NAVITIME Travel

岐阜の通りスポット一覧

  • 馬籠宿
    旅行/観光
    岐阜県中津川市馬籠4300-1
    江戸時代の面影を色濃く残す、中山道の宿場町の一つ。石畳の坂道沿いには昔ならではの食事処や民宿、往時を思わせる数々の建造物が立ち並び、ノスタルジックな雰囲気を醸し出している。文豪・島崎藤村の出生地として知られており、本陣島崎家の跡地に建つ『藤村記念館』をはじめとする、島崎藤村ゆかりの施設が数多く残されている。
  • 湯のまち雨情公園
    遊ぶ/趣味
    岐阜県下呂市森
    「日本三名泉」のひとつ、下呂温泉街からほど近い阿多野谷上流に広がる公園。昭和初期、歌謡詩人の野口雨情がこの地を来遊した際に作った「下呂小唄」にちなんでその名がつけられた。園内中央に流れる阿多野谷は、下呂の山麓から流れ出る清流。川沿いには遊歩道が整備されており、川のせせらぎや小鳥のさえずりを聞きながら浴後の散歩を楽しむ人の姿も見られる。夏には水遊びを楽しむこともできるため、温泉街の賑わいとは違った過ごし方を楽しむことが可能だ。
  • 多治見本町オリベストリート
    旅行/観光
    岐阜県多治見市本町
    明治初期から昭和初期にかけて建てられた商家や蔵が残るレトロな街並み。長さ約400mのエリアに美濃焼ショップやギャラリー、カフェなどが点在している。岐阜県出身の戦国武将で茶人としてもその名を遺した古田織部の自由で斬新な発想を、現代の町づくりに取り入れようという取り組みから作られた。町の中心に立つ「陶都創造館」では伝統的な美濃焼のほか、若手陶芸作家の作品まで様々な陶器を楽しむことが可能だ。レトロとモダンが心地よく溶け合った通りはのんびり散歩するだけでも楽しい。
  • 中津川宿
    旅行/観光
    岐阜県中津川市本町
    江戸時代の風情をそのまま残す、中山道45番目の宿場町。かつて東濃地方随一の商業の町として栄えた町で、立派なうだつから当時の活気あふれる様子を感じることができる。「中山道歴史資料館」の裏には脇本陣があり、門の先に広がる別世界は必見だ。土蔵や上段の間が一般公開されているため、ここで記念撮影をする観光客の姿も多い。本陣広場に設置された手押し井戸は今でも水を出すことができるため、人気のフォトスポットになっている。
  • やなか水のこみち
    旅行/観光
    岐阜県郡上市八幡町新町・稲荷町
    東海北陸道郡上八幡ICから車で5分。郡上八幡は全国でも有数の水がきれいな町として知られており、町のいたるところに水にちなんだ観光スポットがある。やなか水のこみちは、そんな水の町郡上八幡のシンボル的ポケットパークで、別名美術館どおりとも呼ばれている。玉石を敷き詰めた道とその脇を流れる水路、柳の並木、風情を感じさせる大きな家屋敷が、町なかの一服の清涼剤となっている。
  • まごめ自然植物園
    遊ぶ/趣味
    岐阜県中津川市馬籠
    馬籠宿から北に1.5km、海抜600mの丘陵地帯にある植物園。約2万平方mの敷地内にサギソウ・カキラン・サワギキョウ・コバノトンボソウなどの湿原植物、レッドリストに載るハナノキやヒトツバタゴなどの稀少植物、カタクリ・ミツバツツジ・ギボウシなど300種余りが自生している。植物が自然のままに息づく園内には遊歩道が設けられ、四季折々の美しさが満喫できる。
  • 岐阜繊維問屋街
    旅行/観光
    岐阜県岐阜市問屋町2-11
  • 吉田川親水遊歩道
    旅行/観光
    岐阜県郡上市八幡町
  • 板取街道
    旅行/観光
    岐阜県関市板取一里保木

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す