館鼻岸壁朝市

通り

毎週日曜に出現する日本最大級の巨大朝市

八戸港の館鼻岸壁で開かれる「とにかくデカい」朝市。新鮮魚介や名物グルメに加え、ピザやケーキに骨董品など、ちょっと朝市ではお目にかかれないようなものまでが並んでいる。早起きして出かけてみよう。

全長800m、店が立ち並ぶ朝市の全景。テントがひしめき合う様子をうかがえる 全長800m、店が立ち並ぶ朝市の全景。テントがひしめき合う様子をうかがえる

まるでテーマパークのような朝市

東北屈指の港町・八戸は、古くから朝市が盛んに開催されてきた。現在9か所で開催されている八戸の朝市のなかでも、日本最大級との呼び声が高いのが「館鼻岸壁朝市」だ。3月中旬から11月までの毎週日曜、ふだんは何もない岸壁に300を超える店が連なる巨大な朝市が姿を現す。その全長はおよそ800m。地元八戸エリアの山海の幸はもちろん、青森市やお隣の岩手県からもその土地の名物を携え、店を開きにやってくる。来場者の車のナンバーを見ると、北東北だけではなく、遠くは関東圏のナンバーも見受けられる。それも1台や2台ではない。全国的に知名度の高い朝市ならではの光景だ。来場者は平均1万人、多いときには2万人を超える日もあり、歩くだけでひと苦労なんていう日もあるとか。

コーヒーも手抜きなし。1杯ずつハンドドリップで提供する店が多い コーヒーも手抜きなし。1杯ずつハンドドリップで提供する店が多い

朝市で1、2を争う人気の店にはつねに行列ができている 朝市で1、2を争う人気の店にはつねに行列ができている

イベント企画も盛りだくさん

館鼻岸壁朝市の最大の魅力は、そのジャンルの豊かさ。新鮮魚介や青果だけでなく、麺類や総菜、焼きたてパンにカフェなど、イートイングルメも多彩だ。八戸市では「朝市で朝食をとる」と語る人も多く、お客さんたちの熱気が会場に満ちている。食料品やグルメだけではなく、刃物や骨董品にミシンなど、あまり朝市では見かけないものまで売られていて、歩いているだけでも楽しい。また朝市ライブを開催する店舗があったり、アイドルがパフォーマンスに現れたりと、とにかく訪れる人々を飽きさせない工夫が施されている。

「雨の日はカキ1個サービス」の店や「シイタケ詰め放題」などの企画には長蛇の列が 「雨の日はカキ1個サービス」の店や「シイタケ詰め放題」などの企画には長蛇の列が

ライブを披露する店舗もあり、足を止めて聞き入っている人も ライブを披露する店舗もあり、足を止めて聞き入っている人も

不慣れな人でも安心できるサービス

お店の人との会話も楽しい地元朝市だが、朝市初心者にオススメなのが、地元の常連さんが案内してくれる「館鼻岸壁朝市まちあるきガイド」だ。1名1800円で、お土産(会場MAPと人気の塩手羽ほか)付きのガイド案内を頼むこともできる(保険付き)。さらに「このあとも観光をするので、ここで買い物したら荷物が大変……」という人は、朝市本部で買った品を発送することもできるので安心だ。注意したいのは、会場の駐車場がかなり混むこと。混雑を避けたいなら、JR陸奥大湊駅から10分ほど歩くか、八戸市中心街と会場を結ぶ日曜朝市循環バス「いさば号」の利用もオススメしたい。

ガイド案内を頼むと、どう歩いたら楽しめるのかを常連客が伝授してくれる ガイド案内を頼むと、どう歩いたら楽しめるのかを常連客が伝授してくれる

ガイドさんとの待ち合わせは、朝市会場の北端に位置する漁港ストア前 ガイドさんとの待ち合わせは、朝市会場の北端に位置する漁港ストア前

スポット詳細

住所
青森県八戸市新湊3 館鼻岸壁
電話番号
07020046524
時間
日の出-9:00頃(3月上旬-12月の毎週日)
※お盆と年末に臨時開催あり
開催予定についてはホームページ参照
休業日
1月-3月上旬
駐車場
有り(500台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(一部利用不可店舗あり
PayPay)
備考
電話番号は、協同組合湊日曜朝市会 事務局(大安食堂内)に繋がります。
※朝市開催時間中は不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          八戸・下北半島エリアのおすすめスポット

          青森のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました