NAVITIME Travel

津軽のスポット一覧

  • 半島ぷらざアスクル
    旅行/観光
    青森県東津軽郡今別町大川平字清川87-16
    今別町の紹介や、津島半島の紹介コーナー、つり情報コーナーなど、旅に役立つ施設が豊富。大きな円柱柱水槽には四季折々の魚が泳いでいる。休憩、食事、情報収集に便利な道の駅。
  • つがる地球村
    宿泊/温泉
    青森県つがる市森田町床舞藤山244
  • 蟹田港フェリーターミナル
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    交通
    青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田中師宮本160

    車での東北一周旅行中で津軽半島(竜飛崎)と下北半島(恐山)を制覇したく、運転も疲れており、船旅も味あえるので利用しました。 1時間ほどの海上移動でしたがよかったですねぇ。 以外と大きなフェリーで観光バスも2台ほど乗船してました。 蟹田港フェリー乗り場の建物は上階が展望台になっているのですが、この階段を上がるのがかなりきついです。が、苦労のあとには辺りを360度見渡せるすばらしい眺望を手に入れること...

  • 龍飛崎
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ケ浜町三厩龍浜
    龍飛崎は津軽半島の最北端であり、津軽海峡に突き出た岬である。この岬にある「龍飛埼灯台」は、日本の灯台50選にも選ばれた。周囲は遊歩道が整備されており、気候が良い日には津軽海峡を挟んで向かい、北海道・松前半島を望むことができる。太宰治の「津軽」の一文を刻んだ「太宰治文学碑」や、石川さゆりが歌った「津軽海峡・冬景色」の歌謡碑などがある。
  • 円覚寺
    旅行/観光
    青森県西津軽郡深浦町深浦字浜町275
    真言宗醍醐派の寺院で、大同2年(807年)に征夷大将軍・坂上田村麻呂が観音堂を建立し、聖徳太子の作といわれる本尊・十一面観世音菩薩像を安置したのが始まりとされている。港の入口にある「澗口観音」として信仰を集め、嵐に遭った船の船員が髷を切り祈願すると、境内の老杉に光が灯り助かることができたという。それらの髷を奉納した髷額や船絵馬、重要文化財の円覚寺薬師堂内厨子、8万4000人もの毛髪で刺繍された釈迦涅槃図と三十三観音像などの寺宝は必見である。
  • 十二湖
    旅行/観光
    青森県西津軽郡深浦町大字松神国有林
    深浦町の起伏が激しい台地に33ある湖沼群の総称。1704年の地震によって山崩れが起き、沢の一部が埋まって湖沼になったとされる。崩山の中腹に位置する「大崩」から眺めたときに小さな池は森に隠れてしまい、12の大きなものだけ見えたことが十二湖の名称の由来となっている。代表的な池として、インクを流したとも表現される真っ青な水面が特徴の「青池」が挙げられる。季節や時間帯によって色合いが変わるのも魅力。周囲の森に生息する動植物を観察しながら散策も楽しめる。
  • 芦野公園
    旅行/観光
    青森県五所川原市金木町芦野84-170
    津軽鉄道「芦野公園駅」徒歩すぐ、中泊町の大沢内溜池と五所川原市の藤枝溜池(芦野湖)周辺に作られた約612ヘクタールの自然公園。人工の溜池ではあるが、水辺・水生植物群落が極めて良好な状態に保たれている。「日本の桜名所百選」にも選ばれた津軽半島随一の桜の名所でもある。園内にはソメイヨシノなど約2,300本の桜が植えられ、毎年四月下旬には「金木桜まつり」も開かれる。作家・太宰治が幼い頃によく訪れた、ゆかりの地としても知られている。
  • しじみ亭奈良屋
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    グルメ/お酒
    青森県北津軽郡中泊町今泉字唐崎255
    北津軽郡中泊町今泉唐崎の小泊道沿いにあるしじみ料理専門店。十三湖のしじみを使用し、釜めしやラーメン、スパゲティー、しじみ味噌の焼きおにぎりなどのしじみ料理を提供。しじみ釜めしにチャウダーなどの様々なしじみ料理がセットになった「しじみ三昧」が人気メニューとなっている。

    しじみの釜飯は25分位かかりますが、美味しいです。少し味がうすく感じますが、しじみの味を十分味わえます。サッパリ系のラーメンもしじみのだしが合ってます。何よりスタッフのおばちゃん達が優しく親切です。

