NAVITIME Travel

小樽・キロロ・積丹のスポット一覧

  • 小樽運河
    旅行/観光
    北海道小樽市港町
    北海道開拓の玄関口として重要な役割を担ってきた小樽港。大正末期には、「はしけ」とよばれる小型船を使って荷揚げをしていたが、取り扱う荷物の量が増えたため、はしけが直接倉庫近くまで入っていけるように整備された水路が「小樽運河」である。石畳の散歩道には63基のガス灯が設置され、灯りがともる夜にはレトロな雰囲気を醸し出す。運河沿いの倉庫は木骨石造りの構造で、当時の姿のままレストランなどに再利用されている。
  • おたる水族館
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市祝津3-303
    常時約250種以上の動物や魚の生態を間近で観察できる水族館。迫力満点のイルカやトドのパフォーマンス、飼育スペースから海まで歩く「ペンギンの海まで遠足」など多彩なショーが大人気。館内にある海を仕切っただけの「海獣公園」では野生のトドやアザラシなどがありのままの姿を見せてくれる。JR小樽駅から水族館行の北海道中央バスが運行している。
  • 神威岬
    旅行/観光
    北海道積丹郡積丹町神岬町
    積丹半島北西部にある、日本海の大きくせり出した高さ80mの岬である。岬の付け根にある駐車場からは遊歩道「チャレンカの小道」があり、その距離770m。大海原の眺めを楽しみながら歩いていくと、20-30分ほどで最先端付近に到着でき、周囲300度の地球の丸みを体感できる水平線を一望できる。初夏に咲くエゾカンゾウも見事。神威岬入り口のゲートは時期によって開門時間が変わるので注意しよう。
  • 小樽天狗山ロープウエイ
    旅行/観光
    北海道小樽市最上2-16-15
    小樽のシンボル「天狗山」の山麓から山頂までを約4分で結ぶロープウェイ。昼は箱庭のような小樽市街がひらけ、小樽港や石狩湾、晴れた日には暑寒別連峰や積丹半島まで望むことができる。山頂の展望台は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に一つ星として掲載されている。夜には「北海道三大夜景」と言われる美しい小樽の夜景が一望でき、宝石をちりばめたようなノスタルジックな夜景が楽しめる。
  • 小樽三角市場
    旅行/観光
    北海道小樽市稲穂3-10
    細長い路地に海産物の店が軒を連ねる。カニ、鮭、ウニなどの北海の幸が豊富。近くに船見坂があり、坂の上から小樽港が一望できる。
  • 旧日本郵船株式会社小樽支店
    旅行/観光
    北海道小樽市色内3-7-8
    明治37年(1904)に着工、同39年(1906)に落成した近世ヨーロッパ復興様式の石造2階建ての建物であり、国の重要文化財に指定されている。北海道開拓の拠点都市であった小樽は、一流建築家達が当時の最先端技術で様々な作品を残してきた。その象徴ともいうべき建物が「旧日本郵船株式会社小樽支店」である。日露国境画定会議が行われた場所でもあり、シャンデリアの光を反射するアカンサス模様の「金唐革紙(きんからかわかみ)」の壁紙が使われている会議室は必見。
  • 小樽市総合博物館 運河館
    rating-image
    3.5
    31件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市色内2-1-20
    「小樽駅」より小樽運河方向へ徒歩約10分、小樽の歴史や自然に関した資料を集めた博物館。20分ほど歩いた場所に本館があり、二日間に渡って利用できる共通入館券もある。運河館は明治26年(1893)に建てられた歴史的価値も高い石造りの「旧小樽倉庫」を利用しており、博物館自体も貴重なものとなっている。小樽が最も華やかな時代だった大正時代の街並みを実物大で復元したコーナーでは、当時の電話やオルガンにも触れることができる。

    2館セットの入場券を購入したので、総合博物館いった後寄りました。総合博物館は鉄道もの中心ですが、こちらは昔の生活関連が展示されてます。忠犬みたいな、消防犬の銅像が外にあるのですが、展示物として剥製もあるのでちと生々しいです。小樽の昔の暮らしを感じることができました。

