函館・大沼・松前のショッピングスポット一覧

  • 金森赤レンガ倉庫
    rating-image
    4.0
    1006件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市末広町14-12
    函館駅より徒歩15分、ベイサイドに位置する複合商業施設。明治時代に営業倉庫として建造された金森倉庫群を改装し、現在は「BAYはこだて」「金森洋物館」「函館ヒストリープラザ」「金森ホール」の4つの施設で構成されている。館内にはカフェやレストラン、土産物屋などが入り、ショッピングやグルメが楽しめる。函館ベイエリアの顔ともいえる赤レンガ倉庫の佇まいに、異国情緒を満喫できる人気スポットだ。

    赤煉瓦の趣のあるところです。 観光地になっているので、いろいろなものが楽しめます。海鮮市場があるのですが、なんでも揃っているので最終日の帰る前に行くのがおススメです。 冷蔵のお土産を買いたかったけど、帰る1日前に行ったので何も買えなかった。 やはり、空港でのお土産は全体的に少し高いので、こちらで買うのがおすすめだと思います。

  • 函館朝市
    rating-image
    3.5
    45件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市若松町9-19 (函館朝市協同組合連合会事務局)
    函館の顔ともいえる「函館朝市」は、戦後の昭和20年(1945)に、近郊の農家が野菜や果物を売り始めたのが始まりといわれている。その後、移転をくり返し、昭和31年(1956)に今の地での営業となった。カニやサケといった海産物販売や飲食店も加わったことで更に人気を博し、今では一日に約5000人もの人が訪れている。人気の商品は昼前に売り切れてしまうこともあるので、なるべく朝早く訪れよう。

    雪に慣れていない者にとっては大雪状態でした。 一応雪は上がり、朝市の並ぶ通りは除雪されているものの所々に雪の山が出来ていました。地元の方は慣れた風で営業している店舗もありましたが、肝心の観光客は時節柄もあってか疎らでした。

  • ハセガワストア ベイエリア店
    rating-image
    4.0
    253件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市末広町23-5
    ご当地名物「やきとり弁当」が自慢のハセガワストア。道南で「やきとり」とは豚肉のこと。タレや塩、みそだれなど5種類の味から選んで味わう弁当は、味もボリュームも大満足。道南に来たら一度は買いたい弁当だ。

    こちらも函館でしか食べられないので楽しみでした。注文してから焼いていて少し待ちますが作りたてのやきとり弁当は最高でした。ホテルでビールと一緒にいただきましたが東京に戻ってもまた思い出して食べたくなっています。ぜひ食べてほしいです

  • 函館朝市えきに市場
    rating-image
    4.0
    75件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市若松町9-19
    函館朝市のイカ専門の釣り堀。市場内に大きな楕円形の生け簀が作られており、そこに大量の生きたイカが泳がされている。利用者は店頭で料金を払い、順番に釣り竿を使ってイカを釣り上げる。釣られたイカが、海水を水鉄砲のように噴射して反撃してくることがあり、みどころのひとつとなっている。イカの値段が変動するため、利用料金は時価。釣ったイカはその場でさばいて刺身で食べることができる。

    500円の海鮮丼が食べれる食堂です。 我が家は2日行きましたが、私は両日とも五目丼! 500円で味噌汁、お新香がついています。 海鮮が何種類も入って大満足! 500円丼以外にも丼が沢山あります。 お値段が全体的にお安めです。 かなり待っていましたが、30分ぐらいで入ることができました。回転は早い方です。

  • 自由市場
    rating-image
    4.0
    88件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市新川町1-2

    昼前の訪問、ガラガラでした。 そこそこ安いですが、漫然とぶらぶらすると客引きに声かけられるだけでストレスが溜まります。 魚、野菜など何を買うかある程度頭に入れて訪問した方がよく、掘り出し物を探しに行くというイメージは持たない方が良いかもです 。