  • つがる地球村オートキャンプ場
    遊ぶ/趣味
    青森県つがる市森田町床舞藤山244
    浪岡ICより車で約40分のところにある、滞在型リゾート施設「つがる地球村」内にあるオートキャンプ場。新小戸六ダム周辺に広がる「つがる地球村」の自慢でもある本物の雄大な自然の中で、ゆったりとした時間が過ごせる。岩木山を一望できるキャンプサイトにはすべて個々の駐車場付き。スペースも広々で荷物の出し入れも楽々。炊事場、シャワールーム、トイレなどのアウトドア施設も完備。また、中心には菜園があり、利用者はそこから自由に野菜を採取できる嬉しいサービスもある。
  • ベンセ湿原
    旅行/観光
    青森県つがる市木造館岡野崎地内
    つがる市木造館岡にある湿原。津軽国定公園内に位置する約23ヘクタールの湿原で、6月上旬に開花するユリ科の多年草「ニッコウキスゲ」や、6月下旬に開花するアヤメ科の多年草「ノハナショウブ」をはじめ、季節ごとに様々な植物を観察できる。
  • 津軽金山焼
    お買い物
    青森県五所川原市金山千代鶴5-79
    五所川原市金山千代鶴にある窯元。金山の大溜池に堆積した良質の粘土を釉薬を使わずに焼き上げる「津軽金山焼」を制作しており、ギャラリーで作品の展示販売を行っている。併設のレストランでは薪窯で焼いたピザを金山焼の器で提供しているほか、ピザ作り体験も実施している。
  • 日本キャニオン
    旅行/観光
    青森県西津軽郡深浦町松神字松神山国有林内
    西津軽郡深浦町松神山国有林内にある景勝地。浸食により露出した凝灰岩の白い岩肌が特徴の断崖で、グランドキャニオンにちなんで命名された。十二湖周辺のハイキングコースなどから眺めることができる。
  • 海の駅わんど
    旅行/観光
    青森県西津軽郡鰺ケ沢町本町246-4
    西津軽郡鰺ヶ沢町本町の大間越街道沿いにある観光案内所、直売所。地元の鮮魚や農産物、「笹餅」などの加工品や「いがめんち」などの惣菜を販売している。食堂や休憩所、また地元出身力士を中心とした相撲に関する展示を行う「鰺ヶ沢相撲館-舞の海ふるさと桟敷-」も併設。
  • 階段国道
    旅行/観光
    青森県東津軽郡外ケ浜町三厩龍浜
    東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜にある国道。竜飛漁港と龍飛埼灯台を結ぶ長さ388.2m、362段の階段で、国道339号に指定されているにもかかわらず車両が通行できないという希少なスポットとして知られている。近隣には「津軽海峡冬景色歌謡碑」も。
  • 青函トンネル入口広場
    遊ぶ/趣味
    青森県東津軽郡今別町浜名地内
    東津軽郡今別町大字浜名にある広場。本州と北海道を結ぶ青函トンネルの入り口近くに整備されたもので、展望台の上から北海道新幹線がトンネルを出入りする様子を観賞できる。冬季は積雪により利用できない場合がある。
  • 史跡 亀ヶ岡石器時代遺跡
    旅行/観光
    青森県つがる市木造亀ヶ岡・木造館岡
    縄文時代晩期(紀元前1,000年-紀元前300年頃)の低湿地を伴う集落遺跡。出土した土器や土偶に代表される縄文時代晩期の優れた物質文化は「亀ヶ岡文化」と呼ばれ、その名称の由来となった遺跡だ。その眼部の表現が「遮光器土偶」の名称の起こりとなったことで知られる「左脚を欠いた大型土偶」は国の重要文化財にも指定されている。
  • つがる市縄文住居展示資料館カルコ
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    青森県つがる市木造若緑59-1
    亀ヶ岡遺跡をはじめ、市内や県内各遺跡からの出土品が展示されている資料館。復元竪穴住居もあり、そこでは縄文時代の生活を再現し、縄文人にそっくりな人形が来館者に古代の言葉で語りかける。現在、東京国立博物館に展示されている「遮光器土偶」のレプリカも展示されている。

    遮光器土偶について学べます。 また、近くの木造駅では、ドでかい遮光器土偶が駅舎にはりついています。思った以上のスケールと造りの繊細さにびっくりしました。駅には駐車場もあるので、車を停めて鑑賞できます。駅舎の中にも土偶がデザインされていたり、スタンプが設置されていたりするので土偶ファンが必見です!

  • しーうらんど
    旅行/観光
    青森県五所川原市磯松山の井115-126
    青森県五所川原市にあるタラソテラピーセンター。医科学の根拠を基に作られた本場フランスを超えた海水のプール・アルゴパックやタラソスクラブなどのトリートメントができるマルチキャビン、エアロゾルなどがあり、好みや目的によって利用できる。豊富な運動教室、無料の送迎バスなどもあり人気が高い。
  • 太宰治思い出広場
    遊ぶ/趣味
    青森県五所川原市金木町芦野210-94
    旧明治高等小学校跡へ続く道端にある、太宰治の作品名のプレートで囲まれた憩いの広場。太宰が高等小学校に通うため、この付近を通過したと思われる場所だ。この道を通り「斜陽館」や「太宰文学碑」へ行く途中のささやかな休憩所にと、平成10年(1998)に太宰の長女 津島園子氏と太宰会の協力で建てられた。
  • 川倉賽の川原地蔵尊
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    青森県五所川原市金木町川倉字七夕野426-1
    恐山のほかに津軽半島にあるもう一つの霊場。それが、五所川原市金木町にある川倉賽の河原地蔵尊だ。大小約2000体の地蔵様が祀られており独特の雰囲気がある。旧暦6/22-24には例大祭が行われ、恐山と同様にイタコの口寄せが行われる。

    召集令状をうけて戦地に赴き、無念にも戦死した若者に、死んでからお嫁さんをとらせてやろうとの親心で、ここの御堂の中には無数のカップルの人形が奉納されています。その光景は「よかったねェ」とはとても思えぬ気持悪さを感じてしまいました。また賽の河原に見立てた道の両側にはクルクルと風車が回っていて、妙に雰囲気を演出しているといった嫌な感じを受けました。

青森の主要エリア

around-area-map

本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。

青森の写真集

目的から探す