関連する記事

関連する観光コース

- 北海道 PHOTO ALBUM -

banner_photo

のぼりべつクマ牧場

アイヌ民族からキムン・カムイ「山に居る神」と崇められていたエゾヒグマ。その集団飼育・繁殖に成功し今では約70頭にもなった、のぼりべつクマ牧場。クッタラ湖展望台やアイヌ文化を体感できるユータラの里もある。JR登別駅から道南バスで約20分。道央自動車道 登別ICから約10分。

place

北海道登別市登別温泉町224 (洞爺・登別・苫小牧エリア)

phone 0143842225

のぼりべつ クマ牧場の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/03/29 クマたち怖い!けどかわいい!でも怖い!
1年ぶりに訪れました。訪れると飼育員によるヒグマのレクチャーを実施してました。檻の中に落ちたクッキーをどうやって食べるかという内容でしたが、クマ自身が檻の扉を開けて中に入ってクッキーを食べました。檻の扉を開ける行為自体は飼育員が教えたのではなく、クマ自身が習得していったようです。
解説が終わったところで自分もクッキーを購入。これが意外にはまってしまうもので気づいたら3500円くらい(←推測)ク...
投稿日:2020/03/23 老朽化がヒドイ
熊の飼育代とロープウェイ費用と考えれば、仕方がないのかもしれませんが、それにしても施設の老朽化がヒドイです。
熊のアトラクションもありましたが、見る場所が狭く、もう少し工夫できるのではないかなと思いました。
熊のおやつをあげられるのは、子供が楽しんでいました。

熊の博物館はアップデートされておらず、昭和で止まっています。国や道や市の支援を受けられないものなのでしょうか。
投稿日:2020/02/05 ゴンドラで山を登ると
ゴンドラで上に登るとすれ違うゴンドラに鮭を吊るしたゴンドラがすれ違います(笑)
これって?って熊牧場で話を聞くと熊の餌になるみたいです。
熊牧場は観光客でたくさんの方々が熊に餌をあげてました

おすすめ記事

詳細情報

住所
北海道登別市登別温泉町224 [地図]
エリア
洞爺・登別・苫小牧エリア
電話番号
0143842225
時間
8:30-16:30
[7・8月]8:30-17:00
休業日
保守・強風等によるロープウェイ運休時は、一時休園または終日休園。
料金
[利用料]大人2,650円、子供1,350円(税込・ロープウェイ料金含む)
駐車場
あり
※1台500円(税込)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay、ALIPAY、WeChatPay)
Wi-Fi
あり(Free)
コンセント口
なし
喫煙
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい
備考
※当面の間、コロナウイルス感染予防のため、9:00-16:30で営業。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          北海道 の主要エリア

          around-area-map

          北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。