岐阜県現代陶芸美術館

美術館
岐阜県運営の公立美術館。近現代の陶芸が専門。19世紀以降の国内外の陶芸作品を広く集めている。建築家である磯崎新氏デザインのセラミックパークMINO内にあり、外壁や天井などいたるところに様々な焼き物があしらわれている。アートの教育に力をいれており、陶芸を中心とした各種ワークショップを頻繁に開催。学芸員によるギャラリートークも実施。ユニークな切り口の企画展示も定期的に実施している。

スポット詳細

住所
岐阜県多治見市東町4-2-5 セラミックパークMINO内
エリア
東農エリア
電話番号
0572283100
時間
10:00-18:00(最終入館17:30)
休業日
月(祝の場合は翌日)、年末年始
料金
【コレクション展観覧料】
[一般]340円
[大学生]220円
[高校生以下]無料
※特別展は別料金となります。
駐車場
あり(312台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
※9/11-10/31まで開催の台湾陶芸の力展では利用不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、nanaco、WAON、楽天Edy、LINE Pay、メルPAY、auPAY、ALIPAY)
※9/11-10/31まで開催の台湾陶芸の力展では利用不可
Wi-Fi
あり(CPM_FREE_WiFi_2F)
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
備考
※2021年11月1日-2022年9月上旬(予定)は改修工事のため休館

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • アートとしての陶器
    4.0 投稿日:2021.04.25
    陶都多治見のセラミックパークMINO内にある美術館です。世界の近現代の陶芸アートが見られ、また1〜2ヶ月サイクルで企画展も入れ替わるようなので良いと思います。建物自体もセンスが感じられますし、年に何度か訪れたいと思います。
  • 焼き物文化を体現する、秀作を一堂に収蔵するハイセンスな美術館
    4.0 投稿日:2020.07.30
    車を降りて、入り口へと向かう。入った瞬間ひんやりとした空気が心地よい。天井には様々な陶片が埋め込まれ、焼き物文化を大切にしてきた町の思いを感じることができる。左右に展開される掲示や作品を眺めながら、幾分長いアプローチを抜けると、さあ、美術館の入り口だ!階段(エスカレーター)で地下に降りるとそこにはレストランや展示即売の売店、広々とした庭に涼しげな水が流れ、その向こうにはイベントの際に開かれる茶室...
  • 陶芸
    4.0 投稿日:2019.12.02
    久しぶりに行きました。秀逸な陶芸が展示されていて興味深く見させていただきました。美術館は時間を忘れてしまいそうな程良かったです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          東農エリアのおすすめスポット

          岐阜のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました