NAVITIME Travel

東京の博物館/科学館スポット一覧

  • 東京国立博物館(休業中)
    rating-image
    4.5
    2161件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園13-9
    上野恩賜公園内にある国立博物館。明治5年(1872)創設。本館を含め6つの展示館があるほか、資料館もある。コレクション数は膨大であり、日本を中心に11万6000件以上もの東洋美術と考古遺物を収蔵。中には、国宝・重要文化財も多数含まれている。企画展示である特別展は年3-5回ほど開催。

    10月の即位礼正殿の儀で天皇陛下が昇られた「高御座」が無料で一般公開されています。 皇后陛下が昇られた「御張台」も並んでいました。 テレビでは見られなかった後ろの階段も見る事ができる貴重な機会。 別室には当日側近の侍従や女官が着た衣装、太刀・弓等の展示もありました。 まるで平安絵巻を見るよう。 一時間位並びましたが並んだ甲斐がありました。 平成の時は京都御所でのみの公開でしたが、今回は東京でも公開...

  • 日本科学未来館(休業中)
    rating-image
    4.0
    1069件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都江東区青海2-3-6
    お台場にある国立の科学館。常設展では、日々の素朴な疑問から最新テクノロジー、地球環境、宇宙の探求、生命の不思議まで、幅広く展示している。3D映像による科学的な映像作品や立体視プラネタリウム作品などが鑑賞できるドーム型シアターも人気。館長は宇宙飛行士として有名な毛利衛氏。

    新交通システムゆりかもめの東京テレポート駅から徒歩5分程度、江東区青海2丁目にある国立の科学博物館です。平成13年(2001年)の開館で、最先端の科学技術に触れる事の出来るミュージアムです。小さな子供にとっては、夢の広がる博物館だと思うので、小さな子供の居らっしゃるご家族の方におすすめです。

  • 江戸東京たてもの園(休業中)
    rating-image
    4.5
    332件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都小金井市桜町3-7-1 都立小金井公園内
    都立小金井公園内にある歴史的な建造物を移築し、展示した野外博物館。東京都江戸東京博物館の分館として設置された。園内には江戸時代から昭和中期までの、30棟の復元建造物が建ち並ぶ。センターゾーンには、東京都の有形文化財に指定された「旧自証院霊屋」、二・二六事件で暗殺された高橋是清の邸宅など移築された建物が並ぶ。その他、山の手の住宅を復元した西ゾーン、商家や銭湯、居酒屋などが並び、昔の下町の風情を楽しむことができる東ゾーンがある。

    3歳の男の子を連れてよくいきます。 路面電車と子宝湯がお気に入りのスポットで、見守っているだけでいつまでも遊んでいます。 12月初旬には、いろりを焚いていて、なかなか貴重な体験もできました。 また、小金井公園は花見の時期やお祭りの際に非常に込み合いますが、たてもの園に入れば喧騒から逃れてゆっくりと過ごせます。

  • 靖國神社 遊就館
    rating-image
    4.0
    160件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区九段北3-1-1
    靖國神社の境内に併設された宝物館。靖國神社の祭神である戦歿者や国事殉難者に関する資料、遺書・遺品類、ゆかりの物が拝観できる。映像ホールでは、靖國神社や祭神、近・現代日本についての映画を上映。大展示室には、艦上爆撃機「彗星」や人間魚雷「回天」などの大型兵器をはじめ、戦跡収集品も多数展示している。拝観は有料。

    一度は訪ねてみたいと思っていた場所に行くことができました 世間でここを訪れると戦争賛美のような扱いをされますが 果たしてそうでしょうか? 先の大戦の実物展示は参考になりました

  • お茶の水 おりがみ会館
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区湯島1-7-14
    安政5年(1858)創業の染紙・千代紙製造の老舗「小林染紙店」を母体として設立された会館。文京区湯島にある。紙文化の振興を目的とし、伝統工芸であるおりがみを通して日本の文化や日本の美を伝えている。紙文化の歴史や各国のおりがみ作家の作品を展示するほか、館内の工房で染めた和紙などが購入できる。和紙を使って小物やアクセサリーを作る和紙手芸教室も開催。

