白石・蔵王の旅行/観光スポット一覧

  • 白石城
    rating-image
    4.0
    154件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県白石市益岡町1-16
    白石市にあった平山城で別名は益岡城。主に仙台藩伊達氏の支城として用いられ、関ヶ原の戦い後、明治維新までの260余年間は片倉氏が代々居住した。明治初頭に廃城令により解体されたが、伊達政宗の片腕、片倉小十郎景綱の偉業を偲び、平成7年(1995)に三階櫓と大手一ノ門、大手二ノ門が忠実に復元された。約400本の桜がある白石城(益岡公園)。見ごろとなる4月中旬頃には、多くの観光客が訪れる桜の名所として有名。

    檜や青森ヒバの木造の城は、よかったです。アルコール消毒もやっていったので良かったです、晴れて.、蔵王が見られたもっとよかったです。今度、桜の時期に行ってみたいです。

  • 御釜
    旅行/観光
    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内
    蔵王連峰・五色岳にある円型の火口湖で、五色蔵王のシンボル的存在として知られる景観の名所。蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に囲まれており、釜状に見えることから御釜と呼ばれるようになった。水の中に含まれる硫黄等の成分により、天気によって湖面が瑠璃色やエメラルドグリーン等様々な色合いに変化し、神秘的な光景が広がる。一定の深度を超すと水温が上がるという特殊双温水層を持つ世界でも例がない特殊な湖。酸性湖のため、水中に生物は生息していない。
  • 蔵王エコーライン
    旅行/観光
    宮城県刈田郡蔵王町・七ケ宿町・山形県上山市
    宮城県の遠刈田温泉から山形県の坊平高原まで、蔵王連峰を横断する全長26kmの山岳道路。11月初旬から4月下旬までの冬期は閉鎖されるが、開通の時期からは雪の壁、夏には新緑、秋には紅葉と、季節ごとに変化する蔵王の自然の中をドライブできる。
  • 道の駅「村田」 物産交流センター
    rating-image
    3.5
    16件の口コミ
    交通
    宮城県柴田郡村田町大字村田字北塩内41
    宮城県柴田郡村田町にある宮城県道14号亘理大河原川崎線の道の駅。建物は白壁の土蔵をイメージしたデザインになっている。中には物産コーナーがあり、地元の新鮮野菜はもちろんのこと、特産品のそら豆を使った総菜や、米、陶芸品などが売られている。併設された「レストラン城山」では、牛タンハヤシライス、そら豆天ぷらざるうどん、かき揚げそら豆うどんがある。なかにはそら豆米粉麺を使った珍しいメニューもある。

    用事の途中で道の駅村田に行ってきました。店内にはレストランや地域の物産が売っており、賑わってました。

  • 一目千本桜
    旅行/観光
    宮城県柴田郡大河原町大谷字末広地区(白石川公園)
    大河原駅および船岡駅から徒歩で約3分。船岡城址公園の北にある桜の名所。白石川沿いに約1200本ものソメイヨシノが並ぶ光景は壮観で、見頃を迎える4月上旬から中旬にかけて、全国から毎年30万人の観光客が訪れる東北でも有数の花見スポットとなっている。開花時期に合わせて開催される「おおがわら桜まつり」では昼前から夕方頃まではお花見屋形船、夜間には夜桜のライトアップが行なわれ、一日を通して桜を楽しめるのが魅力。桜の奥には残雪の蔵王連峰も見られる。
  • 蔵王町伝統産業会館(みやぎ蔵王こけし館)
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山36-135
    昭和59年(1984)に開館した、こけしの博物館。蔵王の麓にあるモダンな建物だ。展示されているのは全国の伝統こけしと木地玩具、約5500点で系統別にわかりやく分けられている。実演コーナーや販売コーナー、絵付け体験などもあり、見て触れることができるのが嬉しい。

    用事の帰りにみやぎ蔵王こけし館に寄ってきました。駐車場には観光バスもたくさん来ており、賑わっていました。こけし好きの方にはオススメです。

  • 片倉家中旧小関家 武家屋敷
    rating-image
    3.5
    44件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県白石市西益岡町5-40
    白石市西益岡町にある歴史的建造物。白石城主片倉家の家臣・小関家の屋敷で、発見された資料から1730年に建築されたことが明らかとなった。市に寄贈された後、全面的な修復が行われ、県の文化財に指定された。

    白石城から歩いて10分くらいで、共通券で見学できます。周辺は閑静な住宅街で、川に面して建つ片倉家家臣の屋敷です。小さいながらも歴史を感じさせるたたずまいで、こじんまりとしていますが、きれいに手入れされた庭、紅葉の庭の木、川の流れなどなんとも風流な感じでした。

  • ふれあい牧場 ハートランド
    旅行/観光
    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉七日原201
    蔵王酪農センター内にあるふれあい牧場。約100ヘクタールという広大な土地を有し、100頭を越える牛など多くの動物を飼育している。うさぎややぎ、ひつじと直接触れ合える他、予約すれば様々な手作り体験をすることが可能。その場ですぐ食べられるチーズやアイスクリーム、お持ち帰りできるバターやソーセージと、好みに合わせて選べる。また、蔵王山麓牛乳など地元の乳製品も販売。敷地内に食事処も複数あり、チーズを使ったメニューが多い。
  • ICHIGO WORLD(イチゴワールド)
    rating-image
    4.5
    14件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県亘理郡山元町山寺桜堤47
    JR山下駅より徒歩9分。東北有数のイチゴの産地、宮城県山元町にあるイチゴ農園。食べる宝石とも呼ばれる「ミガキイチゴ」を、解放感溢れるハウスで30分間好きなだけ食べられる。高設栽培のため立ったまま摘み取ることができ、スペースも広く取ってあるため車椅子の方でも無理のない参加が叶う。練乳やチョコレートファウンテンなどのオプションも充実しており、特に子連れやカップルに人気のスポット。イチゴ狩りは1月から5月にかけて開催される。木曜と金曜は休園日。

    家族でイチゴ狩りにこちらの施設に行きました。 休日だったのでとても混んでいて、お昼くらいには、イチゴ狩りが終了していました。 粒が大きくておいしかったですが、路地栽培より甘味が少し足りないかなと…。 駅からあまり近くないのですが、イチゴ狩りに、学生やインバウンドと思われる方が、駅からこちらの施設に歩いて向かう様子が見られました。

  • 壽丸屋敷
    rating-image
    3.5
    21件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県白石市中町48-5
    街の中心部に位置する商家の屋敷。明治中期から大正にかけて建築された。店蔵や母屋、金庫蔵は江戸東京文化圏に属する豪商に見られる形態で、その屋敷構えをよく保っている例は全国的にも多くない。きわめて価値のある文化遺産として高く評価されている建築物だ。門をくぐれば四季折々の樹木や草木が丁寧に整備されており、明治から大正の古き良き時代にタイムスリップしたかのような風情を感じることができる。現在は貸しスペースとして使われており、落語や芝居、ミニライブに写真展など幅広いジャンルのイベントを開催している。

    JR白石駅から白石城方面へ真っすぐ、歩いて5分くらいです。白石を代表する豪商の屋敷で、明治期の町屋建築が風情を感じさせてくれます。白石の和紙製品の販売「白石和紙展」を開催しており、他にも手作りの甲冑なども展示してます。趣きのある建物がかつて人で賑わった往時の商いを感じさせてくれます。

  • 白石城歴史探訪ミュージアム
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県白石市益岡町1-16
    益岡公園内の白石城大手一ノ御門脇にある博物館。1階には売店があり、白石城のオリジナルグッズや和紙による工芸品、うーめんなどの特産品を販売している。レストランでは生うーめんを使った料理や白みその小十郎みそラーメン、名物のソフトクリームを提供。2階は歴史資料館となっていて1/100スケールの本丸模型や復元の過程を展示している。3階のシアターでは白石城を舞台とした映像作品を上映。

    宮城野・信夫の仇討ちは、知らなかったので、よかったです。主役2人の女優さんの迫力の演技がよかったです。片倉家の殿様や仙台藩主が、農民の仇討ちを認めた懐の太さをかんじられました。由井正雪も、興味がわきました。

  • 村田町歴史みらい館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県柴田郡村田町大字村田字迫85
    柴田郡村田町村田迫にある生涯学習施設。展示室と図書室、映像室、研修室などからなる。展示室では、町の歴史や郷土芸能などに関する常設展示や年に数回の企画展を開催。エントランスホールには800年の伝統を誇る「布袋まつり」の山車も展示されている。

    用事の途中で村田町歴史みらい館に行ってきました。道の駅村田と併設されており、無料なのでオススメです。

  • 白石・人形の蔵
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県白石市城北町4-18
    白石市城北町にある展示施設。昔の駄菓子屋を再現した空間でレトログッズを展示する「なつかし駄菓子屋風フロア」と、戦時中の暮らしをテーマとした「終戦の蔵フロア」 からなる。また、別館では市松人形の展示や企画展も開催。

    個人のコレクターが集めたコレクションは、想像以上におびただしい数。 戦時中の国威発揚を狙った人形や玩具などはちょっと心が痛むもの。しかし、歴史の一ページとしてこうして記憶にとどめることは意味のないことではないと思います。

  • 蔵の郷土館 齋理屋敷
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県伊具郡丸森町町西25
    一年を通して様々な企画展を行っている博物館。江戸後期から昭和初期まで手広く商売し、豪商と呼ばれるに至った齋藤理助氏が所有していた屋敷と蔵を含む所蔵品を、寄贈を受けた町が環境を整えて蔵の郷土館として一般に公開した。平成22年(2010)には国に有形文化財の指定を受けている。当時の美術品などが公開されている他、齋理の雛まつり、端午の節句、齋理の歳迎えと、行事に合わせた展示も行われる。シルク和紙・紙漉き体験などの体験会も定期開催している。

    1階が土産物店になっている倉の2階が喫茶店になっています。 椅子席だけですが、木調の落ち着いた雰囲気でゆっくり出来ます。 値段も適当で、お勧め出来ます。

  • JAみやぎ亘理 吉田観光いちご園
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    宮城県亘理郡亘理町長瀞字稲荷前45-10
    常磐自動車道・鳥の海PA(スマートインターチェンジ)から約5分の距離にあるいちご園。1月中旬から6月初旬にかけて、高い糖度と程よい酸味がマッチした「とちおとめ」を収穫することができる。「東北の湘南」とも呼ばれるJAみやぎ亘理管内は、温暖な気候を活かしたイチゴ栽培が盛んな土地。とちおとめの他大粒の果実と果汁の多さが特徴の「もういっこ」を栽培しており、その生産量は東北一を誇る。子供でも摘みやすい土耕栽培と、立ったままでも楽に摘める高設栽培の両方があるため、子供から大人まで幅広い世代で楽しめる。

    いちご狩りができる観光農園です。直売所もあると聞いていましたが、入るとすぐにいちご狩りの受付になっていました。亘理にはJA系と独立系がありますが、こちらはJA系です。あまり商売っけがなくて素朴な感じがしました。

  • 蔵王町観光案内所
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町33

    用事の途中で蔵王町観光案内所に寄りました。温泉街を丁寧に教えてくれます。分からないことは教えてもらいましょう。

  • 傑山寺
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県白石市南町2-7-20

    古典芸能伝承の館、碧水園が目印です。片倉家の菩提寺で、愛宕山にあるのは、廟所です。初代小十郎景綱は、敵に墓をあばかれないように墓標は作らず、一本杉を墓印にしました。場所はお寺の裏山で、西側です。案内看板があるので確認しながら行ってみてください。

  • 青根洋館
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県柴田郡川崎町青根温泉10-1
    柴田郡川崎町青根温泉の国道457号線沿いにある歴史的建造物。明治期に建てられた宣教師の住宅を仙台市から移築したもの。1階は観光案内所とカフェ、2階は青根温泉とゆかりのある作曲家・古賀政男の記念館として使われている。

    一階は喫茶、二階は古賀政男の記念館です。展示は興味深かった。案内の女性は親切で感じが良い人で、いろいろなエピソードを教えてくれました。

  • 角田市郷土資料館
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県角田市角田字町17
    角田市角田町にある資料館。明治・大正期の地元の大地主の邸宅を利用し、郷土の歴史民俗資料や考古学資料の展示を行っている。毎年2月中旬からは、伊達政宗の次女・牟宇姫が角田石川家に嫁ぐ際に持参したと伝わる雛人形が展示される。

    見学のメインになる家屋は三代続いた氏家丈吉さんの邸宅です。先代の没後に跡取りが父と同じ名前を名乗ったんだとか。その話を聞いただけで名家であることがわかりました。当時としては珍しい写真も残っていたりして保存状態がよかったです。見学は無料なのに説明してもらえました。

  • 滝見台
    旅行/観光
    宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林地内
    蔵王連峰の景勝地のひとつ。蔵王エコーライン沿いに10台程度の駐車場がある。滝見台からはふたつの滝を見ることができる。落差約54mと最も大きく水量が多いのが「不動滝」であり、「蔵王不動尊」の石碑が建てられている。山間を細く3回に分けて深い滝つぼに水をそそぐ滝が「三階滝」であり、日本の滝百選に選ばれた名瀑のひとつ。その美しさから歌人に愛され、滝見台には宇田零雨氏の歌碑が建てられている。

宮城の主要エリア

around-area-map

東北の雄・伊達正宗を生んだ宮城県は、自然に恵まれた景勝地や歴史的な観光地など魅力にあふれた地域です。 三大都市圏からアクセスがしやすく、東北新幹線や飛行機、東北自動車道路などが利用できます。東京からは東北新幹線で1時間31分、名古屋や大阪から飛行機では仙台空港まで1時間10分です。 宮城県といえば、日本三景の松島が有名です。松島は景観もとてもきれいですが、国宝に指定されている「瑞巌寺」など、歴史的にも価値のある場所となっています。 他にも、国宝に指定されている「大崎八幡宮」、雄大な景観が楽しめる「蔵王連峰」、海と奇岩が織りなす自然の景観を楽しめる「三陸復興国立公園」など、自然と歴史が楽しめる県です。 ご当地グルメは牛タンをはじめ、松島で取れたカキをふんだんに使ったカキ丼や、すいとんに似た「つゆはっと」など、おいしいものがたくさんあります。

宮城の写真集

目的から探す