知床のスポット一覧

  • 道の駅 知床・らうす
    rating-image
    4.0
    198件の口コミ
    交通
    北海道目梨郡羅臼町本町361-1
    目の前には根室海峡と国後島、背後には日本百名山の一つ、羅臼岳。道の駅 知床・らうすは、北方領土国後島に一番近い道の駅で晴れた日には島の木々が見えそうなほどだ。国道335号線沿いの知床横断道路、羅臼側の入口にある。日本屈指のホエール・バードウォッチングのポイントが近く、観光案内所の情報掲示板で出航状況、最新情報も確かめられる。海産物をはじめとした物産品の購入や羅臼産の魚を味わえる飲食店もある。

    お土産を買うのならばここが一番だと思います。 タラバガニもここで食べることができました‼️ 北方領土を見ながら食事ができます。

  • 天に続く道
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町峰浜
    斜里郡斜里町にある国道334号・244号の景色が綺麗な直線道路。約18kmの道の先が、天に続いているように見えるということで「天に続く道」と愛称が付けられた。斜里平野を一直線に貫く道は、晴天時や、夕暮れ時には特に美しく、知床ドライブの絶景スポットとして多くの人が訪れる。
  • 知床観光船 おーろら
    rating-image
    4.0
    132件の口コミ
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ東107
    4月下旬から10月下旬まで毎日運航している知床観光船。船から眺められる原始境はまさに絶景。大型船ならではの安定感で揺れも少ない。一階の自由席、二階の指定席のどちらもゆったりと景観を楽しめるが、ベストショットを狙うなら展望デッキがお勧めだ。JR知床斜里駅からバスで約50分。女満別空港から車で約2時間。

    オーロラ号は冬季には網走の流氷を観光するため運行しているが、夏季は知床半島を周回するため運行されている。 1日4便運行も、この時期は予約が少なく午前中の1便を除き運休で、最少乗船客は15人とのことだった。 本来は出航20分前に乗船券を購入できるが、運休だったのでお詫びとして次回利用時に10%割引となるクーポン(大人:3,300円→2,970円)と引き換えてもらった。

  • 知床羅臼ビジターセンター
    rating-image
    4.0
    92件の口コミ
    旅行/観光
    北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町6-27
    知床の自然や歴史、文化について展示や映像、解説などを通して知ることができる施設。館内はシャチの骨格標本を中心に、パネルや剥製の展示、知床の風景や生態系を学べる映像などを紹介。キッズスペースもあるので小さな子供連れにも安心。

    スノーシューコース行ってきました。数日雪も降らず暖かいため、スノーシュー無くても廻れました。間欠泉が見れなかったのが残念で、これがないと特に見どころも無く運動にはいいですけどこれと言った見るところはないです。

  • 羅臼国後展望塔
    rating-image
    4.0
    69件の口コミ
    旅行/観光
    北海道目梨郡羅臼町礼文町32-1
    羅臼町市街地にほど近い、海抜167mの高台にある展望塔である。デッキからはオホーツクの海を間近に見ることができ、気象条件が良ければ国後島の雄大な姿を一望できる。展望塔内では、北方領土問題に関する様々な展示資料や映像を見ることができる。

    天気が良く海側は流氷、山側は羅臼岳がハッキリ見えて良かったです。 今年も雪壁ウォークは無いのか?近くで羅臼岳見たいですね。

  • 夕陽台展望台
    rating-image
    4.0
    64件の口コミ
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ香川
    その名の通り、知床国設野営場の一角にある夕陽の名所。オホーツク海に沈む夕陽が海面を橙色に染まる景色が素晴らしく、知床八景の一つに数えられている。4月下旬~12月上旬の無雪期のみ楽しめる場所なので天候などを確認してから訪ねたい。

    夕陽台はキャンプ場の中にあります。キャンプ利用をしない方も駐車場があるので心配ありません。夕陽を見れる場所は色々ありますが港の船と岩がアクセントになりとても綺麗です。見れる場所は狭いので良いポジションを確保するには少し早めに行くとよいでしょう。

  • オシンコシンの滝
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ西
    知床八景の一つであり、日本の滝百選にも選定された「オシンコシンの滝」。幅30m、落差80mを一気に流れ落ちる迫力ある名瀑で、途中から流れが2つに分かれることから「双美の滝」とも称されている。滝の上の展望台からは知床連山やオホーツク海を遠望でき、流氷の季節には白い海原を見渡せる景勝地だ。
  • 知床峠
    旅行/観光
    北海道目梨郡羅臼町
    国道334号線のウトロと羅臼を結ぶ「知床横断道路」の頂上、知床連山の尾根筋にあたる峠である。標高は738m。眼下にはミズナラの原生林を一望でき、北には羅臼岳、東には国後島を見渡せる景勝地だ。7月下旬でも残雪の白さが見られることも特徴の一つ。冬季は閉鎖されるので、事前に調べてから訪れよう。
  • 知床クルーザー観光船ドルフィン
    rating-image
    4.5
    42件の口コミ
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ東52
    船上からでしか見ることができない断崖や滝、知床連山の山並み。ヒグマなど知床ならではの野生動物との出会い。間近に広がる大型船では決して味わえない壮大な世界。オープンデッキの多いクルーザー船で楽しむ知床観光では外せないクルージング。