    やっと訪ねることができました。偶然曜日と時間が合うワークショップに参加して、ハガキに切り紙を貼る夏の作品を完成して持ち帰りました。参加費500円でした。

  • 国立科学博物館(休業中)
    rating-image
    4.5
    1215件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園7-20
    明治10年(1877)に設立された日本最大級の総合科学博物館。常設展は、地球の生命史や人類・科学技術のあゆみをテーマとする「地球館」、日本の自然や日本人の歴史をテーマとした「日本館」、360度に映像が映し出される「シアター36○」がある。企画展・特別展は年に数回行われており、休日は行列ができるほど多くの人が来館する人気スポット。

    平日の9時台に訪問。修学旅行生の団体が来ていたが、空いていた。当日券も並ばず買えた。 エジプトミイラはテレビでも観たが、南北アメリカインカ帝国時代の麻の布に何重にも包まれたミイラは初めて見た。熱帯雨林でもミイラができる。インカ帝国時代の埋葬方なのか… エジプトの猫のミイラ、鳥などのミイラもあった。エジプトのミイラ士によるミイラズ作りも案内があり、70日かかるという。心臓だけは残すそうだ。 そして...

  • 東京都江戸東京博物館(休業中)
    rating-image
    4.5
    2140件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区横網1-4-1

    2014年開催された大浮世絵展は、江戸時代初期の浮世絵の始まりから浮世絵の終わる明治の始まりまで年代順に浮世絵を展示した素晴らしい展覧会でした。今の時代は街やファッションはどんどん変化してゆく時代。20年や30年前などひと昔です。しかし、江戸時代は大浮世絵展を通じて見ると変化をしない時代だったと分かります。江戸初期と中期、後期の浮世絵に描かれる風俗があまり変わらないのです。江戸という時代は幕府が社...

  • 相撲博物館(休業中)
    rating-image
    3.0
    45件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区横網1-3-28(国技館1F)
    両国国技館に併設された博物館。日本の国技である相撲に関する資料を収集・保存している。錦絵や番付、化粧廻しなど、相撲ファンはもちろん外国人や子どもでも楽しめる展示が魅力。年6回のペースで展示替えを行うほか、常設展として歴代横綱の写真が飾られている。入館無料(東京本場所中は大相撲の観覧券が必要)。

    宿に近かったので見学しました。 無料です。 確かに小さいですね。 見学時間で言えば10分程度でも大丈夫かも。 国技館館内を廻るのであれば別ですが、 此処だけでしたら時間短めでもです。 展示物はそれなりですね。

  • 目黒寄生虫館(休業中)
    rating-image
    4.0
    196件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都目黒区下目黒4-1-1
    世界で唯一の寄生虫を専門とした博物館。館内には、LEDライトに照らし出された全長約8.8mのサナダムシ標本をはじめ、約300点もの実物標本が並ぶ。1階では「寄生虫の多様性」をテーマに、多様な寄生虫の姿が標本や動画等で紹介され、2階では「人体に関わる寄生虫」をテーマに、人間に感染した場合の症状、日本の寄生虫学研究の歴史などについて解説されている。ミュージアムショップでは、寄生虫の体内が緻密に描かれたTシャツなどオリジナルグッズも販売されている。

    寄生虫という、ニッチながら広くて深いジャンルに特化した展示施設。無料ですが寄付ボックスがあるので協力金を置いてきました。もっとグロテスクかと思いましたが、ホルマリン漬けされた各標本は退色しているので、それほどえぐい感じはしませんでした。

  • 野球殿堂博物館(休業中)
    rating-image
    4.0
    114件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区後楽1-3-61
    JR総武線/地下鉄三田線「水道橋駅」または地下鉄丸ノ内線/南北線「後楽園駅」より徒歩5分、東京ドーム内にある野球専門の博物館。プロはもちろんアマチュアまで含めた野球の歴史と現在をわかりやすく紹介する他、歴史資料や話題性の高い資料を数多く収蔵・展示している。野球界の発展に貢献した人々の功績を讃える「野球殿堂」や、5万点の野球関連図書を所蔵する図書室などもある。企画展も随時開催。

    今年はゴールデンウイークが長かったので、東京に住む娘のアパートを拠点にして、平成最後と令和初を含む5連戦を観戦することができました。その甲斐あって、セ・リーグ優勝でした!

