NAVITIME Travel

青森のパン/デザート/その他飲食店スポット一覧

  • 南部せんべい 八戸屋
    お買い物
    青森県むつ市新町47-3
    創業大正12年(1923)の南部せんべい店。昔からの伝統を今も受け継ぎこの店独自の技術を持つ職人たちが、心を込めて丹念に焼き上げている。一週間前後の出来上がりで、オリジナルのプリントせんべいも注文できる。また予約制で手焼きせんべい作りも体験できるので、希望の場合は2日前までに予約しよう。
  • しかないせんべい 本店
    お買い物
    青森県弘前市新寺町32
    伝統の津軽煎餅は勿論、さくらやりんご、ねぷた・白神山地など、津軽・弘前をモチーフにしたお菓子が手に入る菓子処。また二十四節気や歳時記に合わせ、一年でその日一度だけ、一日限定の「歳時記菓子」も作っており、評判だ。
  • パティスリー ル・ショコラ
    お買い物
    青森県弘前市大字徒町17-1
    アットホームな雰囲気のお店で、季節に合わせたスイーツを提供しているパティスリー。プチガトー・バースディケーキ・焼き菓子・トリュフチョコレートのほか、ギフト用や法要引き出菓子・ウェディングケーキなど幅広いラインナップが魅力だ。また店内にはカフェスペースもあり、ゆったりとした雰囲気の中、お気に入りのケーキとともにドリンクも味わえる。
  • パティスリー ヴェルジェ
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    お買い物
    青森県弘前市百石町18
    平成16年(2004)に創業し、平成25年(2013)に移転リニューアルして現在まで、変わらぬ人気のパティスリー。白を基調とした店はお洒落な外観、そして清潔感溢れる店内共にまるで宝石店にいるような楽しさがある。洗練されているスイーツにはどこか可愛らしさもあり、見て楽しみ食べて嬉しいケーキと評判だ。

    アップルパイ目当てでうかがいました。お店の前に広めの駐車場があります。購入してから時間をおいていただいたのですが、パイのさっくり感が残っていておいしくいただきました。

  • 洋菓子工房ノエル
    お買い物
    青森県弘前市品川町2-2 ポッキーハウス101
    りんごは青森の宝・りんごをスイーツで生かしたい。そんな思いを胸に青森ならではのスイーツ作りをしている洋菓子店。14年度青森県ブランド認定商品 第二回アップルパイコンテスト弘前市長賞受賞を受賞したアップルパイは絶品。津軽の生りんご(ふじ)にバターとシナモンを加えて香り豊かに焼き上げてある。
  • お食事処 妙光
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県黒石市元町66
    黒石名物「つゆやきそば」の元祖店。店舗正面の壁には大きく「つゆやきそば」と書かれているのでわかりやすい。アットホームな店内は有名人の写真やサインが所狭しと飾られている。やきそばを調理中に間違えてラーメン丼に入れてしまったことから生まれた「つゆやきそば」。絶品と評判のメニューを是非いただきたい。

    黒石駅より徒歩10分、店正面の壁につゆやきそばの文字飛び込んできます。店内の壁に芸能人のサインや津軽凧がびっしりと。メニューを一旦眺めやはり定番「つゆやきそば」を注文。ソース風味の汁と麺の絡みがなかなか良く、癖なる不思議な一品でした。帰りは徒歩5分で境松駅に向かい乗車しました。

  • 松葉堂まつむら
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    お買い物
    青森県黒石市中町30
    梅干菓子で知られる名店。創業100余年の歴史ある店で、こみせ通りの雰囲気に合わせた江戸情緒を感じられる店構えになっている。老舗の名物「干梅」は、舌触りの良いまろやかな白あんを求肥と県産の赤じそで包んである逸品。そのほか城下町ならではの品のある和菓子が並ぶ。

    黒石中町のこみせ通りの北側にある和菓子屋さん。建物は新しく、こみせ通りの建物とは違う黒色の建物です。梅干と入った看板がかかっています。小さなお店に、和菓子が並んでいます。羊羮やお饅頭などがあり、お饅頭は1個から購入できます。

  • お菓子のみやきん 本店
    お買い物
    青森県上北郡七戸町字七戸329-1
    ほんの一口でほんとうに至福の時間が来るような、そんなお菓子作りをしている菓子店。献上銘菓・駒饅頭は、原材料に長芋や地元の清酒を使い、シンプルでありながら奥が深い味に仕上げた逸品で天皇両陛下にも献上されたもの。ほかにも和菓子・洋菓子ともにお勧めが多い。
  • かやの茶屋(酸ヶ湯温泉直営店)
    グルメ/お酒
    青森県青森市横内字八重菊62
  • 甘精堂本店
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    お買い物
    青森県青森市新町1-13-21
    明治24年(1891)創業の歴史ある菓子処。創業以来の看板商品「昆布羊羹」は有名だ。全国菓子観光大博覧会で最高賞の名誉総裁賞を受賞している逸品。「昆布羊羹」のほか、「煉羊羹」・「かしす羊羹」や津軽りんごを使用した菓子など、お勧め商品が多い。

    和菓子と洋菓子を置いていました。どら焼きをお土産に買おうと思って行ったのですが、平日の午後だったのに売り切れでした。

  • 永井久慈良餅店
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    お買い物
    青森県青森市浅虫坂本51-5
    明治40年(1907)に創業した餅店。現在も永井の久慈良餅は浅虫名産として愛されている。保存料・添加物を使用しないこだわりの製法で作られる久慈良餅は、上質の津軽米を製粉し、吟味したこし餡・砂糖等を混合して蒸し上げた薄い小豆色をした蒸し菓子だ。夏場は30分ほど冷やしてからいただくのがお勧めだ。

    午前10時ごろめがけてやってきました。出来立ての久慈良餅が買えました。まだほかほかで、温かい久慈良餅は最高に美味しくて、二人で一本をぱくっと食べてしまうほど。出川が電動バイクで訪れた店なので、ヤバイよシールを探したけど見当たりません。従業員みんなで山分けしたということでした。

  • レストラン 森のドア
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県中津軽郡西目屋村田代神田219-1
    岩木山の南麓に位置し、「水源の里」として知られる西目屋村にあるレストラン。平成31年(2019)リニューアルオープンした道の駅・津軽白神に併設されている。いただけるのは、白神山地、西目屋村のご当地グルメや西目屋村産白神そばを使った白神十割そばなど。オススメメニューのざるそばや山菜そば、舞茸天そばなどの他に、ご当地グルメの津軽ダムカレー、人気のめぇ-や味噌ラーメンが味わえる。

    リニューアルオープンから半年経った日曜日に行きましたが、お昼時はお客さんがひっきりなしにきて、席が埋まっていました。名物のダムカレーは、サクサクのポークカツが入っていて、ルーの中にも柔らかい牛肉が入っていました。(レタスやブロッコリーはあるけど、比較的野菜は少なめ)量は女性にとっては、少し多めな気がしますが、甘口よりでお子さんも食べやすいと思います。

  • 食事処 海峡
    rating-image
    4.0
    68件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県東津軽郡外ケ浜町三厩龍浜54-274 龍飛崎温泉ホテル竜飛
    奥津軽いまべつ駅より車で約30分。ホテル竜飛内にある海鮮料理店。温かみのある和室と気軽なテーブル席、少人数から利用可能で宴会に最適な広間を用意。様々なシーンに合わせた席が選べ、穫れたて新鮮な津軽の海の幸を思う存分味わえる。津軽海峡で獲れる魚は脂の乗り身の締まりどれも一級品。なかでもオススメは、新鮮な魚介類をガッツリいただける海鮮丼。他にも刺身やアツアツの焼きたて魚介類を堪能できる陶板焼きなど、単品料理も豊富。

    こんなところにこんな大きなホテルが…と驚くが、団体客などで結構賑わっている。安いプランは食事もそれなりだが、青森駅から無料送迎もあるので一人旅でも利用しやすい

  • 萬榮堂
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    お買い物
    青森県八戸市八幡五日町2-9
    南部二万石の総鎮守として鎮座している櫛引八幡宮の参道入り口にある和菓子店。創業以来、元祖の味を守り続けている。地元産の小麦粉にこだわった和菓子は人気も高く、八戸市出身の芥川賞作家の三浦哲郎氏の作中にも登場している。初代店主が櫛引八幡宮に祈願し生まれた「鶴子まんじゅう」は、創業以来変わらずすべて手作業で作られる。黒蜜と県南地方の小麦粉の小判型のまんじゅうに、真っ白な米粉をまぶした素朴な和菓子。県外からこの味を求めるお客も多い。

    10年振り位でしょうか。八戸銘菓鶴子饅頭をガイドブックで見て思い出して土産として買い求めました。市街のデパートの銘菓売場にもありました。素朴でパサパサした独特の食感が美味です。

  • Angelique(アンジェリック) 弘前店
    お買い物
    青森県弘前市野田1-3-16
    弘前城の東を走る北大通り沿いにお店を構える洋菓子店。1階ショーケースは白を基調とした明るい雰囲気。2階にはイートインスペースがあり、1階とは逆に黒を基調としたシックで大人の雰囲気。人気商品はりんご王国青森県らしいりんごを使ったアップルパイ。味はもちろん、皿からはみ出すほどのボリュームがあり、値段の割に食べごたえがあると評判である。
  • とちの茶屋
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486
    十和田湖遊覧船乗り場から十和田神社の間にあるとちの茶屋。ここは十和田湖に面した場所にあり、ガラス張りの一角からは雄大な十和田湖の景色を一望できる。メニューは十和田湖の天然ヒメマスやニジマスを使った料理が人気。地元で採れた山菜と一緒に刺し身や塩焼き、天ぷらにして味わうことができる。また稲庭うどんや南部そばもあり、青森の味覚を十全に堪能することができる。

    十和田湖に来たらヒメマスでしょうが、ちょっと高かったので暖かい天ぷらうどんにしました。1,050円+消費税で観光地だからこんなものでしょうね。窓際のテーブルで湖を見ながら食事出来ました。

  • 津軽路弥三郎 鍛冶町店
    rating-image
    4.5
    7件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県弘前市大字鍛冶町23-2
    中央弘前駅から徒歩5分ほどにある郷土料理屋。日本海の魚介や山菜など、旬の食材を活かした郷土料理を提供している。また、青森の地鶏「青森シャモロック」を使ったメニューも人気となっている。

    弘前公園の近くにある郷土料理やさんで、あまい大きくはありませんが1人でも入りやすいお店です。 他の店舗では味わえないものが食べられます。

  • 津軽三味線ダイニング 郷の音 響
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県弘前市土手町126 弘前パークホテル 3F
    弘前市土手町の県道3号線沿いにある郷土料理屋。地元の食材を活かした郷土料理の会席、青森の地酒などを提供している。また、通常夜7時から1ステージ行われる津軽三味線のライブも見どころ。スタッフの津軽訛りでの対応も相まって、津軽の雰囲気を存分に味わえる。

    レストラン形式で演者からの距離はありますが、もともと音量の大きい三味線なので十分楽しめました。またいろいろ郷土料理をリーズナブルな料金で楽しめました。

  • 八戸屋台村 みろく横丁
    rating-image
    3.5
    129件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県八戸市三日町25-六日町10
    八戸市三日町と六日町の間にある屋台村。郷土料理や魚介、肉、おでん、串焼き、ラーメン、洋食など、様々な種類の料理の屋台が軒を連ねる。「みろく横丁」の名は、三日町と六日町を貫く立地に由来している。

    ほんの数百メートルの間にちっさいお店がひしめいています。 どこも10人入ればいっぱいです。 カウンター式でおかみさんが真ん中でみんなにこにこしてます。外から見ているだけでもほっこりできました。

  • 菓子処寿々炉 本店
    お買い物
    青森県弘前市田代町14-2
    弘前市田代町にある和菓子屋。大納言を焼き上げた「寿々炉(すずろ)」や和三盆の打ち菓子「雪紐(ゆきひも)」、乾燥させたりんごをゼリーで固めた「花かざし 」などの銘菓や、季節の生菓子を販売している。また、茶室では抹茶や煎茶とセットで生菓子を味わうことも出来る。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す