  • 日本銀行旧小樽支店金融資料館
    旅行/観光
    北海道小樽市色内1-11-16
    1900年前後、小樽市には各銀行が集中し「北のウォール街」と呼ばれるようになった。その中で日本銀行も小樽市に参入、明治45年(1912)に竣工したのが小樽支店である。当時の歴史的な建物を利用し、日本銀行の歴史や小樽の発展についての資料が展示されている。1億円(模擬)の重さや、お札の偽造防止技術も体験できる。1日に2回ガイドツアーも行われている(所要時間約30分)
  • 小樽オルゴール堂本館
    お買い物
    北海道小樽市住吉町4-1
    小樽のシンボル的スポットとして知られているオルゴールの専門店。小樽堺町通りと入船通りの交わる、メルヘン交差点に位置する。明治45年(1912)に建てられたレンガ造りの建物を利用。世界各国から集められたオルゴールが並ぶ店内は、きらびやかでぬくもり溢れる。1時間ごとにボイラーで蒸気を発生させ時刻を告げる蒸気時計は、入り口そばにあり、記念撮影スポットとしても人気だ。
  • 北のアイスクリーム屋さん
    グルメ/お酒
    北海道小樽市色内1-2-18
    小樽運河のほど近く、石造りの倉庫を利用したアイスクリーム店。人気の生キャラメルのほか、「いかすみ」や「うに」といった北海道ならではの他にはない変わったメニューが豊富。乳脂肪分6%のサッパリとした口当たりで、ぺろっと食べれてしまうおいしさが人気。
  • すし耕
    グルメ/お酒
    北海道小樽市色内2-2-6
    寿司店が多い小樽地区の中でも、リーズナブルでおいしいと評判の人気店。築90年の石蔵の店構えは味わいたっぷり。セット物は1000-3700円で、お好み握りも1カン100円-と、気軽に小樽の寿司を楽しめる。1階はテーブル席とカウンター席、2階は16名収容可能な小上がりがある。時価がなく、価格が明記されているのも安心。
  • 小樽倉庫 No.1
    rating-image
    4.0
    114件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道小樽市港町5-4
    小樽運河沿いにあるビール醸造所とビア・パブで、本場のドイツビアパブのような雰囲気。ドイツのブラウエンジニアが醸造する本格ドイツビールと、地元の食材を使った料理が楽しめる。醸造所見学も随時可能。毎週木曜・土曜は「プロスト」で、営業時間内の3時間は2200円(税込)でビールが飲み放題となっている。

    オクトーバーフェストの初日に行きました。外はとても静かな場所ですが、中は満席で熱気があふれています。初日の木曜日は時間無制限1,000円でビール飲み放題でした。 ドイツからの楽団の演奏に、お客様も踊りはじめ、久しぶりに学生に戻った乗り乗りの雰囲気を堪能しました。 年配のお客様も多いのですが、このエネルギーで小樽見直しました。

  • 北一硝子三号館
    rating-image
    4.5
    104件の口コミ
    お買い物
    北海道小樽市堺町7-26
    運河から少し南にある、小樽でも人気の観光スポットでガラス製品店として有名。色鮮やかなグラスやランプなどオリジナルのガラス製品の販売店や、天井一面にステンドガラスが広がるカフェバーなども併設されている。中でも人気店は、167個の石油ランプが灯る「北一ホール」。店内では食事やスイーツが注文できるので、観光の休憩場所としてもおすすめ。まるで映画の世界に入ってしまったような幻想的な空間は一見の価値あり。

    小樽の散策に疲れた体と心に癒しを与え大正浪漫?を感じさせてくれるような、天井の高い倉庫をアレンジした石油ランプの灯りが揺れるセピアな空間です。冷たいドリンクとスイーツで夏の火照った感覚をゆったりとリセットしましょう ! インスタ映え間違いなしの空間ですが、カンカン照りの散策路からいきなり中に入ると目が慣れる迄に注意が必要です !

  • 大正硝子館 本店
    rating-image
    4.0
    129件の口コミ
    お買い物
    北海道小樽市色内1-1-8
    JR「小樽駅」より徒歩約15分のところにある、明治39年に建てられた名取高三郎商店を改装した店舗。店内では、小樽市内で製作された和風硝子器を中心に展示販売している。店舗そばにはミニチュアガラスを集めた「びーどろ館」や、製作体験工房も備えた「とんぼ玉館」など系列店が立ち並ぶ。

    とんぼ玉館にてとんぼ玉作りを体験しました。そこの若い女性の店員さん(O井)には関わらない方が賢明です。 まず、客を小馬鹿にしてきます。大変不快です。 こちらは"体験"しに来た客です、つまりはガラス細工なんてやったことないようなド素人です。大変説明がわかりにくい上に「誰もそんなこといってませ〜ん」「ねえ聞いてた?」などと敬語を使わず失礼な口調で話してきます。あまりにも不快過ぎて途中からこの店員と会話...

