイ
    rating-image
    4.5
    19件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区梅ケ畑檜社町11
    京都の嵐山から高雄までを繋ぐ有料のドライブウェイで、洛西の絶景が楽しめるほか、沿線には様々なレジャースポットが点在している。山々に設置された展望台からは京都市街や保津川を一望でき、フラワーパークや芝生のドッグラン、自然の中でバーベキューができるスポットなど、カップルからファミリーまで楽しめる施設が目白押し。釣り好きには「嵐山フィッシングエリア」も人気である。

    嵐山観光プラス桜見物ということで嵐山高雄パークウェイを利用しました。山にあるので桜の開花が少しずれているのいいですね。雨が降っていましたが桜をきれいに見ることができました。人がかなり少なくてのんびりできました。

  • 梅宮大社
    rating-image
    4.0
    56件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
    京都西部の梅津の地に鎮座する橘氏の氏神として知られる神社。元々は綴喜郡井手町(つづきぐんいでちょう)に祀られていたが、檀林皇后橘嘉智子によって現在の地に遷座し、皇子の誕生を祈願したところ、のちの仁明天皇を懐妊したことから、以来、子授・安産の神として崇められている。境内にあるまたげ石をまたいだり、産砂をうける風習がある。また、酒蔵の神としても信仰されており、お酒にまつわる多くの神事が行われている。梅宮大社はカキツバタの名所でも有名。庭園では、春は桜やつつじ、夏はアジサイや花菖蒲、秋は紅葉など、四季折々の花々や景色を楽しむことができる。

    四条通りから路地を北に入った所にあり、周辺は住宅地です。規模の大きい神社ではありませんが、楼門や本殿は威厳があり、歴史を感じる建物です。本殿を囲むように広い庭園(入場有料)があり、梅の名所となっています。訪れた日(2月11日)は、早咲きの梅が咲いていましたが、全体的には「ちらほら咲き」程度で梅の花の見ごろは、もっと先のようでした。また、この日は、甘酒祭が行われていて、甘酒が無料でふるまわれていまし...

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す