函館・大沼・松前のスポット一覧

  • 函館山ロープウェイ
    rating-image
    4.0
    1038件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町19-7
    電停「十字街」から徒歩で約10分、函館駅から車で約10分。南部陣屋跡のすぐそばに駅がある函館山のロープウェイ。125人乗りの大型ゴンドラで、山麓駅と山頂展望台駅があり、トップスピード秒速7mで海抜334mの山頂まで約3分で到着する。四季折々に美しい姿を見せる山頂展望台からの函館の夜景は、世界一の夜景との呼び声も高く函館観光の代表格。日没頃から1、2時間は夜景を見に訪れる人々で混雑することが多い。

    景色などについては他の方に譲るとしてハード面のお話を。 ロープウェイはツアー以外の通常利用の場合、片道券と往復券の二種類があり往復利用なら往復券の方が安くなっています。個人的に少しでも費用を安く上げたかったので帰りはバス利用のつもりで片道券を購入しましたが、不審に思われた係員に声をかけられました。事情を説明したら問題なく利用できましたが。 ロープウェイに乗るまでも時間がかかりますが、上についてから...

  • 金森赤レンガ倉庫
    rating-image
    4.0
    1004件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市末広町14-12
    函館駅より徒歩15分、ベイサイドに位置する複合商業施設。明治時代に営業倉庫として建造された金森倉庫群を改装し、現在は「BAYはこだて」「金森洋物館」「函館ヒストリープラザ」「金森ホール」の4つの施設で構成されている。館内にはカフェやレストラン、土産物屋などが入り、ショッピングやグルメが楽しめる。函館ベイエリアの顔ともいえる赤レンガ倉庫の佇まいに、異国情緒を満喫できる人気スポットだ。

    夜間はライトアップされて非常にきれいなのですが、写真に撮ろうとするとどうしても他の観光客などが写ってしまいます。朝早くなら人も車通りも少ないので良いのですが、明るいとキラキラした感じがなくて少々不十分な・・・ 夜8時くらいに訪問しましたが大方のお店は既に店じまいを済ませた後。買い物が必要ならば日中などの早めの訪問が良いかもしれません。

  • 旧函館区公会堂
    rating-image
    4.0
    545件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町11-13
    北海道屈指の豪商・相馬哲平氏から50,000円もの寄付を受け、総工費約58,000円余りで明治43年(1910)に完成した公会堂。左右対称のコロニアルスタイルの建築で、ブルーグレーとイエローが印象的な建物。大正天皇が皇太子時代に宿舎として利用したことでも知られている。昭和49年に国の重要文化財に指定された。市電「末広町電停」下車徒歩7分。

    八幡坂の近辺を散策しながら訪れましたが改修中で建物はすっぽり覆われていました。中も見学したかっただけに残念。また函館に来た際には立ち寄ってみたいです。

  • 函館ハリストス正教会
    rating-image
    4.0
    467件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町3-13
    緑の屋根と白壁のコントラストが美しい、日本で最初のロシア正教会聖堂。弁天末広通りから大三坂を上った先にある。明治の函館大火で焼失した初代聖堂に代わり、大正5年(1916)に現在の聖堂が建てられ、のちに国の重要文化財に指定された。また平成8年(1996)には、鐘楼の鐘の音が「日本の音風景百選」にも選ばれている。

    元町の洋館、教会街の中ほどにあり、ひときわ目を引く特徴的な建物がこのハリストス正教会です。門を通って建物の近くまで自由に行くことができます。教会の庭からは、函館山を間近に見上げることができます。教会の建物と函館山とのコントラストがきれいでした。

  • 谷地頭温泉
    rating-image
    4.0
    300件の口コミ
    宿泊/温泉
    北海道函館市谷地頭町20-7
    函館駅から車で約7分。函館山の麓に位置する天然温泉施設。昭和28年(1953)の開業以来、地元の人に愛されており常連客も多い。函館五稜郭にちなんで5角形の星型になっている露天風呂が人気。鉄分を含んだ茶褐色で熱めの湯が特徴で、身体の芯から温めてくれる。効能は神経痛、健康増進、慢性胃腸病、慢性婦人病。

    函館には湯の川温泉という有名な温泉街がありますが路面電車の終点である谷地頭。 駅から徒歩数分で地元の方にも愛される谷地頭温泉があります。 駐車場も広いので助かります。 ひなびた感のあるたたずまい。いいですねーこういうドラマにも出そうな雰囲気最高です。 1階は休憩所と受付。浴場は2階という造りになっています。 温泉は高温・中温・低温と3種類で分かれていて好みに合わせて入浴可能です。 湯は鉄分を含んで...

  • 箱館奉行所
    rating-image
    4.0
    311件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市五稜郭町44-3
    江戸時代末期である1864年、開港とともに設置された江戸幕府の役所。幕末の北方警備と、対外折衝の重責を担った奉行所である。その後、箱館戦争の舞台となり、明治時代に入ると新政府により奉行所は解体されたが、平成22年(2010)当時の約三分の一の広さで復元。奉行所の当時の姿を垣間見ることができる。また、五稜郭から発掘された遺物なとも展示されており、見どころ満載だ。

    19世紀後半に短期間だけ現存した建物を2010年に復元したものです。内部には歴史的な展示・解説がなされており、歴史的背景に興味があれば十分楽しめるかと思います。

  • ハセガワストア ベイエリア店
    rating-image
    4.0
    249件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市末広町23-5
    ご当地名物「やきとり弁当」が自慢のハセガワストア。道南で「やきとり」とは豚肉のこと。タレや塩、みそだれなど5種類の味から選んで味わう弁当は、味もボリュームも大満足。道南に来たら一度は買いたい弁当だ。

    函館で有名な焼き鳥弁当。今は、セコマ系列になっているようですが、おいしいですよ。 ただ、注文の仕方がわかりづらい。初心者は、ひたすら待ってしまうかもしれません。もう少し、システム的に注文できればもっと良いと思います。

  • 津軽海峡フェリー「函館フェリーターミナル」
    rating-image
    4.0
    96件の口コミ
    交通
    北海道函館市港町3-19-2
    函館市にあるフェリーターミナル。函館市・青森市・大間町を結ぶ津軽海峡フェリーの乗り場になっている。日が降り注ぐウッドデッキは開放的で、津軽海峡や港の様子が眺めることができる。また、施設内にはキッズコーナーやドッグランなど、家族連れやペット連れに対応した施設も併設。食堂では、道南地区の食材を称した定食を味わえる。

    函館→大間間のフェリーを利用しました。コスパは最高乗船料1名2千円。90分の航海です。かーペットのキャビンで寝転がって気が付いたら大間に到着です。11時着で11時57分のバスを待っている間にターミナルビルの中へ「ロ-マの休日」をもじって「オオマの休日」のポスターに笑い。(実際にローマの緯度はほぼ同じ。青森県の蟹田町と同一です。)短い航海にのんびりですね。

  • 函館市旧イギリス領事館
    rating-image
    4.0
    255件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町33-14
    北海道函館市にある、かつてのイギリス領事官。領事館としては昭和9年(1934)まで使用されていた。旧イギリス領事館の当時の様子を楽しめる「展示室」と、函館開港の歴史を学べる「開港ミュージアム」がある。昭和54年(1979)に函館市の有形文化財に指定された。ショップやティールームも併設されているので、イギリスの伝統的アフタヌーンティーも楽しめる。

    元町公園のすぐ近くにある洋館です。門を入ると、建物の周囲の庭を回れるようになっていて、庭の一画にはローズガーデンがあります。建物の2階は有料ですが、1階は無料で見て回れるようになっています。1階には喫茶スペースやお土産コーナーがあります。

  • カトリック元町教会
    rating-image
    4.0
    246件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町15-30
    ゴシック建築を用いた大鐘楼が特徴のカトリック元町教会。現在の建物は大正13年(1924)に再建されたもの。キリスト教宣教再開の象徴として、国内では最も古い歴史を持つ教会の一つ。函館市 元町函館山エリア 市電「十字街」電停下車 徒歩10分。

    函館山のロープウェ―側から元町の洋館・教会の通りを歩いていくと、最初に目に入るのがこのカトリック元町教会です。円錐型の青緑の屋根の先についている風見鶏が特徴的です。教会の中に入って見学をすることもできます。

  • 函館市熱帯植物園
    rating-image
    3.5
    173件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市湯川町3-1-15
    北海道にありながら、南国のめずらしい花や木を展示している熱帯植物園である。園内には約300種3000本の植物があり、見応え十分。冬季には、温泉に入るニホンザルの姿も見られる。その他、幼児用の遊具や水の広場なども充実しており、家族連れに人気の植物園である。

    熱帯植物園の中に猿の飼育場所があります。 猿が温泉に浸かって気持ち良さそうにうたた寝しちゃてます。 子供さんからお年寄りまで楽しめます。 入場するとこの入口近くに餌の販売機がありますので餌もあげれますよ