    14:10の便に乗りました。 時間がありましたが、何処かへ行くまでもなかったので早めに受付をしました。 13:45に集合し駐車場で説明を受け、先着6名まで船首に乗れると言うので、折角だから挙手。シートがないので少しすわりにくいですが、景色は最高。 キャプテンの説明を聞きながら、1:30で知床半島の先端まて。帰りも熊を探しながら戻りましたが、残念ながらお目にかかれませんでした。

  • カムイワッカ湯の滝
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町岩尾別 知床国立公園内
    活火山である知床硫黄山中腹から涌き出る温泉が流れ込み、川全体が温泉のようになっている滝。現在は「一の滝」までが立ち入り可能で、それより上流は立ち入り禁止。最寄駅がないため専用シャトルバスを利用するか車で向かうことになるが、マイカー禁止の期間もあるので事前に調べてから訪れよう。また滝では毎年滑落事故が発生しているので注意や準備が必要。
  • フレペの滝
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町遠音別村
    知床半島プユニ岬東の断崖からオホーツク海に流れる滝。潜流瀑であり、高さ100mほどの断崖の岩肌から水が染み出し、流れ落ちている。水量は少なく、しとしとと流れ落ちることから、「乙女の涙」とも呼ばれる。知床八景のひとつで、世界自然遺産「知床」の一部として登録されている。知床自然センターからフレペの滝の展望台まで、1km程度の遊歩道が作られている。
  • 道の駅 うとろ・シリエトク
    交通
    北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-8
    知床観光の拠点施設、北の道の駅・シリエトクは、国道334号線沿いにある世界遺産知床の玄関口だ。ウトロ漁港の直販店・地元食材で加工された製造品の販売や、こだわりの海鮮丼等が頂けるレストランもある。また観光案内所もあり、知床観光・観光船・宿の手配などの相談ができるのも有難い。
  • 知床五湖フィールドハウス
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町字岩宇別549
  • 知床世界遺産センター
    rating-image
    4.0
    139件の口コミ
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-10
    知床世界遺産の見所やリアルタイムの情報を発信してくれる知床世界遺産センター。知床に住む動物 ヒグマやエゾシカ等の実物大写真や、動物の痕跡の模型も展示。利用するにあたっての大事なマナーも教えてくれる。道の駅うとろ・シリエトクに隣接。

    道の駅 ウトロシリエトクの隣にあります。 道の駅の休憩ついでに寄りました。 知床の野鳥の鳴き声が出る電子オルガンがあり、子供に人気です

  • プユニ岬
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町
    北海道斜里郡斜里町にある岬。世界遺産に指定された「知床」を構成する一部になっており、流氷の最初の接岸地として知られている。オホーツク海を眺めることができるほか、水平線に沈む夕日の風景の美しさを堪能できるスポットとしても有名。ちなみに、プユニとは、アイヌ語で「穴のある場所」を意味する。
  • 知床自然センター
    旅行/観光
    北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別531
    容易には入ることの出来ない奥知床の映像や、ワシの目になって大空から景色を眺めることの出来るオリジナル映像もある 知床自然センター。インフォメーションカウンターでは知床の自然についての情報提供もしてくれる。また長靴や双眼鏡などのレンタルが出来るのも嬉しい。女満別空港から車で約1時間45分。
  • 知床世界遺産ルサフィールドハウス
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    北海道目梨郡羅臼町北浜8
    知床の海と陸の生態系の繋がり、知床の海の価値を伝え、世界自然遺産である知床を広く普及する施設。先端部での事故防止と環境保全を図るための、ルールやマナーもレクチャーしてくれる。開館期間は5月1日から10月31日。女満別空港より国道334号線にて車で約2時間40分。羅臼市街から車で約20分。

    施設に立ち寄った登山者が2名帰らない人になっている 玄関入って早々に謎の商品をおすすめされる トイレ休憩におすすめ

  • 熊の湯
    宿泊/温泉
    北海道目梨郡羅臼町湯の沢町
    世界遺産・知床半島の羅臼川のほとりに作られた露天風呂。かつて熊が滝を越えて往来したことから名付けられた「熊越の滝」が上流にあることに由来している。男女別に脱衣所と風呂場が設けられているので人目を気にせずゆったりと利用できる。町民の手で管理運営されている施設のため、利用時はマナーに気をつけたい。
  • 有限会社知床ネイチャークルーズ
    旅行/観光
    北海道目梨郡羅臼町本町27-1 「道の駅知床・らうす」裏通り
    夏季(4月下旬から10月中旬)はクジラ・イルカ、冬季(1月下旬から3月中旬)は流氷、期間を通しバードウォッチングが楽しめる観光船エバーグリーン。知床・羅臼漁港内から発着している。動物の生態や特徴についての丁寧なガイドもあり、冬季はスケソウダラ漁を間近で見学することも可能だ。
  • 北のアルプ美術館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道斜里郡斜里町朝日町11-2 アルプ通り
    知床斜里駅から車で5分、西洋風の外観が特徴の私設美術館。昭和33年(1959)から25年に渡って発刊されていた山の文芸雑誌「アルプ」の誌面を展示紹介している。創刊から一貫して「自然賛歌」の世界を志してきた「アルプ」は、自然を愛する多くの人々のつながりを作ってきた精神性の高い雑誌。現代の病んだ心を癒す緑として「アルプ」の精神を繋ぎたいという思いから平成4年(1992)に設立された。2階建ての館内には全国の読者に影響を与えてきた寄稿作品や原稿、原画など約5万点を収蔵している。

    わかりにくい場所ですがしゃれた建物です。冬季間は休館中なので折角出向いても入れませんのであしからず。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す