  • アンジェリック ヴォヤージュ
    rating-image
    4.5
    44件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道函館市弥生町3-11
    市電「大町電停」から徒歩10分のところにあるスイーツ店。県内外問わず、多くの客が訪れる人気店で、特に賞味期限がわずか30分のクレープは、多くのメディアで取り上げられている。カリカリサクサクしているクレープ生地に、新鮮なフルーツ、どこまでも軽い食感の生クリームは絶品で、その他デコレーションケーキ等も販売している。

    金曜日のオープン30分前に雨の中並びました。 前に一人しかおらず、雨だし、風も強いしこんなに早く来る必要なかったかな(笑) オープン前には、後ろに一人、店の前に止めた車の方が一人と4人しかおらず。 店がオープンすると、一番のお客さんがクレープを大量購入!!ちょっとビックリしながら注文を聞いてました。そして、私はお目当てのショコラヴォヤージュを1つ購入。クレープも悩みましたが、おなか一杯だったので止...

  • 函館山ロープウェイ 山頂ギフトショップ
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市字御殿山1 函館山ロープウェイ山頂展望台2F
    函館山ロープウェイの山頂展望台内にある土産物店。広々とした店内には北海道の定番のみやげものをはじめ函館限定商品や、北海道銘菓を販売している。レストラン五島軒とコラボレーションした「函館ラムカレー」や、「函館白いラムカレー」などが人気商品。函館山ロープウェイのゴンドラをモチーフにしたピンバッチや、函館発のキャラクター北うさぎのオリジナルグッズなども並び、山頂からの景色を楽しむ観光客でにぎわう。各種クレジットカードや電子マネーの利用可。

    函館山ロープウェイで登った先の施設にあるお土産屋さんです。 函館だけでなく、北海道のお土産が揃ってます。 お菓子、雑貨、衣類など種類が多いです。 一部値下げ品もありました。

  • 函館洋菓子 スナッフルス 駅前店
    グルメ/お酒
    北海道函館市若松町18-2
    JR函館駅から徒歩約3分の洋菓子店で、半熟のオムレツのような食感のスフレタイプのチーズケーキ「チーズオムレット」が特に有名。卵や牛乳など、北海道産の原材料にこだわった自然な味わいが人気である。1階のショップでは、他にもタルトや焼き菓子など様々なスイーツを販売。2階のティールームは、白を基調にした日当たりの良い空間。自慢のケーキなどのスイーツを味わいながら、ゆったりと紅茶も楽しめる。
  • 金森洋物館
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市末広町13-9
    電停「十字街」から徒歩で約2分、函館駅から車で約5分。バス停「金森洋物館・BAYはこだて前」で下車してすぐのところにあるショッピングモール。明治15年(1882)頃に築造の運河沿いにある金森赤レンガ倉庫の一部で、インテリアやファッション、アクセサリーなど約23の店舗がある。カネモリブリックラボには無料で利用できるブロック系の玩具があり、大人から子どもまで楽しめるスペースとなっている。洋物館ギャラリーは無料で作品展示ができる。
  • はこだて工芸舎
    rating-image
    4.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市末広町8-8
    平成26年(2014)に現在の場所に移転した北海道函館市にある工芸品の展示販売を行っているギャラリー。昭和10年(1935)に建造された建物は函館の発展と歴史を感じさせる雰囲気を醸し出している。北海道の作家を中心に陶芸や染め物などの展示企画を行っているほか、陶芸や紡ぎ織りから押し花、カリグラフィーにいたるまで様々な工芸教室を行っている。日によっては落語会などの伝統芸能をはじめ、様々なイベントも開催している。

    懐かしい昔の建物に、優しい温もりのある雑貨や工芸品が並んでいます。ゆっくりゆっくりとした時間が流れています。 お店先の野菜や豆が、作り物かと思うほど色鮮やかでした。

  • ペシェ・ミニョンフランス菓子
    rating-image
    4.5
    31件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道函館市乃木町1-2

    たかーい車(Koenigsegg)のお披露目会のお土産にいただきましたが食べてビックリいい香りと程よい口溶け!とても良いです。函館までは買いに行けませんが機会あればぜひぜひお邪魔したいおいしさでした。

  • 松前物産館よねた
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    お買い物
    北海道松前郡松前町字松城57
    松前の城下町に佇む蔵のような外観と、大きな「松前漬」の看板が目印の物産館。松前の前浜でとれた新鮮な魚介類を豊富に取り扱っている。店内にはいけすが設置されており、アワビやカレイなどが生き生きと泳ぎ回る姿を間近に見ることが可能だ。店内で自家製の松前漬けや本マグロ、松前産の活うにや活あわびを頂くこともできる。松前のお土産探しはもちろん、予約すればイカメシ作りも体験できるため一味違った旅行を楽しみたい時にも最適だ。

    入り口のメニューと全く違います。さらには、頼もうと思ったものもほぼありませんてました。 そして、仕方なく注文したものもメニューの写真と全然違いました。マグロ丼を頼みましたが、マグロ6切れしかもめちゃめちゃ筋のところで、あれはないと思います。基本的には、お店の方にごちそうさまでしたと伝えて店を出るのですが、何も言う気になれませんでした。わざわざ海鮮丼やウニを食べたくて松前まで足を運びましたが、無駄す...

  • プティ・メルヴィーユ 本通店
    rating-image
    4.5
    30件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道函館市本通3-25-25
    電停「深堀町」から徒歩で約17分。本通公園から本通中央線を南東に進んだところにあるフランス菓子のお店。函館市内に4店舗を展開する老舗で、オープンキッチンになっているためパティシエがケーキを作る様子も見られる。自然卵やフレッシュバター、駒ヶ岳産のかぼちゃ、牛乳、十勝産小豆など、北海道産の食材をふんだんに使っている。看板商品は一口サイズのチーズスフレケーキである函館メルチーズ。お土産としても人気が高い。カフェスペースもあってパフェやソフトクリームが食べられる。

    ここのかぼちゃのプリン(上にクリームのかかっている方)をいただきましたが、あまりの美味しさにかぼちゃのソフトクリームも試して見ました! 甘すぎず本当に美味しい! 家族でもっと食べたいのを我慢して結局東京の実家にプリンを送って貰うことにしました。 店内でいただく分は1つづつ買えますが、宅急便で送る分は3個で1箱です。 ちなみに帰りに空港をぶらついていた所、空港にも売っている所がありました...

  • はこだて明治館(旧函館郵便局)
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市豊川町11-17
    明治44年(1911)に函館郵便局として建てられた建造物。戦争・大火を耐え抜き原型を残したままの赤レンガ造りの建物は函館の歴史を語る大きな役割を担っている。現在館内はショッピングモールになっており、北海道の民芸品や硝子製品のショップのほか、サンドブラストや手作りオルゴールの体験工房などが入り、お土産探しにもおすすめ。函館駅からは徒歩15分、車では約5分ほど。
  • やきだんご銀月
    グルメ/お酒
    北海道函館市湯川町2-22-5
    北海道函館市の湯の川温泉にある老舗の和菓子店で、昭和41年(1966)の創業以来、地元の人々のおやつとして愛され続けている。看板商品の串団子は、北海道産の米を使って作るもちもちの食感が魅力。定番のしょうゆ、あん、ごまの3種のほか、季節限定の味も人気がある。他にも、どら焼きや大福など様々な和菓子を販売しており、お土産として好評である。
  • 五勝手屋本舗
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道檜山郡江差町本町38
    明治3年(1870)に江差町で創業した和菓子屋。紐を一周させて切る昔ながらの「丸缶羊羹」や「流し羊羹」を、手間を惜しまず丹精込めて作っている。早朝より一日がかりで練りあげる豆と寒天、砂糖は、熟練の技が必要。伝統の重みをしっかりと受け止めて、昔も今も変わらない味を手がけている。また、羊羹のほかにも最中やカステラ、季節の和菓子などがあり、贈り物に大変喜ばれる品々が揃う。レトロなパッケージが人気。