  • 三の丸尚蔵館(休業中)
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区皇居東御苑1番1号
    地下鉄各線「大手町駅」C13a出口から徒歩約5分、宮内庁が所管する皇居東御苑内の博物館。皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品などの美術品が国に寄贈されたのを機に、その保存・管理とともに併せて一般公開することを目的に開館した。伊藤若冲の代表作として名高い「動植綵絵」や、狩野永徳・狩野常信による「唐獅子図屏風」などに、皇室関係の貴重な資料やご遺品なども加え、約9,800点が収蔵されている。
  • 宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)(休業中)
    rating-image
    4.0
    72件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ内 黄色いビル6F
    東京ドームシティ内にある、様々な視点で宇宙を楽しめるエンタテインメントミュージアム。館内には宇宙について紹介する様々な展示や、東京大学総合研究博物館とコラボレーションした研究室分室など、見どころが多い。人気の「シアター宙(ソラ)」は、直径11mの穴が床に開いており、その中に設置されたシアターの映像を覗き込んで鑑賞する施設。足元にまで流れ込む映像を眺めていると、空中に浮かんでいるような感覚を体感できる。

    後楽園周辺で食事をした際、子供連れで行ける場所ということで訪問しました。 宇宙にまつわる様々な展示をしていますが、大人にはちょっと物足りないかも。 子供達は喜んでいたので、その点は良かったです。

  • 東京都水の科学館(休業中)
    rating-image
    4.0
    76件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都江東区有明3-1-8
    東京都水道局が運営する、水に関する体感型ミュージアム。入館料は無料。館内にはテーマに応じた複数の展示が用意されており、シアタールームや水の実験室など、映像やクイズ、実験ショーを通して、水に関する知識を学ぶことができる。最寄り駅はゆりかもめ・国際展示場正門前駅、りんかい線・国際展示場駅、都バス・武蔵野大学前。

    館内には水遊びができるコーナーや巨大シャボン玉の中に入る体験が人気だ。水の不思議や自然の重要性を楽しみながら学べるのがよい

  • リスーピア(休業中)
    遊ぶ/趣味
    東京都江東区有明3-5-1 パナソニックセンター東京内
    東京都江東区有明の「パナソニックセンター東京」にある、理科や数学の面白さを体感できるミュージアム。2階の「クエストフロア」では、振り子の原理やケプラーの法則、熱対流の仕組みなどの「理数の不思議」を楽しく学べる。3階の「ディスカバリーフロア」は、数と形、光、雨の原理などをゲーム形式にした展示「ディスカバリーフィールド(大人有料)」、体験スペースの「ディスカバリーラボ」に分かれている。
  • 府中市郷土の森博物館(2020/6/1まで休業中)
    rating-image
    4.5
    64件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都府中市南町6-32
    東京都府中市南町にある総合博物館。旧府中町役場庁舎や府中の商家・町屋・農家など、江戸時代から昭和初期の貴重な建築物を約14万平米の敷地に移築・保存している。本館では常設展示として府中の郷土資料などを展示しており、屋外の建築物と併せて府中の民俗や歴史を知ることができる。2018年5月にリニューアルした最新鋭のプラネタリウムを併設。

    プラネタリウムに行きました。園内は、広大で、1日遊べるような感じでした。 駐車場もあって、便利だと思いました。お食事処が少なめなのがちょっと残念でした。

  • 多摩六都科学館(2020/5/31まで休業中)
    rating-image
    4.0
    82件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都西東京市芝久保町5-10-64
    東京都西東京市芝久保町にある科学館で、平成6年(1994)に開館。小平市・東村山市・清瀬市・東久留米市・西東京市(開館時は田無市と保谷市)の5市で運営している。目玉は、「世界最多の星を映える」として世界一に認定された投映機による1億4000万個以上の星空。展示室は「チャレンジの部屋」「からだの部屋」などテーマ分けされ、科学や生物、自然について楽しみながら学べる造りになっている。カフェや弁当持ち込み可の休憩室あり。

    科学好きな子供を連れて訪問。プラネタリウムは予約制なので、入場券を買う時に申し込むことになる。学生の社会科見学に使われる頻度が高いので、希望の時間に見れないこともあると思う。我々は、1時間半後の上演を予約できたので、それまで館内でイベントや展示物など結構楽しめた。プラネタリウムは本格的で毎回テーマを変えて上演しているとのこと。小さな子供でも十分楽しめる内容でした。

  • たばこと塩の博物館(休業中)
    rating-image
    4.0
    70件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区横川1-16-3
    東京都墨田区横川にある企業博物館で、かつて専売品であった「たばこ」と「塩」の歴史・文化に関する資料の収集と展示を行っている。平成27年(2015)に現在地へ移転した。3階では、アメリカ大陸で生まれ世界に広まった「たばこ」について紹介している他、江戸時代のたばこ文化に関する資料も展示。2階は塩に関する歴史や知識を展示とクイズで学べるフロアになっている。年に数回、たばこと塩に限らない、幅広いテーマで特別展を開催している。

    日本は塩を作りにくい国だということを知った。 他国だと岩塩が取れる鉱山があったり塩湖があったりするが日本はない。 よって、海水から塩を作らなくてはいけないが、湿度が高いこと、雨が多いことによって簡単ではない。一方、オーストラリアは乾燥していて雨が少ないので海水からの塩精製も容易にできる。 そのような理由から、天候に左右されないイオン交換膜での塩精製が日本では一般的です。 食塩という表示のものが日本...

  • 東武博物館(休業中)
    rating-image
    4.0
    94件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区東向島4-28-16
    墨田区東向島、東向島駅近くにある博物館。平成元年(1989)に東武鉄道創立90周年を記念して開館。蒸気機関車などの車両の実物などの資料展示や、シミュレーターなどの体験型展示などを通して東武鉄道について学ぶことが出来る。また、博物館の真上を走行する東武スカイツリーラインの電車を至近距離から観察することが出来るコーナーも。

    色んな鉄道博物館へ行っていますが東武博物館は整理券が必要なものがない・並べばできるものばかりなので朝からじゃなくても、お昼からでも十分楽しめるのが特に良かったです。 館内はほぼ無料のものばかり、[関東平野に広がる東武]のNゲージ?は1回100円ですがその他の運転体験やシミュレーション系も無料。 ウォッチングプロムナードは窓の汚れが気になったものの、時刻表も貼りだされていて次は〇〇が来ると調べなが...

  • 船の科学館(休業中)
    rating-image
    3.0
    88件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都品川区東八潮3-1
    品川区東八潮、船の科学館駅近くにある海洋博物館。海と船の文化をテーマとし、日本の海洋産業に関する資料の展示や、屋外プールを使ったカヌーやセーリングの体験学習などを行っている。また、初代南極観測船「宗谷」をはじめ、船の実物や潜水艇の模型の屋外展示も。

    お台場地区の品川区東八潮3丁目にある、船の形をした科学館です。お台場地区が開発されるずっと前の昭和49年(1974年)の開館で、当時はかなり目立っている建物でした。老朽化が進み、残念ながら現在では南極観測船宗谷の展示公開と、屋外展示場の一部の営業だけとなっています。いずれ取り壊されてしまうのでしょうか?

  • 印刷博物館(休業中)
    rating-image
    4.0
    47件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
    文京区水道にある博物館。日本とアジアに重点を置き、印刷の歴史や、印刷と文化との関わりなどを、昔の貴重な印刷物や最新の印刷物などの資料や、活版印刷などの技術の体験コーナーなどを通じて学ぶことが出来る。また、施設1階には音楽ホール、2階にはレストランとカフェも併設している。

    期間限定のVRシアター「百舌鳥古墳群・・・時を超えて」を見た。古墳の全体像は地上からは確認できないので、この空からの映像で楽しんだ。館内の展示室は広くじっくり見ると時間も必要。ガラス張りの工房室を横目に出口に進むのだが、いつも工房体験してみたいなと思う.が、個人ではなく団体申し込みのみなのだろうか。 一階では無料の展示が行われていたが、これもとても良かった。

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す