宮城県慶長使節船ミュージアム・サンファン館

博物館/科学館

慶長使節の歴史や帆船文化を紹介する博物館

JR渡波駅より車で約5分ほどのところにある博物館。サン・ファン館では、1600年代に太平洋を往復したガレオン船「サン・ファン・バウティスタ号」の実際の見張り台などを展示。また、復元船内の様子や上空からの姿を大型スクリーンで上映し、慶長使節の功績や大航海時代の帆船文化を学ぶことができる。隣接の「石巻市サン・ファンバウティスタパーク」は慶長使節の支倉常長らが目にしたイタリア広場をイメージして作られており、野外イベントなども開催されている。「復元船サン・ファン・バウティスタ」の最新の状況はサン・ファン館ホームページをご覧ください。

スポット詳細

住所
宮城県石巻市渡波字大森30-2
エリア
三陸エリア
電話番号
0225242210
時間
9:30-16:30
[8月]9:30-17:30
※最終入館は閉館の30分前まで
休業日
火(祝は除く)、年末年始
料金
[入館料]一般350円、高校生以下無料
駐車場
あり(300台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners Club)
※サン・ファンショップのみ利用可
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、Apple Pay、Google Pay)
※サン・ファンショップのみ利用可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 公共交通機関でのアクセスに難あり
    4.0 投稿日:2020.02.11
    アクセスは行きは渡波駅から徒歩で、帰りはタクシーを利用しました。サン・ファン・バウティスタ号は残念ながら老朽化のため内部見学はできませんでしたが、なかなか見応えがありました。公共交通機関で訪問する場合は、バスや電車の本数が少ないため、事前にしっかりと計画を立てたほうが良いかと思います。
  • 支倉常長の冒険
    3.0 投稿日:2019.11.21
    伊達政宗公の夢、支倉常長の冒険が詰まった、慶長年間の大航海を記憶している施設です。施設の通称は『サン・ファン館』支倉常長のノビスパニア(メキシコ)からイスパニア(スペイン)ローマへの旅の記憶が詰まった博物館です。現在では外観を眺めることしかできませんが、1993年に復元された国内最大のガレオン船(木造様式帆船)サン・ファン・バウティスタ号が係留されています。
  • サンファン号
    5.0 投稿日:2019.07.01
    サンファン号の復刻船がありますが、震災で傷んでしまったため、中に入っての見学はできないそうですが、館内でバーチャル体験ができました。ここに行くまで全く知らなかった、日本の歴史を学ぶ事が出来て、良かったです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          三陸エリアのおすすめスポット

          宮城のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました