NAVITIME Travel

岐阜の博物館/科学館スポット一覧

  • 飛騨高山まちの博物館
    rating-image
    4.0
    128件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市上一之町75
    岐阜県高山市にある博物館で、高山市を中心とした民俗資料約7万5000点を所蔵し、そのうち900点を常時展示する。城下町の形成と町家文化をテーマとした14の展示室では、高山祭や町家、城下町の成り立ち、また郷土ゆかりの文人や美術、飛騨にゆかりの深い円空などを展示している。建物は明治8年(1875)に建てられた旧永田家の檜造りの土蔵をそのまま使用しており、情緒溢れる佇まいも魅力。観覧料無料。

    無料とは思えないくらい立派な施設です。高山の歴史や、祭り、昔のくらしなどに関する資料が展示されています。時間がなかったのでさらっと回りましたが、興味深い資料が並んでいました。

  • 飛騨高山獅子会館からくりミュージアム
    rating-image
    4.5
    33件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市桜町53-1
    岐阜県高山市にある、からくり人形を中心に展示する博物館。からくり人形とは、日本三大美祭のである高山祭で市内を曳かれる屋台にも設置されている機械仕掛けの人形や模型のことで、糸やぜんまい、バネなどで操るもの。施設内では、ミシュランガイドでも1ツ星を獲得している「からくり人形の実演」も行われ、人形師の神技を体感できる。また、全国から集めた獅子頭約300点を展示しており、日本で唯一の獅子頭展示場として重要有形民俗文化財にも指定されている。

    高山の一番端に近い櫻山八幡宮のすぐ近くにある穴場の観光施設です。何と言ってもからくりが5体あり、すべて実際に動きます。実に不思議な世界が広がります。ただ、実演のタイミングと合うかどうかですね。 獅子頭は多数ありましたが価値がわかりませんでした。

  • 名和昆虫博物館
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県岐阜市大宮町2-18 岐阜公園内
    岐阜県岐阜市にある、現存する日本最古の昆虫専門博物館。ギフチョウの発見で知られる名和靖によって設立された名和昆虫研究所の付属施設として、大正8年(1919)に開館した。世界各国の昆虫約18,000種類、300,000点以上の標本を所有し、それ以外にも様々な昆虫の飼育、研究を行っている。明治洋風建築の建物は開館当時のもので、登録有形文化財に登録されている。JR「岐阜駅」・「名鉄岐阜駅」よりバス長良方面行き乗車後、「岐阜公園・歴史博物館前」下車徒歩2分。

    金華山の麓の岐阜公園入口歴史博物館の隣りに建つ日本最古の昆虫博物館。ギフチョウの発見で知られる名和靖により明治29年に設立された名和昆虫研究所、その付属施設として大正8年(1919年)に開設されたようです。昆虫好きにはたまらない施設です、子供にもいい施設ですね。

  • サイエンスワールド(岐阜県先端科学技術体験センター)
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県瑞浪市明世町戸狩54
    中央自動車道「瑞浪IC」より車で3分、全国でも珍しい体験型の科学館。展示物はほとんどなく、館内で展開される様々な実験や工作を楽しみながら、科学への興味や関心を深めることができる。スクリーンに映し出される映像とステージでの実験を組み合わせた約1時間の「サイエンスショー」や、目の前で実験ショーが楽しめる「スペシャルワークショップ」など、様々な実験や体験が楽しめる。科学を深く追求する公開講座なども開かれている。

    クーラーもきいていて親子で一緒に作れて最高の場所です。お財布に優しいし、子供も新たな発見があり生き生きしています。

  • 大垣市スイトピアセンター・こどもサイエンスプラザ・水のパビリオン・コスモドーム
    遊ぶ/趣味
    岐阜県大垣市室本町5-51
    名神高速道路「大垣IC」または「大垣西IC」より車で5分。文化会館や学習館などの文化施設が一体となった、水の都「大垣」の中心となる生涯学習の場。学習館には、都市・人とくらし、地球・自然のちから、宇宙の神秘をテーマにした科学館「こどもサイエンスプラザ」や、コンピュータ制御によるプラネタリウムが楽しめる「コスモドーム」、水の不思議を楽しく学べる「水のパビリオン」などがある。
  • 藤橋歴史民俗資料館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見
    名神高速道路「大垣IC」より約90分。緑に囲まれた鶴見地区に移築・復元された茅葺き民家5棟が目印の野外博物館。棟内には紙漉きやトチノキの木挽き、木製品などの民具や郷土の民俗資料などが展示され、実際に使われていた家屋、道具の持つ生活の息吹を見て、感じることができる。通りを挟んだ向かい側には現代に造られた天守風の「藤橋城」があり、こちらでも民俗資料などが展示されている他、プラネタリウムを楽しむこともできる。
  • 飛騨・世界生活文化センター
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市千島町900-1
    高山市千島町にある複合施設。最大収容人数2,000人の「飛騨コンベンションホール」と500席を備えた「飛騨芸術堂」の2つの多目的ホール、会議室やレストランを備えた「食遊館」、飛騨の家具などの展示を行う「ミュージアム飛騨」などからなる。「ウエルカムプラザ」では、横16mにおよぶ飛騨のパノラマ画や、「鉄腕アトム」の撮影に使用されたセル画アニメ撮影台なども展示。
  • つちのこ館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県加茂郡東白川村神土426-1
    幻の生き物「つちのこ」に関する資料を展示している日本で唯一の資料館。東白川村はつちのこ目撃情報が日本で最も多い地域。目撃情報から忠実に再現したつちのこの模型や、つちのこについての様々なグッズ販売を行っている。懸賞金をかけたイベントも開催しており、つちのこ捜索はもちろん、マスつかみやクラフト体験、抽選会や餅投げなど様々な催しが行われる。同施設では上質な味わいの白川茶をはじめとした村の特産品や、自社商品のトマトジュース「とまとのまんま」やトマトケチャップなども販売している。
  • 若宮修古館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市白鳥町長滝138
    奈良時代以降、鎌倉・室町時代を中心に隆盛を極めていた白山長瀧神社の社家。若宮家は代々白山長瀧神社の祭祀を司ってきた家柄で、祖先は奈良の朝廷に仕えた公卿と伝わる。およそ1250年も前に奈良からこの地に至り、代々神主執行として仕えてきた長い歴史を持つ家柄だ。白山信仰の隆盛を偲ばせる古美術品や民芸品などの文化財が多数陳列されており、冬期間(12月中旬から3月中旬)以外にはそれらを見学することが可能。谷崎潤一郎の著書「細雪」の舞台のひとつにもなった「爛柯亭」が移築されている。
  • 白山文化博物館・白山瀧宝殿
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市白鳥町長滝402-11 白山文化博物館
    白山文化の里のシンボル的存在として設立された博物館。養老元年(717)に開山した白山の神を祀る「白山信仰」に関する様々な史料を展示している。白山をイメージした外観が特徴で、300インチ3画面の大映像で白山の登拝を体感できる。館内には白山文化を紹介する展示をはじめ、各地の史跡を紹介するインフォメーションプラザ、文化財を展示する文化財展示室、郡上で起きた大規模な一揆・郡上一揆に関する資料展示なども設置されている。別館・白山瀧宝殿に展示されている木造釈迦三尊像・四天王像は国指定の重要文化財だ。
  • 郡上八幡樂藝館
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市八幡町島谷789-1
    郡上八幡駅から車で約5分、郡上八幡旧庁舎記念館そばにある洋館風の建物。明治37年(1904)に建てられた当初は「林寮院」と呼ばれる民間の病院だった。現在は画廊や展示室、民俗資料室等に使用されており、郡上八幡の文化創造や文化交流の場となっている。四棟のうち看護婦棟・本館・レントゲン棟は国指定の登録文化財。トラス組の漆喰壁で仕上げられた本館が建築当時の景観を今に伝えている。本館左の看護婦棟は江戸時代の足軽屋敷の古材を活用して建設されたものだ。

    郡上市役所の旧八幡町庁舎のすぐ近くあります。。 明治37年に建てられた林療院の建物だそうで明治の面影を残す洋館です。 すぐ前には市営駐車もあります。

  • 昔ばなしの里
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地温泉110
    中部縦貫自動車道・高山ICから約一時間、古民家が建ち並ぶ昔ながらの山里風景を再現したエリア。中心となる共同浴場「石動の湯」には囲炉裏が設えてあり、五平餅やアイス、ムースなどの軽食をいただくことができる。男女別の内湯と露天風呂を備えており、古き日本の温泉情緒を味わうことができると評判だ。奥飛騨温泉郷で最も古い朝市も行われている。隣接する「福地化石館」には福地温泉より出土した化石を展示しており、太古の昔にこの地が海底だったことを知ることができる。
  • 大橋コレクション館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市丹生川町日面1147
    高山ICから約40分、全長約800mに及ぶ「飛騨大鍾乳洞」に併設された博物館。観光鍾乳洞として日本一の高さにある「飛騨大鍾乳洞」の発見者、故・大橋外吉氏が集めた世界の美術品や装飾品など約1000点を展示している。展示物の目玉は平成19年(2007)に強奪され、その後戻ってきた金塊。一部がバーナーで溶かされて売却されたため、現在は複数の塊になっている(71.7キロ・時価3億円)。鍾乳洞入り口の途中にあり、鍾乳洞入場料で自由に見学できるため気軽に立ち寄れる博物館だ。
  • こども陶器博物館
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県多治見市旭ケ丘10-6-67
    大正・昭和・平成のこども茶碗を展示している博物館。昭和34年の漫画「赤胴鈴之助」に始まる1,000種類以上ものキャラクター食器をはじめ、製造工程の紹介や転写紙などの展示を行っている。地下1階の常設展示室には「アンパンマン」の生みの親、やなせたかし氏や絵本作家・五味太郎氏直筆の絵皿も展示しており、陶器に描かれたそれぞれの世界観を楽しむことが可能だ。真っ白な陶磁器に筆で直接絵を描く絵付け体験なども行っている。

    美濃焼卸団地の金昭陶器の一角にあります。 昔懐かしいアニメのごはん茶碗のコレクションがあります。 企画展も年に数回ありますが、絵本に関するものなど、子供といっしょに楽しめます。 ここの売店で売っているミッフィーの食器は洋食器だけでなく、和食器もあり 珍しいです。 ミッフィの軽いどんぶりを買いましたが、とても扱いやすく子供さんにおすすめです。 春と秋の陶器祭りにいくとさらにお安く手に入ります。

  • 大垣市郷土館
    rating-image
    3.0
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県大垣市丸の内2-4
    戸田公入城350年記念事業として昭和60年(1985)10月9日に開館。 歴代大垣藩主戸田公の顕彰を目的に、郷土大垣に関わる歴史的資料を展示している。 主な展示品として、戸田公関係資料、関ヶ原合戦絵図屏風(複製)、 大垣祭「朝鮮ヤマ」資料などを見ることができる。

    保管状況が悪すぎて見る気がしない。 その割には展示しているものを、保管のため暗くして展示していると書いてあったが、すでに色が褪せてしまっているし、自然光バンバンに当たっていてビックリする。 資料は全てカメラNGなのは良いが、さして撮りたくなるような資料はない。 ここで入場料を取るくらいなら、大垣城の入場料を200円にしてここは無料で良いとさえ感じる。無人にする事はできないかもしれないが、少なくても...

  • 明善寺・庫裡郷土館
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町679
    ユネスコの世界文化遺産に登録された白川郷集落内にある真宗大谷派の寺院。荻町合掌造り集落の中で一際目立つ5階建ての合掌造りだ。本堂から庫裡、鐘楼までがすべて合掌造りで建てられている。江戸時代の末、1817年頃に建てられた庫裡は客間である「でい」が「口のでい」「奥のでい」と3室に分かれており、南側と表側の一部が庭に面した回廊になっているのが特徴だ。郷土の民具などの資料が展示されており、「明善寺郷土館」として一般公開している。
  • 中津川市子ども科学館
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県中津川市駒場1657-1
    中央自動車道・中津川ICから約10分の距離にある科学館。地球や宇宙、生命や天気、音や光、電気やエネルギーなど様々な仕組みを実際に体験しながら楽しく学ぶことができる。館内には直径3メートルのドームに星々を映し出すミニプラネタリウムもあり、入館料のみで観覧することが可能だ。科学を学ぶ展示のほか子供向けイベントの「土曜教室」も開催しており、週末には多くの家族連れで賑わう。

    中津川は何度も訪れているのでもうほとんど行くところがなく、残された小さな施設を訪ね歩いていました。 私にとって科学館というのはプラネタリウムがあって広大な敷地で難しいことを考えるべきだけどそんなことよりとりあえず回したりたたいたり音を鳴らしたりイエーイ!楽しい!!という施設なのですが、そういう意味ではこの科学館は非常に物足りないでしょう。 紙コップやらお菓子箱で作られた手製のおもちゃや危険度の低い...

  • 中津川市鉱物博物館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県中津川市苗木639-15
    多種多様な鉱物の産地として知られる「苗木地方」にある地質系の自然史博物館。長野県木曽郡南木曽町から岐阜県恵那市北部にかけての一帯は「苗木・上松花崗岩」と呼ばれる花崗岩の分布域。この花崗岩体から水晶やトパーズなどの鉱物が生まれているため、明治時代から鉱物の一大産地として知られている。砂の中から水晶を探し出すストーンハンティングやまが玉を使ったワークショップなども行っており、親子で楽しめると評判だ。巨晶花崗岩に見立てて作られたこの博物館では、個人や団体が学習・研究活動をした成果を発表する「私の展示室」という名の企画展示も行っている。
  • 土岐市美濃焼伝統産業会館
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県土岐市泉町久尻1429-8
    千年を超える歴史を持つ「美濃焼」の伝統的技術に関する資料や美濃焼陶磁器製品を展示している文化施設。展示室では土岐市内で創作活動を行っている作家の作品を展示しており、伝統的な作品から近代的な作品まで様々な美濃焼に触れることが可能だ。ろくろ、絵付けなどの作陶体験は予約すれば誰でも楽しめる。隣接する美濃陶芸村には美濃焼の伝統を受け継ぐ陶芸家が入村しており、昼夜作陶に励んでいる。

    ここは美濃焼の販売所です。博物館のように展示されているのはごく一部で、おしゃれなかわいい湯飲みやカップ、小物類等がお手頃価格で販売されています。もし新生活を始めようと思っている方はぜひ一度のぞいてみるといいですよ。

  • 日根野美術館&cafe(カフェ)
    rating-image
    4.5
    8件の口コミ
    グルメ/お酒
    岐阜県飛騨市古川町壱之町3-10
    飛騨古川駅から徒歩5分、飛騨古川の町家を利用した美術館。飛騨の匠の技が光る伝統的な書院造りで、横山大観や川合玉堂らの日本画、17世紀から19世紀にかけての古伊万里や18世紀から19世紀にかけての大名花見提重などを展示している。特製スイーツやコーヒー、ビーフシチューなどが味わえるカフェを併設しており、日本庭園を眺めながらゆったりと過ごすことが可能だ。街並みに溶け込んだ景観は一見美術館とは思えない雰囲気で「景観デザイン賞」を受賞している。

    美しい空間の中でクラシックな器で飲む珈琲と50年以上前のレシピのチーズケーキは絶品です。 何故、美術館なのか確認してみてください。 上品で明るく美しい奥様との会話を楽しんでください。英語も大丈夫ですよ。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す