NAVITIME Travel

鹿児島・桜島の旅行/観光スポット一覧

  • 名勝 仙巌園
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
    万治元年(1658)に島津家19代光久によって築かれた島津家の別邸 仙巌園。28代斉彬がこよなく愛し、篤姫や西郷隆盛も訪れた美しい大名庭園で、錦江湾と桜島の雄大な景色を望むことが出来る。およそ1万5千坪の園内には、四季折々の花が咲き誇り、武家の伝統を今に伝える様々な催しが行われている。また、薩摩の郷土料理を堪能できるレストランやショップも充実し、観光を楽しめる。園一帯は、「明治日本の産業革命遺産」として平成27年(2015)に世界文化遺産に登録。平成30年(2018)大河ドラマ「西郷どん」のロケも行われた。
  • 新保観光農園
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市五ヶ別府町上笠木676
    みかん(10月上旬-12月下旬)/さつまいも(10月上旬-11月下旬)
  • 尚古集成館
    rating-image
    4.0
    132件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
    仙巌園に隣接した博物館。集成館とは、幕末の薩摩藩主・島津斉彬が産業育成のために造った工場群のことで、この博物館の建物は機械工場として1865年に竣工したもの。現在は島津家や、薩摩藩の産業化の歴史を語り継ぐ場として活用されている。建物のほか、展示物のいくつかは国から重要文化財に指定されている。

    仙厳園に隣接しており、本館は機械類の産業資産関係、別館は島津氏や薩摩藩に関連する展示がされています。特に、別館は、島津藩の文書(生麦事件について幕府へ通知した文書もありました)など歴史好きな人にとっては、とても興味ある内容だと思います。

  • 鹿児島県歴史資料センター黎明館
    rating-image
    4.0
    92件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町7-2

    鶴丸城は閉鎖中だが、本丸北側の虎口北門からは城内にある黎明館に入れる。明日まで黎明館で西郷隆盛の特別展が開催されていたので常設展と合わせ見学、帰りに1階カウンターで城100選のスタンプを押して帰途。

  • 鹿児島市立美術館
    rating-image
    4.0
    58件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市城山町4-36
    薩摩藩主・島津氏の居城であった、鶴丸城二の丸跡に建つ私立美術館。コレクションは地元ゆかりの作家の作品や、19世紀以降の西洋美術が中心。モネの睡蓮や、セザンヌの油彩画も所蔵している。鹿児島のシンボルである、桜島をモチーフとした絵画のコレクションも見応えがある。鹿児島駅から徒歩16分。

    鶴丸城跡から照国神社へ向かう途中にありました。常設展の他に定期的に変わる期間限定の展示なども行われていました。車で行きましたが、比較的近い場所に黎明館の大きな無料駐車場があるのでそちらに駐車して行きました。

  • 湯之平展望所
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市桜島小池町1025
    海抜373メートル、桜島の4合目に位置した「火口から最も近い」展望台。火山活動の状況によって、吹き上がる噴煙を望むことができ、眼下には大正溶岩が広がる。桜島の中では一般客が入れる最高地点で、車でも登ることができる。展望台はいつでも開放されており、夜は、鹿児島市街の夜景が大パノラマで見ることができる人気スポット。桜島港から車で約15分。
  • 黒神埋没鳥居
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市黒神町
    大正3年(1914)の桜島大爆発の際、大量に噴出した火山灰・軽石は、上空8000m以上まで上昇し、黒神一帯を埋め尽くした。もともと3mもあったといわれる原五社神社の鳥居は、上部約1mを残し埋没。住民は鳥居を掘り起こそうとしたが、当時の村長が大噴火の記念物として、後世に残すことを決めた。昭和33(1958)年県の文化財に指定されている。
  • 鹿児島ブランドショップ
    お買い物
    鹿児島県鹿児島市名山町9-1 鹿児島県産業会館1F
    鹿児島県産品の展示、即売を行うアンテナショップ。郷土菓子、お茶、さつま揚げ、焼酎、屋久杉の加工品など、約2,100品目にも及ぶ特産品、工芸品を扱っている。商品の詰め合わせもでき、贈答品やお土産の購入場所としておすすめ。購入した商品は全国に配送可能。市電「朝日通駅」から徒歩4分。
  • 照國神社
    rating-image
    3.5
    128件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市照国町19-35
    バス停・電停の「天文館」から徒歩で約5分。鹿児島県立博物館の近くにある神社で、薩摩藩の11代藩主である島津齊彬を御祭神としている。1863年に勅命によって照国大明神の神号が与えられ、その翌年に社殿が完成し、照國神社と称されるようになった。現在も鹿児島県の氏神様として多くの人々の信仰を集めている。7月11日には日の丸の旗を日本の総船印とする案が通り、幕府から発令されたことを記念した「国旗祭」が、7月15日と16日には鹿児島における夏の風物詩「六月燈」の前夜祭と頌徳祭が行なわれる。

    斉彬公を祀った神社ということで荘厳な中にも新鮮な雰囲気のある境内でした。鳥居の近くには資料館が無料公開され斉彬公ゆかりの品々を拝見できました

  • 旅の駅桜島 桜島物産館
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    お買い物
    鹿児島県鹿児島市桜島赤水町1427
    鹿児島最大級の大型ドライブイン。大きな桜島のオブジェの乗せられた看板が目印。一階は売店になっており、焼酎をはじめとした、桜島の名物が販売されている。二階はレストランになっており、桜島の雄大な山の風景を眺めながら、食事することができる。展望台からも山の風景が望め、記念撮影のできるスポットがある。

    鹿児島の焼酎を始めとする地酒が豊富に揃っています。 2回のレストランにはラーメン、カレーと桜島をモチーフにしたユニークな食事もあります。

  • 奄美の里
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市南栄1-8-1
    奄美大島の自然と文化を体験できる観光名所。16,000坪もの敷地には、美しい庭園が広がり、ブーゲンビレア・ソテツなど南国情緒あふれる自然を楽しむことができる。園内には大島紬の歴史館があり、美しい大島紬とともにその歴史を学ぶことができる。草木染め、織り、組みひも体験もでき、文化を肌で体験できる。また、熟練した職人の技や紬を織る道具など間近で見られる大島紬織り工程見学も行われている。併設のレストランでは郷土料理を楽しむことができる。

    伝統工芸や伝統的な家屋を見学できるスポット。個人的には隣接のレストランでいただける鶏飯が絶品だと思ってます。

  • 烏島展望所
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市桜島赤水町3629-12
    桜島の西側に作られた展望台。周囲を広大な溶岩原に囲まれている。もとは烏島と呼ばれる独立した島だった。大正3年(1914)に発生した大正大噴火により、大量の溶岩が流出して海を埋め立て、桜島の一部となった。展望台にはもともと島であったことを示す記念碑が建てられている。噴火から100年たち、不毛の大地であった溶岩原はクロマツに覆われている。植生の変遷を観察するポイントとしても利用されている。
  • 桜島ビジターセンター
    rating-image
    4.0
    191件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-29
    桜島の火山をテーマにしたミニ博物館。館内はいくつかのエリアに分かれており、それぞれ「桜島・噴火と成長の歴史」「桜島・植物の移り変わり」「錦江湾の住人たち」などを学ぶことができる。「噴火映像コーナー」はシアタールームになっており、大迫力の音と映像で噴火を体験することができる。ミュージアムショップでは桜島に関する書籍に加え、桜島椿油などが販売されている。

    ターミナル近く。無料スポットで、ビデオなどで、桜島のすべてがわかります。火山の成り立ち、錦江湾など。最初に見ると理解が深まります。

  • 溶岩なぎさ遊歩道
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市桜島横山町
  • 鹿児島市立科学館
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市鴨池2-31-18
    九州自動車道鹿児島ICから車で約15分の科学館。日本で唯一の大型フィルム映写機によるドームシネマ・プラネタリウムをはじめ、自然界の法則、科学技術および宇宙についてわかりやすく紹介してくれる。人力飛行機で桜島上空を飛行できる大型展示装置「桜島スカイサイクル」、弱震から強震までを体験できる「地震体験」、風のエネルギーを身体で感じられる「強風体験」など体感型展示物が多数。親子におすすめの楽しい学びの場となっている。

    科学館そのものはそれほど見所はなく、二回-三回行けばもう十分という感じです。しかしプラネタリウムはいいですね。月替わりで特集があったりしますので、子供と訪れるにはピッタリかなと思います。