    明治時代以前からあるお菓子の店で、江差名物の羊羹で有名。丸缶に入っているのが特徴だが一枚板になっているタイプもある。他にたい焼きのような鮭の形をしたあきあじ最中もある。今は函館市内や空港にも売っているのでわざわざ江差で買うほどでもないが、せっかく江差に来たらいにしえ街道から坂を上がって新地町まで行き、本店を訪れてみたい。

  • パティスリー ジョリ・クレール
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道北斗市中央2-1-5
    北斗市にある洋菓子店。北斗市産の米「ふっくりんこ」を使用したもちもち食感のシュークリーム「もち×もちシュー」や北海道産材料にこだわった「十勝つぶあん純生ロールケーキ」などのスイーツが販売されている。北斗の拳とコラボで作られた「北斗の拳×いちご饅頭」は函館の「はこだて恋いちご」を使用し酸味と甘味が調和して、芳醇な香りが楽しめる一品。また、北斗市のご当地キャラ・ずーしーほっきーがパッケージの「ずーしーほっきーモナスク」もおすすめ。

    北斗市で有名なケーキ屋さんです。シュクリーム、エクレアやショートケーキは美味しいですが焼き菓子もおすすめです。ご当地キャラのずしーほーきーのイラスト入りも人気があります

  • 函館空港売店ポルックス
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市高松町511 函館空港2F
    函館駅からバスで20分。函館空港の2階、出発口のすぐ脇にある売店。北海道旅行の締めに最適な土産が取り揃えられていて、定番から話題の人気商品まで多数扱っている。商品の発送にも対応しているのが嬉しい。白い恋人やマルセイバターサンドなどの銘菓からサッポロクラシック、道内限定の日本酒も多い。「漁師の手づくり がごめ昆布入りいくら醤油漬け」は11月中旬から5月頃にポルックス限定で販売している商品。

    2F出発フロアに並ぶ土産物店の1つでした。土産物店の中では最も広いスペースを占有しており、当然ながら品数も豊富に陳列されていました。市内店舗では見掛けない焼菓子も並んでおり土産物として喜ばれました。

  • レイモンハウス 元町店
    お買い物
    北海道函館市元町30-3
    函館カールレイモンのハム・ソーセージ販売店。ドイツから日本にやってきたマイスター、カール・レイモンによって大正14年(1925)に創業された。ドイツの伝統的な製法で作られたハム、ソーセージを中心に、ベーコン、サラミ、ローストポークなどが販売されている。店内にはイートインコーナーがあり、焼き立てのホットドッグやソーセージをすぐに食べることができる。二階は歴史資料館となっており、日本でのソーセージ作りの歴史を学ぶことができる。
  • パティスリーショコラティエ シュウェットカカオ
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道函館市梁川町27-16
    函館市にあるチョコレートを中心とした洋菓子店。鈴木牧場牛乳をはじめとした北海道の素材に拘り、チョコレートが持つ本来の優しい香りを引き立てるように丁寧に手作りしている。新鮮な生クリームや最高級のクーベルチュールチョコレートを使用してレンガに見立てて仕上げた「函館レンガ生チョコ」、函館の夜景をイメージして金粉をまぶしたチョコレートクッキー「L'eclat(レクラ)813」、ほろっとした食感とフクロウの鳴き声をイメージして名付けられた「ポロロ」などの商品がある。

    むかーしに、ソフトクリームだけを向かいのお店に買いに行ったことは有ったのですが、こちらは初訪問。プリンが気になっていたので プリンとシュークリームを購入 あとはお使い物と配送でバームクーヘンを。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す