ぎふワールド・ローズガーデン(旧 花フェスタ記念公園)

植物園

国内随一のバラの品種数を誇る「バラと花のテーマパーク」

ヨーロッパなどで古くから栽培されてきたオールドローズから国内外の最新品種まで、バラエティ豊かなバラを観賞できる世界最大級のバラ園を完備。バラ以外にも季節によってさまざまな花が咲き誇る、国内屈指のフラワーガーデンだ。

見渡す限りにバラが咲き、フォトスポットとしても人気の「ウェルカムガーデン」 見渡す限りにバラが咲き、フォトスポットとしても人気の「ウェルカムガーデン」

花の博覧会の会場を再整備した都市公園

1995年(平成7)に開催された花の博覧会「花フェスタ’95ぎふ」の会場を再整備し、その翌年にオープンを果たした「ぎふワールド・ローズガーデン」。バンテリンドーム ナゴヤ約17個分に相当する80万7000平方メートル以上の広大な敷地に、多種多様な品種を植栽したバラ園や、季節の花木を楽しめる大温室、地上45mの高さから園内を一望できる「花のタワー」などがある。さらに、滑り心地や高さの異なる7本のスライダーや、ロッククライムを完備した大型複合遊具で、アスレチックも楽しめる。

秋の季節に楽しめるケイトウ。東の大花壇に3万株以上が咲く 秋の季節に楽しめるケイトウ。東の大花壇に3万株以上が咲く

テーマごとにさまざまなバラ園を完備

園内に植栽されているバラの品種数は国内でもトップクラス。世界的に見ても、ここまで多くの品種を集めているテーマパークは非常にまれであるという。いちばんの注目は、ローズペイサージュのガーデンとしては世界最大規模の17品種約5500株が植栽されている「ウェルカムガーデン」。開花時期の春と秋には、広大な斜面に見渡すかぎりバラが咲き誇る。そのほか、つるバラを中心としたフランス式の庭園「ジョセフィーヌのバラ園」や英国風庭園の「フレンドシップガーデン」、香りの種類ごとに植栽した「香りの庭」、2021年(令和3)春に誕生した「ローズテラスとバラ回廊」など、テーマごとに多種多様なバラ園がある。

開花時期にはバラのトンネルを散策できる「ローズテラスとバラ回廊」 開花時期にはバラのトンネルを散策できる「ローズテラスとバラ回廊」

英国王立バラ協会との友好提携を記念して造られた「フレンドシップガーデン」 英国王立バラ協会との友好提携を記念して造られた「フレンドシップガーデン」

展望タワーやレストランにも足を運ぼう

バラ園などを散策したあとは、高さ45mの「花のタワー」へ。船底をイメージして造られたというエレベーターホールから、ガラス張りの展望室と屋上デッキに上がっていき、抜群の眺望を満喫しよう。晴れている日には、乗鞍岳や恵那山までを一望できる。さらに園内にはレストラン「ザ・センターコート」や、ピンクローズをイメージしたローズパフェなどが人気の「ショップ&カフェ ザ・ガーデン」など、グルメ施設も充実。バラを観賞しながらの食事やティータイムも楽しみたい。

「花の海に浮かぶ船」をイメージしたという「花のタワー」。ここから見下ろす園内の眺めも必見 「花の海に浮かぶ船」をイメージしたという「花のタワー」。ここから見下ろす園内の眺めも必見

「ウェルカムガーデン」を一望できる「ザ・センターコート」。オープンテラスも完備されている 「ウェルカムガーデン」を一望できる「ザ・センターコート」。オープンテラスも完備されている

バラにちなんだスイーツやバラ苗なども購入できる

最後は「花のミュージアム」1階にある「ミュゼドフルール」に立ち寄るのもお忘れなく。バラの羊羹やバラまんじゅう、バラのアイスクリームといったスイーツのほか、クリアファイルやコンパクトミラーなどのオリジナル雑貨も購入できる。また、バラ苗専門店「ザ・フェアリー」では、800品種を超えるバラ苗を販売。ほかにも、バラの美容グッズや香りの商品を取り扱うショップもある。バラを堪能したあとは、車で約20分の「ぎふ清流里山公園」に足を運ぶのもおすすめ。車で約1時間の距離には、モネの絵画にそっくりと評判の「名もなき池」もある。自然を感じるスポットを巡ってみてはいかがだろうか。

「花のミュージアム」をコンセプトにしたショップ「ミュゼドフルール」 「花のミュージアム」をコンセプトにしたショップ「ミュゼドフルール」

スポット詳細

住所
岐阜県可児市瀬田1584-1
エリア
中濃エリア
電話番号
0574637373
時間
9:00-17:00(最終入園16:30)
※時期により変更あり
休業日
火(祝の場合は翌平日)、年末年始(12/29-1/3)
料金
[入園料]大人無料-1,050円、高校生以下無料
※変動料金制試行により時期によって入園料が変動。詳細は公園WEBサイトでご確認ください。
駐車場
あり
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、PayPay、LINE Pay、auPAY)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
可(喫煙所あり)
滞在目安時間
60-120分

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • バラまつりが楽しみ
    5.0 投稿日:2022.05.07
    バラまつりには少し早いかもと思いながら出かけました。予想通りバラは少なかったけれど、ハンカチの木、朴の木に花が咲いていて行った甲斐がありました。最近人気のネモフィラもきれいに咲いていました。名称が変わってから初めて行きましたが、料金が試行中のようでした。自宅から車で1時間半かかりますが、さまざまな花を見ながらの散歩は格別です。今回も年間パスポートを購入したので、有効期限内にまた行く予定です。
  • 10月9日に名前が変わってリニューアルしました
    4.0 投稿日:2021.11.04
    花フェスタ記念公園が、10月9日にぎふ「ワールド・ローズガーデン」へと新しい名称に変わりました。「世界に誇る、バラと花々の大庭園」をキャッチフレーズに生まれ変わった世界に誇るバラ園が楽しめます。約80.7ha(バンテリンドームナゴヤ約17個分)もの広大な敷地には、原種・オールドローズから、国内外の最新品種まで約6,000品種、20,000株もの多彩な品種が植栽されたバラ園のほか、季節ごとに...
  • 世界最大級のバラ園
    4.0 投稿日:2021.06.13
    世界最大級と言われる広大なバラ園のある県営の公園です。通常は入園無料ですがバラの時期は入園料がかかります。6月初旬、遅咲きのバラを見に出かけましたが、漂う芳香の中で多種多様のバラがそれぞれ個性的で楽しめました。また、室内ではサツキの鉢植えの展示もされていてきれいでした。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          中濃エリアのおすすめスポット

          岐阜のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました