NAVITIME Travel

岐阜のお土産スポット一覧

  • 株式会社オゼキ
    お買い物
    岐阜県岐阜市小熊町1-18
    岐阜市小熊町に本社を擁する1891年創業の老舗提灯メーカー。岐阜の伝統工芸である提灯を盆提灯として全国百貨店等に出荷するほか、アメリカ生まれの彫刻家イサム・ノグチ氏が生み出したデザイン照明「AKARI」を欧米諸国へ輸出している。特に「AKARI」は、世界からその芸術性を高く賞賛されている。他にも、和紙を使った提灯や手紙として送ることができるレター提灯など従来の常識にとらわれない商品が揃う。
  • ヤマカワ招猫店
    お買い物
    岐阜県下呂市幸田1163-1
    下呂大橋西詰にある、下呂温泉で最も大きい土産品専門店。目印は身長2.4mの青い目の招き猫、ジェームズ五郎平Jr.。一緒に記念撮影をする観光客の姿も多い。お出汁がついた温泉たまごのほか、飛騨牛を贅沢に使った飛騨牛めし弁当・飛騨牛おにぎり、日本一おいしいお米コンテストで最優秀賞を受賞した地場産米「いのちの壱」など、下呂温泉ならではのお土産を豊富に取り揃えている。飛騨の蔵元全12件のお酒を取り扱う酒蔵も隣接されており、あわせて立ち寄る人も多い。
  • しろとり木遊館
    お買い物
    岐阜県郡上市白鳥町向小駄良717-1
    道の駅・清流の里しろとりに隣接する木の専門店。古くから良質な杉や檜の産地として知られる白鳥町で、環境に配慮した森林管理事業を行なう郡上森林組合が経営している。店内には樹齢200年以上のトチの1枚板を使ったテーブルや、モダンなインテリアに最適の円形飾り棚など木のぬくもりが感じられる品が多数取り揃えられており、見ているだけでも楽しめると評判だ。レーザー光線による表札彫刻なども人気。
  • 渡辺染物店
    お買い物
    岐阜県郡上市八幡町島谷737
    天正8年(1580)の創業以来続く日本伝統の「正藍染」を現代に伝える老舗。天然の藍を原料とする伝統の染色技法を用いた暖簾や風呂敷、巾着や鯉のぼりなどを作り続けている。14代店主・菱屋安平は岐阜県の重要無形文化財に指定された人間国宝。伝統的な技術の中に現代的芸術要素を取り組み、郡上本染の魅力を国内外に伝えてきた。その技術のすべてを継承した現店主・15代により、長く使うほどに紺色から青色へと変化する「Japan Blue」は今なお世代や国を問わず、幅広い人たちに愛されている。
  • たにざわ
    おしゃれ/ファッション
    岐阜県郡上市八幡町本町839
    草木染による素朴な色合いと光沢が魅力の「郡上紬」唯一の特約店。他に類を見ない国産の厳選春まゆだけを使って織られた紬で、着れば着るほどに光沢が出るため三代にも渡って着続けることができる。その昔、郡上の農家で織られていた自家用紬を再生し、新たな技法を生み出して今日の郡上紬を創ったのが、八幡町出身の故 宗廣力三氏。紬では初めての個人指定となる国の重要無形文化財技術保持者に認定されている。店舗の一階で和装小物を中心とする藍染グッズの販売、二階で宗廣力三氏の作品展示などを行っている。
  • 山麓駅ショップ
    お買い物
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高 新穂高温泉駅内
    食事からお土産、足湯など様々な施設が揃った「新穂高ロープウェイ」の出発駅・新穂高温泉駅内にある土産店。厳選された飛騨の地酒や信州ワインなど、北アルプスの名産をはじめとした多彩な商品を取り揃えている。日本唯一の2階建てゴンドラを模したチョロQやピンバッチなど、ここでしか手に入らない商品も多い。飛騨の方言で「ご飯のおかず」という意味をもつ、子持ちきくらげを加工した「めしのさい」はリピーター客も多い人気商品だ。
  • 山頂駅ショップ
    おしゃれ/ファッション
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高 西穂高口駅3F
    「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として掲載された大パノラマが広がる「新穂高ロープウェイ」西穂高口駅3階にある売店。通年集配可能なものとしては日本最高所にあるポスト「山びこポスト」に投函する絵葉書をはじめ、標高2,156mの登頂を記念する手形やサブレなどの限定商品を多数取り揃えている。地元産エゴマ入りの餡を雲のようなふわふわの餅で包んだ「雲海餅」は、新穂高のお土産にも最適。カウベルが付いた登頂手形には登頂した日付を入れることもできる。
  • 古民芸 倉坪
    お買い物
    岐阜県高山市上一之町8-1
    中部縦貫自動車道・高山ICから15分ほどの距離にあるアンティークショップ。小京都・高山の歴史を偲ばせる昔ながらの外観が特徴だ。飛騨高山の古材、古民芸、古民具品や古美術品を販売しており、地元飲食店をはじめ全国民家の内装材やインテリアとして広く利用されている。総桧の千本蔵戸や欅の箪笥、伊万里大鉢などいにしえの時を共に暮らすアンティーク家具は海外への納入実績もある。造り酒屋の軒下に下げる杉玉を直径30-70cmの要望に合わせてオーダーすることも可能だ。
  • 飛騨コレクション くらしの制作所
    お買い物
    岐阜県高山市上岡本町3-362
    「子供の代まで受け継がれる飛騨の家具を作りたい」という思いから生まれたクラフトショップ。飛騨の森の中で長い歳月を生きてきた自然木を使い、一枚板のテーブルや無垢テーブル、木の机や小物などを作っている。上質な材料だけを選び、 天然乾燥と人工乾燥を十分に施した無垢材の一枚板は、使えば使うほど美しくなる一生ものの逸品。山桜やトチ、ケヤキやウォルナットなど原木の種類からオーダーすることが可能だ。時計やフォトフレーム、スツールといった小物は友人への贈り物にも最適。
  • 小鳥屋商店
    お買い物
    岐阜県高山市上三之町5
    創業を江戸時代に遡る上三之町の呉服屋。染元に直接製造を依頼しているオリジナル商品の「刺し子糸」を中心に、綿の反物や綿製品の衣料品、バッグや小物類などを販売している。細糸は約370m、太糸は約185mで束ねた刺し子糸は通常の縫い糸と比べて緩めに撚っているため、刺したときにふっくらした糸目が作れるのが特徴だ。すべての糸の原型となる未晒糸をはじめ、25色の色糸や6色の染分糸などを販売している。注染やリバーシブル、古い町並みのオリジナルデザインなど豊富な種類の手拭いは見ているだけでも楽しい。
  • 飛騨さしこさんまち店
    おしゃれ/ファッション
    岐阜県高山市上三之町6
    布の補強にお洒落を兼ね備えた、生活の中に存在する美術「飛騨さしこ」の直営店。伝統の模様や図案だけにとらわれず、伝統とモダンを組み合わせたのれんや作務衣、ふきんやテーブルクロスなどのファブリック商品を販売している。刺し子は「用いて即ち美しい」と民芸運動で提唱されており、刺し子を施しているため丈夫で長持ちするのが特徴だ。ひと針ひと針手縫いで刺しているため、同じ模様であっても様々な表情の違いを感じることができる。
  • 山峡の家
    お買い物
    岐阜県大野郡白川村荻町702
    白川郷の総合案内所「であいの館」から徒歩7分、明善寺郷土館の向かいに佇む土産処。名水が生んだ飛騨の地酒や民芸品、特産品などを販売している。さっと食べられる軽食も販売しており、食感のアクセントが楽しいラングドシャに濃厚な生クリームソフトが乗った「クレミア」が人気商品だ。飛騨牛の旨味を一層引き立てる味噌を使った「飛騨牛まん」は、ひとつひとつ丁寧に手作りされている。お土産にはビーズで作られた合掌造りのストラップも人気だ。
  • 下扇屋
    お買い物
    岐阜県中津川市馬籠4264
    中山道の宿場町「馬籠宿」のほぼ中央に位置する土産処。木曽の民芸品や銘菓などを豊富に取り揃えている。お店のおすすめは古くから馬籠で手作りされている民芸品「春駒」。藁で木曽馬をかたどった縁起物で、素朴な愛らしさがあると評判だ。季節限定の栗きんとんやとちの実煎餅、五平餅のパックなども販売している。厳しい自然環境の中、一般的な檜に比べて倍の時間をかけて成長する「木曽桧」を使ったぐいのみなども人気。
  • いなか工芸館 山中工房