  • ラッキーピエロ ベイエリア本店
    rating-image
    4.0
    876件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道函館市末広町23-18
    北海道函館市のベイエリアにあるご当地グルメバーガー店で、カラフルなピエロの看板が目印。緑を基調にした森のような店内には、メリーゴーランド風の木馬やブランコの席があり、まるで遊園地のような雰囲気である。一番人気のバーガーは、中華風味の甘辛いタレが絡む「チャイニーズチキン」。グループ客には、3つのバーガーが一度に楽しめる巨大な「函館山ハンバーガー」も好評である。

    そこら中に店舗があるので味はどこも同じですが、ここは店内が広くて開放的。 お土産も豊富で使いやすいです。

  • 函館市北方民族資料館
    rating-image
    4.0
    116件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市末広町21-7
    函館市末広町にある、北方民族の暮らしや文化を紹介した資料館。世界的に学術的価値の高いコレクションが展示されている。明治12年から19年(1879-1886)にかけて、篤志家や開拓使によって収集された函館博物館旧蔵資料や、北方民族研究の世界的な権威者である馬場脩氏が収集した、アイヌ民族資料などがある。

    函館4日滞在の最終日訪問した。展示品はやはり日本の最北端の北海道だけに多く充実している。アイヌ民族だけでなく、ウルタイ民族、アリュート民族などの資料を展示している。大昔にアラスカに渡らなかった人たちが住み着いた場所だ。アイヌの展示資料は展示品としては東京博物館より多く充実していて、説明資料もおいて有り親切。勿論東博のほうが保管資料としては多いだろうが。アリュートの三人乗りの皮舟は世界でも数少ない...

  • 旧相馬家住宅
    rating-image
    4.5
    97件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町33-2
    明治41年(1908)に、豪商・相馬哲平の私邸として建てられた屋敷である。相馬哲平は米穀商として財を成し、「旧函館区公会堂」に私財を投じるなど、函館の発展に貢献した人物だ。和と洋が融合した贅を尽くした造りであり、見どころも満載。ボランティアによるガイドが随時行われており、音声ガイド機(日・英)も多数用意されている。併設されているカフェでは、焙煎したてのコーヒーやアロニア健康果樹ジュースを提供。函館湾や旧イギリス領事館といった函館の町並みを望める喫茶室だ。

    元町公園の隣り。雰囲気のある大邸宅なので、この辺りでもひときわ異彩を放っていると思います。 ただ、建物の内部の拝観は4月からだそう。仕方がないので外から覗いただけですが、玄関から勿体のある邸宅全体を見上げる外観などちょっと普通ではない雰囲気がムンムンしていました。 豪邸のかつての主人は相馬哲平。米穀商で財を築き、旧函館区公会堂の建設にも相当の私財を投じたとのことでした。

  • レイモンハウス 元町店
    rating-image
    4.0
    77件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市元町30-3
    函館カールレイモンのハム・ソーセージ販売店。ドイツから日本にやってきたマイスター、カール・レイモンによって大正14年(1925)に創業された。ドイツの伝統的な製法で作られたハム、ソーセージを中心に、ベーコン、サラミ、ローストポークなどが販売されている。店内にはイートインコーナーがあり、焼き立てのホットドッグやソーセージをすぐに食べることができる。二階は歴史資料館となっており、日本でのソーセージ作りの歴史を学ぶことができる。

    何年も函館に行ってたが、初めて購入。 食べてみると、やはりスーパーの大量品とは異なり丁寧な味、肉の旨味が主でうまかった。 ハムソーセージは土産に不向きと思ったが、ここのは取り寄せもあり。 元町の店は二階が歴史館。レイモンさんの苦労と日本の歴史との歩み、なかなか興味深い。 駐車場あり、近隣に見所多く散歩で訪れるのも良い。給水というか一休みに。 一階では試食をくれて、迷わず配送頼んだ。 女性店員は親...

  • 函館市地域交流まちづくりセンター
    rating-image
    4.0
    73件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市末広町4-19
    大正12年(1923)創建の丸井今井呉服店函館支店として建てられた建物を再利用し、平成19年(2007)4月に開館した函館市地域交流まちづくりセンター。地域情報や観光情報の発信もしている。市電「十字街」電停徒歩1分。函館バス 「十字街」バス停徒歩0分。

    函館市地域交流まちづくりセンター 旧丸井今井の建物を利用した建物だそうです。カフェや色々なイベントに部屋を利用できるようでした、観光客用にパンフレットも沢山用意してあります。 今回の目的、東北最古のエレベーターを見に行きましたが、案内の男性職員さんがとても熱心に説明してくださり、胸打たれるものがありました。 エレベーターも現役で動いており、乗せていただくことができました。感無量です。

  • 見晴公園・旧岩船氏庭園(香雪園)
    rating-image
    4.5
    64件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道函館市見晴町56
    北海道函館市は函館駅前より路線バスで約40分、香雪園バス停下車徒歩約1分のところにある公園。函館の豪商であった岩船峯次郎氏が、明治中期に造成した本格的な風景式庭園である香雪園を中心に周囲のゴルフ場などと合わせて開設された。北海道唯一の国指定文化財庭園であり、春にはソメイヨシノなどの桜が咲き、秋には紅葉の名勝として訪れる人々の心をつかんでいる。他にもレンガ造りの温室や書院造りの園亭と見どころは多い。

    11月3日紅葉が観たくて大沼国定公園に向かいましたが、残念ながらピークを過ぎて落葉していました。ネットで函館の紅葉穴場を調べたところ見晴公園が見ごろという事で行って来ました。午前10時くらに現地に着き無料駐車場に20分待ち位で止める事が出来ました。 実際、見事な紅葉を観る事が出来て良かったです。

  • 江差港マリーナ(えさし海の駅 開陽丸)
    rating-image
    4.0
    72件の口コミ
    旅行/観光
    北海道檜山郡江差町姥神町1-10
    函館から車で約1時間30分。明治元年(1868)に江差沖で座礁沈没した、旧幕府軍の開陽丸を実物大で復元した展示施設。沈没から100年以上たった昭和50年(1975)から始まった海底遺跡の発掘調査により引き上げられた貴重資料、遺物など約3000点を展示。旧幕府の海軍副総裁・榎本武揚や乗組員の様子、大砲や拳銃、医療品、食器など興味深いものも多い。また、大砲発射体験、操船シミュレーションや保存処理体験など体験コーナーのほか、売店、軽食喫茶も備えている。

    センター自体は時間の関係で入らず、外に係留されていた(?)開陽丸の帆船を見学。レプリカには違いありませんが、明治時代でもこうした建造技術があったのだなあと感心させられました。なかなか大きいです。

  • 函館朝市えきに市場
    rating-image
    4.0
    68件の口コミ
    お買い物
    北海道函館市若松町9-19
    函館朝市のイカ専門の釣り堀。市場内に大きな楕円形の生け簀が作られており、そこに大量の生きたイカが泳がされている。利用者は店頭で料金を払い、順番に釣り竿を使ってイカを釣り上げる。釣られたイカが、海水を水鉄砲のように噴射して反撃してくることがあり、みどころのひとつとなっている。イカの値段が変動するため、利用料金は時価。釣ったイカはその場でさばいて刺身で食べることができる。

    税抜500円の海鮮丼なんてありえない!と思ってました。そんなミニ丼で満腹になるわけない!と。今回中途半端な午前の時間帯に空腹になり、ぱっと思いついて初訪問。税抜500円の海鮮丼のバリエーションは5種類しかなく、マグロの赤身も自分史上これ以上薄いものはナイ!ほどでしたが、想像したほどはしょぼくありませんでした。海鮮丼がニガテな人、お腹がいっぱいな人には確かに向いています。市場の一階でカニを買った台湾...

  • うにむらかみ 函館本店
    rating-image
    4.0
    422件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道函館市大手町22-1
    函館朝市のすぐそばにある、無添加のウニと北海道食材が味わえる店。函館駅、また赤れんが倉庫からも徒歩5分と好アクセス。無添加の生ウニは渋みもなく甘さ豊かで、口の中に入れた途端、ウニが本来持っている濃厚でクリーミーな甘さがとろけるように広がる。ウニを知り尽くした職人による、専門店ならではのウニ料理は他では食べることができない。「地産地消」をモットーに、ウニ以外にも至極の北海道食材を堪能できる。

    札幌のお店にも伺っていますが、こちらのほうおが待ち時間は少ないような気がします。 私はうに丼レギュラー一択ですが、一緒に行った友人曰く、うに以外の海鮮も素晴らしいとのこと。 他の人も書いていらっしゃいますが、ちょっとお高いのがマイナスポイントですが、たまの贅沢なら良いかな? あ、あと「うに丼大盛」も検討してください!(笑)

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す