NAVITIME Travel

五箇山の旅行/観光スポット一覧

  • 五箇山総合案内所
    rating-image
    4.0
    19件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市上梨754
    世界遺産として登録されている富山県南五箇山の集落にある総合案内所。周辺の観光情報や宿泊施設などの案内をしてくれるほか、交通情報なども提供している。FacebookやtwitterなどのSNSでも最新情報を随時更新。近くには国の重要文化財に指定されている合掌造り家屋「村上家」が佇む。

    有名な観光地なので、ガイドブックも多数出ていて観光情報は豊富です。しかし、地元の観光案内所は地元ならではのパンフレットや地図があるので観光前に行きます

  • 五箇山民俗館
    rating-image
    3.5
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県南砺市菅沼436
    富山県五箇山の菅沼合掌造り集落にある博物館。菅沼で最も古い合掌造りの内部を改装して作られている。館内には、先人たちの知恵が活かされた生活用具約200点を展示。隣接する「塩硝の館」では、かつて五箇山の一大産業だった塩硝について、材料の採取、塩硝作り、出荷におけるまでの過程を人形や影絵で紹介している。

    日本の建築と民俗学に興味がある方にはぴったりの資料館です。近くの塩硝の館との共通券で300円です。 このエリアでは最大と思われる大きな家は2階にも上がれて、いろいろな資料がいいところです。

  • 村上家
    旅行/観光
    富山県南砺市上梨742
    合掌造りで有名な五箇山の中でも、その存在が際立つ「村上家」。古い時代の形式を改造せず、当時の建築様式を今に伝える代表的な建造物で、国の重要文化財にも指定されている。400年の歴史を誇る建物の中には数多くの民俗資料が展示されており、囲炉裏端では当主の説明を聞くことが可能。庭には「五箇山絞り」と名付けられた雪椿があり、4月下旬から五月上旬にかけて見頃を迎える。
  • 五箇山和紙の里
    旅行/観光
    富山県南砺市東中江215
    富山県五箇山にある「道の駅たいら」。敷地内には、古くから五箇山の産業を支えてきた和紙づくりの歴史を伝える「和紙工芸館」や、合掌造りの中で五箇山和紙すきに挑戦できる「和紙体験館」など複数の施設がある(体験は当日受付可)。五箇山の特産品を販売するコーナーやレストランなどもあるので、ドライブの途中に気軽に立ち寄れるのも魅力だ。
  • となみ散居村ミュージアム
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県砺波市太郎丸80
    砺波市太郎丸にある博物館。砺波平野に点在する約7,000戸の農家からなる「散居村」の歴史や民俗に関する展示を行っている。国重要文化財指定の農具や生活用具約1,000点を展示する「民具館」や、村の代表的な建築様式「アズマダチ」の建物を移築した「伝統館」など4つの展示施設からなる。

    北陸自動車道、砺波インターから近く、商店街から外れた田園地帯にあります。 4種類の建物があり周囲は手入れのされた庭になってます。 情報館は、総合受付案内になっており、砺波地区や庄川の歴史や写真(地元の学校の生徒の写真が多い)が展示されてる学習コーナーでもあります。 民芸館(入場¥100)は、砺波散居村に生まれ、地元の風土に適応して育ち親しまれてきた民具が公開されてます。 伝統館と交流館は当...

  • 城端別院善徳寺
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市城端西上405
    南砺市城端にある寺院。1471年に本願寺第八代の連如上人によって創建された。1759年に再建された本堂をはじめ、山門や鐘楼堂などが県の文化財に指定。毎年7月22日から行われる「虫干法会」では、所蔵されている1万点以上の宝物の一部が1週間に渡って公開される。

    何気にうなぎ屋さんを目指して行った先に大そう立派なお寺さん‼️ にもかかわらず、あまりわざわざ来ないのかなと思われるほど参拝客もいないほど… なぜかもったいないと思うくらいに素晴らしいお寺です

  • 世界遺産 菅沼合掌造り集落
    旅行/観光
    富山県南砺市菅沼
    富山県南砺市菅沼の三方を庄川に囲まれた場所にある小さな集落。田園風景の中に茅葺き屋根の「合掌造り家屋」9戸と古い土蔵などが建ち、古き良き日本の風情を感じられるスポット。五箇山の歴史と伝統を学べる民俗館があり、厳しい自然とそこに息づく人々の素朴な暮らしに触れることができる。集落は「相倉合掌造り集落」とともにユネスコの世界文化遺産に登録されている。季節ごとにライトアップイベントも開催。
  • 相倉合掌造り集落
    rating-image
    4.5
    280件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市相倉
    富山県南砺市の細長い台地に広がる集落で、急勾配の茅葺き屋根が特徴の合掌造り家屋が20戸以上現存している。家々の周りには田畑が広がり、山間の美しい自然と日本の伝統的な暮らしに触れられるスポット。集落内には、合掌造りの宿や土産物店、茶屋、民俗館などがある。季節ごとに開催されるライトアップイベントも必見。集落は「菅沼合掌造り集落」とともにユネスコの世界文化遺産に登録されている。

    五箇山の相倉合掌集落へ伺いました。 古くから残る合掌集落は常に手入れがされ、綺麗な状態で保存されています。 また、ここに住んでおられる方もおられ、生活の様子も垣間見えます。 宿泊出来る施設も何箇所かあり、じっくり五箇山を味わう事も出来そうです。

  • 塩硝の館
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市菅沼134
    南砺市菅沼にある「五箇山民俗館」に隣接する資料館。加賀藩の時代、五箇山の一大産業であった黒色火薬の原料「塩硝」の製造についての資料を展示している。材料の採取から、製造、出荷の過程を人形などで再現。塩硝製造の歴史を学ぶことが出来る。

    入館料はかかりますが、料金の割りに良いです。 特に、係りの方が一生懸命説明してくださる点が好感を持ちました。 ただ、残念なことに外国語の対応は無さそうなので、日本語が出来ない方には面白くないと思います。

  • 越中五箇山・相倉合掌集落
    旅行/観光
    富山県南砺市相倉611
    国指定史跡であり世界文化遺産として登録された文化財保護地域のひとつ、「越中五箇山・相倉合掌集落」は、地域住民が今もなお生活している場所だ。茅葺き屋根の独特な建物は生産生業・暮し方の時代的特色が現れており、そこに人間が知恵を働かせた跡が残る。最近では奇数月に4-5回のライトアップが実施されている。
  • 越中一宮 高瀬神社
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市高瀬291
    越中一宮 高瀬神社の歴史は古く、天武9年(680)が記されている書物には記載がされている。主祭神の大国主命(大己貴命)は福の神・縁結びの神様で多くの人に愛されている。文化財に指定されている功霊殿や、茶筅塚・手水舎・宝物殿などみどころも多い。北陸自動車道「砺波IC」より車で約15分。

    南砺市に鎮座する越中一宮高瀬神社は福の神、縁結びの神である大国主様を祀るお社です。失礼ながらこんな田舎にこんな大きな神社があるとはびっくりしました。御朱印をもらってきました。

  • 道の駅 庄川
    rating-image
    3.5
    16件の口コミ
    旅行/観光
    富山県砺波市庄川町示野437
    富山県砺波市庄川町にある五箇山・金沢・氷見を結ぶ中間地点となる道の駅。庄川清流温泉の源泉を使用して育てた「庄川おんせん野菜」を始めとする地場産の農産物や、庄川ゆずを用いたミルクまんじゅう「ゆずまる」、庄川産えごまを練り込んだ「えごまうどん」等を販売している。レストランでは砺波の郷土料理「よごし」を使用したよごし丼やよごしピザ、庄川産ゆずを用いたゆずみそサラダピザ等、地元の美味を堪能できる。

    店内のマルシェでお土産品や産直野菜の販売があり、9月14日からは鮮魚の販売も始まったそうです。 訪れた日には新湊産のベニズワイガニがあって、購入した商品は店内のフードコートで食べることもできました。

  • 道の駅 砺波
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    富山県砺波市宮沢町3-9
    JR城端線砺波駅から車で5分、富山県砺波市宮沢町にある道の駅。砺波や富山県産の食材を使用したレストラン「砺波そだち」では、大門素麺定食やとなみ野玉ねぎのカレー定食などをランチで楽しめる。ディナーは富山県産の豚もつ鍋、しゃぶしゃぶといった宴会コースも。他にも観光案内所、本格的なステーキが楽しめるステーキハウス「プロムナードもみじ」、地場野菜等を販売する「となみ野の郷」、名産チューリップにちなんだミュージアムショップが併設されている。

    地元客を狙っているのか、観光客を狙っているのか、中途半端。もっと地元に寄せてもいいと思うし、個買いできる地元の和菓子とか置いて欲しい。

  • 真宗大谷派井波別院瑞泉寺
    rating-image
    4.5
    44件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市井波3050
    京都府の東本願寺を本山と仰ぐ、真宗大谷派の寺院。戦国時代には一向一揆の拠点とされ、堅牢な石垣に囲まれた伽藍が特徴だ。場所は北陸自動車道砺波I.Cから156号線を15分ほど車で南下した住宅街にあり、見どころは建物のいたる所に掘られた彫刻物。全て南砺市井波の井波彫刻職人の手によって飾られたものであり、熟練の大工・彫刻師による優れた技術を垣間見ることができる。

    12月8日に訪問すると 宝物館は冬季休館とのことで 寺宝を鑑賞出来ませんでしたが 木彫を静かに鑑賞出来たので かえって良かったかも知れません。木彫鑑賞を楽しむのであれば 《山門》と《太子堂》を鑑賞するだけで 見飽きることがありません。《山門》正面にある[波に龍]が有名ですが [蟇股]部に彫られた[中国の八仙人、日本の七福人のようなもの)]像も見逃せません。 もし 興味を持たれるのであれば 訪問前o...