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    お買い物
    岐阜県飛騨市河合町角川709
    飛騨市河合町の伝統工芸「雪ざらし山中和紙」に触れられる工芸館。紙すき体験や草木染め体験などが楽しめる。和紙の原料となる「こうぞ」を雪にさらして漂白した「山中和紙」は、淡くナチュラルな色合いが特徴。「こうぞの雪ざらし」と呼ばれ、800年も前からこの地に伝わる伝統の技だ。農家の冬仕事として細々と伝承されてきたが、近年では生産農家が激減している。職人たちによる作業工程や実際の和紙作りを見学することも可能だ。

    柏木さんというおばあちゃんが毎日山中和紙の作業を行っています。3階には飛騨の古い生活用具が展示されています。 入館料は無料ですよ。

  • 山根 和紙の店
    お買い物
    岐阜県美濃市泉町1891-1
    美濃市泉町にある雑貨店。国の重要無形文化財に指定されている「本美濃紙」をはじめ、様々な種類の和紙や、和紙を使った雑貨を販売。「花鳥」と「平安絵巻」の2種類の図柄の友禅染和紙は、幸運をもたらすとして「ハッピーセット」と呼ばれている。
  • 恵びす屋
    お買い物
    岐阜県大野郡白川村荻町89-2
    世界遺産として有名な白川郷に店を構える土産物店。木造の素朴な造りの建物で、周囲の風景とよく溶け込んでいる。ちょうど白川郷の入り口に位置しているため、旅番組などでよく紹介されている。店内には、白川村の様々な特産品が数多く並べられている。地域の地酒も取り揃えており、にごり酒や吟醸酒などを扱っている。地酒によくあう、赤かぶの漬物などの食べ物も販売されている。
  • じ・ば工房
    お買い物
    岐阜県大野郡白川村飯島6
    白川郷にある、地元の民芸品を製作・販売しているお土産屋。店名には「地場」と「爺・婆」の二つ由来があり、白川郷で生まれ育ったお年寄りたちが培ったノウハウを活かし、伝統を守りながら作品作りにあたっている。草木染め、わら細工ものが主で、布ぞうりやマフラー、スカーフなどの品を販売している。いずれもお手製ならではの暖かみがあり、お土産にもオススメとなっている。また、予約をすれば伝統工芸体験も可能。定休日は月曜。
  • 右衛門横町
    お買い物
    岐阜県高山市下一之町19
    JR高山駅より徒歩10分。昔の酒造を改装した建物で、日本家屋の座敷がそのまま客室となった「茶房こと」では飛騨牛重や手作りの美味しいシフォンケーキが食べられる。そのほか、飛騨牛100%使用した飛騨牛まんや、五平餅、飛騨牛コロッケなども食べられる売店もある。飛騨高山牧場の直営店や、豆菓子専門店、漬物屋、お箸や飛騨春慶のお弁当箱のお店など土産物も充実している。
  • 三嶋和ろうそく店
    お買い物
    岐阜県飛騨市古川町壱之町3-12
    JR高山本線の飛騨古川駅から徒歩で約5分。壱之町通りにある和ろうそくの専門店で、テレビドラマの舞台としても知られる。創業240年を超える老舗で、非常に数の少ない和ろうそくの店の中でも、全てを手作りしているのはこちらの店だけと言われている。植物性の原料のみを使用していることから、ススが出にくく火が消えにくいという特徴があり、伝統行事「三寺まいり」でも重宝されている。お土産人気が高いほか、店頭で制作風景を見学することも可能。
  • 街の駅 匠館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市下三之町1-22
    JR飛騨高山駅から徒歩で約15分。鍛冶橋を東に進んで少し入ったところにあるイタリアンレストランや家具店などが入る観光スポット。街の駅がコンセプトで、3階建ての建物にお土産屋やカフェなども含む6つの店が入っており、一ヶ所で飛騨の魅力を楽しめる観光客向けの施設となっている。家具店では一枚板のテーブルを展示販売しているのが特徴。他の店では買えないプライベートブランドの商品が並ぶほか、製作体験も開催している。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す