  • 道の駅 喜入
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市喜入町6094-1
    国道226号沿いの海岸線に面した道の駅。錦江湾をのぞむ湯どころ、温泉および温水プールとしても利用されている。施設には温泉をはじめ、売店やレストランを備えた「八幡温泉保養館」のほか、全長53mのウォータースライダーが人気の室内プールに、ゴルフが楽しめる多目的グラウンドがある。大浴場や寝風呂の泉質は神経痛・関節痛に効くアルカリ性単純温泉。親しみやすい温泉リゾートで心身ともにリフレッシュできる。喜入限定の味噌やシフォンケーキが並ぶ売店も評判。

    国道226号線、鹿児島市内から指宿へ行く途中立ち寄りました 店内はお土産や採れたて野菜など沢山並んでいて目移りしてしまいます さつま揚げが見当たらなかったのが残念でした

  • 無双蔵
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市七ツ島1-1-17
    鹿児島を代表する特産品・芋焼酎の製造工程を目と耳で身近に感じられる施設。県内有数の「木樽蒸留器」から立ちのぼる麹の香りや地中に埋め込まれた甕壷、また、杜氏の作業風景といった伝統的な製造工程をゆっくり見学できる。併設の「無双蔵売店」で販売されているのは、限定品や人気商品を含む約200銘柄の薩摩焼酎のほか、ここでしか買えない「無双蔵限定商品」など。焼酎・梅酒を試飲しながら、心ゆくまで買い物が楽しめる。
  • かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館
    rating-image
    3.5
    32件の口コミ
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城山町5-1
    JR鹿児島中央駅より市電鹿児島駅行き乗車、「朝日通」駅より徒歩7分のところにある文学館。かごしま近代文学館では、鹿児島に特に縁の深い28名の作家に関する常設展示がされており、鹿児島にちなんだ作品に触れることができる。隣接するかごしまメルヘン館では、トリックアートやアスレチック、季節にちなんだ仕掛けで、まるで童話の主人公になったような体験ができ、子どものみならず大人も楽しめる。なお両館を訪れる場合は、共通入場券も用意されている。

    読書好きはどこの文学館でも堪能してしまうけれども、郷土の作家を中心にドンッと発信していて、かごしま近代文学館のしっかりした骨格を感じた。特集もよく練られていてソフトとハードの両面を出している。文学館の評価はそこを出る時、展示された作家達の作品をまた読み返したい、これは是非読まなくてはと思わせるか、否かにかかっているが私は無性に読みたくて堪らなくなりました。

  • かごしま環境未来館
    旅行/観光
    鹿児島県鹿児島市城西2-1-5
    新照院、草牟田、原良小前のいずれかのバス停から徒歩約5分・城西公園前バス停から徒歩約7分のところにある、環境をテーマにした公共施設。入館料無料。環境に配慮された「緑・水・空気・光」を最大限利用した施設内では4つのゾーン分けがされ「気づき」「知る」「学び」「実行する」を踏まえた展示がされている。年間を通して様々な参加体験型イベントが催され、楽しく環境問題を学ぶことができ、子どもの自由研究などにはうってつけ。リユース・リサイクルショップもあり、エコフリマなども開催されている。
  • 長島美術館
    rating-image
    4.5
    43件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鹿児島県鹿児島市武3-42-18
    平成元年(1989)に鹿児島市制施行100年に合わせて開館した美術館。展示室正面入口では、ロダン作「考える人」の彫刻が出迎えてくれる。ロダンの他には、シャガールなどの海外作家の絵画や彫刻、薩摩焼など約1000点を展示しており、年1-2回、別館展示室にて特別企画展を開催している。館内を鑑賞したあとは、鹿児島の市街地や桜島を一望できる喫茶室で、お茶や軽食を楽しむことができる。

    鹿児島中央駅から徒歩で向かえる場所にあります。丘の上にあるため、地図にて経路を確認して行く事をおすすめします。ちゃんと調べていなかったので結局遠回りすることになりました。こちらから見える景色も良いので、時間があればおすすめです。

鹿児島の主要エリア

around-area-map

頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

鹿児島の写真集

目的から探す