  • 相倉民俗館
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市相倉352
    東海北陸自動車道五箇山I.Cから飛越渓合掌ラインを東へ進んだ山間にある世界遺産「相倉合掌造り集落」。その一角に相倉民俗館はある。藁葺き屋根の合掌造りが特徴的で、旧尾崎家の住宅そのままを活用し、昔の村人達が使用していた民具や助け合いの伝統を伝える資料が展示されている。また2階に上がると合掌造りの骨組みや内部構造を間近で見ることも可能だ。2号館となる「相倉伝統産業館」では、五箇山の伝統産業である和紙や塩硝に関する資料を展示。先人の知恵や苦労から、日本の原風景を感じることができる。

    駐車場からまっすぐ奥へすすむとある相倉民俗館。集落の外観や雰囲気にも連綿と伝わってきた人々の暮らしの趣があるが、家の内部や昔の生活様式に触れられる数々の展示品の他にも、囲炉裏を前に流れる映像でこちらの生活が紹介されています。

  • 農事組合法人 五箇山和紙
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    富山県南砺市下梨148
    五箇山の和紙は、富山県の中でも長い伝統の誇る産業である。その長さはかつて加賀藩主前田利家に献上していた記録もあるほど。富山県南砺市下梨の「五箇山和紙」では、この歴史ある和紙を書画用紙や和紙民芸品、和紙雑貨などを販売している。また「GOKKA」というブランドを立ち上げ、のし袋や文箱といった現代風の新しい和紙製品の製造も手がけている。社屋は世界遺産相倉合掌造り集落から304号線を東へ1.5kmほど進んだ場所。紙漉き体験や施設案内も随時行っている。

    予約なし一人でもできます。 まず職人さんがやり方を一通り実際にやって見せてくれるのでわかりやすいです。 紙をすいて、その上に押し花の飾りを載せて乾燥させます。 体験自体はやることがそんなにありませんが機械などを見るのは珍しくて楽しかったです。 乾かすのに少し時間がかかります。 さほど高くもないので時間があるようなら体験されるのをおすすめします。

  • 散居村展望台
    旅行/観光
    富山県砺波市五谷160
    北陸自動車道、砺波ICから車で約20分のところにある展望台。 砺波平野に広がる「散居村」を一望できる。富山湾や日本海をも見渡すことができ、夏には青々とした水田が眼下に広がる。また夜の月明かりに照らされた美しい景色も必見だ。標高は約400メートル、視野も180度近くあるため夜景スポットとしても人気。富山県の「ふるさと眺望点」にも指定されている。
  • 庄川峡遊覧船
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    旅行/観光
    富山県砺波市庄川町小牧73-5
    庄川峡の小牧ダムから大牧温泉の間を運行する遊覧船。庄川遊覧船乗り場までは砺波ICから車で約20分。四季折々の景色を眺めながら、美しい大自然を存分に味わうことができる。1時間かけてゆっくりと往復する「大牧温泉コース」と、短時間で気軽に楽しめる「長崎橋周遊コース」がある。季節により限定クルーズの運航も行っており、海外からの旅行客も増えつつある。

    富山観光の際寄りました、本当は小牧ダムも寄りたかったのですが、通過いてしまい、その先に庄川を巡る遊覧船乗り場が有ったので、25分の短い方に乗りました、偶々台湾の団体様と一緒になりましたが、皆さん静かに乗っていたので、1Fは殆ど人もいず、ゆっくりと眺めを堪能する事が出来ました。

  • 庄川峡
    旅行/観光
    富山県砺波市庄川町
    北陸自動車道砺波ICから車で約20分のところにある、小牧ダム上流の約15キロにわたる渓谷。庄川はもともと山から切り出された木材を運搬する水運として利用されていたもの。春は桜が咲き乱れ、夏は新緑、秋には紅葉、冬の一面の雪景色と、1年を通して様々な顔を見せる庄川峡には、海外からも多くの観光客が訪れる。小牧港から大牧港を結び、真っ赤な吊橋「長崎橋」を真下から見ることができる遊覧船も運航している。
  • 小牧ダム
    旅行/観光
    富山県砺波市庄川町小牧
    砺波ICから車で約20分のところにある水力発電用のダム。昭和5年(1930)に竣工した。ラジアルゲートが美しく、完成当時「東洋一のダム」と謳われていた。80年以上経った現在でも重厚な佇まいは変わらず、平成14年(2002)に国の登録文化財に指定されている。湖畔の小牧港からは庄川峡を眺める遊覧船も運航しており、エメラルドの湖面を船の上からのんびり楽しむことができる。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す