石見銀山世界遺産センター

博物館/科学館

世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の概要を知る

16世紀から300年にわたり栄えた銀産地の様子がわかる資料館。復元模型などの立体資料や映像資料を豊富に使った展示のほか、丁銀づくりやVRなど体験コーナーも充実している。

石見銀山について詳しく学ぶことのできる資料館 石見銀山について詳しく学ぶことのできる資料館

遺跡巡りの拠点となる世界遺産センター

石見銀山世界遺産センターは、島根県大田市大森町に所在する。銀山にまつわる知識や散策に役立つ交通情報など、広大な遺跡を巡るために必要な情報がここに集約されている。公共交通機関では最寄りのJR大田市駅から路線バスで約40分、自家用車では出雲大社から約1時間程度の位置にある。石見銀山遺跡は鉱山跡と古くからの町並みが一体となっており、世界遺産センターから路線バスで行くことができる。センターには約400台分の駐車場が整備されているのでまずここに立ち寄り、散策の情報を入手しよう。

山の中腹にあり、石見特産の赤瓦が目印 山の中腹にあり、石見特産の赤瓦が目印

世界遺産の価値を知り、散策のポイントをつかもう

展示室では世界史における石見銀山の役割、鉱山の成り立ちや特徴、町での人々の暮らし、銀採掘や製造の方法、調査研究の成果などの幅広い情報が4つのテーマに分けて解説されている。それぞれ文字、写真、立体展示や映像を多く使用しており、銀を掘り出した坑道跡「間歩」の位置や集落での生活の様子が地図やジオラマ、等身大の人形などでイメージしやすく展開されている。解説は日本語と英語に対応。展示鑑賞は約40分で一巡できる。ここで石見銀山の概要をつかもう。

当時を再現したわかりやすい展示 当時を再現したわかりやすい展示

かつての銀山周辺の様子が感じられるジオラマの展示も かつての銀山周辺の様子が感じられるジオラマの展示も

体験メニューで、オリジナル作品を自分で作ってみよう

世界遺産センターでは、室町時代から江戸時代にかけて使われた貨幣「丁銀」グッズを作ることのできる体験メニューが用意されている。砂の中から銀を探す「銀さがし」体験は子どものグループにも人気のメニュー。また、低融点合金で作るキーホルダーやストラップ、気軽に作れるプラ板丁銀キーホルダーから、展示室に展示されている本物そっくりの実物大丁銀作りも楽しめる。所要時間は20-90分程度。また、受付時間や予約が必要な場合があるため、事前に確認しておこう。

なかには実際に銀塊に触れ、持ち上げられる展示も なかには実際に銀塊に触れ、持ち上げられる展示も

散策プランづくりにはエントランスホールへ

石見銀山遺跡は見どころがさまざまあり、散策ルートやおすすめスポットが書かれたマップなどの資料が欠かせない。世界遺産センターのエントランスホールには、これらのマップや史跡の解説パネル、立体模型で遺跡の見どころが紹介されている。文化財などの見学可能時間を踏まえて提案してくれる映像もあり、ルート作成のヒントになるだろう。センターのスタッフが相談に乗ってくれるので、思いきって話しかけてみよう。また、石見銀山最大級の銀採掘坑道跡「大久保間歩」への見学ツアーもメール、電話での事前申込後の当日受付や、予約に空きがある場合のみ当日参加もここで申し込むことができる。

立体模型で世界遺産エリアの地理関係もわかりやすい 立体模型で世界遺産エリアの地理関係もわかりやすい

スポット詳細

住所
島根県大田市大森町イ1597-3
電話番号
0854890183
時間
8:30-17:30

【展示室観覧時間】
9:00-17:00(最終受付16:30)
[3-11月]9:00-17:30
休業日
毎月最終火、年末年始
料金
【入館料】無料

【有料展示室観覧料】
[一般]310円(団体260円)
[小中生]150円(団体100円)
駐車場
あり(400台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、WAON、Apple Pay、PayPay、LINE Pay、d払い、auPAY、ALIPAY)
Wi-Fi
あり(ぎんテレwi-fi)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • レンタサイクルがお薦め
    4.0 投稿日:2020.10.30
    センターからバスで3分位 のとこにレンタサイクル屋がありますか。電動でラクラク! 坑道の方と街並みの方 両方1時間から2時間で充分まわれます。バス時間をチェックしておくと良いです。本数 少ないので
  • 大久保間歩ツアーの出発口。
    3.0 投稿日:2020.07.06
    山の中にあって車でなければ向かうのは大変そうです。館内には坑道模型や英語での説明版があります。ここではガイド同伴でなければいけない坑道のツアーを提供しています。ツアーでは坑道の紹介だけではなくこの地の歴史を紹介してくれるため、町巡りの前に参加することをお勧めします。ヘルメットと長靴(どちらも貸出)をつけて進む坑道は簡単に通り抜けられる龍源寺間歩とはまた違った良さがあります。坑道内にはこうも...
  • 歴史と鉱山技術がよくわかる
    4.0 投稿日:2020.04.06
    大田市駅から石見銀山バスで約30分「世界遺産センター」に到着(バスの本数が少ないので事前に要チェック)。 当日はあいにくの雨模様で町並み地区の散策はできなかった。館内は石見銀山の歴史や人々の暮らし、採掘現場の模型、世界との関わりなどがわかりやすく説明されていた。「丁銀づくり体験」もできます(1500円)。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          石見銀山周辺エリアのおすすめスポット

          島根のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました