関連する記事

関連する観光コース

- 和歌山 PHOTO ALBUM -

banner_photo

すさみ町立エビとカニの水族館

江住駅から徒歩で約8分の水族館。廃校となった旧江住中学校の体育館を再利用したもので、約150種のエビやカニを中心とした甲殻類を常時展示している。潜水艇をイメージした水槽で小さなエビカニ達を見られる「海底探検潜水艇」を始め、甲羅の大きさが世界最大になる「オーストラリアンキングクラブ」など珍しい甲殻類も展示。中でも、「すさみの海水槽」はギネスブック認定の海中ポストを再現。また、季節に応じて館内の生き物を使った実験などが行われる「海の環境学習館」も開設している。

place

和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808-1 (白浜・龍神・熊野・那智エリア)

phone 0739588007

すさみ町立エビとカニの水族館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/03/16 水槽の中の極小宇宙
旅行中に道の駅を次々に辿っていて、道の駅すさみで休憩と買い物をして、別棟にエビとカニの水族館があることを知った。エビとカニ、されど150種も展示があるとは想像していなかっただけに、うれしい不意打ちを食らった。世界中から採取した色とりどりのイセエビ、世界中から来ているのに何でイセエビ?プールのタラバガニは手で触ることもできる、熱帯魚も一緒に泳いでいるし、揺らぐ水草や砂の上にいる極々小さなエビは赤と白...
投稿日:2019/10/24 道の駅すさみの駐車場に別棟で建っています
紀勢自動車道の終点であるすさみ南ICから国道へ向かった交差点に、道の駅すさみがありました。まだできて間もないらしいピッカピカの道の駅の隣に、こちらの「エビとカニの水族館」がありました。
800円の入場料はちょっとお高めかなあと思いながら入ってみました。名前の通り、エビたちとカニたちがたくさんいます。特に、様々な種類のエビは、カラフルで、思っていた以上に見ごたえがありました。
投稿日:2019/09/24 カラフルなエビたち
本州最南端の潮岬から白浜へと向かう途中、国道から高速への入り口に向かう交差点に、道の駅すさみがありました。その道の駅に併設されていたのが、こちらの「エビとカニの水族館」です。
ほぼエビ・カニ類に特化した水族館で、その数150種類以上なんだそうです。特に、エビたちのカラフルさには驚かされました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808-1 [地図]
エリア
白浜・龍神・熊野・那智エリア
電話番号
0739588007
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
無休
料金
【入館料】
[大人]800円
[小、中学生]500円
[未就学児(3歳以上)]300円
駐車場
あり(道の駅すさみと共用)

[大型バス]9台
[普通車]55台
[身体障害者用]5台
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(PayPay)
Wi-Fi
あり(wakayama free Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(入館案内のみ)
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
可(ケージもしくは抱っこのみ)
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          和歌山 の主要エリア

          around-area-map

          日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。