  • 田中酒造 亀甲蔵
    rating-image
    4.0
    79件の口コミ
    旅行/観光
    北海道小樽市信香町2-2
    JR南小樽駅から徒歩5分のところにある、日本酒「宝川(たからがわ)」やリキュール「小樽美人」、「魔法の一滴 本みりん」などを製造販売する小樽唯一の造り酒屋。明治38年頃に建てられた石造倉庫群は、小樽の歴史的建造物にも指定されている。店舗では蔵直出しの「しぼりたて生原酒」ほか、季節限定酒など約10種類のお酒を無料試飲できる。製造工程を楽しく学べる製造場見学も年中無休で受付中。※10名以上は要予約。

    けっこうな頻度でガラガラやっています。 外れても500円以上の甘酒がもらえるので、甘酒好きな方は見かけたら是非チャレンジしてみてください! 一応特賞は一升瓶になっています。

  • にしん御殿 小樽貴賓館(旧青山別邸)
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    北海道小樽市祝津3-63
    ニシン景気にわいた大網元、青山家の別荘である。約1500坪の敷地内にある木造2階建ての大邸宅は金に糸目を付けず建てられた豪邸で、往時の栄華を今に伝えており、国の登録有形文化財にも指定された。山岡鉄舟による書など、多数の美術品も展示されている。最寄りのバス停「祝津3丁目」から徒歩約5分。

    個人旅行で昼食を取られる場合 時間的に可能であれば 早い時間に(11:00営業スタート)訪問 窓際席での食事をお薦めします(添付 写真参照)。私達は11:00過ぎに訪問したので 一般的な昼食時間としては 早く、窓際の席で 窓外の景観を楽しみながら静かな雰囲気で食事を楽しむことが出来ました(11:30頃から 少しづつお客さんが増えてきました)。今回 注文したのは《にしんお重...

  • 小樽市総合博物館 本館
    rating-image
    4.5
    109件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市手宮1-3-6
    平成19年7月に開館した、小樽市の歴史と自然、北海道の交通史、科学技術をテーマにした総合博物館。施設は本館と運河館の2つに分かれており、本館内には、北海道鉄道の歴史を紹介する常設展示や蒸気機関車「しづか号」をはじめとした、北海道を代表するおよそ50もの鉄道車両が保存・展示されているほか、プラネタリウム、科学展示室があり、土・日・祝日には簡単な実験や工作体験を実施している。夏期には屋外で1909年アメリカ製の蒸気機関車「アイアンホース号」の運行があり、無料で乗車することができる。

    今まで何回か来た小樽でしたが、ここは初めて利用しました。何があるのかと思いきや 蒸気機関車に乗れて、珍しい転車台が目の前で観れるなど、鉄道好きだけでなく誰でも一度は体験したいところです。今まで見逃してたのが悔しいくらいです。 蒸気機関車も入館料込みですから大変お得ですしスタッフの方も親切でした。 また行きたい!

  • 北海道料理 かすべ
    グルメ/お酒
    北海道小樽市花園1-8-20
    小樽市花園1丁目にある郷土料理屋。毎朝仕入れる新鮮な魚介類を中心とした料理を提供。魚介と野菜を煮込んだ名物の「トロイカ鍋」や、郷土料理の「ルイベ」、店名にもなっている「かすべ」を使った料理などが味わえる。
  • ウイングベイ小樽
    遊ぶ/趣味
    北海道小樽市築港11
    JR小樽駅から、JR小樽築港駅間(ウイングベイ小樽直結)、快速電車(JR函館本線下り)で6分のところにある、複合商業施設。自然と文化が融合した都市小樽で、こころうたう街を目指して作られた。人気ブランドショップから、フィットネスジム、映画館などがあり、食事処も充実。また、週末には様々なパフォーマーを招待してイベントを開催している。
  • 北のどんぶり屋 滝波食堂
    グルメ/お酒
    北海道小樽市稲穂3-10-16 三角市場内
    小樽三角市場内にある食堂。昭和20年(1945)創業という老舗店で、魚屋直営店ならではの新鮮な海鮮類をリーズナブルな価格で味わえる。人気のメニューは全10種の中から好きなネタを3-4品選んで作れるわがまま丼。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す